ハローワークで就職・転職求人を探す前に知っておきたい真実

ハローワーク就職転職

独特の負のオーラが漂っている「ハローワーク」。就職、転職、失業保険の手続きなどで足を運ぶことになりますが、ブラック企業求人ばかりで、本来の職安としての機能をまともに果たしていなかったりと、問題点も多い機関です。

ハローワークについてあらかじめ知っておきたいあれこれを調べてまとめました。

スポンサーリンク

ハローワークでできること

ハローワーク就職転職

ハローワークとは、一言でいえば就職を支援してくれる場所です。具体的には、失業手当の手続き、職業紹介、面接のセミナーなど、前の職場を離れてから次の職場に就くまでのサポートをしてくれます。

まず、離職すると自分の住んでいる地域のハローワークに行き、失業手当の手続きをします。失業手当とは、就職したいという意思があり、就職できる健康状態や家庭環境にあり、積極的に求職活動しているにもかかわらず、就職できていない人に、安定した生活を送ってもらうための給付金です。

失業手当の手続きが済んだら、さっそく求職活動をします。ハローワークでは、自分の希望する地域や雇用形態などを入力するとその条件に合った求人票が調べられる求人端末機があるのでとても便利です。応募したい求人が見つかったら、スタッフに申し出て、求人先の企業担当者に連絡を取ってもらいます。ハ ローワークでは、履歴書や面接のセミナーも開催しているので、活用するとよいでしょう。

このように、ハローワークでは就職への手厚いサポートをしてくれます。ほとんどが無料でできるところも魅力です。

ハローワークにありがちな事まとめ ブラック求人&負のオーラ
無職やニートの方は、ハローワークについて回る独特の負のイメージから「ハロワに通うようになったら社会の底辺の仲間入りだ…」と考...
両親同伴や空求人!ハローワークで見たすごい人と闇の伝説
日本の絶望と憎しみと諦めが吹きだまる場所…それが「ハローワーク」。ブラック企業求人ばかり、求人票の記載内容が実態と違いすぎる...




ハローワークはブラック企業求人が多い

ハローワーク就職転職

知っている人にとっては常識かもしれませんが、実はハローワークに出ている求人の中には多くのブラック企業が含まれています。

率として高い確率でブラック企業があるとは言えませんが、求人数が非常に多いので絶対数はかなりの数があると思って下さい。

では何故ハローワークの求人にブラック企業が入っているのか?

それは採用コストの問題です。

採用コストとは、求人広告にかかったお金や選考にかかった費用の事をいいます。

当たり前ですが、企業はハローワークに求人を出してもお金を取られる事はありません。
無料で求人を公開出来ます。

ブラック企業から見ればこんなにありがたい機関はありません。

人材にお金をかけるという意識のない企業にとってはタダで求人を出せるハローワークは絶好の求人媒体なのです。



スポンサーリンク



これが、ハローワークがブラック企業への入口になってしまっている原因です。

ではどうすればブラック企業を避けることができるのか?

それは職員に聞くです。

求職者が過去にその企業に応募して
トラブル歴やクレーム歴がある企業は要注意です。

よほどの事情がない限りそいった企業は避けた方が賢明です。

なぜハローワークの求人がブラック企業であふれているのか?
退職したり、会社が倒産したり、ニートのままで居たので親に強制連行されたりと、人はさまざまな理由でハローワークへ向かいます。 ...
高年収業界の選定や転職サイト!転職が大成功するコツまとめ
キャリアアップのためだったり、今居るブラック業界から脱出するためだったり、色々な理由で転職をします。 転職を決行する前...
いつもハローワークへ求人を出している闇が深い企業の3つの理由
ハローワークに常に求人を出しているような企業は、黒いうわさまみれで人が全然応募してこなかったり、どんどん人が辞めるせいで年中...

連日、大量の苦情…。ハロワが粗悪であることは明白

ハローワーク就職転職

厚労省の集計では、全国のハローワークに寄せられた求人票に関する苦情は平成25年度、9千件超に上る。このうち約4割で賃金や休日取得などで求人票と実態が異なっており、ブラック企業が求人票を偽っているケースも含まれているとみられる。

集計は厚労省が24年度から実施。24年度の苦情は計7783件だったが、25年度は計9380件に増加した。このため厚労省は全国のハローワークを通じ、求職者と事業者の双方から聞き取りなどの確認調査を実施。初めて具体的な苦情の要因を分析した。

その結果、苦情のあった9380件のうち約41%にあたる3815件で、求人内容と実際の労働条件が異なっていた。大半が賃金や休日取得に関することで、 「週休2日のはずが土曜日も働かされた」「資格手当の2万円が支払われない」などの例があった。求人票では正社員を募集していたにも関わらず、実態は仕事 がある日に日払いを支払うだけの「請負契約」だったという悪質なケースもみられた。

苦情を寄せた人が、厚労省による事業者側への聞き取り調査を拒否したケースは2532件(約27%)で、実際は求人票が「虚偽」のケースはさらに多い可能性もある。

このようなクレームが寄せられ続けるハローワークへ首を突っ込むということは、否応なしにエラーが頻発する性質の就職活動をしていくことになる。

無料で登録・利用でき、企業側もしっかり費用をかけて求人を出している、有名な転職サイト↓を使う方がずっとマシで効率的です。




その他のハローワークについての恐怖系豆知識

フリーター仕事アルバイト

  • ハローワークのあの陰鬱とした空気
    求職者も職員も目が死んどる
  • 労基署にブラック申告された企業は、ハロワにも連絡がいく
    ハロワ職員はそれを記録する
    でもその記録は職員以外閲覧することは出来ない
    そしてそのまま紹介し続ける
  • ハロワ行く→何社か印刷する→ググる→ブラックやんけ危なかったわぁ!→ハロワ行くの無限ループ
  • ハロワで求人。若年者(35歳以下ニート)を雇用。研修する(普通にバイトがバイトに教える程度でいい)

    これだけでなんと国から一人頭月々15万円貰える。さらにそいつが1年続けたら50万円。2年続けたら50万円

    仮にそいつが辞めても雇っていた月は15万円、国からゲット
    こんなもんを去年までやってたんだから、そりゃ金目当てのブラック企業が掲載させろと言ってくるに決まってる
  • ハロワの求人票にウソが多いというよりは、ハロワに求人を出して求人票を労務士に作成してもらう段階で実態に則していない感じ
    本当の事(本当の求人内容)を書くとハロワで求人広告受け付けてくれないんだ、と面接官に言われたよ。建前として、男女平等で年齢による優劣もなく、週40時間労働の部分は厳守してもらわないと受け付けてくれないそうだ。でも、現実はそうじゃない。ウソを嘘で塗り固めて辻褄合わせようとするから不自然な歪みが生じていく
    その煽りをくうのが求職者。ハロワ側も会社側も何も痛くもないから改善はされない
今日も一日がんばるぞい!




仕事カテゴリーネットサービスカテゴリー健康カテゴリー美容カテゴリー恋愛カテゴリー教育カテゴリー知識カテゴリーお楽しみカテゴリー漫画カテゴリー小説カテゴリーアニメカテゴリーゲームカテゴリー購入技カテゴリー住宅カテゴリー趣味カテゴリータグブログ内検索トップページ