犬と猫の病気を予防してペットの健康を保つための4つの要点

ペット犬猫健康

日々、何かしらの出来事を提供してくれて、人生の苦楽を共にする犬や猫のようなペットは大切な家族であり、できるだけ健康で元気にいてほしいものです。

愛するペットの健康を保つうえで大事な事を調べてまとめました。

スポンサーリンク

ペットの健康を保つには「適度な運動」が不可欠

キャバリア・キング・チャールズ・スパニエル

犬編

トイ・プードル人気

犬にとって散歩は健康維持法の一つです。外を歩くことによってストレス解消になったり、適度な運動で体重維持にも役立ちます。最近は犬の肥満も問題になってきていますが、食事のコントロールだけでなく散歩で楽しく減量できたら犬にとってもいいはずです。

また、散歩を通して犬と飼い主との信頼関係も深まります。散歩は犬にとって飼い主との主従関係を学ぶとてもいい機会です。かわいい愛犬に主従関係は…と思う方もいるかもしれませんが、言うことを聞かせるというのはとても大切なことです。

基本的に、散歩は毎日行くことが大切です。毎日同じ時間に行くなど習慣化してしまうといいかもしれません。小型犬の場合は30分弱、大型犬は30分から1時間ぐらいの散歩時間が必要です。時間がある方は毎日朝夕2回行うといいでしょう。
ただし、夏の散歩は注意が必要です。散歩コースがコンクリートである場合、肉球に火傷をおってしまうことがあります。太陽の熱で熱されたコンクリートが熱い鉄板のようになってしまっているので、夏の散歩は早朝や夜など暑くない時間にすることをおすすめします。

猫編

アメリカンショートヘア人気猫

猫は1日に10分程度の運動で十分です。ただ猫は犬とは違い、ジャンプをして上下運動をするということが必要になるので、上下運動ができるスペースを確保してあげなければ十分な運動をすることができません。

猫が運動できるような環境を用意してあげてください。例えばキャットタワーが有用ですが、これを設置することが難しい場合は、棚や台などを近くに設置してあげたり、柵を設置して飛び越えなければ奥に行けないようにするなどの工夫をしてあげる方法もあります。

これらのような環境を用意してあげて、1日に10分程度の運動時間をとれていれば問題はありません。

猫の健康状態を推し量る上で大事なことは体重の確認です。飼い猫の体重を定期的に量り、猫が太ってきているのかどうかを確認するようにしてください。運動が不足していれば肥満の傾向が強まり、体重が増えていきます。

犬を飼うことで心が健康になり病気を防ぐ保険効果がすごい
鳥や魚やは虫類のようにペットとして人気の高い生き物の中でも、飼っている人がダントツに多い二大動物が犬と猫。今回は犬を飼うこと...




健康に最も影響する食事とペットフードを見直そう

pethealthx1

■ワンちゃん、ネコちゃんの食性
ワンちゃんは基本的に肉食です。生き延びるため、進化の過程で雑食能力も獲得していますが、炭水化物の消化は少し苦手です。
ネコちゃんは完全肉食なので、生物学的に炭水化物がワンちゃんより苦手で許容量があります。

野生の肉食動物は、狩りをした獲物の肉、骨、脂肪、内臓など全てを食べることで体に必要な栄養素や水分をバランスよく摂取しています。
しかし、飼育されているワンちゃん、ネコちゃんが獲物の全てを食べることは難しいため、栄養バランスを考えることが大切です。

栄養素バランスが崩れると・・・
私たちの体は食べたもので出来ています。体が必要とする栄養バランスはワンちゃんもネコちゃんも人もそれぞれ少しずつ異なります。
個体差はありますが、体に合わない食生活を続けることで、さまざまな影響が出る場合もあります。

・成長の早さ、体の大きさ
・肥満度
・病気に対する抵抗力
・寿命
などです。

■基本のアプローチ
ワンちゃん、ネコちゃんの食性と消化のしくみより、以下の栄養バランスが理想的と考えられます。

ワンちゃん→肉などのタンパク質:野菜・果物:油=8:2:少量
ネコちゃん→肉などのタンパク質:野菜・果物:油=9:1:ごく少量

健康のために安全で高級なペットフードのススメ



スポンサーリンク



FINEPET'Sペットフード評判評価

ペットフード安全法が施行されるようになってから、以前よりも状況は改善しています。しかしまだまだペットフードには粗悪なものが使われていることもあります。その一方で、ペットフードへのこだわりを持って製造しているメーカーも増えてきています。

