自律神経失調症…仕事のストレスや昼夜逆転で体調が狂う症状

自律神経失調症症状特徴

生活リズムが崩れて昼夜逆転生活を続けているとかかりやすくなる自律神経失調症」。実は仕事でストレスが極限に達した状況でも発症する、社会人達にとっては身近でおなじみの病気ともいえます。

身体の、体温や発汗の調節機能が故障した状態の、自律神経失調症について調べてまとめました。

スポンサーリンク

自律神経失調症の症状

自律神経失調症症状特徴

めまい、冷や汗が出る、体の一部が震える、緊張するようなところではないのに動悸が起こる、血圧が激しく上下する、急に立ち上がるときに立ち眩みが起こる、朝起きられない、耳鳴りがする、吐き気、頭痛、微熱、過呼吸、倦怠感、不眠症、生.理不順、味覚障害といった身体症状から、人間不信、情緒不安定、不安感やイライラ、被害妄想、鬱状態など精神的な症状が現れることも多い。

自律神経失調症とは?

自律神経とは血管、リンパ腺、内臓など自分の意思とは無関係に働く組織に分布する神経系のことであり、呼吸や代謝、消化、循環など自分の意思とは無関係で生命活動の維持やその調節を行い、絶えず活動している神経である。
自律神経失調症(じりつしんけいしっちょうしょう、英: Dysautonomia)とは、交感神経と副交感神経の2つから成り立つ自律神経系のバランスが崩れた場合に起こる症状の総称のことである。

人間関係のストレス負担を最小限に抑える職場や学校でのコツ
もういつだったかすっかり忘れたけど、 リーマンに対する調査で、エネルギーの半分位は、人間関係維持のために費やしているとか。 仕事は残り...




自律神経失調症の原因

IT土方プログラマブラック

IT土方プログラマブラック

生活のリズムの乱れ
夜更かし、夜型人間、夜間勤務や、子供の頃からの不規則な生活習慣など、人体のリズムを無視した社会環境やライフスタイルが自律神経失調症を引き起こします。

過度なストレス
仕事などの社会的ストレス、人間関係、精神的ストレス、環境の変化など、過剰なストレスが蓄積すると自律神経失調症になりやすいです。

ストレスに弱い体質
子供の頃からすぐ吐く、下痢しやすい、自家中毒、環境がかわると眠れないなど、生まれつき自律神経が過敏な人もいます。また思春期や更年期、身体が弱っているときは自律神経のバランスが乱れやすくなります。

ストレスに弱い性格
ノーと言えない、感情処理が下手、気持ちの切り替えができない、人の評価を気にしすぎる、人と信頼関係を結ぶのが苦手、依存心が強いなど、ストレスへの抵抗力が弱い傾向のある人も自律神経失調症に陥りやすいタイプといえます。

環境の変化
現代の生活は適応能力が衰えやすく、社会環境の変化、人間関係や仕事などの環境の変化などへの不適応や過剰適応から自律神経失調症になる場合もあります。

女性ホルモンの影響
女性は一生を通じてホルモンのリズムが変化しつづけ、この変化が自律神経の働きに影響を与えます。

食べるだけでOK!ストレスや疲れを取る食べ物…梅干しや豚肉
人間、若いうちは体力が有り余っていても、30代、40代になると睡眠だけでは疲労が回復しにくくなるもの。忙しい人はメインの回復...

膨大なストレスで自律神経失調症に苦しむ人達

自律神経失調症症状特徴

寝れないんだよ
布団に入っても3,4時間寝れない

パニック障害とか過敏性腸症候群になるやつもいる



スポンサーリンク



暑くもないのに寒いとか
気温低いのに暑いとか
そういうやつだよね

体感温度異常と被害妄想

昼~夕方にかけて頭皮から発熱、指先の震え、胃袋ヒンヤリ

育毛剤より先にストレス源の解決を!ストレスで髪がハゲる仕組み
男性は中年から高齢に差し掛かるとハゲる事が多くなるのですが、その原因は単なる加齢や遺伝だけで片付けられるものではなく、「スト...

