室内で手軽に肩こりや腰痛を解消できるストレッチの健康効果

ストレッチ健康リラックス

長時間パソコンやノート・教科書と向き合うデスクワークをしていると身体の筋がこわばり、血行が悪くなったり、気分も何だか暗くなったりして、どうにか問題を解決する必要があります。

そんな時に出番となるのが「ストレッチ」。ランニングやウォーキングのようにわざわざ表に出る必要もなく、室内で短時間で手軽にできて体調も良くなる、ストレッチの健康効果について調べてまとめました。

スポンサーリンク

ストレッチの効果

ストレッチ健康リラックス

筋緊張の緩和
固まった筋線維や筋膜を緩めます。

血流UP
固くなった筋肉で阻害されていた血流が改善します。

代謝UP
血流が向上し代謝効率が上がります。

凝りや痛みの緩和
疲労物質が流されてこりや痛みが改善します。

怪我の予防
筋肉が柔らかくなり怪我をしにくくなります。

ストレッチのもうひとつの作用

それは、『神経系の緊張のリセット』です。
なぜこりや痛みに効果があるのかは先ほど説明したように、『筋緊張が緩和し血流がUPするから』です。
では、そもそもどうして筋緊張が和らぐのでしょうか。
それは、ストレッチが『神経の緊張をリセットさせる』からです。
筋肉には色々なセンサーがあり、伸びたり力が加わるとその信号がセンサーから神経を介して発信され、身体を緊張させたり弛緩させたりします。
『こり』とは、いわばこの信号がONになったままになり、緊張が持続的に続いている状態です。
ストレッチは神経の働きをOFFにリセットしてくれます。




ストレッチは精神のリラックス効果も高い

ストレッチ健康リラックス

寝る前のストレッチがよい眠りに効果的なのは、精神のリラックス効果があるからです。ただし、注意しなければならないのは静的ストレッチと動的ストレッチという種類かあること。寝る前は静的ストレッチが正解です。ストレッチの効果を詳しく見ていきましょう。

寝る前のストレッチでリラックス

眠れない不眠対策

ストレッチには、動的ストレッチと静的ストレッチという種類があります。一般的によく知られているのは静的ストレッチです。学校で習った準備体操や腕や首を伸ばす体勢がよく知られています。

動的ストレッチは、サッカー選手たちが試合前にランニングしながら体をひねったりする動き。アクティブストレッチとも呼ばれ、最近注目されているストレッチ法になります。

そして、寝る前のストレッチに行うべきは静的ストレッチです。というのも、静的ストレッチには精神のリラックス効果があるため。副交感神経の働きを高めるので、心も体も落ち着いていく効果がえられます。



スポンサーリンク



寝る前には静的ストレッチを行う

静的ストレッチは逆に、交感神経の働きを高める効果があるのが動的ストレッチです。柔軟性と筋力をアップするので、パフォーマンス向上とケガ防止を実現してくれます。

最新の研究では、運動前の静的ストレッチに怪我の防止効果がないことが判明。むしろケガの原因になることがわかりました。静的ストレッチはむしろ、寝る前に行うのが効果的といえます。

そして、運動前のストレッチで静的ストレッチに代わって推奨されているのが動的ストレッチです。動的ストレッチとして知られるブラジル体操は、サッカーのみならず野球やさまざまなスポーツで取り入れられています。


仕事や勉強にタフさは重要!誰でも簡単に体力をつける3つの方法
無いよりは、有った方が確実に良い「体力」。なにもスポーツに限らず、仕事をする上での持久力に役立ったり、風邪を引きにくいように...




ネットで話題の恐ろしいほど肩こりがほぐれるストレッチ

ストレッチ健康リラックス

1.椅子に楽にこしかけ背中を伸ばす
2.天井を見上げる
3.下を見ておへそを覗き込む
4.頭をゆっくり回す

自分の肩のハリ具合などが分かったところで、
ここからがあべこべ体操

~1番目の動き~
「頭と目の動きを逆にします」

1.頭の後ろで両手を組む
2.ひじを開きながら天井を見上げ
軽く背中をはりますこの時、目を下にもってくる
3.ひじを閉じながら、おへそを覗き込んで、背中を丸くする
この時、目を上に持っていく

※頭が上の時は、目線を下に頭が下の時は、目線を上に

~2番目の動き~
「頭と背中の動きを逆にします」

1.頭の後ろで両手を組む
2.ひじを開きながら天井を見上げ、背中を丸めます
3.ひじを閉じながら、おへそを覗き込んで、背中をはります

~3番目の動き~

1.右手を頭のてっぺんから回して、左耳をさわり、首を右に倒す
2.この状態のまま、右のお尻をあげながら、左のお尻に体重をかける
次に左のお尻をあげながら、右のお尻に体重をかける
交互に5回します

次は頭の倒す方向を逆にして同じことをします。

1.左手を頭のてっぺんから回して、右耳をさわり、首を左に倒す
2.この状態のまま、左のお尻をあげながら、右のお尻に体重をかける
次に右のお尻をあげながら、左のお尻に体重をかける
交互に5回します

YouTubeに書かれていたコメントで、実際に体験した人の声をピックアップしても

  • 「凄すぎです!!大した事ない無い事故で保険を使って整体に行ったら、首をバキバキ鳴らされて3日後、朝起きたら首から肩甲骨、腕から手先まで激痛と痺れで力が入らず、40肩状態に! あべこべ体操で劇的に回復しました!感謝感激ありがとうございます」
  • 「すげえええw」
  • 「すごい!ぎしぎし突っ張っていたのに、なめらかになって突っ張りが消えてました!!」
  • 「30秒ではないけどほんとにスゴい!笑笑」
  • 「肩コリだけでなく、背中のコリも楽になりました。ありがとうございました。」
  • 「肩こり、首こりが凄いときにやると効果が素晴らしい。」

……と、絶賛の嵐。一人ですぐ簡単にできるストレッチなので、肩こりに悩む人は一度試してみることをお勧め。



仕事カテゴリーネットサービスカテゴリー健康カテゴリー美容カテゴリー恋愛カテゴリー教育カテゴリー知識カテゴリーお楽しみカテゴリー漫画カテゴリー小説カテゴリーアニメカテゴリーゲームカテゴリー購入技カテゴリー住宅カテゴリー趣味カテゴリータグブログ内検索トップページ