IT土方…IT業界の仕事の負担が最も集中する激務プログラマ

IT土方プログラマブラック

ITの世界はまさに日進月歩。新技術を吸収するための勉強が常に必要とされ、しかも頑張って覚えた知識が日々の技術更新によってあっと言う間に過去の物となり役に立たなくなる、極めて過酷な業界です。

複雑なプログラムを組み立てる最前線に立つ技術者達を「IT土方(アイティーどかた)」と呼ぶことがよくあり、ホワイトカラー職なのに土木作業員のように体力勝負の仕事だという認識が世間に広まっています。IT土方の事情を調べてまとめました。

スポンサーリンク

IT土方とは?

IT土方プログラマブラック

IT土方とは、IT業界に従事する労働者、特にシステムエンジニアなどの技術者のうち、とりわけ過酷な労働を余儀なくされている作業員や作業内容を指す語である。

IT土方の語は土木作業員を意味する土方に由来する。地道な作業内容、長い拘束時間、決して快適ではない作業環境、幾重にも層をなす元請け・下請けの関係などが、一般的な共通点として挙げられる。

IT業界、特にSIer(システムインテグレーター)は大手を中心とした序列になっており、一次請けから二次受け三次受けと仕事が次々と丸投げされる。特に大規模な商用プログラムを開発するときは、大人数で開発を行うことになる。営業がとってきた仕事を、システムエンジニアなどが要件定義、細分化し、末端のプログラマが実際のコードを書く。

プログラマというとIT産業の主役でホワイトカラーの象徴のようなイメージがあるかもしれないが、それも今は昔。現在では、末端のプログラマは上から降ってきた要件をひたすらプログラムコードに実装するだけのブルーカラー・単純労働者と化してしまっていることが珍しくない。

この構造がゼネコン業界と酷似しており、デスマーチや鬱といった肉体的にだけでなく精神的にも過酷な状況に置かれているプログラマが多いため、このような状況を揶揄してやや自虐的に、一見ITと縁がなさそうな「土方」という単語を組み合わせてIT土方と呼ぶ。

やあ(´・ω・`) ようこそ「IT土方の世界」へ
このプロジェクトは急ぎだから、会社のために死ぬ気で働いて欲しい。
うん、「デスマーチ」しないと終わらないんだ。済まない。
地獄の沙汰もって言うしね、家に帰らせようなんて思っていない。
でも、この現実を見たとき、君は、きっと言葉では言い表せない
「人生\(^o^)/オワタ」みたいなものを感じてくれたと思う。
ボロボロの鬱病廃人になってフリータで再チャレンジする、
そういう気持ちを忘れないで欲しい、
そう思って、派遣免許取得して仕事を受注したんだ。
WEも導入済みだし過労死しても労災もでない、
元請けの意向の元で「好きなだけいくらでも働ける」夢のある職場だ
じゃあ、土日深夜もコーディングしてもらおうか
今月のサービス残業は180時間か
将来はタクシーか警備だな・・・

これは転職不可避…IT業界の4つの構造的問題の絶望感がすごい
パソコンを使ってプログラムを組み立てる、先進的でかっこいいイメージがあるIT業界の仕事ですが、業界の構造そのものがあまりにも...
デスマーチ…無茶すぎる仕事条件でうつ病や病院送りが多発
ある程度以上、パソコン知識に通じていたり、エンジニア系の創作物やノンフィクションに触れていると、SEやプログラマーの世界で深...
IT業界で下流の下請け会社に労働負担を押しつける構造がひどい
企業内で運用する新システムや、銀行の新システムを実際にその手で構築するのは、零細企業のSEやPG達ですが、新システム設計の依...