アレルギーを持っている犬のために、また犬の消化を助けるために穀物を一切含んでいないドッグフードもあります。さらに人間でも食べられる原材料を使っているドッグフードもあります。さらに無添加にこだわり、一切添加物を加えていないドッグフードも人気を集めています。確かに多少は一般的なドッグ フードに比べると高くなっていますが、安全性という面では大きな違いがあります。また犬の食欲増進にもつながり、より健康で元気な犬になります。

多くの飼い主達から絶賛されている、健康に最大限配慮した高級ペットフードを1kg540円で買える、高級フード入門用に最適のエサ

犬用のFINEPET’Sドッグフード公式サイト

猫用のFINEPET’Sキャットフード公式サイト

ペットの健康にはサプリメントが大切

pethealthx2

サプリメントはペットの加齢とともに不足気味となる栄養素を補うための食品です。

大切な家族の一員である、愛犬が健康で長生きしてくれることが、飼い主さんの希望です。
ペットフードさえ食べさせていれば、ペットの栄養は心配いらない。そんなお考えの飼い主
の方もいらっしゃるのではないでしょうか?

人間と同じくペットも寿命が長くなり、老化特有の病気にかかるペットが急増しています。
内蔵や骨、細胞などが衰え、新陳代謝ができなくなって免疫力が低下するのがその原因です。これを防ぐには、体質を改善し、免疫力を高め、自己治癒力をアップさせなければなりません。

歳をとったり、ストレス、季節の変化などで、必要な栄養の種類と量は変わってきます。それを毎日の食事だけで摂るのは難しいものです。ですから、ペットに合ったサプリメントを選び、与えることがとても重要になります。

ペットサプリメントは、その不足しがちな栄養素を補ってあげることで、健康状態を保つという観点から、いま注目を集めています。
言葉が話せないペットのために、飼い主の方がその健康状態をしっかりチェックし、サプリメントなどで体調の管理をしてあげることが、ペットがずっと元気に暮らしていくための大切なポイントです。

質の良い餌と、最適なサプリメントを取ることで、健康を維持するだけでなく、質の高い生活を送ることが出来るのです。

「健康」・「毛並み」・「老化」・「皮膚」など人間と同じ悩みを抱える犬のための、日本中の飼い主達に15年間選ばれ続けたロングセラー健康食

犬康食・ワン プレミアム公式サイト

クロレラを使った、犬用・猫用のサプリメントを無料で請求できます

サン・クロレラ公式サイト




ペットの異変を感じたらすぐに動物病院へ

アイペット損害保険評判解説

ペットが病気になった時、頼りになるのは獣医さんですね。しかし、病院によってはちゃんとした説明がされなかったり、やたらに高い治療費を請求されたり、 まともな治療をしなかったり、様々なトラブルがあるのも現実です。病気になってからでは遅い! ペットが健康な状態の時から、主治医となってくれる良い獣 医さんを探しておくことも、飼い主さんの重要な役目でしょう。いざという時にペットの命を救えるかどうかは、飼い主さんが良い獣医さんを知っているかどうかにかかっているとも言えます。

《動物病院選びの教訓8つ》

  1. どんなに大きな病院でも、ベテランの獣医師でも、問題があることもある。
  2. 人当たりのよさや口のうまさにだまされてはいけない。
  3. 口コミや宣伝をアタマから信用してしまわない。
  4. 説明しない獣医師は絶対ダメ。獣医師には質問をすること。答えない場合はすぐ転院。
  5. 担当医師をはっきりさせておく。
  6. 治療の方針は獣医師と飼い主の話し合いで決める。
  7. 治療の前に金額を確かめ、治療費の明細を必ず求める。
  8. 緊急事態に備える。

ペットの手術や入院など医療費は10割負担となり、かなり高額なので、それを見越して前もってペット保険(医療費を5~8割保障補償)に加入しておくことも重要です。

ペット医療費を8割補償してくれるペット保険・ペッツベスト公式サイト

ペット保険資料を複数社まとめて請求できる、保険スクエアbang!公式サイト



仕事カテゴリーネットサービスカテゴリー健康カテゴリー美容カテゴリー恋愛カテゴリー教育カテゴリー知識カテゴリーお楽しみカテゴリー漫画カテゴリー小説カテゴリーアニメカテゴリーゲームカテゴリー購入技カテゴリー住宅カテゴリー趣味カテゴリータグブログ内検索トップページ