育毛剤からかつらへ…髪の毛がハゲる事での人生の移り変わり

ハゲ進行ありがち現象

社会人の多くはストレスフルな職場に押し込められており、言ってみれば、避けようのないハゲやすい環境内で仕事をしているようなもの。目には見えず、感覚もできない、放射線がうずまく壊れた原発のすぐ近くで、知らないままに寿命をがりがり削りながら作業をしているのと似ています。

ハゲが進行していく過程と、ハゲていく人がとる行動を調べてまとめました。

スポンサーリンク

ハゲ始める原因

ハゲ進行ありがち現象

ハゲる原因が100%解明されていないワケですが、濃厚と言われている説はあります。

それが以下の5つ。

  • 男性ホルモンという説
  • 頭皮の血流という説
  • 遺伝という説
  • ヘアサイクルという説
  • 生活習慣という説

特に男性ホルモンと頭皮の血流に関しては、医学的にもかなり信ぴょう性が高いです。

ストレスによってハゲが進行する

会社仕事行きたくない

ストレスが溜まるとハゲるというのは、ある種の定番のように考えられています。

ストレスは、自律神経のうちの交感神経を刺激してしまいます。この交感神経は活発になると血管の収縮をさせますので、頭皮まで血行不良になって薄毛になりやすいコンディションが出来てしまうのです。

そのまま改善をしなければ、ハゲると思ってください。適度なストレス発散をしながら、髪の毛を労るケアを取り入れていったほうが良いですね。

髪の毛の構造を見てみると毛根に栄養が行かないことで、孟母細胞が活動できなくなります。




スポンサーリンク





髪の毛を維持していくことも、新しく生えるようにすることも難しい状態ですね。生えている髪の毛も周期が変わると抜けていきますので、より一層、薄毛になったことを感じていきます。

すぐにストレスがなくならなくても、頭皮の血行を促進する改善方法がありますので併用していくと効果が感じられます。

育毛剤より先にストレス源の解決を!ストレスで髪がハゲる仕組み
男性は中年から高齢に差し掛かるとハゲる事が多くなるのですが、その原因は単なる加齢や遺伝だけで片付けられるものではなく、「スト...
ハゲる…?俺が…?シャンプー時などでゾッとする薄毛の前兆
ストレスフルな職場や環境で働いている方は、「ストレスでハゲたりしないだろうか…」と不安になっている事も多いと思われます。 ...
嫌な上司や不向きな仕事のストレスで会社員がハゲる悲しい現象
会社勤めをするということは、嫌な上司や興味も無い作業に延々と付き合わされるという事。そしてそれは、巨大なストレスでいやおうな...

この段階での、ハゲ始めた人が取っている行動

ハゲ進行ありがち現象

  1. 仕事で過度のストレスを受けている
  2. ストレスに影響されて暴飲暴食、血行を悪化させる喫/煙
  3. 不規則な生活リズム、睡眠不足、運動不足




ハゲが進行していく段階

ハゲ進行ありがち現象

男性型脱毛症(AGA)では、比較的ゆっくりと症状が進行していきます。

一般的に年単位でだんだんと進んでいくことが多いようです。

急激に進行して、あっという間に毛がなくなってしまう、ということはないようなので、過度に慌てる必要はないみたいです。

しかしながら、数年後に大きな変化が生まれている可能性は高いので、早めに進行を止めるための対処が必要になります。

薄毛にも色々なタイプがありますが、いずれにしても全体がハゲてしまうことに繋がります。

それぞれどのように進行していくのか?というのをまとめておきます。

O字型ハゲ

頭頂部から薄くなっていくタイプです。
上の方から丸くハゲていくパターンになります。

この場合、最初はつむじ周りから徐々に薄くなっていきます。

そのため、初期はなかなか気が付かないというケースも多いようです。

その後は、頭頂部の円形部分がだんだんと広がっていって、
最終的に襟足、耳周りを残してすべてなくなってしまいます。

症状が進行していくと、他のタイプのハゲが同時に進行していくことも多いようです。



スポンサーリンク



M字型ハゲ

生え際がだんだん上がっていくタイプです。おでこの真ん中を残して、左右から薄くなっていきます。

そのため、初期の段階ではM字型に見えるわけです。

これもO字型ハゲ等と同時進行するパターンが多く、最終的にはハゲが繋がることになります。

最終的にはO字型ハゲと同様にほぼすべての部分がハゲた状態になります。

U字型ハゲ

U字型ハゲでは、生え際が頭頂部に向かって後退していきます。

これもO字型ハゲと合体して、最終状態は上記2つと同様のものとなります。

髪の毛を失ってハゲてから薄毛の心身被害と、人生で失った物
男性が心から恐れている事の1つが「ハゲ」。ストレスとハゲの進行は密接な関係にあり、仕事でどうしてもストレスが避けられない社会...

