音楽プレーヤーにデジカメ…スマホ普及で駆逐され衰退した物

spsuitaii4

時代の移り変わりによって、旧い物は新しくて便利な物に取って代わられるのが歴史の常。小型PCと呼んでも差し支えのない、あまりに便利なスマートフォンの大普及で、デジカメやテレビなどといった産業が衰退し、駆逐されつつあります。

スマートフォンの普及によって衰退していった産業や身の回りの物を調べてまとめました。

スポンサーリンク

スマートフォン一台でできること

スマートホン生活消費変化

  1. 快適なインターネット
  2. YouTubeなどの動画を快適に閲覧できる
  3. 音声入力でWeb検索をすることができる
  4. テザリング(スマホをパソコンに繋ぐ(USB or Wi-Fi接続)と、スマホがルーター代わりになりネットができるという機能)
  5. 様々な情報を「同期」「共有」できる
  6. SNSが手軽にできる
  7. 様々なメール機能が使える
  8. マルチメディアプレーヤーとして使うことができる
  9. MP3などの音楽ファイルを再生できる
  10. ナビゲーションシステムとして使える
  11. 電子書籍を持ち歩いたり、電子辞書として活用できる
  12. PDF等のPCファイルを閲覧することができる

スマホ依存症に集中力低下…スマートホンが及ぼす4つの問題
スムーズなネット閲覧はもちろんのこと、音楽ファイル・動画ファイルの再生と管理、写真撮影から動画撮影、文書ファイルの編集などな...




スマホがあればコレはいらない、という物

spsuitaii1

今や1人1台持っているのが当たり前になりつつあるスマートフォン。単なる連絡手段としてではなく、カメラや音楽再生機能が搭載されていたり、様々なアプリで機能を追加したりできる、便利なツールとして手放せない存在になっているはず。そうなると、スマホで代用できてしまうがゆえに、使われなくなっているものもあるようで…。

スマホを使うようになってから、使用頻度が少なくなったものを20~30代のスマホユーザー男女221人に聞いた。

〈スマートフォンを使うようになって、使用頻度が少なくなったものTOP10〉

※もともとの使用頻度が低いものは除外し、複数回答。協力:ファストアスク

1位 音楽プレーヤー 30.3%

2位 デジタルカメラ 28.5%

3位 目覚まし時計 27.1%

4位 紙の地図 25.8%

5位 電卓 22.2%

6位 携帯ゲーム機 19.5%

7位 紙の時刻表 17.6%

8位 パソコン(自宅用) 14.0%

9位 腕時計 12.7%

10位 紙のメモ帳 10.9%
ランクインしたどの機能も、専用機器を凌ぐほどの性能を、スマホが持つようになってきているものばかり。このほかには、
「辞書・電子辞書」と「アナログ手帳」7.7%、「ボイスレコーダー」6.8%などの回答があった。

スマートホン普及による社会と人間関係の変化の光と影まとめ
ブログ管理人は、SNSの流動的な状況変化に逐一対応するのはイヤだ(プライベートの時間が無くなる)・携帯端末上で確認・発信でき...

スマホによってこんな物が不要になり衰退した

spsuitaii2



スポンサーリンク



音楽プレーヤー←スマホでええやん
レコーダー←スマホで視聴かオンデマンドでええやん
ゲーム機←スマホでええやん
カメラ←スマホでええやん
PC←スマホでええやん
カーナビ←スマホでええやん
紙本、漫画←スマホでええやん
テレビ←そもそもいらない
iPhone作ったジョブスを本気で恨んでそうな人がこの世界には何万人もいそうだ

財布もいらなくなったよな

ゲーム
高い金出してハード買わなくても携帯があればそこそこのゲームが出来る

ガラケー

新聞
テレビ

音楽業界
ゲーム業界

ネットの民度
俺が言えたことじゃないが最近のyoutubeとかヤフコメは見るに堪えないわ低年齢化が酷い

スマホのせいでNDSやPSなどのゲーム機

スマホが出来たせいで衰退したもの
懐中電灯
電卓
手紙
ゲーム機
置き時計
辞書
パソコン
カメラ
CDプレーヤー
CD

などなど

facebookやtwitterやLINEによる世界の変化
facebookやtwitterのように、スマートホン等の携帯端末から気軽に利用できるSNSは現実世界の人間関係や社会状況を...




スマホの躍進によって駆逐されたモノ

spsuitaii3

スマートフォンが駆逐したものは結構たくさんある。

カーナビは言わずもがなだろう。自家用車に据え置きのナビは付いているのだが、これよりもはるかにグーグルマップの方がいい。

最近の車だとナビを起動してハンズフリーで目的地検索などができるようだけど、それは高級車などのオプションだったりする。普通に売られているようなカーナビはタッチの感度が2昔前くらいの感じがある。当然フリック入力もない。より便利なフリック入力やタッチの感度を体感した時点で、それ以外のものには煩わしさを感じてしまう。加えて、グーグルマップのストリートビューは高額なカーナビだったとしても、ない機能だろう。

スマホだと画面が小さいのが難点ではあるけど、それを補って余りある。

スマホのカメラはコンパクトデジタルカメラを完全に駆逐したと思う。もう周りに持っている人は見ない。カメラが趣味という人でない限りはスマホで事足りている。

コンデジと共に、ビデオカメラもスマホに食われてしまっているのではないだろうか。友人にスマホで子供の動画を見せられるなんて機会があったりする。ビデオカメラでしか動画が撮れない時代にはありえないことだ。

mp3プレイヤー、いわゆるデジタルオーディオプレイヤーももう買わない時代になってきた。スマホと別にmp3プレイヤーを買うくらいならスマホの容量を増やす方が経済的だろう。

ゲーム機業界も打撃を受けていると思う。特に携帯ゲーム機は売れないだろう。少し前からテレビでは圧倒的にソーシャルゲームのコマーシャルが増えた。プレイステーションのコマーシャルはもう見ない。



仕事カテゴリーネットサービスカテゴリー健康カテゴリー美容カテゴリー恋愛カテゴリー教育カテゴリー知識カテゴリーお楽しみカテゴリー漫画カテゴリー小説カテゴリーアニメカテゴリーゲームカテゴリー購入技カテゴリー住宅カテゴリー趣味カテゴリータグブログ内検索トップページ