読みやすく伝わりやすい事が肝要な文章力を高める方法まとめ

文章力上達方法

絵の才能や音楽の才能などと同列に語られることの多い「文章力」。絵や音楽のように一見・一聴しただけでパッと伝わる分かりやすい華やかさには欠けるものの、学校や会社での使用頻度が最も高い文章は、実用性が非常に高く、さらに言葉の豊かな表現力というものは羨望と嫉妬の対象になりやすいです。

文章力を鍛え、高めるにはどうしたら良いのか?文章力について調べてまとめました。

スポンサーリンク

文章上達のための 12 と1/2のルール

文章力上達方法

  1. 毎日かけば、毎日上達してゆく
  2. 書くのが飽きてくるような文章は、読者にとっても同じだ
  3. 書くためのルーティンを決め、それを守ること
  4. 詩は韻をふまなくてもいいし、詩は韻をふまないことがなくてもいい
  5. 実生活でも、文章でも偏見を避けること
  6. 文章を書く人は文章をたくさん読んでいる
  7. 好きな言葉、本、場所、もののリストを作ること
  8. お話に意味や、教訓がなくてもいい
  9. いつでもノートをもって、ペンをもっていること
  10. 散歩にいったり、踊ってみたり、雑用をしたりすること。それについて書くこと
  11. 一つのスタイルに落ち着かないこと
  12. 一つの話題の両面を書けるようになること
    最後の 1/2 は…。
    「こんなリストを見ているのをやめて、何か書くこと!」



文章力を素人級からプロ級まで引き上げる6段階の効率的練習法
スマホやPCを使ってメールで口語体の文章を書いたり、正確に情報を伝えるためのお堅いビジネス文書や大学の実験レポート・卒業論文...




文章力を構成する各種の要素

引き寄せの法則解説効果

  1. 語彙力(0次元)
    • 言葉の使い方、選び方。
    • 沢山の言葉を知っていることが望まれるが、必要に応じた言葉を選び出せるか。
    • 言葉の微妙なニュアンスの違いを感じ取ったり、言葉遊びできたり、語感で韻を踏んだり。
    • 最も効果的な言葉を選び出せる能力。
  2. 表現力(1次元)
    • 言葉の組み合わせ方、文の作り方。
    • 装飾力も含む。必要に応じて華美にしたり、質素にしたり、テンポを持たせたり。
    • 基本的な文法なども含まれる。
    • 文をしっかりと形成できる能力。
  3. 構成力(2次元)
    • 文章全体のバランス。過不足無く説明できているか。
    • 文の順番や、筋道を立てて説明できるか。
    • それぞれの文・センテンス・章の関係を把握できるか。つまり、文章の空間把握。
    • 文章全体にわたる能力。
  4. 説得力
    • 創作系ならば、リアリティとも。
    • 文章の論旨が納得・理解できるものであるか。
    • 読者に、著者の言いたいことが伝わっているか。
    • 文章により論旨を伝え納得させる能力。
  5. 魅力
    • 文章の内容に新規性・創造性があるか。
    • 先を読ませる文であるか。読みたくなるような文であるか。つまり、読者をひきつける文章であるか。
    • 文章自体からにじみ出ても良いし、著者の個性がにじみ出ても良い。
    • ある種のカリスマ性とも言え、著者がパーソナリティに依存する個性とも言える能力。
  6. 生産力
    • 執筆力とも。
    • 文章を量産できるか。
    • テーマに沿った、他者から欲求された文章を書くことができるか。
    • 文章そのものを生み出す能力。

文章力のある文章とは?のネット上の考察

文章力上達方法

文章力とは違うかもしれないが口に出して気持ちの良いもの、音読し易いものってのは普通に黙読してても気持ちがいい
文節、言葉選び、色々な要因があるけどそう言う事をバランスよく上手く使ってる文がいい

本当に魅力的な文章を読んだ時、興味の矛先は本ではなく作者に向かう。何を考え、何を思い、どうしてこんなことを書いたのか。どうしてこんな風に書けるのか。
文章力って言葉では計り知れない「何か」があるんだろうなと思う。小説における文章力と、論文における文章力が違うということはうっすら分かる。
前者は才能、後者は努力によって鍛えることのできるものだと。
どちらにせよ人に伝えたいという意思の強さがそうさせているのであって、確実に言えるのは他人の評価を受ける中で練度が高まっていくってことかな。

1.物事を文字で正確に伝えられる
2.比喩表現などによって、より強く感情に働きかけたり、正確以上の感覚的共有を促すことが出来る
3.正しい文法、豊富な語彙を身につけてそれらを(無闇にでなく)的確に使いこなせる
1~3それぞれ相互作用もあるけど、おおむねこの3つ

文章を書ける人と書けない人の違いはなにかというと文章を書く量。
文章を書けない人は圧倒的に量が少ない。先ずは書く量を増やすことだろう。
とにかく量を書けばそのうち文章の感覚は身に付く。
次には書くべきことがあって書いているかどうかだ。

確かに良く出来たコピペは長いのも読めるな
吉野家とかリズムがいい



スポンサーリンク



俺の思う文章力は、自然に読ませ、かつ自然に理解させ、加えて筆者の意図どおりの内容で理解させること、だと思う。
小説における文章力とはまた少し違うけどね。
適切な言葉を使うのもそうだし、
一文一文をリズムよく読めるように構成するのも必要だし、
文章全体として論理や展開がすっきりとおってることも要求される。

