やりたい事や夢にこだわりすぎて就職不能の夢見がちな現代人

やりたい事や夢にこだわりすぎて就職不能の夢見がちな現代人

やりたいこと仕事就職

就職にあたって、「やりたいこと」を見つけて、そのやりたいことと実在する職業とをすりあわせていくのが現代の就職活動の基本となっているようです。

ただし、その人が本当にやりたいことを見つけるのはかなり困難なうえに、あるかどうかも知れないやりたいことにいつまでもこだわっているといつまで経っても就職できないという問題点があります。現代の「やりたいこと」と「就職」の関係について調べてまとめました。

スポンサーリンク

面接官が語る「やりたいことが分かっていない若者たち」

やりたいこと仕事就職

業務の関係で日本人の方を結構面接させていただいています。ほとんどが20-30歳ぐらいの方なのですが、僕の面接は「僕の会社を通じて自分の人生でどういう通過点にしたいのか」というポイントで進めています。

その人にはその人の人生があります。学校を卒業するまでは皆ほとんど同じようなレールの上を進みますが、そこからはまったくフリー。そのまま会社に張り付こうが、転職を繰り返そうが、起業しようが、フリーターしようが誰も何も言いません。しかし、入社面接であればその会社にどんな価値をもたらしてくれるのか、という会社側の期待に対して、被面接者の人生の目標とベクトルは重なっているのだろうか、ということが一番ポイントなのです。

例えばカフェの店員を雇う場合、将来カフェをやりたいという人がいればそれはベクトルは完全にマッチしています。あるいは、飲食というベクトルでもいいし、接客というベクトルでもいいわけです。僕は恋愛の「君と僕は気が合うね。」という部分を捜し求めるわけです。

ところが最近多いパタンは「将来何になりたいかよく分かりません。」「では何故この会社に応募したのですか?」「募集していたらから。」

正直、これに近い面接のやり取りはかなり多いのです。では何故やりたいことがわからないのでしょう。若い人に聞くと「未だ経験がないから。」ではその人たちは成人するまで何の夢も希望もなくなんとなく学校を卒業するまで育ってしまったのでしょうか?

多分そうなのだろうと思います。

日本不景気といえども世界の先進国の一つ。食べ物ぐらいは十分にあります。モノも豊富にあるし、情報も面白いこともたくさんある。でもこのたった1行の文章に隠されている秘密があります。それは全部「受身」。

昔「いつかはクラウン」というトヨタのコマーシャルがありました。これは今に満足せず、向上心そのもののキャッチフレーズなのです。つまり「能動」。

ひとりよがり厳禁!仕事でお金をもらう本質は人の需要を満たす事
「仕事」というと、学生からすればなにをどうしてお金を貰えばいいのか実態がイメージしづらくて、働く事に漠然とした恐怖感を抱きや...




やりたい事は大抵みんなもやりたいから競争率が高すぎる

やりたいこと仕事就職

  1. 創造性があって世間への影響力が強い(音楽家・漫画家・小説家・広告代理店等)
  2. 目立ったりみんなから憧れられる(芸能関係)
  3. 世界をまたにかけてのグローバルなビジネス活動(総合商社等)
  4. 少なくとも平凡なサラリーマン業ではない、個性的で珍しい仕事

「やりたいこと」といえば、だいたいが上記のような要素に分類されると思われるのですが、これらの仕事に就くには芸術関連の才能や高い学歴や能力が不可欠であり、しかも人気が高いので、たくさんの志望者が殺到して競争率が激化し、必然的にやりたいことの実現が困難になります。

夢を追う良い事&悪い事は調べてみると7つの性質に分類される
「夢を追うこと」は良い面と悪い面の両方があるので厄介です。とは言っても、ブログ管理人は夢を追う人が好きですけれど。 夢...
ネットの両極端な情報のせいで学歴や就職を高望みして詰む問題
ネット上での、みんなの自慢や、他人の職業や結婚相手をけなす発言に毒されて、「良い職業に就いたり、良い結婚相手を見つけて、みん...

就職の条件に「やりたいこと」という条件を加えると仕事を始めるハードルが一段高くなる

やりたいこと仕事就職

金を稼ぐってことは能力を売ること
やりたいことってのはほとんどの場合他者と被るから競合しやすく価値が低くなる
特にやりたくもなく本人にとって出来て当然のことにこそ能力の価値が有ったりする



スポンサーリンク



やりたいことやって生きれるのは一部の才能がある人だけ
スポーツ選手とか芸術家とか

オレは文系だからなんともだが
人間、所属や能力とか持ってるものに思考や行動が束縛される
そのおかげで、他に向いてるものがあるかもしれないのに、可能性を逃すこともあるのよね
進学に限らず、やりたいことをよく考えて後悔しないようにしなされ

