毒親…子どもを操り人形のように扱って自立心を潰す有害な親

毒親教育特徴対策

1人の人間である子どもを、自分の操り人形のように扱って、間違った教育をしてしまう「毒親(どくおや)」。自立心や、一人で生き抜く力を奪われ、成人後に引きこもり化やニート化を招くとされ、近年問題になっています。

毒親の特徴や対処方法について調べてまとめました。

スポンサーリンク

毒親がとる主要な4つの行動

毒親教育対策

(1)子どもを否定する

・「どうして、悪いことばかりするの! そんな子はうちの子じゃない!」と言う
・ただクレヨンを折っただけなのに、「クレヨン折る子なんて悪い子ね」と言う
・「お母さんが毎日どんな思いであなたを育ててやってると思ってんの! いい加減にして~!」と言う

(2)脅してしつける

・ちゃんと聞いていないからと「お耳ついているの」と脅す
・ご飯を残すからと、「大きくなれないよ」「もう明日から作ってやらないからね」などと脅す
・悪さをしたからと、「お父さんからも叱ってもらうからね!」「先生にも悪い子としたって伝えておくからね!」などと脅す

(3)他の子と比較する

・「お友達はちゃんと出来るのに、どうしてあなたは出来ないの!」と言う
・「お姉ちゃんが4歳の時はこんなに出来ていたのに、あんたは出来損ないね!」と言う

夫の収入や子どもの優劣でカーストが生まれるママ友トラブル集
女性同士の陰湿な人間関係は幼少の頃からそうですが、子どもをもつ親になってまでそれが続き、ママになってからは夫の収入や子どもに...

(4)子どものやりたいことを禁止する

・「ママはあなたのためを思って言っているの、ママの言う通りしていれば間違いないの」と禁じる
・「ほら、言わんこっちゃない!」と禁じる

過干渉や放任主義など子どもを潰す失敗教育パターンまとめ
生まれてくる子どもの性格は千差万別なので、万人に共通して適用できる「正解の教育」といったものはありえません。ありえませんが、...

毒親の性格的特徴としては
・自分の子供を自分の所有物だと考えている
・自分の理想を子供に押し付ける
・子供を褒めない
・子供を馬鹿にする
・友人関係から職場まで過度に干渉する
・子が自分より幸福になることに耐えられない
などの特徴が挙げられます。




毒親に育てられた子はこのような傾向をもつようになる

毒親教育対策

・挫折に弱い
・批判に弱い
・人間関係が不得手
・人に心を開けない(仲良くなればなるほど、付き合いが億劫になる)
・自分に自信がない
・楽しい、悲しいなど、自分の感覚がよくわからない
・期待されている人物像を演じているような感覚がある
・くつろぐことができない(くつろぐという状態がわからない)
・常に緊張している
・完璧主義
・過剰な責任感
・罪悪感を感じやすい
・白黒はっきりつけたがる(あいまいな状態が不得手)
・人をテストする(相手が本当に自分のことが好きかどうか、試してみたくなる)
・情緒不安定
・人の目を気にする
・誰かに頼られていないと不安(何かの世話に熱中したり、自分が必要とされているか確認したくなる)
・自分を大切にできない(自分より他人を優先し過ぎてしまう。自分はどうなってもいいと思っている)
・親が嫌い
・親に会うと具合が悪くなる
・兄弟仲が悪い

過干渉な俺の毒親と俺の婚約者の親との会話

俺親「息子をやるのではなく娘さんをいただくのですから
娘さんには実家を忘れるように言ってあげてください」

向親「そういったことも含めどのように生きていくかは
当人達の意思を尊重したいので口出しするつもりはありません。
2人とも二十代後半ですし、2人の今後の幸せを静かに見守るのみです」



スポンサーリンク



俺親「式についてもその後についても私達は口も出しますし手も出します。
2人の結婚だと仰りますが両家の結婚でもあります。
子供達だけの勝手は許すべきではないと思いますが」

向親「色々と心配だとか不安だとかを抱えているのは私どもも同じです。
しかし当人達も真剣に考えて動いている様子ですので
束縛せず自由を大切にしてやりたいです」

俺親「自由と勝手は違います!!」

向親「私どもの言う自由は、己の責任を己で背負った上で
当人達が行う選択や判断を指しております。
結婚をしようという大人2人なのですから信じて見守りたいと思います」

俺親「」

俺恥ずかしかった

親の愛情不足や毒親の影響でメンヘラ化した人が歩む日常と人生
ネット上では、メンヘラの方のかまってちゃん行為や、自分の身体を酷く痛めつけた写真をアップロードする異様な自己顕示欲のような部...
過干渉…子どもの自立心を奪い引きこもりの原因になる過保護
家庭内で子どもがニートに育ってしまう大きな原因として考えられているのが「親の過干渉」です。 幼少から子どもの自立的行動...
アダルトチルドレン…毒親家庭により子供が極端な性格になる
崩壊した家庭で育てられてしまったために、性格がゆがめられてしまう症状を「アダルトチルドレン」と呼びます。 アダルトチル...




毒親への対策

毒親教育対策

1. とにかく物理的に距離をとる

まずは母親から離れることが大切です。気持ちが離れられないという人は、物理的に遠くへ行ってみてください。自分で住む場所を決めて、契約して、その場所は伝えないように。もちろん出て行く日も言いません。

2. 母親以外に頼れる人を作る

母親と共依存になっているならば、その関係を断ち切りましょう。そのためには、他に頼れる人を見つけましょう。母親の監視下では広い人間関係を築くことは難しいかもしれませんが、狭くても深い人間関係を築いておきましょう。友人でも恋人でも構いません。

3. 嫌なことは嫌と言う

昔から「私が我慢すれば」と思ってきた人はいませんか?我慢なんてする必要はないんです。嫌なことは嫌だと言って良いのです。実は母親の方もそれが嫌だったとは知らなくて驚く人もいるようです。

4. 何事も事後報告

交際している異性がいても、「付き合っているから」。結婚しても「結婚したから」。事前に「こうしようと思っている」というと、自分から離れていくという恐怖から「やめなさい!」と止められてしまうかもしれません。何事も事後報告。

5. 幸せになっていい、と母親と自分に宣言

自分が自立しようとして「お母さんは苦しい」「お母さんを不幸にするの?」なんて言われて、胸を痛める人もいるかもしれません。しかし、それは母親の人生です。あなたの人生は、あなたのものです。自分の人生は、自分が幸せになったって構わないのです。

6. 親の見返りに答える必要はない

「母親が今まで育ててくれたからそれをお返ししないと申し訳ない」「親には感謝しなければならない」そう思ってしまってなかなか母親の呪縛から逃れられない人もいるのではないでしょうか。しかし、親に対しての価値観というのは人それぞれなのです。

2017年冬アニメの視聴継続中の作品 第1位!




仕事カテゴリーネットサービスカテゴリー健康カテゴリー美容カテゴリー恋愛カテゴリー教育カテゴリー知識カテゴリーお楽しみカテゴリー漫画カテゴリー小説カテゴリーアニメカテゴリーゲームカテゴリー購入技カテゴリー住宅カテゴリー趣味カテゴリータグブログ内検索トップページ