RPGでよく見る賢者の石やラグナロクやオリハルコンの元ネタ

rpgitem5

ゲームのRPGをプレイしていると、「賢者の石」とか、「エリクサー」とか「オリハルコン」といった名称のアイテムが、各種ゲームで共通して登場することに気づきます。

実はこれ、現実世界の神話や有名なおとぎ話が元ネタになっていて、共通の元ネタからアイテム名をつけるので、各種ゲームに同じ名前のアイテムが登場するのです。RPGでよく見かけるアイテムの元ネタを調べてまとめました。

スポンサーリンク

HPとMPが全回復する「エリクサー」

rpgitem2

エリクサー(elixir、エリクシャー、エリクシール、エリクシア、イリクサ、エリクシル剤、エリキシル剤)とは、錬金術で、飲めば不老不死となることができると伝えられる霊薬、万能薬。

錬金術の至高の創作物である賢者の石と同一、或いはそれを用いて作成される液体であると考えられている。服用することで如何なる病も治すことができる・永遠の命を得ることができる等、主に治療薬の一種として扱われており、この効果に則する確立された製造方法は今もって不明とされている。

殆どのシリーズ作品で味方1人のHPとMPを満タンにしてくれるありがたいレアアイテム。
シリーズによっては店売りされていて(高額ではあるが)全然レアじゃなかったりもする。
しかし、売る場合となると、何故か二束三文にしかならないことが多い。
あまりの貴重品であるがゆえ、その価値を理解する者が少ないのが原因か?

みんなが大好きな熱くてかっこいい漫画アニメの展開&設定集
いつからだ…? 敵の攻撃を待つ様になったのは 一体いつからだ 敗けた相手が頭を下げながら、差し出してくる両の手に 間...




邪気をはらい正常な状態へ戻す「聖水」

rpgitem3

聖水(せいすい)とは、宗教的に普通の水とは異なり聖なるものとされ、儀式に用いられる水のこと。水は多くの宗教で「穢れを祓う」などの意味で用いられるが、これに普通の水ではなく聖水に相当する特別な水を使わなければならない宗教が多い。

特に、キリスト教の正教会、カトリック教会、聖公会(英国国教会)、一部のプロテスタントなどの教派で、聖職者により聖別(聖化)され洗礼等の儀式や祝福に用いられるものを殊に指して聖水と呼ぶことが多い。

ファンタジー系RPG(ドラゴンクエストシリーズ等)では、アンデッドモンスターにダメージを与えたり、一定時間モンスターと遭遇しなくなるなどの効果を持つアイテムに「聖水」の呼称が与えられている。

その職はハデだけど死にやすい!RPGのなってみたい職業12選
つい先日から、「世界樹の迷宮Ⅳ」をプレイし始めたブログ管理人。シリーズを通して共通している相変わらずの高難易度に、楽しみつつ...
素材を売ったり相談役で大儲け!RPG世界の13種類のお金の稼ぎ方
人間を襲うモンスターが街の外に生息していたり、一部の人しか使えない魔法という概念があったり、高く売れる植物・鉱物・生物が洞窟...

とにかく硬くて神性特性をもつ最強金属「オリハルコン」

rpgitem4

オリハルコンは、古代ギリシア・ローマ世界の文献に登場する、銅系の合金と考えられる金属である。最も有名な例としてプラトンが『クリティアス』の中で記述した、アトランティスに存在したという幻の金属が挙げられる。



スポンサーリンク



アニメや漫画、小説等では「神が与えた最も硬い金属」「非常に強く、それでいて伸縮性のある金属」等、様々な設定があるがほとんどの作品において「最も硬い」という共通点がある。そのため、武器や防具に利用される事が多い。
ちなみに、アトランティス伝説に登場するオリハルコンは武器としては使われておらず、壁や柱・装飾にオリハルコンが使われている。また、硬さ・丈夫さより希少価値の方が優先されている。

RPGの便利能力と無駄スキルに学ぶ実人生で特に役立つ3つの能力
人生で、自分の好きなスキルを選んで磨いてゆくことができるのが面白くも難しいところですが、これって、考えてみるとゲームの一分野...