クリエイティブなオタク仕事やりたいンゴ
絵描けないンゴ
物語書けないンゴ
音楽作れないンゴ
プログラム出来ないンゴ
声なら出せるから声優目指すンゴオオオオ

社会の構成員として、一つの歯車に徹することが、社会において信用を得る唯一の方法である。
やりたいことをやるというのは、社会では甘えなのだ。
新卒カードを捨て、自分勝手に浪人して歳を食うのは結構だが、夢を諦めた場合、新卒が有り余ってるこの世の中で、職歴無しの既卒など誰が使うか?
やりたいことなんて趣味でやれ。仕事は社会のニーズに合わせることが大事。
理想と現実の差に苦悩するのが人生というものだ。

世の中には星の数ほどの職種と会社がある
どれかひとつぐらい、これやりたいな~って職業ないのか?
仕事は金を稼ぐために我慢してやるもの、楽な仕事なんてない
っていう間違った考えだから、働きたくないんじゃないの?

無能なら無能でもいいんだよ。問題は、自分が無能であると受け入れられ
その実力+ある程度の努力で得られそうな道をさっさと選ぶ決断と実行なんだよね。
これを見誤らせて「夢は叶う」だの「人類皆平等」だの「才能は誰にでも眠っている」だので、現代はニートであふれる。

仕事にやりがいを求めてハードルが上がり非正規&ニートが増大
「まず夢を持ち、夢とやりがいが実現できる仕事に就け」と現代では教育を受けますが、良さそうに見えても、これは裏を返せば「自分に...

もう時代が時代だし
小学校4年生くらいから、1人1芸を基本に、将来最低でも何か技能を持つよう
専門技能を1つ必修化するべき。ガキの頃身につけたことは
そうそう体から抜けないからな。
自由とか無限の可能性 とか言うのはニート量産ワード

面白き事もなき仕事を面白く。仕事はやりたい事がやれない現実
お金を貰ってする仕事とは、原則的に相手のニーズをきっちり満たすことで初めて仕事として成立します。ただ自分がやりたいことを好き...

永久保存版!みんなが従っている社会の裏ルールと暗黙の了解
他人は信用できないってこと。仕事してると特にそう思う。 なにも騙す騙されるみたいな話に限らず、もっと小さい話でも痛感する。...




「やりがい」とか「やりたいこと」が大事というのはそもそも幻想なのでは?

やりたいこと仕事就職

『「やりがいのある仕事」という幻想』は、森博嗣による「これからの働き方」論だ。

“多くの人は深く考えもせず、仕事というのは「人の価値を決めるものだ」と信じている。どんな職業かということで人の評価の大半を決めてしまっているのだ。だが、それははっきり言って間違いだし、これからはだんだん間違いが正されていくだろう。(…)しだいに職業というものの価値は下がっていくはずだ。”

たとえば、いきなり、こうだ。
“「人は働くために生きているのではない」ということだ。”
このストレートさで、「やりがいのある仕事」や「楽しいことを仕事にせよ」といった言説の幻想をはぎとっていく。
“人は働くために生まれてきたのではない。どちらかというと、働かない方が良い状態だ。働かない方が楽しいし、疲れないし、健康的だ。あらゆる面において、働かない方が人間的だといえる。ただ、一点だけ、お金が稼げないという問題があるだけである。”

“子供には、「仕事は大事だ」「仕事は大変なのだ」というふうに大人は語りたがる。これはもう、単に「大人は凄いぞ」と思わせたいだけのことで、大人のいやらしさだと断言しても良い”
だから、無理に働くことはない。就職しなければならないというのも幻想である。
“「仕事が生きがいだ」と嬉しそうに語る人だっている。どうしてそんなことを自慢するのかよくわからない。ただ、「仕事は辛いもの」という常識があるからこそ自慢になるわけだ。もう少し詳しく分析すると、仕事の中に楽しみを見つけている、というだけのことで、仕事が全面的にすべて楽しいという意味ではないはずだ (なにしろ、休日には仕事を休んでいるのだから)。また、本人が自己暗示にかけて、「これは楽しいことなのだ」と自分を騙している場合もときどき見受けられる。”

“ここ数十年の傾向として、子供たちには勉強の「楽しさ」を知ってもらいたい、社員には仕事の「楽しさ」を見つけてもらいたい、という考えが浸透している。単に「やらなければならないこと」を、「楽しんでやれ」と条件をつけているだけである。「やりなさい」と言えば済むのに、楽しさがあるように飾って見せるのだ。”





仕事カテゴリーネットサービスカテゴリー健康カテゴリー美容カテゴリー恋愛カテゴリー教育カテゴリー知識カテゴリーお楽しみカテゴリー漫画カテゴリー小説カテゴリーアニメカテゴリーゲームカテゴリー購入技カテゴリー住宅カテゴリー趣味カテゴリータグブログ内検索トップページ