五月病…新生活の疲れで糸が切れ学校や会社に行きたくない病

五月病症状

4月初旬現在、大学へ入学したり、会社へ入社した、新大学生・新社会人の悲鳴がネットのあちこちから聞こえてきています。しかし、辛いのはまだ序の口。

5月ごろになるといよいよストレス蓄積度が限界に達し、ゴールデンウィークのせいでぷつんと緊張の糸が切れ、多くの人がもう大学へ行きたくない、もう会社へ行きたくないと「五月病(ごがつびょう)」をわずらうはめになります。五月病のせいで、そのまま教育機関や職場からドロップアウトすることも決して珍しくはありません。精神が荒廃した状態の、五月病について調べてまとめました。

スポンサーリンク

五月病とは?

五月病症状

五月病(ごがつびょう)とは、新人社員や大学の新入生や社会人などに見られる、新しい環境に適応できないことに起因する精神的な症状の総称である。

抑うつ、無気力、不安感、焦りなどが特徴的な症状である。主訴には、不眠、疲労感、食欲不振、やる気が出ない、人との関わりが億劫などが多い。

新年度の4月には入学や就職、異動、一人暮らしなど新しい環境への期待があり、やる気があるものの、その環境に適応できないでいると人によってはうつ病に似た症状がしばしば5月のゴールデンウィーク明け頃から起こることが多いためこの名称がある。

発症に至る例としては、

  1. 今春生活環境ががらりと変わり、新しい生活にまだ適応できていない
  2. GW中に疲れが一気に吹き出す
  3. 長期休みの影響で学校などに行きたくなくなる

などの要因があると言われている。

4月で電撃退社!入社式や研修で心を折られて辞めた新社会人
ついに入社日の4月1日を迎えてしまい、新社会人がおそるおそる入社をしてみると、今まで身を置いていた高校・大学といった教育機関...
適応障害…新しい環境に適応できずうつ病へも発展する症状
新しい環境に過剰な拒絶反応を起こし、登校や出社が不可能になってしまう「適応障害」。根性論がはびこる日本では努力不足・甘えと一...




五月病にかかりやすいタイプの人

五月病症状

  1. 真面目な人
  2. 責任感がある人
  3. 忍耐力がある人
  4. 融通が利かない人
  5. ロマンチストな人

そもそも不真面目で責任感もなく、忍耐力もない人は季節を問わずいつでものんびりしているはずですが、五月病も適応障害の一種であり、外的・内的要因によるストレスと自分の処理能力のバランスが崩れたときに発症すると考えると、真面目で・責任感があり・忍耐力がある人ほど、ストレスを多く溜めこみがちになることが予想されます。

ロマンチストというのは、つまり理想が高い人、ということ。高すぎる理想は往々にして現実と乖離しますから、その結果として大きな失望や挫折を経験し、五月病になりやすい、と考えられます。



スポンサーリンク



自分が上記のタイプに当てはまる、と感じた人は、あらかじめ五月病の予防をはじめましょう。


もう社畜じゃん…自尊心と思考力を消し飛ばす新人研修の恐怖
企業の経営者からすれば、指示した形で社員が従順に仕事をして利益を持ってくればそれだけでいいので、それ以外の、社員の小生意気な...

入社直後に社会の闇を見てすでに五月病の前兆が出ている人達

離婚寸前ありがち

  • 昨日入社式で終わってから同期の人たちと飲みに行ったんだけど、帰り道(22時過ぎくらい)に会社の前通ったら各部署の電気全部ついてて「やだ…残業無くしたって…言ったのに…」「営業時間とっくに過ぎてるのに…」「定時で帰れるって…言ったじゃないですか…」って一気に葬式みたいな空気になった
  • 入社式とか終えた先輩方から「会社辞めたい」っていうLINEが2件きて闇を見てる感じや
  • つーか入社式の練習で起立、礼、着席の練習1時間やらされたし返事は喉枯れるほど大声で言わされるしどんだけ体育会系なんだよもう辞めたい
  • 入社式を終えたリーマン五十嵐と会ったけど口数がいつもの10分の1ぐらいだったしずっと涙目みたいになってたし歩いてる時も下向いてたし、社会人の闇深すぎでしょ。
  • 入社式めちゃくちゃ疲れたー(´Д`) もう既に辞めたいwww
  • お友達の会社、今日が入社式だったみたいですが、10人のうちすでに1人が夕方までに辞めたみたいです。
  • とりあえず、今は研修期間なんだが
    店舗見学と、声出しを主に。
    1日中、全員で
    「いらっしゃいませーーーーーぇぇぇ」
    「ありがとうございまーーぁぁぁぁす」
    って叫んでるよ。
    一人ずつ社長の前で発表とか。
    居酒屋選手権って知ってる?
    それ系のをこれからやるんだって。
    あと、5日間の合宿もあるらしい。

もう使い倒される身なんだ…新入社員が会社を辞めたい理由集
「もう大人達に守られている立場でなく、それどころか、年上の人間達に一方的に圧力をかけられる立場なんだ…」 入社式や新人...




五月病で退社→公務員を目指す!という人が多い

探偵浮気調査

「この会社は自分に合わないと感じた」というのが退職理由。

あまりにも漠然とした理由なので、具体的になにがどう合わないと感じたのか尋ねてみた。すると。

「販売はアルバイトの延長のような仕事。ずっと続けていく気にならないし、自分に向かない」とのことだった。

当社では、2週間の新入社員研修期間中に売場での販売実習を数日行なう。講義とロールプレイングで学んだ接客応対技術を、実際に売場で体験するのが目的だ。その実習の結果、新入社員のKさんは「自分に合わない」と思ったそうだ。
辞めてどうするのか、Kさんに聞いてみた。
「公務員を目指します。」

まただ。採用や研修を担当していると、毎年必ずこういう若者と遭遇する。「安定していて、楽そうだから」という、かつての私と同じ発想。

いや、決めつけるのはよくない。公務員(地方上級とのことだった)を目指す、彼なりの確固たる理由があるのかもしれない。

「公務員になりたいのは、なぜ?」
「地域の人たちに貢献したいからです。」
「地域の人に貢献というと、具体的にはどういうことをしたいの?」
「・・・市役所の窓口で、住民の相談に乗ったりとか・・・」
「うちの店でお客様の相談に乗るのはアルバイトの延長にすぎないと思うのに、市役所で住民の相談に乗るのはやりがいがあると思うんだね。それはどうして?」
「・・・いや、その・・・民間とは違う、というか・・・」

ああ、やっぱり。「安定」「楽そう」公務員志望シンドロームだ。その発想が悪いとは言わない。しかし、それだけでは信念を持って公務員を目指している人たちとの選考で勝ち残るのは難しい。また、仮に公務員になれたとしても、決して幸せにはなれない。

残念ながら、Kさんに当社での仕事を続ける気はないようだったので、慰留は諦めた。



仕事カテゴリーネットサービスカテゴリー健康カテゴリー美容カテゴリー恋愛カテゴリー教育カテゴリー知識カテゴリーお楽しみカテゴリー漫画カテゴリー小説カテゴリーアニメカテゴリーゲームカテゴリー購入技カテゴリー住宅カテゴリー趣味カテゴリータグブログ内検索トップページ