高年収業界の選定や転職サイト!転職が大成功するコツまとめ

転職方法コツ

キャリアアップのためだったり、今居るブラック業界から脱出するためだったり、色々な理由で転職をします。

転職を決行する前に知っておきたい、年収や待遇の変化に関する転職のあれこれを調べてまとめました。

スポンサーリンク

転職で年収を上げる方法

転職方法コツ

どれだけ会社に貢献したり、上司に評価されていても、業績が悪い会社では簡単に年収を上げることはできません。2013年頃、ソーシャルゲーム業界はバブルで、業界大手のDeNAやGREEなどは業績が鰻上りでした。優秀な人材なら新卒でも1000万円出すと話題になりましたよね。新卒社員の年収は300万円台の業界が多い中、破格の待遇です。

また、業界によって従業員の年収レンジに大きく差があります。飲食業界や介護業界は給料が安いというのはご存知の人も多いでしょう。一方で総合商社やマスコミ、メガバンクや生保などの金融系は年収が高いことで有名です。例として平成26年の業界別平均年収で比較すると、介護業界の平均年収382万円に対し、総合商社の平均年収は1142万円です。実に760万円もの差があります。

年収アップが目的の転職をするなら、年収レンジの高い業界や、業績の良い会社を選ぶのが基本です。

その他、転職するに当たって重要な事

  1. 「前職までに身に着けたスキル」と「求められているスキル」がマッチする会社
  2. 成果主義・実力重視の会社
  3. 待遇(給与水準・福利厚生)が相場よりも良い会社

就職&転職時に必見!長期視点なら仕事は金よりやりがいが重要
就職・転職するにあたって、「お金」を取るか、それとも「好きなこと・やりがい」を取るか、どちらを取るか迷う方は非常に多いと思わ...
すぐに会社を辞めた元新卒の体験談と次の第二新卒としての転職
「思っていた仕事内容と違う……」「怒鳴ってくる上司が嫌すぎる……」「毎日忙しすぎてもうやだ……」といった理由などで、新卒入社...




転職で50%の人が年収が上がる

転職方法コツ

エン・ジャパンは2016年1月5日、同社が運営する人材紹介会社の集合サイト「ミドルの転職」の利用者を対象に実施した「転職よる年収アップ」についての調査結果を発表した。

転職経験者に、転職を機に年収が上がったかを聞いたところ、50%が「上がった」と回答。「100万円以上上がった」人が62%で、年収750万円以上の人の24%が「300万円以上上がった」と回答した。

年収が上がった人を対象に、年収アップのために必要な能力について「概念化能力」「対人関係能力」「業務遂行能力」の3つに分けて聞いたところ、概念化能力では「状況に応じて臨機応変に対応する能力」(46%)、対人関係能力では「立場や価値観の違う社内外の関係者同士をまとめる調整能力」(49%)、業務遂行能力では「豊富な経験により蓄積された知識・ノウハウ」(77%)が上位に挙がった。

企業の求人広告を楽々比較できる転職サイトを転職に使おう
インターネットが国民的普及を成し遂げた現代では、転職活動にもネットをフル活用するべきご時世です。 転職サイトはどのよう...

みんなはこういうきっかけで転職を意識し始める

転職方法コツ

  • 同業他社に比べて自社の年収が低すぎる
  • 会社の業績が悪く、このまま勤めていても今後の給与アップは望めそうにない
  • 転職に失敗して年収が下がってしまった
  • 内定後に提示された年収が予想よりも大幅に低く、家族を養っていけない
  • 新卒就活のときに業界や年収を考えずに会社を決めてしまい後悔している


http://iitokoronet.com/2016/06/16/post-11154/



スポンサーリンク



http://iitokoronet.com/2016/06/19/post-11230/

転職に失敗する人の特徴

  • 離職中のため、焦って条件の悪い企業に決めてしまった
  • 内定後の年収交渉で提示された金額を黙って受け入れてしまった
  • 会社の業績が上昇しきってから、または下降し始めてから応募した
  • スキルがマッチしてない異業種に応募してポテンシャル採用扱いされた

離職中で思うように内定が出ず焦ってブラック企業に捕まったり、業界動向や会社の業績・将来性をよく調査せずに転職先を決めてしまうと、どれだけ良いキャリアを築いてきた人でも安く買い叩かれる転職となってしまいます

もちろんスキルやキャリアが重要なのは言うまでもないですが、年収アップ転職を実現するには会社の選び方が一番重要です。

しまったココはブラック企業!簡単に辞めて転職の方法まとめ
入社前はその会社に身を置いていないので、当然ながらその会社の職場の実情や人間関係や激務度が分からず、入社してから初めて、ブラ...

