夢への挑戦か現実の道か迷ったら見返したい有用な言葉まとめ

dreamcometrue3

「夢を目指す道を取るか、それとも現実的な就職をするか」というのはきっと誰もが頭を悩ませる難題だと思われます。

夢の道か、現実の道か、どちらか片方を取ったらもう片方の道は分からずじまい。それが悩ましいところです。2つの道はそれぞれどのようなものになるのか?調べてまとめました。

スポンサーリンク

夢を追ううえで必要な心がけ

dreamcometrue1

■限界だと決めつけているものを取っ払う
夢や目標があっても、心のどこかで「自分では無理だろう」「実現の可能性は低い」と思うことはよくあるが、これでは自分で自分の成長を阻害することになってしまう。
自分で自分にブロックをかけていては、努力を重ねても理想の自分には届かないということだろう。

■他人の目は気にしない
理想を追い求めるという生き方は、皆がやっていそうで実はほとんど誰もやっていないものだ。だからこそこれを本気でやろうとしたら、その過程で孤立した り、孤独を感じることもある。しかし、それでも「なりたい自分になる」と決めた以上、周囲の人の目など気にしている余裕はないはずだ。

■「あとちょっとの努力」を惜しまない
努力というと「苦しいもの」だと思われがちだが、自分がどうしてもやりたいことや、自分にとってたまらなく魅力的なものをゴールに据えていれば、その努力は決して苦にならないどころか、ゴールに向かうまでのプロセスを楽しむことができる。
「あとちょっとの努力」ができるか、というのは「自分が心から欲していることをやれているか」ということなのだ。

■不器用さは努力でカバーするしかない
同じ努力でも、成果に結びつきやすい人とそうでない人がいる。前者を「要領のいい人」と呼ぶのだろうが、何かを目指すということは「要領のいい人たち」と競っていくということだ。もし自分が不器用な人間だと思うならば、当たり前だが彼らの何倍も努力するしかない。

■一点集中でとことん掘り下げる
どんな物事に取り組むのであれ、そこには流行がある。ビジネスにもスポーツにも芸術にも、その時々の「流行り」がある一方で、どんな時代にも変わらない本質的な要素もあるはずだ。
何をやるにしても、その「本質」の部分を把握していないと、流行に流されて目指す自分や理想の人生から逸れていってしまう。

夢を追う良い事&悪い事は調べてみると7つの性質に分類される
「夢を追うこと」は良い面と悪い面の両方があるので厄介です。とは言っても、ブログ管理人は夢を追う人が好きですけれど。 夢...
イラスト画像であなたの心に学生時代が蘇る放課後青春クラブ
学生時代の情景は、懐かしくも少しだけ胸が苦しくなる、ずっと心に残り続ける一生の宝物です。 青春の1ページを思い起こさせ...




自分を追い込みさらに危険度を下げるために「期限」設定

dreamcometrue2

夢を持つのはすばらしいことです。でも、夢には期限をつけるべきだと僕は思っています。

僕の知人に、芸大合格を目指して5年、10年と挑戦し続けている人がいました。そんな人に対して「夢を諦めずにがんばっているなんて、すごい!」と評価する人も大勢いますが、僕は懐疑的です。

もちろん、がんばること自体を否定するつもりはありません。
しかし、「芸大合格を目指していたら、30歳になっていた」ら、その人の人生は本当にそれでいいのだろうかと思ってしまいます。

仮に芸大に合格しても、それで画家になれるわけでも、イラストレーターになれるわけでもありません。飯が食える保証など、どこにもないわけです。

こんなことを言うと、「世の中には何十年も不遇の時代、下積みを経験した後に成功する人もいるじゃないか」と反論する人が出てきます。テレビや雑誌は、そんな「不遇の成功者」をとり上げ、美談に仕立て上げるのが大好きです。

しかし、その「成功者」がほんのひと握りであることは、あまり強調されません。

1人の成功者の陰には、何千、何万、何十万の「夢破れた人たち」がいます。人生を台無しにしてしまった人もいるでしょう。

厳しい現実に蓋をして「がんばり続ければ夢は叶う」「諦めなければ、失敗はない」という聞こえのいいメッセージだけを発し続けるのは、やっぱり僕は違うと思います。現実は現実として、シビアに向き合うべきなのではないでしょうか。

しかし、「夢を持つな」と言いたいわけではありません。僕がここで言いたいのは「夢に期限をつけること」

スポーツ選手や芸能人、漫画家、芸術家、会社社長、弁護士、会計士などいろんな夢を持つのはいいでしょう。

でも、その夢を無計画に、一生(あるいは何十年も)追い続けるのはあまり得策ではないと思います。

いや事実として叶う保証とか無いし…無理に夢を追う事は危険
一般に、夢を目指すのは良いことだとされています。大人も子どもに夢を持てと教育し、創作物内でも夢を賛美する描写ばかりです。 ...

