きらめく風景と青春の記憶を色鮮やかに演出する新海誠の世界

新海誠アニメ評判特徴

現実世界の風景を、アニメーションの世界へ理想化変換して落とし込んだかのような、ため息が出るほど美しい背景絵。テレビ画面の前に座っていながら、心だけが画面の中の新海誠ワールドへと没入する不思議な体験をすることができます。

あまりに美麗な背景絵と、心にしみる、憂鬱で切ないストーリーが特徴の、新海誠のアニメ作品の魅力をお伝えします。

スポンサーリンク

新海誠の描き出す、他とは一線を画す美麗な背景

新海誠アニメ

新海誠アニメ

shinkaimakotoworld20

shinkaimakotoworld21

新海誠アニメ

新海誠作品の最大の特徴にして最大の魅力が、実写かと見まごう美しい背景。見ていて作中世界へ引きずり込まれるかのようなリアリティーと、独特の世界観を作り出しています。

新海誠は風景描写の緻密さと美しさに定評があり、背景を描くため自らロケハンを行い、1作品につき1万枚以上の写真を撮影するそうです。

新海誠アニメ

新海誠の背景絵特集の画集は「新海誠美術作品集 空の記憶」がおすすめで、ブログ管理人ももう何年も前に購入済み。人物のイラストではなく背景絵のみなのに、驚異的な満足度と完成度の画集で、極めて特異な本です。

新海誠アニメ

新海誠アニメ

新海誠アニメ

新海誠アニメ




新海誠ワールドで繰り返し用いられるもの

電車と駅

新海誠アニメ

新海誠アニメ

新海誠アニメ

桜のように舞い散る花びら

新海誠アニメ

射し込む光や光芒

新海誠アニメ



スポンサーリンク



言の葉の庭映像背景

新海誠アニメ

新海誠作品の中でも、「電車」の出現率はとりわけ高く、新海誠が電車に強い思い入れを持っていることがうかがえる。

実際、新海誠以外の多くの人達にとっても、電車に揺られて旅をしたり、たくさんの人達が目的地の違いですれ違う駅のプラットホームはロマン。

言の葉の庭 新海誠の映像美と雰囲気が魅力の雨と恋の物語
他の作品とは完全に別次元の美しすぎる背景と雰囲気のある作品世界。見ていて映像の世界の中に吸い込まれるような錯覚さえ覚えます。...

すれ違う男女と青春期の葛藤を描く作風

新海誠アニメ

あなたのことは今でも好きです。でも私たちはきっと1000回もメールをやりとりして、たぶん心は1センチくらいしか近づけませんでした。

ただ、生活をしているだけで 悲しみはそこここに積もる。 日に干したシーツにも、洗面所の歯ブラシにも 携帯電話の履歴にも。
この数年間、とにかく前に進みたくて、届かないものに手を触れたくて、それが具体的に何を指すのかも、ほとんど脅迫的とも言えるようなその想いがどこから湧いてくるのかも分からずに僕は働き続け、気づけば日々弾力を失っていく心が、ひたすら辛かった。そしてある朝、かつてあれほどまでに真剣で切実だった想いが、綺麗に失われていることに僕は気づき、もう限界だと知ったとき、会社を辞めた—

秒速5センチメートル』は、日本の新海誠の監督による2007年のアニメーション映画。『雲のむこう、約束の場所』に続く、新海誠の第3作目の劇場公開作品にあたる。

題意は「桜の花びらが舞い落ちる速度」。新海誠が監督、原作、脚本、絵コンテ、および演出までを手掛けた劇場作品で、惹かれ合っていた男女の時間と距離による変化を「桜花抄」、「コスモナウト」、ならびに「秒速5センチメートル」という短編3話の連作で描く構成。

新海誠作品の特徴の1つに、思春期の葛藤や、男女の心のすれ違い、といったテーマがよく表現されることが挙げられる。秒速5センチメートルも、子どもから大人になるにつれて、かつては心を通じ合わせた男女がすれ違っていくというストーリー内容。

新海誠作品の中ですれ違いの描写が最も顕著なのは、新海誠が世に鮮烈デビューするきっかけとなった「ほしのこえ」。25分のフルデジタルアニメーションの監督・脚本・演出・作画・美術・編集を、新海がほぼ一人で行なったことが注目を浴びた。

8.7光年の距離と、1通のメールで思いを伝えるのに8年もかかる、お互いの距離と時間のすれ違いを描いた傑作。

shinkaimakotoworld11

2039年、人類は火星のタルシス台地で異文明の遺跡「タルシス遺跡」を発見したが、NASAの調査隊は突然現れた異生命体によって全滅させられてしまう。この事実に人類は国連宇宙軍を組織し、遺跡の名前から「タルシアン」と呼称された異生命体の謎と脅威に対抗しようとしていた。

2046年、中学3年生の長峰美加子は、 国連宇宙軍のロボット「トレーサー」オペレーターの選抜メンバーとなっていた。翌年にはタルシアンの追跡調査のため4隻の最新鋭戦艦と1000人以上で編成されるリシテア艦隊の一員として、艦隊旗艦「リシテア」に乗艦し、生還の保障のない遠征調査に旅立った。地球には家族と、ほのかな恋心を抱く友人、寺尾昇を残して……。

調査艦隊がタルシアンの痕跡を追って地球から離れてゆくにつれ、ミカコとノボルの距離も光年単位で離れ、2人の携帯電話メールのやりとりにかかる時間も次第に長くなっていく。

ついに調査艦隊は、導かれるように地球から8.7光年の距離に位置するシリウスα・β星系第4惑星・アガルタに降り立つ。そこでミカコは、地球へ届くのに8年もかかるメールをノボルに送信する。そこに突如タルシアンが出現、攻撃を受けた艦隊は全滅の危機に瀕する。ミカコは艦隊を救うため、タルシアンと対峙する。




少年少女の日々を独自の風景世界に投射した新海誠作品

新海誠アニメ

地球と地球から遠く離れた星の間の話のようなSF要素や、眠り続ける少女の夢が現実世界に「天を突く塔」となって具現化して世界を浸食する、など、ファンタジー要素があったり、なかったりで、どの作品でも共通して思春期の少年少女の心の機微や葛藤を描いています。

新海誠アニメ

新海誠アニメ

また、

新海誠アニメ

新海誠アニメ

色鮮やかな青春を上手に描ける作風に加え、新海誠特有の美麗な背景画(ありていに言うと見た瞬間に「!?」と驚く異質さ)は「いかに短時間で視聴者の目を引くか」が重要なCMと非常に相性が良く、近年ではアニメ映画のみならず、青春の一部分を切り取ったような内容の新聞の販促CMや予備校のCMにも新海誠監督のアニメーションが使われるようになってきており、これまでとはまた違った商業展開ルートを期待できそうです。



仕事カテゴリーネットサービスカテゴリー健康カテゴリー美容カテゴリー恋愛カテゴリー教育カテゴリー知識カテゴリーお楽しみカテゴリー漫画カテゴリー小説カテゴリーアニメカテゴリーゲームカテゴリー購入技カテゴリー住宅カテゴリー趣味カテゴリータグブログ内検索トップページ