食事と日光でセロトニンをガンガン合成し化学的に幸福な生活

セロトニン合成分泌方法

幸福な気分になれるとされている脳内物質の「セロトニン」は、あまりに恐すぎるうつ病を予防し、精神を安定させて、人生を満ち足りたものにするために、非常に重要度が高いです。

意識的にセロトニンを体内分泌させるような食生活や生活スタイルを築いていけば、あなたの心は安定感と幸福感に満たされたものへと変わっていきます。ブログ管理人は、毎日朝日を30分程度浴びるように心がけ、精神の回復効果を実感しています。セロトニンを分泌させるための方法を調べてまとめました。

スポンサーリンク

セロトニンを最も分泌させる食べ物…それは「カレー」

セロトニン合成分泌方法

腸からセロトニン分泌指令を出すのに最適な食品は『カレー』であることも判明した。スパイスが多く含まれ、たんぱく質、脂質、炭水化物がバランスよく摂取できるカレーは、腸を温める効果がバツグンなので「カレー食ったし幸せだわ(笑)」「セロトニン分泌しよっと(笑)」という状態となり、腸がセロトニンをドバドバ出すよう脳に指令を送るのだ。

驚くべきことが判明した。『幸せホルモン』と呼ばれる『セロトニン』の95%は、なんと『脳』ではなく『腸』から出ていることが研究で判明したのだ。

腸は熱を持つと「セロトニンを出してくれ(笑)」と脳に伝達する仕組みが体内に備わってい る。逆に腸が冷えた状態であると「幸せじゃねえ(笑)」となってセロトニンが分泌されなくなる。普段から温かい飲み物を飲む、身体を温める食事をすることは風邪予防など、体のコンディションを保つだけでなく精神バランスを保つためにも効果的であるのだ。

セロトニンの精神安定効果

セロトニンは、人に穏やかな感情を与える作用があり、セロトニンの不足はうつ病の原因のひとつであると考えられています。
神経伝達物質であるドーパミンやノルアドレナリンなどの働きをコントロールしたり抑制したりする作用をもち、精神を安定させるという働きを持ちます。
ですから、セロトニンが不足すると、感情や考えのコントロールが効きにくくなり、情緒・気分を不安定にしたり、うつ病の原因になると考えられているのです。

セロトニンの分泌が正常で上手く働いている場合は、脳の覚醒や心身の活動がスムーズに行える状態にします。
目が覚めた時に、頭がすっきりしていて、気分爽快な状態で覚醒できるのです。
また、やる気や集中力の向上作用もあります。




セロトニンの材料のトリプトファンを積極的に摂取

セロトニン合成分泌方法

セロトニンの材料になるのは、必須アミノ酸「トリプトファン」です。

トリプトファンは主に食品のタンパク質に含まれていて、体内に入って脳に運ばれたあと、セロトニンに変化します。そして、夜になるとセロトニンは「睡眠ホルモン」であるメラトニンに変わり、眠りをサポートします。

ここで、知っておきたいポイントがひとつあります。それは、「トリプトファンは人間の体内では生成できない」という点です。体内で作られない以上、日々の食事から摂る必要があります。

トリプトファンの含有量が多いのは肉類や乳製品ですが、私たちの主食である白米やパンにも含まれています(ご飯1杯に60~80mg、食パン1枚に50~60mg)。

一日あたり500~600mgくらいのトリプトファンを摂ることが、不眠対策に有効と言われています。

トリプトファンが多く含まれる肉類や豆腐を積極的に食べるのが効果的ですが、サプリメントでトリプトファンをピンポイントで摂取するのも非常に効率的です。



スポンサーリンク



ストレス減少やうつ病予防!幸福度が増すセロトニンとは?
体内に分泌されると幸福感を味わえると言われる脳内物質の「セロトニン」。人生における幸福や、あまりに怖いうつ病を予防のためにも...

トリプトファンと同時にビタミンB6が必須

セロトニン合成分泌方法

セロトニンを体内で作り出すには、トリプトファンのほかにも『ビタミンB6』『鉄分』が必要です。

トリプトファンとビタミンB6が『腸内』で合成されることで、セロトニンの前駆体である『5-HTP』が生合成されて、脳内へと運ばれます。
鉄分は、セロトニンをはじめドーパミンやノルアドレナリンと言った、神経伝達物質の合成に欠かせない酵素(トリプトファン水酸化酵素)の働きを助ける作用があります。

ビタミンB6をとるついでに、ビタミンB6を含む総合サプリメントで各種ビタミン・ミネラルを一括してとると、健康促進や髪や肌が美容効果に効果的です。

筋トレはセロトニン大分泌で心を健康にし筋肉で自信が付く!
「健全な精神は健全な肉体に宿る」というのは大昔から言われ続けていることなので、それなりの信憑性はありそうです。どうも、筋肉ト...




準備は整った!最後に日光を浴びてセロトニン合成のスイッチオン

頭良い人特徴

太陽を浴びる時、注意してほしいポイントがあります。それは「時間」です。

長く浴びていれば、セロトニンが大量に生成されるというものではありません。セロトニンを活性化させるために最適な時間は、だいたい、20〜30分くらいと言われています。
それ以上光りを浴びると、セロトニン神経に備わる、自己抑制機能というものが働きはじめ、かえってセロトニンの活動レベルが下がってしまうのです。

また、浴びる光の強さにも注意が必要です。専門的な話しになるかもしれませんが、セロトニンを活性化させる光の強さは、2,500ルクス前後あればいいとされています。
ルクスというのは、光の強さを現る単位の事です。

  • 0.5〜1ルクス… 月明かり
  •   300ルクス… 日の出、日の入り時
  •   1,000ルクス… 晴れた日の夕方の太陽光(日の入りの約1時間前ぐらい)
  • 25,000ルクス… 曇りの日の午前10時ごろの太陽光
  • 32,000ルクス… 曇りの日の午後12時ごろの太陽光
  • 35,000ルクス… 晴れた日の午後15時ごろの太陽光
  • 65,000ルクス… 晴れた日の午前10時ごろの太陽光

夏の光りは強いため、セロトニンはすぐに活性化します。この時は、時間を短く、冬場は光りが弱いので長めに浴びるなど、調整をしてみましょう。浴びる時間は、長くでも1時間ほどで充分です。

最も効率的なセロトニン合成の手順としては、

普段から腸内環境を整えた上で(セロトニンはほほ全てが腸で合成されるため)、

  1. カレーと一緒に肉類を食べて腸を刺激すると共にトリプトファンを摂取
  2. サプリメントや豆類などからビタミンB6を摂取
  3. 日光を20~30分程度浴びてセロトニン合成のスイッチを入れる 太陽光の下でジョギング等の運動をするとなお良い

ブログ管理人の場合は、肉類を食べ、ビタミンB6を含むマルチサプリメントを飲んだうえで30分程度日光を浴びると、精神のささくれが消えたような平坦な精神状態になり(ちょっとだけ悲しい時の心境に近い?)、眠気を催します。単純に暖かな朝日を浴びるのは身体が温まって気持ちいいですし、普段と較べて明らかに穏やかな気持ちになるのは確実なので、セロトニンの効果を実感しています。

すごーい!いつでもフレンズたちに会えるー!




仕事カテゴリーネットサービスカテゴリー健康カテゴリー美容カテゴリー恋愛カテゴリー教育カテゴリー知識カテゴリーお楽しみカテゴリー漫画カテゴリー小説カテゴリーアニメカテゴリーゲームカテゴリー購入技カテゴリー住宅カテゴリー趣味カテゴリータグブログ内検索トップページ