各国全戦全敗やん!移民受け入れでその国に起こる現象まとめ

移民政策メリットデメリット

移民はいけない、移民はダメ…と繰り返し言われます。ブログ管理人も移民には頼らず、日本独自の力で少子高齢化を解決して欲しいと願っていますが、政府の対応はずっとぐだぐだのままで、どうしても移民を受け入れざるを得ない日がやってくるように思ってしまいます。

移民を受け入れると、受け入れ先の国で、一般的にどんな事が起こるのか?調べてまとめました。

スポンサーリンク

すでに移民を受け入れた諸外国はそろって移民政策に反対している

移民政策メリットデメリット

「日本の移民受け入れ検討について外国人がどう思っているか」

アメリカ:我々と同じ間違いを犯すな。
移民政策はアメリカとヨーロッパを滅ぼしているんだぞ。

スペイン:ホワイトピ.ッグを追い出せ日本!

スウェーデン:他民族化は避けられない。止められないぞ。

スペイン:移民政策はその解決よりも多くの問題をもたらす。
出生率が低いからといって他の国から人をつれてきてもなんの解決にもならないぞ。
とにかく外国人を受け入れちゃならない。
やるべきは彼女を作り子供を作る事だ。

ロシア:残念ながら策はないよ。
移民法を今つくろうがあとからつくろうが政策がうまくいく時はすぎた。

ウクライナ:日本は日本人のもので、大量の移民は問題を悪くするだけ。
人口が少なくともロボットがいるから経済力は問題にならないよ。
(既に日本は人口多すぎだから)

移民問題…移民との宗教対立や仕事の奪い合いでほぼ失敗確定
露骨な老人優遇政策により、そのあおりを食らってかんじんの若者世代が冷遇、結果的に少子高齢化が進み続け、いよいよ「移民受け入れ...




移民を受け入れると…

移民政策メリットデメリット

メリット

  1. 移民で賃金を下げて国際競争力を維持する
  2. 日本人の意識もより国際的になっていく
  3. 世界の、日本に対する閉鎖的・排他的といった評価が変わる
  4. 移民がもたらす異文化によって、新たな産業やサービスが起こる
  5. 日本で不足している有能な若手人材を永続的に活用できる
  6. 移民によって国内人口が増えて少子化が改善され、内需が活発化し経済が回復する

デメリット

  1. 国の人口(人種)構成が将来、大きく変わる
    (移民第一世代は移民先の国では、マイノリティだったけれども、二世代、三世代と代を重ねると、加速度的に移民の人口が増加していく)
  2. 移民を増やせば、さらに日本人の失業者は増える
  3. 生活できない日本人が増え、生活難による犯罪も増える
  4. 治安の悪化、テ/ロや暴動の頻発

移民や経済縮小のために世界各国で仕事の無いニートが増大中
当ブログではたびたびニート特集を組んできましたが、海外へ目を向けてみると、日本以外でもニートが世界的に増加傾向にあるようです...
中東戦争&難民発生の原因のパレスチナ問題のわかりやすい解説
戦争に次ぐ戦争で中東が灰燼に帰して荒廃し、祖国を追われたシリア難民がヨーロッパに大量流入して大問題になっていますが、歴史的背...

移民政策を決行した諸外国の結末

移民政策メリットデメリット

アメリカ
ヘリテージ財団の計算で、移民は税を払うよりも多くの社会保障費を受け取る傾向にあるので、長期的には移民増加は米国の財政を悪化させることが指摘されている。その移民政策は、今後50年で6.3兆ドルのコストになると概算されている。

ドイツ
ドイツの一部の大都市では、住民との軋轢が強まっている。ドイツ内相のトーマス・デメジエールは、「移民が問題を引き起こすことは頻繁ではないにしても、いくつかの都市におけるブルガリアとルーマニアからの移民労働者の急速な増加は、懸念材料だ」と述べた。その為、ドイツでは「移動の自由を制限するべきだ」という議論が出ている。

2010年にアンゲラ・メルケル首相は「多文化共生は失敗であった」と発言している。

スイス
スイスは、EU諸国からの移民の数を制限する是非についての国民投票を2014年に行い、移民規制強化への賛成が過半数を占めた。スイス国民党(SVP) が指摘するように、EU諸国からスイスへの移民の数は毎年8万人にのぼり、この数は当初2007年に見積もられていた数の10倍であった。移民超過の結果、教育システムや交通、公的医療システムに負荷をかける事態になっている。健康保健・年金など移民への社会保障のためのコストを誰が負担するかについて の議論がある。

また、スイス国内の労働者の賃金が移民労働者の低賃金によって脅かされる状態になっている。

フランス
2015年1月、パリで大規模な襲撃事件がおこり民間人17名が犠牲となった。この襲撃事件をうけてフランス国内のイスラム系住民への取り締まりが厳しくなっている。
フランスは欧州で最大の移民を有し、フランスの慣習などに適合できない移民が群をなして生活している地区があり、治安悪化で事実上立ち入れない区域もある。襲撃事件の容疑者はすべて移民の子孫であったことから、移民の同化政策が岐路にたたされている
フランス首相であるマニュエル・ヴァルスは、移民が彼ら独自のゲットーを形成し表社会と交流を断つケースではフランス国家による同化政策は無力となると認め、30年にわたる移民の同化政策は失敗だったと示唆した。