ざっくり言うと英語を参考にしろ、SVOをしっかりとな
日本語の曖昧性になるべく頼らない論理的な文章をすらすら書けるように心がけろ
それが出来るようになったら崩して砕いても意味が伝わる文章を書いていく

バカに受けるように書くにはある意味才能がいるんだ




読みやすく文章力が凄いとの評価が多い文章

文章力上達方法

芥川龍之介『羅生門』

ある日の暮方の事である。一人の下人が、羅生門の下で雨やみを待っていた。
広い門の下には、この男のほかに誰もいない。
ただ、所々丹塗の剥げた、大きな円柱に、蟋蟀が一匹とまっている。
羅生門が、朱雀大路にある以上は、この男のほかにも、雨やみをする市女笠や揉烏帽子が、もう二三人はありそうなものである。
それが、この男のほかには誰もいない。
何故かと云うと、この二三年、京都には、地震とか辻風とか火事とか饑饉とか云う災がつづいて起った。
そこで洛中のさびれ方は一通りではない。
旧記によると、仏像や仏具を打砕いて、その丹がついたり、金銀の箔がついたりした木を、路ばたにつみ重ねて、薪の料に売っていたと云う事である。
洛中がその始末であるから、羅生門の修理などは、元より誰も捨てて顧る者がなかった。
するとその荒れ果てたのをよい事にして、狐狸が棲すむ。盗人が棲む。
とうとうしまいには、引取り手のない死人を、この門へ持って来て、棄てて行くと云う習慣さえ出来た。
そこで、日の目が見えなくなると、誰でも気味を悪るがって、この門の近所へは足ぶみをしない事になってしまったのである。

ホリエモン

議論内容
殺.人を犯した人間に暴言を浴びせるのは良いことなのだろうか?という疑問

「違うんだよ。加害者に同情するのなら、なおさら人々の怒りを与えるべきなんだよ。
人はなぜ更生できるのかというと、加害者意識を強く持つからなんだ。
これは、矯正心理という観点から、よく言われている話で、それを知らないあなただから言える話なんだ。
人を殺すということは、それだけ、他人の悲しみを作り、愚かしく、怒りを覚えられる行為と受刑中に悟らなければならない。
時には、人と思われないような発言を浴びせられても、それだけのことをしたんだと悟り、
文字から殺,意を感じる暴言を浴びせられても、それだけのことをしたんだと悟り、
そうやって初めて「加害者」という自分の像が浮かび上がり、更生という道筋が見えてくるものなんだよ。
人を殺してしまった者が、暴言を浴びせられ、世間では憎悪の対象にされるということは、
加害者の将来のために繋がるものだし、被害者遺族への慰めにも繋がり、さらに今後の事件の抑止力にも繋がる。
だから、それを「暴言を浴びせるお前たちこそ殺.人犯だ!」と言って否定することは、
あまりにも的外れで、恥ずかしい。誰の得にもならない発言だ。」

虚淵玄『鬼哭街』より

虚淵玄 重くてシビアな話が得意のまどかやファントムの作家
PC用美少女ゲーム界に「燃えゲー」という新ジャンルを興し、革命を起こしてしまった有名ライターの虚淵玄(うろぶち げん)。彼の...

爛漫と咲く桃花の下で、濤羅は剣を執っていた。
そよ風が梢を揺らすたび、白い花弁は飛沫を散らすが如く盛大に宙へと舞う。まるで満ちに満ちた木の生気が、蕩々と溢れ出るかのように。
日課の鍛錬をするのに、今日に限って道場でなくこの桃園を選んだのは、ほんの気紛れである。
ただ眺めているだけでも心沸き立つ桃の咲きぶりを眺めるうち、無性に体を動かしたくなったのだ。
魔都上海の喧騒も遥かに遠い、崑山は陽澄湖の畔にある孔家の私邸。
若い兄妹と使用人だけが住まうには些か広さを持余すものの、さりとて引き払うとなると、この先祖伝来の桃園が惜しい。
代々続くこの中庭が今の時代に命脈を繋いでいるのも、濤羅の父が大枚をはたいて設えた近代設備の賜物である。
中庭は与圧された透過樹脂の天蓋で覆われ、桃園は汚染物質を被ることなく、春のうららかな陽光だけを浴びている。
道着ではなく平服のままだが、花香を孕.んだ空調はむしろ涼やかで心地よい。
服気の調息によって丹田に満たした内気を、閉息して飲み込み、練気を繰り返す。
次第次第に身体が軽くなるのを実感してから、おもむろに佩刀の鞘を払い提膝平衡の姿勢から形取りに入る。
二八刀三六剣、しめて六四套路の戴天流刀剣法は、刀剣いずれにも対処できるが、畢竟そのすべてを活かすとなれば、斬撃と刺突を共にこなす器械が最適だ。

2017年冬アニメの視聴継続中の作品 第1位!




仕事カテゴリーネットサービスカテゴリー健康カテゴリー美容カテゴリー恋愛カテゴリー教育カテゴリー知識カテゴリーお楽しみカテゴリー漫画カテゴリー小説カテゴリーアニメカテゴリーゲームカテゴリー購入技カテゴリー住宅カテゴリー趣味カテゴリータグブログ内検索トップページ