動悸と 喉に、吐き気一歩手前みたいな違和感

強烈な被害妄想
実際に自分へ悪意抱いてる奴が例えば3人だったとしても50人と推定してまう
というかそのモード入ると確信してしまう

PTSD…極限の恐怖体験のトラウマでストレス症状が出る病気
嫌な思い出を「トラウマ」と私たちは呼びますが、度を超えた恐怖体験による強烈なトラウマは、その場面が脳内にフラッシュバックし、...

座ってる時に地震と勘違いする小刻みに震える感覚
ただ自覚して毎回本当に地震かどうかを確認するようになってからはすぐ治まるようになった

通勤の時特定の駅につくと猛腹痛

右の耳だけ空気がポコポコうるさい

ストレスが大きすぎると
絶食
嘔吐
吃り
不眠症
着信恐怖
自,殺願望
これらが次々に出てくる

ガチで飯の味がしない
なんか砂食ってるみたいで不気味な感覚になる
あとショックで飯が喉通らない状態はこれとはまた別にあった

体中に蕁麻疹が出る

発汗
冬でも扇風機かけるわ

体中にブツブツができた。
皮膚科に行ったらストレス性の蕁麻疹だそうな。
熱も40度くらい出たぞ。

思春期にもほとんど出なかったニキビがデコにビッシリ隙間なくできた時。
あぶらとり紙使っても半分も脂取れなかったのが一枚じゃ足りないほど脂性になり、頭皮も脂性になり若年性薄毛に。
今は仕事変えて薬飲んどるけど、ほんまなんであんなとこに5年もおれたんか不思議やわ。
人じゃなく奴/隷やった。

異常な発汗や動悸…仕事のストレスが限界時に心身に出る異変
学校を卒業して会社に勤めると、ありとあらゆる理不尽な目に遭うことになります。上司からの無茶な要求や人格否定攻撃、ノルマ達成の...




自律神経失調症の治療方法

幸福幸せ笑顔イラスト画像

  1. 規則正しい生活を心がける。
    毎日同じ時間に起きる、同じ時間に寝る。
    忙しくても睡眠時間はしっかりと確保する。
    1日3食をなるべく毎日同じ時間に食べるようにする。
  2.  太陽の光をしっかりと浴びる。
  3.  ウォーキングやジョギング、ヨガなどの軽く汗ばむ程度の運動習慣をつくる。
  4.  食べる時はよく噛むように心掛ける。
  5.  少しぬるめのお湯に20分~30分程度つかる、半身浴を行う。
  6.  腹式呼吸をする。
  7.  栄養バランスの摂れた食事を心掛ける。
  8.  自律神経のバランスを整える作用のあるツボを刺激する。
  9.  自律神経失調症に効くサプリメントを摂り入れる。

などなど、自律神経失調症を自力で治すにはまず自律神経のバランスを整える必要がありますので、続けられそうなものから取り入れてみて下さい。

また自律神経失調症を引き起こす原因として、不規則な生活、ストレス、ホルモンバランスの乱れなどがあげられますが、自力で治す上で、自律神経失調症の原因となっているものを取り除く必要もあります。

お風呂にゆっくりとつかる、音楽やアロマなどのリラックスタイムを設けることで、ストレスを溜め込まない習慣がつき、自律神経失調症の予防にも繋がります。

2017年冬アニメの視聴継続中の作品 第1位!




仕事カテゴリーネットサービスカテゴリー健康カテゴリー美容カテゴリー恋愛カテゴリー教育カテゴリー知識カテゴリーお楽しみカテゴリー漫画カテゴリー小説カテゴリーアニメカテゴリーゲームカテゴリー購入技カテゴリー住宅カテゴリー趣味カテゴリータグブログ内検索トップページ