ウエディングドレスは色々と重い!高すぎ面倒すぎで結婚式離れ

結婚式離れ

若者の○○離れシリーズの1つの、若者の恋愛・結婚離れ。その煽りを受けて、近年大打撃に食らっているのが、結婚式の手配をする、いわゆるブライダル業界。以前から、たった1日の行事に400万円近くもかかる結婚式のコストパフォーマンスの悪さは指摘されていましたが、近年は結婚式そのものが馬鹿馬鹿しい…と思われているようです。

現代で結婚式離れが加速している現象を調べてまとめました。

スポンサーリンク

時代が変われば結婚式への意識も変わる

結婚式離れ

一生に一度の「自分が主役になるチャンス」と言われる結婚式と披露宴。しかしそれを面倒くさいと考えるために「若者の結婚離れ」が起こっているのではないかと、NEWSポストセブンが報じている。

記事では挙式した女性が職場の同僚から「ウエディングドレスなんて着たくない、お金がかかるだけ」と聞いて驚いた話や、男性からも「式は面倒くさい」という話があがっていることを紹介。「時代感覚や世代特有の金銭感覚に照らし合わせれば『結婚』にそれほど大きなコストをかけないという選択肢も合理的なものなのかも」と結んでいる。

結婚情報誌ゼクシィの調べによると、挙式披露宴の全国平均は約333.7万円。「車1台分を1日で使うなんて正気の沙汰ではないと思ってる」とのコメントもあった。

未婚男性の52%が結婚しない理由に「経済的に余裕がない」ことを挙げているという記事を参照し、「そもそも今の時代、結婚自体お金がなくて踏み切れない人多いから、ガッツリ式挙げる余裕もないよ」という人もいた。

結婚式を自己資金で開くのであればまだしも、最初から「ご祝儀ありき」になっていることをこころよく思わない人も。「友達から3万も集金して、自己満足に付き合わせたいと思わないな」との意見も出た。


結婚したいなら婚活女性が知っておくべき4つのキツい現実
相手に気を使ったあいまいな言い回し、というものは情報が正確に伝わらなくなり、相手に誤解を与えることもよくあります。遠回しで、...

3組中1組は離婚する時代に「一生に一度」?

就活茶番劇無意味

「3組中1組は離婚する時代に『一生に一度』って言われても…」という声もある。実際、挙式後に離婚した人は「ドラえもんのタイムマシーンがあったら過去に戻って離婚するから結婚式やめた方がいいよって言うわ自分に」と投稿していた。

いろいろなオプションを付けた結果、最初の見積もり金額よりも200万円もオーバーしてしまったという人は、こう振り返る。

「後から考えるとホントに無駄にお金を使ってしまった!!おかげで旦那も私もほぼ貯金が無くなって、マイホームなんて夢の話!!

総額600万円…結婚式や新居など新婚生活までに必要な費用
「結婚」というと、当事者の男女間の取り決めと生活なので「本人達の好きにしたらいいじゃない」と思われるかも知れませんが、結婚に...




たった1日で終了する結婚式のためのうんざりするほど多い準備段階

結婚式離れ

・婚約~会場決定まで

自分の親に結婚の報告

お互いの家にあいさつ

日程の調整

手みやげの準備

両家の顔合わせ

顔合わせ会場の予約

会場へ資料請求

会場探し開始前の準備

会場の下見

ブライダルフェアに参加

会場の仮予約

会場の本契約(内金の支払い)

婚約記念品の購入(彼から私へ)

婚約記念品の購入(私から彼へ)

