シングルマザーの恋愛事情や、母子家庭の生き方への世間の印象

シングルマザーの恋愛事情や、母子家庭の生き方への世間の印象

シングルマザー母子家庭

女手一つで子どもを育てていかなければならないいばらの道が「シングルマザー」。

シングルマザー達は、女性だけで子どもを育てている状況をどのように感じているのか?シングルマザーが恋愛や再婚をすることは簡単なのか難しいのか?シングルマザーに対する世間での印象は?

シングルマザーという生き方のあれこれについて調査したので、分かったことを報告します。

スポンサーリンク

現役シングルマザー達の、今の生活に対する感想集

シングルマザー母子家庭

「子どもに幸せになって欲しい」

「離婚して子どもに迷惑をかけてしまったぶん、自身の人生をかけて子どもを立派に育てたい」「子どもという存在が心の支え」「子どもといっしょに暮らす生活を大切に思っているりで、いまさら他の男性を割り込ませたくない」など。

「生活がキツい」

「女の身では、働いていても収入が少ない」「子どもを最優先にしなくてはならないので、フルタイムで働く正社員を選ぶことができない」「子どもに手がかかる」「元夫からの養育費が少ない」「途中で養育費が支払われなくなった」など。

シングルマザー…非正規率47%!貧困層へ突入する危険な問題解説
「もうこんな家庭イヤ!よし!周りもみんな離婚してるし、私も離婚してやる!」といった感じで、現代ではわりとさらっと女性側から離...



スポンサーリンク



「新しい恋愛や結婚はとても無理」

「過去の離婚経験から、もう恋愛や結婚はこりごり」「子どもを育てることに忙しくて、新しく恋愛を始めたり、再婚のためにあれこれ準備する余裕が無い」「子育てで忙しいせいで恋愛からずっと遠ざかっているから、もう女としての自信を無くしてしまった」「男性に対する信用を根本的に失った」「もしも再婚をしたら、男性にとって血縁が無い子どもが虐待されかねないので、それを思うととても再婚できない」など。

「世間から白い目で見られることが多い」

「子どものことを考えずに離婚して、ひどい親、という目で見られやすい」「貧乏な暮らしをしてそう、という目で見られやすい」「後先考えていなさそう、という目で見られやすい」「母子手当や生活保護を受けていて、国に迷惑をかけているという目で見られやすい」など。




シングルマザーが新しい恋愛に消極的である理由

シングルマザー母子家庭

1.子どものことで手一杯で恋愛をしている余裕が無い

まっとうなシングルマザーなら、保育所・両親の手助けを借りて子どもを預け、自身は長時間働いています。経済的にも精神的にもぎりぎりの毎日が続いています。

そんな状況なので、のんきにデートをしている時間や気力の余裕はほぼありません。



スポンサーリンク



2.男性の安易な誘い言葉を信用できない

「俺、子どもが好きだから、シングルマザーでも大丈夫」「君も、君の子もいっしょに面倒を見るよ」といった感じの男性からの誘い言葉を受けるシングルマザーが多いようですが、多くのシングルマザーはこのような言葉に不信感を抱いているようです。

実際に子どもを育てた経験も無いのに、子どもの面倒な部分も知らずに博愛主義的な言葉をかけられると、シングルマザーにとっては嘘くさいと感じてしまうようです。

同棲は関係マンネリ化や生活費でもめるかも?同棲で起きること
恋人が、結婚一歩手前の関係まで深まった状態の「同棲(どうせい)」。 楽しそうな印象を受けますが、距離がぐっと縮まった分...

3.シングルマザーという状況は再婚が非常に難しい

離婚歴があり、子どももいるシングルマザーと本心から結婚したいと考える男性は、ほとんどいないのが実状です。

血が繋がっていない子どもを扶養したいと本気で考える男性は少なく、そのせいで、シングルマザーは自分が男性を選べる立場になく、男性側に選んでもらう立場にあります。



スポンサーリンク



子持ちのシングルマザーということで逃げてしまう男性も多いため、どうしてもシングルマザーは新しい恋愛や再婚が難しい状況にあります。

シングルマザーが子供に与える影響…貧困の再生産やニート化
子どもがいないのでしたら、リスクを負って離婚するのも仕方ないかもしれません。しかし、子どもがいる場合はどうでしょうか? ...




シングルマザーに対しての、世間の人達が抱く印象

運悪い特徴

夫が病気や事故で死別したパターンのシングルマザー

→「かわいそう」「大変だろうけれど、頑張って欲しい」「けなげでかっこいい」という最高の評価を受けることがほとんど。

夫が浮気やDVなどをしたことで離婚したパターンのシングルマザー

→「不運だったね」「次は良い男性と結婚できると良いね」という同情的な評価を受けることがほとんど。

性格の不一致・女性側の不満などで離婚したパターンのシングルマザー

→「いくら結婚相手に不満があっても、子どものために我慢するべきだったんじゃない?」「親の都合で離婚に巻き込まれて、子どもが可哀想」といった具合に、シングルマザーを非難する評価が増えてくる。

結婚継続の才能は忍耐と自己犠牲?恋愛賞味期限切れ後の対策
恋のときめきや愛情をつかさどる脳内ホルモンの「PEA」や「ドーパミン」は、恋愛開始時点から3~4年で分泌が枯渇し、脳が恋愛状...

授かり婚や、籍を入れずに子どもができて捨てられたパターンのシングルマザー

→「無計画な人間の、自業自得の末路」と軽蔑する評価が多い。





仕事カテゴリーネットサービスカテゴリー健康カテゴリー美容カテゴリー恋愛カテゴリー教育カテゴリー知識カテゴリーお楽しみカテゴリー漫画カテゴリー小説カテゴリーアニメカテゴリーゲームカテゴリー購入技カテゴリー住宅カテゴリー趣味カテゴリータグブログ内検索トップページ