夢を追うことの道を示唆する有用な言葉

adolescenceclub14

夢は夢のままだと叶わない。
夢は、現実に落とし込んで「目標」にしてこそ前に進める。
前に進む為に「目標設定」をして、いつまでの時期にどういう事をする必要があって、
そのために、「今」何をしなければならないのかの「計画」を立てて
計画通りに「実行」しなければ、夢は夢のまま永遠に叶わない夢で終わる。

結局のところ自分のやりたい事を、自分のやりたいようにやって楽しむか。
やりたくない仕事やって、毎日死んだ魚みたいな目をして家と職場を往復するか。
何もやらずにネットで死ぬまで時間つぶししてるかしか無いんだから、
どうせならやりたい事へのチャレンジを繰り返せばいいよ。
もちろん最初は失敗しまくるけどさ。別に失敗したっていいじゃん。
失うものなんて無いんだから。



スポンサーリンク



人間は確率を考えるのが苦手なんだよ
結果だけ見て生きてる
例えばメジャーデビューを夢見てバンドを始める
あんなもん宝くじ以上当たらないのに、結果だけ見て始める

趣味や好きな事はどんなに時間が無くても心の中に残しておいてな。
それが人生の癒し、楽しみ、憧れ、将来の夢になってく事もあるから。
誰に何を言われようとも自分の好きな物を知っていれば、それが自分らしさに導いてくれるから。

なんでわざわざ人生のハードル上げるのか理解できん
身の丈に合った目標設定しろよ

知ってるかな?夢っていうのは、呪いと同じなんだ。 途中で挫折した者は、ずっと呪われたまま…らしい。 あなたの、罪は重い。

6年間血反吐を吐くような思いで努力しましたけど、「あぁ、意味がないんだ」って思って。
よく結果に繋がらなくても努力は無駄にならないと言われますけども
絶対にあんなもん違います。綺麗事ですよ。自分の好感度を上げるための綺麗事です。
センスのない者は、努力などするな。

経験上これだけはやめとけ!人間を破滅させる危険な行動まとめ
身を持ち崩すことにつながるダメな行為や、単純に生命の存続に関わるほどの最高に危険な行為まで「やるべきでない行為」というのはあ...

カネや安定よりも夢を追いかけた人たちの末路はこんな感じですわ
思春期の子供の教育には良い教材だと思うよ

無能なら無能でもいいんだよ。問題は、自分が無能であると受け入れられ
その実力+ある程度の努力で得られそうな道をさっさと選ぶ決断と実行なんだよね。
これを見誤らせて「夢は適う」だの「人類皆平等」だの「才能は誰にでも眠っている」だので、現代はニートであふれる。

夢を持つのは良いことだ。
ただし確実に実現できる範疇でなければ現実逃避。
デザインの勉強をしてどこでもいいからデザイン会社に勤めたい。これはOK。
絵を極めたいから美大に行って画家になりたい。これはNG。
画家とか作家はなまじ年齢制限がないせいで現実逃避の言い訳にできる。
今時目指してるとか言う奴の9割はこれだ。
現実的なビジョンを持たない夢は厳しく罰するべきだと思う。

会社の近くに専門学校あるんやけどこいつらの大部分が路頭に迷うのかと思うと悲しいわ
極端な言い方をするとホー.ムレスを見た時の感覚に近い
夢を追いかけてるのは嫌いやないんやけどな

ゲーム系専門学校講師がネットで暴露した専門学校の裏事情
「君もこの資格が絶対に取れる!」「憧れの職業に就ける!」という耳に心地良い営業トークを口にするばかりの専門学校職員ですが、身...