ハゲていく間にありがちな心境

社畜会社員名言

  • 俺よりもっと不衛生で不規則な生活してる奴いっぱいいると思うのね
    特にハゲるような要素俺にはなかったのね
    でもなんで俺だけハゲてるわけ
  • 進行速度が尋常じゃない
    たぶんハゲ始めるのはもっと前から始まってたんだろうけど、加速が19歳だった
  • 結局みんな禿げるんやし遅いか早いかの違いだろ←これぶん殴りたくなる
  • プロペシアは一回飲んだら終わりやで
    飲み続けなアカン
    やめたら急速にハゲるからな
    あと後退を防ぐくらいの効果しかないから、ツルツルの奴は生えてはこないぞ
  • 禿げたら剃れとか言うけど
    会社勤めには剃るのなんて無理やろ
  • ずーっと前にタモリ倶楽部でハゲに聞きましたって回があって
    髪が増えたら何がしたいってアンケートで、他のハゲを笑いたいって回答があった

育毛剤に手を出してみたりと、現状を脱しようとしてあがく

rpgitem1

養毛剤
養毛剤は現在生えている髪の毛に対して、脱毛を阻止したり、髪の毛のツヤやコシを守るということを目的とした商品です。
どちらかというと、薄毛に悩んでいる方が使用する商品ではなく、今の髪の毛の元気を取り戻したいというときに使うのが養毛剤といえるでしょう。養毛剤は男性のみならず女性用の商品として多く流通しています。
成分的にも副作用が現れるものが入っているケースはほとんどなく、分類としては医薬部外品となります。
※医薬部外品とは、医薬品と化粧品の中間に位置する、人体への作用が比較的緩やかなものです。

育毛剤
育毛剤は現在生えている髪の毛の維持、脱毛防止、細い髪の毛や産毛の強化といったことを目的とした商品です。養毛剤より強い作用を求めていて、髪の毛の質を変えたいと考えている方が使用する商品といえるでしょう。
こちらは薄毛に悩んでいる男性が主に使用している商品ですが、男女兼用のものや、女性用のものもあり、近年増えている女性の薄毛にも対応した商品といえます。
成分的には医療用として使われるものはなく、ほとんどが医薬部外品に該当します。ただし一部の育毛剤には医療現場でも使われているカルプロニウム塩化物水和物が配合された育毛剤もあり、こちらは第2類医薬品、又は第3類医薬品に該当します。

発毛促進剤
発毛促進剤は養毛剤や育毛剤とは違い、今生えている髪の毛だけでなく、新たな毛髪を生みだそうという作用がある商品です。
薄毛の進行が激しい方は、発毛促進剤を使用した方が良いでしょう。ただ、現在日本では発毛促進剤と呼ばれる商品はごく一部となっています。発毛促進剤と認定されているものはミノキシジルが配合されたもののみ!
こちらは第1類医薬品の扱いとなり、薬剤師から商品について使用上の注意など、説明を受ける必要がある商品です。作用が高まる反面、かゆみやかぶれなどの副作用が出る確率もあります。発毛促進剤は第1類医薬品に該当する商品です。

ハゲを克服せよ!ハゲ予防の習慣と食べ物とサプリでハゲを回避
容姿の大きなマイナスポイントになり、恋愛の大敵となる「ハゲ」。頭上のコンプレックスから自信や積極性を失い、ストレスが溜まって...




最終段階…諦めてハゲを受け入れたり少しでもダメージを減らす行動

ハゲ進行ありがち現象

ハゲを隠すための最終手段とされているのが、カツラの着用です。カツラを着用するだけで、すぐに髪の毛があるように見えますし、手っ取り早いです。

しかし、それはあくまでも見た目上の効果であり、カツラを着用することでのデメリットも存在します。そこでカツラ着用のメリットとデメリットをまとめてみました。

メリット

メリットとしては、手っ取り早く髪の毛を作れると言う点です。やはり髪の毛が薄いと見た目上もあまりいいものではないです。

歳相応ならまだしも、30代からハゲてしまうと気になりますよね。そういう点ではカツラはお勧め出来ますし、良いとも思います。

また最近のカツラは研究が進んでおり、昔ほどすぐカツラとわかるものではなく、自毛とカツラの境目もごく自然な感じに仕上がる物が多いです。

デメリット

しかしデメリットもあります。

通気性は良いものの、やはり頭が蒸れてしまいがちになります。頭が蒸れることは、頭皮にとっても良くないことなので、ハゲがますます進行してしまいます。

また見た目は普通の髪と変わらなくても、自毛に装着しているわけですので、どうしても段差が出来てしまい、触ってしまうと段差でわかってしまいます。

残った髪を全て剃ってスキンヘッドにする…という暴挙に出る人も少なくないようです。



仕事カテゴリーネットサービスカテゴリー健康カテゴリー美容カテゴリー恋愛カテゴリー教育カテゴリー知識カテゴリーお楽しみカテゴリー漫画カテゴリー小説カテゴリーアニメカテゴリーゲームカテゴリー購入技カテゴリー住宅カテゴリー趣味カテゴリータグブログ内検索トップページ