結納品の購入

結納

日程の調整

結納会場の予約

・衣装等

情報収集

ドレスショップの下見

衣裳の仮予約

新婦の衣裳決定

新郎の衣裳決定

ドレス用下着を購入

小物の準備

ヘアメイクの手配

ブライダルエステ

ヘアメイクリハーサル

ブーケ・ブートニアの手配

情報収集

生花店と打ち合わせ

生花のヘアパーツをオーダー

贈呈用花束をオーダー

うぶ毛の処理



スポンサーリンク



ネイルケア

レンタルしたドレスや小物類の返却

・会場、招待

打ち合わせ

演出内容を検討

自分で手配するものを決める

会場で手配するものを決める

招待状の作成

招待状の発送

写真の手配

ビデオの手配

司会者の手配

スピーチの依頼

受付係の依頼

余興の依頼

成約者向けのブライダルフェアに参加

料理・ドリンクの選定

演出機材などの手配

会場装花を決定

招待状の返信確認

決定人数を会場に報告

ゲストの席順を決める

席次表の作成

席札の作成

引き出物の手配

引き菓子の手配

プチギフトの手配

演出・プログラムの決定

メニューの決定

メニュー表の作成

BGMの作成

挙式・披露宴費用の支払い

心付け・お車代の用意

当日、渡す役を決める

持ち込み品の搬入確認

会場に持参するものを確認

追加料金の精算

写真・ビデオを受け取る

記念写真の焼き増し

スナップ写真の焼き増し

ビデオのダビング

ざっとこのような項目です。

結婚式の規模によりますが、ここまで項目が多いのです。そして、こんなにも多くの事を準備しておきながら、「離婚率」も毎年のように高まっている…そんな現状です。

準備は共働きの場合最低半年~1年かかります。

ちなみに結婚式にかかる平均費用は343.8万円。

若者いろいろ離れすぎ!スマホや衣食住など今の若者の消費傾向
「若者の○○離れ」というフレーズが各種メディアで取り上げられ、若者の○○離れシリーズがあまりにバリエーション豊富なため、若者...

結婚式の問題点を指摘するネットの言葉

  • そもそも冠婚葬祭は金掛かり過ぎ
    人の一生に一度(結婚は複数回の場合も)の
    舞台だからって業者はボリ過ぎなんだよ。
    根本的にリピーターみたいなことを考える必要なくて、事例事例について2回目以降
    ってことがまずない未経験の体験だからなぁ。
    ボッたくられても気付かないんだよな。
    特に葬式は準備期間ほぼ無いに等しいし、それ以外に相続とか身辺整理とか
    厄介な問題が外にあるから、殆ど検討に時間なんて割けないし。
  • 日本のセレモニーって形式や段取りをそつなくこなすことに重きを置きすぎて
    なんのためにやってるのかわからない間抜けさがあるよな
  • 結婚式場なんて何かにつけてボッタくる事しか考えてねーし
    ハッキリ言って見栄だけでしかねーな
    そんなもんに金遣うなんでバカげてるわ
  • 人を招いて自分が主役になるというのがどうにもこうにも恥ずかしくて
    それぞれの親族と食事会やったよ
  • 今から一緒に暮らして財布も共同になるのに、結婚式に金かけない男はケチっておかしいだろ。女ってのは見栄ばっかり。

婚活とか結婚相談所は面倒…恋愛と結婚が趣味の一種まで下落
草食系、絶食系…といった造語が社会に定着してからけっこう経ちますが、結婚の義務感は薄れ、もはや現代では恋愛・結婚は数ある趣味...




最近の流行は「ジミ婚」「ナシ婚」

結婚式離れ

超好景気「バブル時代」に流行った「派手婚」。そんな浮かれた時代も今は遠い昔。景気の悪化とともに「地味婚」が増え、そして長く続く不景気がついに「ナシ婚」というものを生み出しました。
その名のとおり、派手婚とはお金のかかったゴージャスな結婚式や披露宴。

地味婚は質素でお金のかからない挙式。そして、ナシ婚とはずばり結婚式をしないこと。その大きな理由は3つ。

  1. 経済的に式を挙げられない(挙げたくない)
  2. さずかり婚のため挙げることができない
  3. セレモニー的行為がイヤ

また、ナシ婚の場合には結婚を機に

  • 結婚指輪の購入
  • 身内だけの食事会

をするという人が多いみたいです。低迷する経済が、派手なことを嫌う風潮を作っているのでしょうか。挙式が当然だった親世代に言わせると「信じられない」となるのでしょうね。



仕事カテゴリーネットサービスカテゴリー健康カテゴリー美容カテゴリー恋愛カテゴリー教育カテゴリー知識カテゴリーお楽しみカテゴリー漫画カテゴリー小説カテゴリーアニメカテゴリーゲームカテゴリー購入技カテゴリー住宅カテゴリー趣味カテゴリータグブログ内検索トップページ