社会の構成員として、一つの歯車に徹することが、社会において信用を得る唯一の方法である。
やりたいことをやるというのは、社会では甘えなのだ。
新卒カードを捨て、自分勝手に浪人して歳を食うのは結構だが、夢を諦めた場合、新卒が有り余ってるこの世の中で、職歴無しの既卒など誰が使うか?
やりたいことなんて趣味でやれ。仕事は社会のニーズに合わせることが大事。
理想と現実の差に苦悩するのが人生というものだ。

現実的な話27、8歳位が人生の最終分かれ目だろうね。
それまでに将来の見通しをある程度確定させておかないと
底辺から這い上がるのは限りなく不可能に近い。
最悪なのは、この歳で修正するのはいいのだけど
修正先がこれまた現実性を無視した一発逆転コースだったりした場合。
例えば難関資格を始めちゃうとか地方から上京するとか。
現実を直視できなくて地道にコツコツやっていく能力がないんだろうね
で傷口がますます広がって底辺から最底辺にまで転落しちゃうパターン
最近は多いよこういうのが
ド素人の一発逆転の大振りパンチなど当たるわけがない
同級生は10代のうちから必死にジャブを打ち続けている
一部の極端に上手くいった例を持ち出して夢を見させるのは残酷だ

戦略を度外視して諦め=恥と考えてない?諦めが必要な3つの場面
「諦めずに耐え続ける事が美徳」という価値観が日本では大きな勢力であるように見受けられますが、そういう根性論にとらわれずに、戦...

子供の頃、思い描いた夢を目指し続けると人生詰む
ある程度のところで妥協して、妥協したなりに努力してたら、それなりの人生は送れる
サッカー選手、野球選手、ピアニスト、バイオリニスト、指揮者、漫画家、小説家、ミュージシャン、歌手、アイドル、芸能人、俳優などなど。こういういわゆる趣味→仕事とか表舞台系の職業への憧れは、早いうちに捨てたほうがいい。
夢を追い続けた結果、高卒になったり、大学で単位とれずに留年とか、さらには中退でもしようものなら、本来それらの夢を諦めて妥協して企業へ就職してた場合よりも、酷い結果になる。
俺は漫画家になりたかったけど、結局、諦めた。夢を諦めるんだったら、せめて高収入で安定した職に就きたいと思って、妥協して、医師を目指すことにした。ただ、それ気付いたのが大学に入ってからだったので、京大を中退して再受験することになった。
たぶんあのまま漫画家目指してたら、人生詰んでた。

難しい夢ほど代価が大量に必要になる
余裕のない者が分不相応な夢を望めば全てを捧げても足りない事がある
叶ったところで外から魅力的に見える夢と体験して後悔しない夢は別だと気づく事もある
正確な情報と失敗した場合の備えはあった方が良い




夢を追うならコレはきちんとわきまえておくべき

adolescenceclub17

  1. 俳優や声優といった芸能関係や漫画家や小説家といった華やかな世界はみんなが憧れて目指すので競争率があまりに高すぎる(倍率が100倍~1000倍以上)。さらに生まれつきの容姿・才能まで必要。事実として十中八九叶わない、と冷静に心得たうえで進退を決めた方が良い
  2. SNSや動画配信サイトやブログを使って芸能人気分を味わったり、自慢の作品を世界に公開することも今の時代は簡単にできる。もちろん知名度や地位や収入はプロの方が上だが、それでもあえて超難関のプロにこだわる必要はあまりないように思われる。有名になりたいなら、いろいろと方法はある
  3. 夢のためにひたすら努力の先行投資をするのは、夢が叶うまでリターンを回収できないので、事実としてどんどんエネルギーを失っていくのと同じ。それよりも、「自分は歌うのが好き→好きな曲を歌って気分が良くなったり、たまに友人に披露して褒めてもらう」といった行為そのものが自分の利益になるような生き方のほうが心が楽な生き方だし、報われる生き方ではないだろうか

やりたい事や夢にこだわりすぎて就職不能の夢見がちな現代人
就職にあたって、「やりたいこと」を見つけて、そのやりたいことと実在する職業とをすりあわせていくのが現代の就職活動の基本となっ...

2015年5月10日 「ヨルタモリ」

タモリ
「夢や目標がないと生きていけないようじゃ人間終わり」

夢に向かって頑張る人にとって、夢が達成されるまでの期間は、まったく意味のないつまらない世界になる。
それが向上心のある人の、悲劇的な生き方」

「向上心がある人は、今日が明日のためにある人。
向上心がない人は、今日が今日のためにある人。
向上心ってのは”今日”という日をつまらなくする”邪念”ってこと

「実際に夢をかなえた人は、ただ好きなことを楽しく続けていただけ」



仕事カテゴリーネットサービスカテゴリー健康カテゴリー美容カテゴリー恋愛カテゴリー教育カテゴリー知識カテゴリーお楽しみカテゴリー漫画カテゴリー小説カテゴリーアニメカテゴリーゲームカテゴリー購入技カテゴリー住宅カテゴリー趣味カテゴリータグブログ内検索トップページ