現役IT業界人が語る、業界内の階級

IT土方プログラマブラック

IT土方プログラマブラック

下請けや出向としてのプログラマ

多分、IT土方だのなんだの言われているプログラマの大半はこれだと思う。

もちろん、会社や出向先によって環境は大幅に変わってくるけれど、その幅がでかすぎる。あと、給料を支払うのは当然所属している会社なので、待遇は変わらない。

向上心があってもきつすぎる業務で勉強の時間も確保出来ず、業務自体も流れ作業的な酷く面白くないプログラミングを強いられる事になるだろう。

誰のためにもならないし、社会のためにもならない。

そんなプログラマが作ったシステムは大体トラブルの元になるし、そのプログラマ自身の魂も削れていくだろう。

魂を削っていいものが出来るならまだしも、ガラクタしか出来ないのだから、悪魔の取引よりタチが悪い。

そういう会社は潰れた方が社会の為だと思う。誰の得にもならない、本当に。

転職会議とかを見れば、人材派遣まがいの事をしている会社は割と簡単に見つかるので、避けるべき。

社員の人数が少ない所は……少数精鋭か、ブラックかは賭けになる。しかも、分の悪い賭けになると思う。

ブラックな会社の見分け方として結構有名だけど、自社紹介でアットホームだとかふんわりとしたわけのわからんメリットを強調する所はとりあえずやめた方が良い。



スポンサーリンク



社内SEとしてのプログラマ

社内向けシステムとかの管理をするプログラマ。多分、このプログラマが一番ホワイト。

社内向けで元々売上どうこうとかいう立場ではないので、基本のんびり。

立場が恵まれていると、社内システムを使って好きなことをやり放題。

もちろん、社内システムでトラブルが発生したら場合によっては深夜残業、土日出勤はあり得るけれど。

デメリットとしては、向上心が無いと多分駄目グラマになる。

楽したいから社内SEを目指す、って考え方じゃあ多分雇う側にとっても自分にとっても良くないんじゃないかなぁ。

あと、結構何でもやらされる。

プログラムだけでなく、技術全般に興味があって色々やってみたい人で無いと厳しいと思う。

人間関係が仕事の最大のネック!みんなが望む働く条件と嫌な条件
アンケートの調査結果や、心の病気にかかりやすい職業のランキングなどを見比べていると、「こういう仕事をみんな望んでいる!」とい...
IT業界の危険な真実…偽装請負問題やデスマーチによるうつ病
IT業界というと、なんとなく時代の最先端を行っているかっこいいイメージがありますが、同時に良からぬ噂もよく聞く業界です。 ...




IT土方の報われ無さが周知の事実となり深刻な人手不足

IT土方プログラマブラック

「即戦力となる人材を取れないなら、育てるしかない」
と新卒採用を積極化するが、不足分を補えるか分からないという。
全てがここに詰まってるじゃん
使い捨てで使ってきて、新人が育つような環境作りをして来なかったのがそもそもの発端だろ
自業自得

使い捨ての末路だろ

誰も育てていないのに
即戦力ばっかり欲しがるから
一時は良くても一定時期からジワジワ業績が下がり続ける。
最近の日本の企業はこんな感じばっかりな気がする。

何でもかんでも経験者求むだもんな
育てる手間はかけずに美味しいとこ取りが通用すると思ってんのか

この業界は一度死んだほうがいい

IT土方の求人→研修という名目でボロ部屋に軟禁→教わることは何もなく参考書数冊ある中で自学自習→
→現場に放り込まれる→当然適応不可能→路頭に迷う
未経験OKってのは実務未経験OKってだけでプログラミングは教えなくても一人前のことが出来ないといけない

介護奴.隷もそうだけど、「誰でも出来ますよ、人材不足です助けてください」と言いながら、
超人級のものを要求しつつ酷使・搾取するから誰からも見向きされなくなった

こんなもの放っとけばいいんだよ
人件費を削って安売りするしか能のないところは人が集まらずに潰れていって
それなりの金を出せるところは人材を確保できて生き残る
そうやって適切な給与水準に収まっていく

ぶっちゃけIT系の労働環境は上から下までおかしいわ
元請が既に徹夜休出上等、その下請けたちは輪をかけて酷くなってくからな
給料もまともなのは元請だけ、ひとつ下の下請けが既に年収300万円台、孫請け以下は200万なんてザラだもんな
そしてこの地獄の上に官公庁系発注元という天界があるわけだが



仕事カテゴリーネットサービスカテゴリー健康カテゴリー美容カテゴリー恋愛カテゴリー教育カテゴリー知識カテゴリーお楽しみカテゴリー漫画カテゴリー小説カテゴリーアニメカテゴリーゲームカテゴリー購入技カテゴリー住宅カテゴリー趣味カテゴリータグブログ内検索トップページ