スポンサーリンク






ネット上の移民政策への見解

才能の無駄遣い有効利用

今から生まれる子供は移民との仕事の取り合いだからな
学がなければ中国人やタイ人と同レベルの扱いになる
そこそこの大学出すまで面倒見れるほど金もらえてないから無理

先進国はどこも子供が全員大卒ホワイトカラー志向で、大卒後も希望職業以外で働かないことが多く
それでブルーカラーが不足して移民に頼ってるという本末転倒っぷりやからな
んで大卒事務員が月給20万とかで工場労働者と大差なくなってたりする
方や倍率何十倍、方や中卒移民歓迎するほどの人手不足やからこのままいけば市場原理で逆転するかもしれん

労働力じゃなくて問題は消費
人口が減ればどんどん経済規模が縮小する。比例して消費も減る
=各企業の売上(全体のパイ)減、マイナス成長に繋がる。どれだけ頑張っても人口が減り続けるならこれは防げない
で、移民を使わずに人口が増やせるか?増えない。
だから移民でも入れて人口を維持以上にもってかないと内需関係の企業が死ぬということ

まず移民ってのは金も持ってないろくな教育も受けてない
最底辺の人間だからな。
日本人のDQ.Nだけでも社会不安になるのに、移民まで増えたらやっていけない

ドイツが受け入れは失敗と公式に認めたし
さらに移民を受け入れないようにしている日本のほうが治安も経済も良いんだよなぁ

まあこういう争いを見てると日本は島国でよかったとつくづく思うわ
あとは多文化・他民族主義に傾倒して移民なんて絶対いれないことだな

移民は現地人と同化せず移民同士でくっつく。
そしてそのコミュニティが現地人と対立するのは既に実証済みだ。

フランス人「イスラム教徒は悪じゃない!イスラム教徒を責めてはいけない!」
イスラム教徒「おっそうだな!(自爆)」

だから宗教、民族が違うものは混ぜたらダメなんだよ
だから国境があるんだろ
移民推進派てのは対立を作り上げて煽りたいク.ズ野郎だわな

移民賛成派は試しに自分の家に難民さん達を五名ほど住まわせるといいよ
勿論お金から何から何まで面倒見なきゃなんない
それで一年間問題ないように住まわせること出来るかな?
それの拡大版が移民政策

女だけ受け入れても二世が問題起こすし難しいやろ
フランス見とったら、移民1世はあんま問題起こしとらんのに
移民2世の犯罪率だけ異様に高くなっとるの見たら、やっぱ移民て難しいんやと思うわ

移民はウイルスと同じ
宿り主(移民地)で食っていけなくなったら
次の主(移民地)へ移動するだけ
そもそも生まれ住んでる地に不都合がないなら
居住地を移動する必要はないだろ
自分の生まれた地を捨てた「移民」
こんなの受け入れてたら
「国」が成り立たないのは火を見るより明らか
日本人はこの事実を今一度見直して
今までほったらかしてた移民問題に目を向けて
移民排除に動く必要があるんだよ
日本は海に囲まれた孤島だから
運よく独自の歴史文化を育んできたのに
自分から移民を受け入れるなんて馬鹿のする事
「戦争難民かわいそう」これアホの戯言
お前が戦地に赴いて世話してこいや

そもそも宗教が違う時点でうまくいくわけがない。
宗教の違う国に移民、難民で来るのは侵略行為と思っていい。

外国人を大量にいれるのは本当にダメ
この国は日本特有の文化とか習慣で持ってる部分あるから,難民大量にいれたら崩壊するわ
特に宗教を強く信仰する奴らとは残念だけど相容れない

治安の悪化を覚悟して移民を受け入れ経済規模を維持・伸ばすか
治安を保ったままこのままずーっと衰退して終わっていくかだな
まあ衰退して貧乏人が増えたら移民受け入れた時以上に治安が悪化するかもしれんけど

んで、なんか移民入れるとか言ってるけど、そんなク.ソな労働条件に外人たちが納得するワケないと思うんだけど。前働いてた工場は、外人比率が高かった(フィリピン・ベトナム・他少数)が、あいつらは時間になると仕事が残ってようが、定時のチャイムが鳴ればすぐ帰るぞ。社畜共が発狂してたけど、アイツらは「仕事は仕事。契約外の事は一切しません」みたいな事言ってたしな。まぁ、そこはブラックだったから俺もすぐ辞めたけど、移民がきたら社畜共が吠えるだろうなぁ。

つーか移民もやだ産むのも無理っつーなら日本滅亡が民意なんやろ、それでええやんけ



仕事カテゴリーネットサービスカテゴリー健康カテゴリー美容カテゴリー恋愛カテゴリー教育カテゴリー知識カテゴリーお楽しみカテゴリー漫画カテゴリー小説カテゴリーアニメカテゴリーゲームカテゴリー購入技カテゴリー住宅カテゴリー趣味カテゴリータグブログ内検索トップページ