クレイモア…妖魔や元仲間と命を奪い合う八木教広渾身の漫画

クレイモア漫画

人間を喰らう妖魔に対抗するべく、妖魔自身の血と肉を使って人間と妖魔の中間の半人半妖の身になった女性達の戦いを描く漫画「クレイモア」。

美術画的な精緻な絵と、凄惨なストーリー、あまりに過酷すぎる道のりの復讐劇など、目が離せない名作のダークファンタジー漫画です。クレイモアの魅力をお伝えします。

スポンサーリンク

クレイモアとは?

クレイモア漫画

半妖を題材としたダーク・ファンタジー。人間を捕食する人外の魔物「妖魔」と、妖魔を倒すために生み出された半人半妖の女戦士「クレイモア」の存在する中世ヨーロッパ的な世界を舞台に、道程を共にする少年との絆や宿敵の打倒のために生きる主人公クレアを中心に、半人半妖の身であるが故の過酷な宿命を背負いながらも己の信念や目的のために戦い続ける女戦士達の姿を描いている。

物語は少年ラキの両親を殺した妖魔をクレアが斬.殺するエピソードから始まる。クレアは妖魔に深く係わった者として村を追放されたラキと道程を共にするようになり、任務をこなす日々の中で2人の間に絆が芽生えていく様子が描かれる。次にクレアの過去のエピソードが描かれ、クレアの目的が少女時代の恩人であるクレイモア・テレサを殺した覚醒者プリシラの打倒である事が明らかになる。こうして、序盤は主にクレアとテレサに焦点をあて、ストーリーの骨子となるクレアの生きる目的や、作中の世界の背景などが明かされていく。

当ブログでの人気クレイモア特集ページは↓からどうぞ。
http://iitokoronet.com/2015/12/12/post-5334/




ネット上でのクレイモアの評価(ネタバレ多数なので注意)

クレイモア漫画

テレサが規格外過ぎたな

妖魔無き後の話、読み切りでいいから描いてくんねーかな

負の感情で動き続けるプリシラと真逆にいるクレア&テレサと言う存在は良かった
テレサ再臨は本当に泣けた。ミリアが生きてた時以上に泣けたよ。

実際に月刊誌で読んでたら、後半グダッてるように感じたのかも知れんが、コミックで読むと全然感じなかったし、もっと評価されて良い作品。

テレサ時代のTOP3がそのまま全クレイモアのTOP3でしたなwwwww
あの時代豪華すぎwwwwwwww

大人になったラキはそんなにウザくないので
懐かれたクレイモア達との日常が見たい

まあテレサだから許されるんだよなあの無双っぷり
あと、クレアの脳内テレサみたいなもんだから本物よりさらに強いっていう

最期にもう一巻くらい欲しい
その後の平和な世界と、なんだかんだ修行してる子たちと
残った妖魔してる奴らと、それぞれの生き様をじっくり見たかった

テレサだけ異常にぶっちぎりで強いよね
多分組織もテレサの全力とか把握してなかったんだろうな
テレサ討伐隊も、実力では全然かなわない構成だったし
把握してたら、テレサ1人で深淵の者を殺して回るよう命じてる



スポンサーリンク



一番好きなテレサが復活無双してて最高だった

元々、ほぼ覚醒状態のプリシラより
目の色変わる程度の妖力解放テレサの妖気がはるかに上回ってると言われたし
元No.2の覚醒体を余裕でぷち.殺したり
テレサだけ明らかに強さおかしかったろ

まあプリシラはプリシラで潜在能力はテレサ以上と当のテレサが言ってたしな
あの世代は歴代中でも化け物揃い過ぎる

ローズマリーの一件からも判る様に
テレサ自身が組織に実力を隠してたし
討伐隊の見誤りは仕方が無いわ
テレサプリシラが異常に強いだけで
イレーネも時代が時代ならNo1レベル

ラキがちょうどいい感じの強さで好きだった。あれ以上強くても弱くてもダメだね。


中世ヨーロッパ風の異世界ファンタジー作品にありがちな設定集
異世界ファンタジーは昔から根強い人気を持ち、近年ではライトノベル分野を中心にして異世界ファンタジーもの一強状態を築きつつあり...

クレイモアのストーリーでエグいポイント

クレイモア漫画

  1. 戦士のクレイモア達は妖力解放を繰り返す事でいずれ覚醒して妖魔になる。戦い続ける限り、いずれ覚醒者になる運命(クレイモアは時期が来れば羽化(妖魔化)する幼虫状態といった状況)
  2. 覚醒者になれば人間としての思考が消えて、人間を喰らう化け物としての自分に疑問を抱かないようになる
  3. 同期の仲間、友達、親友といったクレイモアが覚醒したら、その覚醒者を自身の手で討伐しなければならないこともある
  4. クレイモアは「銀眼の魔女」として人間達に恐れられ、基本的に感謝されたり受け入れられたりしない
  5. 人間の少女を素体にクレイモアを作り上げて訓練や仕事の斡旋等をする「組織」の人間達は、クレイモア達を実験動物と同じくらいにしか考えていない。ナンバーひと桁上位は組織に優遇されたりもするが、下位ナンバーは基本的に捨て駒・使い捨て扱い。

ベルセルク漫画

漫画・クレイモアは、ダークファンタジー漫画の大家・ベルセルクとなにかと比較されるが、さしずめクレイモアはコーヒー牛乳、ベルセルクはブラックコーヒー、といった濃度。クレイモアがキツいストーリーであることに違いは無いが、それでもベルセルクよりは数段マイルドで口当たりが良いようになっている。

読者人気の高いクレイモア

クレイモア漫画

当ブログでの専用特集ページ↓をご覧下さい。

微笑のテレサやプリシラ等強くて人気の孤高のクレイモア6選
人間を喰らう、人間の上位存在・捕食者である妖魔と、妖魔を倒すべく妖魔の血と肉を使って生み出された半人半妖の女戦士「クレイモア...

誰か1人と問われれば、カサンドラやテレサなど何人もお気に入り候補が浮かびますが、あえて1番を決めるならブログ管理人は敵の殲滅に極限特化した「黒のアリシア」が好き。畜生のプリシラは地獄に堕ちろ。




クレイモアの見どころ

クレイモア漫画

「組織」の陰謀と最終目的、クレアの復讐劇、クレイモア達の凄惨な人生と群像劇、深淵の者達の力関係、精緻な絵柄によって描き上げられたハデなバトル、それぞれの個性を生かした新技開発などなど、いろいろな面白さが複合した傑作です。あなた個人がどこに一番魅力を感じるかは、実際に読んでみないと分からないと思います。

ファンタジー世界の残酷な部分や暗黒部分を取り扱った分野の「ダークファンタジー」を知るにはとっつきやすい内容と面白さですし、ちまたにあふれている「剣と魔法とアイテムでモンスターを狩りまくる」という明るい異世界ファンタジーに食傷気味の方は、そういうファンタジー作品の裏側の世界を知るうえでもクレイモアをおすすめします。ハマりますよ。最終巻の後のクレイモア達にはどうか幸せになって欲しいです。それまでの人生が悲惨すぎたので…。

すごーい!いつでもフレンズたちに会えるー!




仕事カテゴリーネットサービスカテゴリー健康カテゴリー美容カテゴリー恋愛カテゴリー教育カテゴリー知識カテゴリーお楽しみカテゴリー漫画カテゴリー小説カテゴリーアニメカテゴリーゲームカテゴリー購入技カテゴリー住宅カテゴリー趣味カテゴリータグブログ内検索トップページ