錬金術の最高到達地点「賢者の石」

rpgitem6

賢者の石とは、中世ヨーロッパの錬金術師が、鉛などの卑金属を金に変える際の触媒となると考えた霊薬である。人間に不老不死の永遠の生命を与えるエリクサーであるとの解釈もあるが、賢者の石が文献上に記述されるのはエリクサーよりかなり後である。

エリクサーと同様にコンピューターRPGなどでしばしば登場する。本来の錬金術における伝承を再現しているものもあれば、作品独自の定義がなされているものもある。例としてはアトリエシリーズやドラゴンクエストシリーズなど。

  • アトリエシリーズ – 最高レベルの調合品として第1作目から登場。金を調合する際の材料の一つになる
  • ヴァルキリープロファイルシリーズ – 所有者にあらゆる知識を与える伝説の秘宝
  • スプリガン – 現代科学では合成出来ない粘土質の物質。オリハルコンあるいは黄金を作り出せる
  • ドラゴンクエストシリーズ – パーティ全体のHPを回復するアイテム。回復量は作品ごとに異なっている
  • 鋼の錬金術師 – 「等価交換」の原則などを無視した錬成が可能になる幻の術法増幅器
  • ハリー・ポッターシリーズ – どんな金属も黄金に変え、飲めば不老不死になる「命の水」を作り出す
  • 仮面ライダーウィザード – 世界の全てを飲み込み、生と死を逆転させると言われる程の膨大な魔力を秘めた究極の魔宝石

アトリエシリーズ…自然の中で素材採集&錬金術で調合ゲーム
1997年発売の初代「マリーのアトリエ」から現在も続く、非常に息の長いゲームシリーズ。錬金術というかつて実在していた学問に不...




最強レベルの武器名であることが多い「ラグナロク」

rpgitem7

北欧神話でいう世界終末の日。

ワグナーの楽劇ニーベルングの指輪<Go_tterda_mmerung>によって「神々の黄昏」という訳が一般化したが、もとは「神々の運命」の意である。

巨人族はユミルがオーディンたちに殺されたことと、

ヨトゥンヘイムという荒野に住処を追われたことで常に神々を敵視している。

オーディンの子で光の神バルドルがロキの奸計で死に、

冬が7年続いて世界が寒気と飢えで苦しみ人間のモラルが乱れたのを機会に、

ロキの子の巨狼フェンリルと巨蛇ヨルムンガンド(ミズガルズ)、死の女神ヘルの配下、霜の巨人たち、

炎の神スルト(ロキ)の部下たちの魔物の連合軍が神々と人間の世界ミッドガルドに殺到、

神々と魔軍は相討ちになり、大樹ユグドラシルは海中に没し,世界は滅びる。

以上はエッダの「巫女の予言」による。

北欧神話がモチーフの作品、またそれ以外の作品にも、しばしばこの名前が引用されている。

  • MMORPGの「ラグナロクオンライン」 → RO
  • STG『R-TYPEⅢ』の自機R-9/0の機体名。
  • 角川スニーカー文庫より刊行されている長編小説のタイトルであり、作中に登場する自我を持つ剣の名称。作品の著者は安井健太郎。 → RAGNAROK
  • 大久保篤の漫画『ソウルイーター』に登場する魔剣職人クロナのパートナーである魔武器。
  • FF(ファイナルファンタジー)シリーズに登場する武器の名
  • 魔法少女リリカルなのはA’sに登場する砲撃魔法。行使者は八神はやてで、彼女にとっては劇中最強の攻撃魔法。
  • 遊戯王5D’sに登場するチーム名 → チームラグナロク



仕事カテゴリーネットサービスカテゴリー健康カテゴリー美容カテゴリー恋愛カテゴリー教育カテゴリー知識カテゴリーお楽しみカテゴリー漫画カテゴリー小説カテゴリーアニメカテゴリーゲームカテゴリー購入技カテゴリー住宅カテゴリー趣味カテゴリータグブログ内検索トップページ