転職する時は転職サイトの活用が必須

転職方法コツ

転職サイトとは、厚生労働大臣の認可を受けた転職エージェントが提供するオンラインサイトのこと。
登録するだけで、掲載求人への応募, 面接のコツや履歴書・職務経歴書の書き方などの情報を得ることができます。

また、転職エージェントは、非公開求人の紹介に加え、専任のキャリアコンサルタントが経験や適性を診断し、 面接指導, キャリア相談, 年収交渉など、成功までフルサポートしてくれる強力な味方です。

なぜ転職サイトの利用が不可欠かというと

1)転職活動のサポートを必ず得るため
判断基準は分かりませんが、転職エージェントによっては、登録申込時、サポートを断られることがあるため、転職活動が滞らないようリスク分散が必要です。

2)優良求人を得る機会の損失を防ぐため
各転職サイト・エージェントで取り扱っている非公開求人は異なります。登録を1社だけに限定して活動していると、入社したいと思っていた企業の求人を見逃すことも起こります。

3)自分に合った転職コンサルタントに出会うため
優良な転職エージェントであっても、残念ながら担当コンサルタントによって当たり外れがあります。複数の転職エージェントに登録し、コンサルタントを比較して見極める必要があります。

4)自分なりの判断力を持つため
サポートを1社に限定すると、転職先、年収、キャリア相談をする際、足元を見られます。複数の転職エージェントの見解を聞き、判断力を高める必要があります。

リクナビNEXTは転職サイトの最大手。ここでしか取り扱っていない非公開の優良求人を独占していて、転職者に愛用されている。サイトの登録料と、サイト内の機能の利用は無料。

転職サイトの事情通によると、

新卒サイトは月額制でカネ払えば載せられるから、嘘つき放題でブラック企業が蔓延ってる。転職サイトは成功報酬だから、ほとんどの情報は正しい。すぐ辞められたらせっかく払ったカネドブに捨てるようなもんだからな。今どき新卒より転職の方がホワイト企業に入れるで。

とのこと。




「良い転職」を成功させるために心がけたい事

転職方法コツ

1.やりがいを感じ、打ち込める仕事に就く
仕事をしていて輝く人は評価されやすく、給与アップが期待できる。そのため、やりがいを感じ、打ち込める仕事に就くことはやはり大事! また、頑張りをお 給料に反映させるタイプの会社であるかどうかは、求人広告内のメッセージを読んだり、面接で質問して、入社前に確認しておこう。

2.リーダー、店長など、責任ある仕事に チャレンジする
リーダーや店長、スーパーバイザーなど、スタッフのマネジメントをする仕事は、責任がある分お給料も高め。社会人経験を積んだ人で、今の職種でお給料が伸び悩んでいるならば、「リーダー」「店長」などのキーワードで求人を検索しよう。未経験者歓迎の求人を見つけて!

3.営業職もしくは、専門性が高い仕事に就く
頑張りがお給料に反映されやすい職種といえば営業。広告、不動産業界は未経験OKのケースが多い。また、資格が不要で専門性が高く、業務経験がなくても応募できるのは、人事や経理など。この場合、サポート役として入社して経験を積み、数年後に収入アップさせるつもりで。

4.業績が良い会社、または業績を素早く給与に反映する会社を選ぶ
業績が良い会社に転職すると、ボーナスの支給額が高く、年収で100万円以上アップすることも! また、業績が上がると給与に素早く反映する会社もある。今後長く働き続けたいならば、“成長が期待できる事業か?”といった視点で会社を見ることも、大事なポイントだ。

5.正社員ではない人は、ボーナスが支給される会社の正社員を目指す
正社員でない人は、ボーナスが支給される会社に転職することが、収入UP転職の近道だと今一度認識しておこう。転職時に、胸を張って今よりも高い収入を希望できるよう、小さなことでもいいので、在職中に自分の”売り”を見つけ、育てる意識を持つことは大事。




仕事カテゴリーネットサービスカテゴリー健康カテゴリー美容カテゴリー恋愛カテゴリー教育カテゴリー知識カテゴリーお楽しみカテゴリー漫画カテゴリー小説カテゴリーアニメカテゴリーゲームカテゴリー購入技カテゴリー住宅カテゴリー趣味カテゴリータグブログ内検索トップページ