ガーデニング&家庭菜園!簡単に栽培できて美味しい5つの野菜

gardenvegetable12

庭の一角や、鉢植え・プランターを使って、手軽に栽培できる植物。美味しく食べられて食卓も飾る、とても役立つ実用的な野菜があります。

初心者におすすめしたい、手軽にできる家庭菜園用野菜を調べてまとめました。

スポンサーリンク

ミニトマト

gardenvegetable3

家庭菜園で1度は育ててみたいのがプチトマトです。通常のトマトに比べて糖度が高く、たくさん収穫して楽しめるのが特徴です。

アルカリ性に傾いた土に植え付けていきます。土に苦土石灰を混ぜて、酸性度合を調節することができますが、はじめての方は、トマト栽培用の培養土を活用するのがおすすめです。幅65cm、深さ30cm以上あるプランターに3株、浅めに苗を植えてください。

ミニトマトの調理例

gardenvegetable4

  • ミニトマトのロースト
  • 麻婆トマト
  • ミニトマトのマリネ
  • ミニトマトのミニオムレツ
  • ミニトマトのワンタン風スープ
  • ミニトマトの甘酢和え




キュウリ

gardenvegetable5

品種にもよりますが、4月播種~6月収穫開始~8月まで収穫という作型が基本です。
夏蒔き~秋収穫も可能ですが、管理が難しいため、プランター菜園の経験が浅い方は、春まきがお勧めです。

キュウリは栽培期間が長く、根量も多くなるため、容量の大きなプランターを使用したほうが多収となります。

プランターで育てるときは、横幅30cmのものに2株が植え付けの目安です。つる性なので、苗の横に支柱を格子状に立てて、つるを誘引していきましょう。そして、毎週1回は、支柱につるを結びながら育てるときれいに伸びていきますよ。

キュウリの調理例

gardenvegetable1

  • キュウリ+豆腐+お茶漬けの素+ポン酢で、豆腐サラダ
  • パウダー梅昆布茶+ごま油+キュウリ
  • 塩昆布+ごま油+キュウリ
  • 中華スープや、わかめスープに輪切りで入れる
  • 漬け物

ガーデニング危険注意植物

当ブログでのガーデニング関連特集ページは↓からどうぞ。

絶対に庭に植えてはいけない悪魔の繁殖力と再生力をもつ植物
ガーデニングは心のうるおい。日々少しずつ育っていく草花に、何とも言えない楽しさと充実感を味わうことができます。 しかし...
ガーデニングの敵…恐怖の繁殖力で庭全土を侵略する危険植物
いったん根付くと恐ろしい勢いで増殖し、庭の美しい草花たちを駆逐し、しかも抜いても抜いても地面に残った根の一部からすぐに再生す...
繁殖力・毒性・害虫誘引!ガーデニングと園芸の大敵の凶悪植物
寒かった冬が終わり、春から初夏へと移り変わるこの季節、いよいよガーデニングにも適したわくわくする時期になってきましたが、気を...


スポンサーリンク



ミント…一度庭に広がったら手遅れに近い危険な増殖力の植物
のど飴やガムやアイスクリームなどによく使われるミント味。まるで口を中心にして頭の中を涼風が吹き抜けるような、冷たい爽快感が魅...

ナス

gardenvegetable6

ナスは、生でも煮ても焼いても美味しい夏野菜です。苗を5月に植えれば、霜で葉が枯れるまで十分な収穫が期待できます。

ナスに含まれる栄養価ですが、茄子は栄養が無いと良く言われていますが、実はビタミンB群・Cなどのビタミン、カルシウム・鉄分・カリウムなどのミネラル成分、食物繊維などがバランス良く含まれる健康野菜です。

幅30cm以上のプランターや、10号以上の鉢で育てていきます。複数植えるときは、株同士の間隔を20~30cm空けるようにしましょう。はじめての花(一番花)が咲いたら、花びらの下の脇芽以外は全て摘み取ると、中心の茎が太く生長し、実付きがよくなります。

ナスの調理例

  • 揚げナスの甘酢かけ
  • ナスと胡瓜とトマトのサラダ
  • 揚げびたし
  • ナスカレー丼
  • ナスのカレー煮
  • チーズサンドフライ
  • 酢味噌カツ
  • ハムサンド天ぷら
  • 揚げナス
  • 変わり天ぷら
  • 海苔巻き
  • そぼろあんかけ
  • ナスとゴーヤ炒め
  • ピリナス
  • マーボナス
  • コチュジャン炒め
  • 味噌炒め

オクラ

gardenvegetable9

ネバネバと、プチプチとした食感が特徴的なオクラ。アフリカが原産で、その後エジプトやインドに広がり、日本へは江戸末期に渡来、ネバネバや青臭さが嫌がられ、昭和50年代になってようやく全国的に普及し始めました。

生育温度は20~30℃と暑さを好み、気温の高い夏になると良く育ちます。また、乾燥や多湿にも強く、病害虫も比較的少ないので、家庭菜園でも育てやすい夏野菜のひとつです。

  • 省スペース:60cm幅の畝に2列、株間30cmで植えられる
  • 虫がつかない:ただし、収穫期が終わる頃に葉を巻いてベッドにする虫が居つく
  • 暑さに強く、病気知らず
  • 多収穫:最盛期は毎日1株で1個獲れる
  • 収穫期間が長い:5月中頃種をまくと、7~8月が収穫期
  • 花がきれい:黄色の花が落ちると、そこに上向きの元気なオクラができる
  • 美味しい:朝庭に出て2~3個獲り、味噌汁に入れるのが夏の楽しみ
  • 連作障害が出ない:毎年同じ場所に植えられる

オクラの調理例

gardenvegetable8

生あるいはさっと茹でて小口切りにし、醤油、鰹節、味噌などをつけて食べることが多い。他にも、煮物、天ぷら、炒めもの、酢のもの、和えもの、スープ、すりおろすことによってとろろの代用にするなどの利用法がある。




エダマメ

gardenvegetable10

エダマメは比較的短期間で収穫することが出来るので、レリーフプランター以上のプランターであれば特に問題なく育ちます。プランターへの直播き、ポット育苗後の定植、どちらも可能です。

根には根粒菌が付着して空気中の窒素を自ら取り込みますので、他の野菜ほど肥料を必要としない。 肥料が多すぎると、徒長して着莢率・結実率が低下するので注意が必要です。

収穫のタイミングに迷ったら、莢に触れ外からマメがぷっくりあるのを確認し1つ取って中身を確認してみましょう。中の豆がふっくらと太っていれば~収穫OK!株ごと引き抜くか、切って収穫しちゃいましょう。

エダマメの調理例

  • 塩ゆでしてそのまま食べる
すごーい!いつでもフレンズたちに会えるー!




仕事カテゴリーネットサービスカテゴリー健康カテゴリー美容カテゴリー恋愛カテゴリー教育カテゴリー知識カテゴリーお楽しみカテゴリー漫画カテゴリー小説カテゴリーアニメカテゴリーゲームカテゴリー購入技カテゴリー住宅カテゴリー趣味カテゴリータグブログ内検索トップページ