現代の集客や商売成功の鍵を握るマーケティング戦略が面白い

マーケティング方法効果

あるサービスや商品の特徴が、こちらの心を見透かされたかのように個人の好みに完全マッチするもので、ふらふらと購入をしてしまうことがよくあります。人の好みは千差万別であるにも関わらず、ある一定の状態に固定されたサービス内容が万人の心に響く…というのは、あらためて考えてみると奇妙な現象です。

その奇妙な現象を実現可能にする秘密が、企業による綿密な「マーケティング」。企業がもっとも力を注いでいる事の1つ、といっても過言ではない、マーケティングの仕組みについて調べてまとめました。

スポンサーリンク

商品は「とがっている」方がより刺さる

マーケティング方法効果

「顧客から始まる」とはお客様の行動や心理から始めると言う意味です。ビジネス思考とは、マーケティングはビジネスであるということと思考法だということです。マーケティングとは”思考法”なのです。

であるので、マーケティングは広告でも販促でも調査でもありません。経営に関わる全てに対して必要なものであり、お客から始まる思考法なのです。

企業が必要なものは、

  1. お客様を知ること
  2. ライバルを知ること

この2つで大半を占めると言われています。

お客様から始まり、ライバルを知る。これがマーケティングとなります。

もう1つ知っておいていただきたいことがあります。

“戦略”とは何か? です。

「戦略とは、限りある資源を何に集中して投資するのかという優先順位を決めること」

となります。何に集中するのか。ということが重要になってきます。

なぜ集中する必要があるのでしょうか?

先がとがった針と先が丸い針とではどちらが刺さりますか? ということと同じ原理です。集中した方がライバルに勝ちやすいのです。戦争で考えてみます。敵は大軍です。どうしますか? 局地戦で勝利を積み重ねる。これ以外に勝つ方法はありません。あの織田信長も桶狭間の合戦では奇襲攻撃で勝利を治めたのです。

集中することの重要性をもう1つの観点から説明します。集中すると目立ちます。そして説得力が向上します。例えば、ハーレーダビットソンという会社をご存じでしょうか。独特の爆音のするバイクです。



スポンサーリンク



あの爆音はわざと出しています。昔のバイクをそのまま表現しています。そのスタイルにこだわっているので熱狂的なファンに愛され、そしてとても優良な企業となっています。ハーレーダビットソンは大きくて爆音するバイク以外は創りません。創ったとしたらファンに見放されることとなるでしょう。

集中することの重要性を分かっていただけましたでしょうか。戦略とは、集中することであり、優先順位を決めることです。

では集中しなかった場合はどのようになるのでしょうか。他社と同じような製品になり、そのキャッチコピーも目立たないものとなります。差別化ができなくなるのです。

お手軽な無料ゲームに飛びつく!ソシャゲのターゲット層の特徴
どの商品分野でも、どういった消費者層をターゲットにするか、という商業戦略が極めて重要となり、ターゲット層の需要や性格傾向に合...




大企業と中小企業はマーケティング能力の差により売上まで差がつく

マーケティング方法効果

中小企業と、大企業ではマーケティングへの課題意識が大きな差があります。

規模が大きい企業では、マーケティングによる市場開拓や販売促進の重要性が十分に認識されていますが、中小企業や零細企業では、そもそもマーケティングとは何かという認識が薄い状態です。マーケティングスキルの高低は、従業員数300人というのがひとつの境目となっていて、それより小さい企業では マーケティングスキルが低く、それ以上だと、数倍高いようです。

たとえば、従業員数300人未満の規模の企業では17%が「自社のマーケティング活動の課題はない」と考えており、これは、300人以上の規模では6%で、およそ3倍の違いがあります。

想定の範囲外祭り!独立起業して初めて分かる会社経営の世界
会社勤めのサラリーマン達が一度は抱く夢の1つが「起業」。「もしも起業していたら、俺の人生はもしかしたら…」と期待と不安を抱く...




ユーザー達の声を聞くだけではもはや足りない

マーケティング方法効果

いまや企業活動において、欠かせないマーケティング。製品開発において「ユーザーの声を聞く」ことは必要ですが、「ユーザーの声を聞く」に終始していては、革新的な製品は生まれません。なぜなら、ユーザー自身も現在の行動に縛られていて、ユーザーからは斬新な発想はあまり出てこないからです。

かつて、その良い例が、アップルのグラフィックコンピュータでしょう。当時の最高経営責任者であるスティーブ・ジョブスは「グラフィックコンピュータを知らない人が、グラフィックコンピュータが欲しいと言うと思うかい?」と言っていました。革新的なすごい製品のための発想は、はやり、企業側が受け持つことを私たちは再認識しなければいけません。日本でも、もちろん、研究開発により顧客体験を変えうるほどの素晴らしい発明が次々と生み出されて続 けています。しかし、日本が苦手とするのは、その素晴らしい発明と「ユーザー」を繋ぐことなのです。

実際に、「聞く」という作業、つまり、ユーザーからすれば「話す」「書く」という作業には必ずバイアスが伴います。アメリカで有名なマーケティング企業は、「聞く」のではなく、ユーザーと24時間、寝食を共にして、ユーザー行動を分析している例もあります。それほど、ユーザーの意見を聞くという作業は繊細なものなのです。そして、インターネット以降の顧客接点の増加、ここで得られるデータの分析など、データオリエンティッドマーケティングは、これらの誤差を大いに改善していることを私たちは覚えておくとよいでしょう。

「広義のマーケティング」とは
①サービスが売れるために顧客のニーズを知るための「調査」
②ニーズに合った商品をつくる「プロダクトマーケティング」
③顧客が存在を知り、特徴を理解する「広告、宣伝、営業」
④消費者に手に入りやすいような流通確保や見やすい商品展示を行う「チャネルマーケティング」
⑤適切な価格で提供する「価格政策」
⑥再購買する顧客維持のための「カスタマーサポート」


仕事カテゴリーネットサービスカテゴリー健康カテゴリー美容カテゴリー恋愛カテゴリー教育カテゴリー知識カテゴリーお楽しみカテゴリー漫画カテゴリー小説カテゴリーアニメカテゴリーゲームカテゴリー購入技カテゴリー住宅カテゴリー趣味カテゴリータグブログ内検索トップページ