強制ロスカットに為替レート急変!FXが超危険な4つの理由

FX取引危険理由

勝てば天国、もしも負けてもリアル天国へ逝ける、それがFX。特定の通貨価値が近い将来に上がるか下がるかを賭けて、持っているお金の十倍以上のお金(借金)を動かすので、その結果は大儲け、大損、大損を超越した命が消えるほどの数千万円の借金といった、完全にエクストリームな世界です。

FXがなぜ危険なのか?FXが危ない理由を調べてまとめました。

スポンサーリンク

身の丈を超えた金額を動かす「レバレッジ」

FX取引危険理由

FXでよく耳にする用語「レバレッジ」とは、一体どんなものなのか?

直訳すると、「てこの原理」のこと。
FXにおいては、少ない資金を元にして、大きな金額を動かすことを指します。

例えば、10万円をFX業者に入金し、10倍のレバレッジをかけたとします。
すると、10万円 × 10倍 で、100万円分の資金を動かすことができるのです。

100万円分を動かす、と表現してしまうと、やたら大きな金額を動かしているような錯覚に陥ってしまうかもしれませんが、日本円で100万円分というのは、米ドルでいうと約1万ドル。

つまり、大抵の業者で最低単位として設定されている1万通貨に当たります。

1万通貨単位の取引ならば、例え「1円」という大きな相場変動があっても、損益は1万円となります。

不用意なレバレッジが危険と言われるのは、入金した資金以上のお金を動かすことができることにより、入金額以上の損失を受ける可能性があるからです。

10万円を入金して10倍のレバレッジをかけると、動かせる資金は100万円。
この100万円が、相場の変動によって80万円まで減ってしまったとします。

この場合、損失額は 100万 – 80万 で20万円ですが、最初に入金したのは10万円。
よって、10万円足りません。

当然、この10万円については追加で入金し返済する必要があります
つまり、最初に入金した以上のお金を失うことになるわけです。

これがいわゆる、FXでレバレッジをかけた場合のリスクです。

FXではなく、株式取引の世界では、FXのレバレッジに相当する信用取引の金額は証券口座に入っている証拠金の3倍が限界。しかも、「基本的に信用取引はするな、信用取引はごく限られたトレードの玄人だけに許されている禁断の技」…というのが株トレーダーの間での常識。

FXでは信用取引は当たり前、しかも3倍どころか、5倍、10倍のレバレッジをかけての取引はなかばデフォルト、最大は25倍、海外のFX証券会社ならば400倍も可能…という実情であり、株のトレーダーからすればFX界がいかに命知らずの狂った世界かがうかがえる。

デフォルト…借金や利息を払えずに債務不履行になる国家破産
個人でなく、国家が、他国からの借金を返せなくなったり、借金の利息を支払えなくなって破産する「デフォルト」。国といえばえりすぐ...




一時の大波で回復を待たず強制的に停止「ロスカット」

FX取引危険理由

ロスカットとは保持している通貨に含み損があったとき、それ以上損失を拡大させないためにそのポジションを決済して、損失を確定することです。



スポンサーリンク



例えば、現在保持している通貨に対して一定額まで損失が膨らんだとき、自動的にその通貨を決済する逆指値注文が発動することで、想定以上のマイナスにはならない仕組みもロスカットの1つです。

しかし、相場の急変で売買が成立しなかったり、週またぎで為替レートが乖離すると逆指値注文が発動せずに、想定を超える損失になったりします。

例えば、2015年1月にスイスフラン/円が115円から162円に急上昇したとき、116円や117円でロスカットを設定していても、まったく売買が成立せずに、131円近辺でようやくロスカットできる事象が発生しました。

仮に「1スイスフラン=115円」のときに5万通貨を売りから入っていた人は、116円でロスカットすれば5万円の損失で済みますが、131円までロスカットできないと75万円の損失となってしまいます。

伝説のスイスフラン事件とFX断末魔名言についての当ブログでの詳細は↓からどうぞ。

追証で借金数千万!FXで人生終了した断末魔コピペまとめ
ハイリスクハイリターンの代名詞ともされている「FX」。いち個人の力ではどうにもならない為替の値動きのうねりに翻弄され、大損ど...

さらに、瞬間的に大きく下がっても直後にまた戻る…という、よくあるリバウンドをする局面でも、レバレッジが大きすぎると一瞬でロスカット基準に届いてシステム側から強制的にロスカットされてしまい(値が回復するまで待つ、ということが取引の規約上できない)、軍資金が大幅に減った状況から再スタートとなってしまう。こういう事が数回続くと、あっと言う間に資産がゼロ、もしくは一気にマイナス(借金)になってしまう。

そんなのアリ!?「FX業者のサーバーダウンで大損借金」

aboutserver6

FXを行うにはFX会社を決めてそこに口座を開いて取引をする必要がありますが、しかし、FX会社も時にはサーバーの故障や過負荷により、レートが表示されなくなったり、システム自体がとまってしまうリスクがあります。

また、取引はインターネットを通じて行われるために、取引をするあなたの機器がインターネットに接続できなかったり、PCが壊れて起動しなくなったりしてもFXの取引はできなくなります。

FXの死亡フラグ

・俺、この円高の底で仕込んだら結婚するんだ
・俺が買い支えるから先に売るんだ!
・業者のサーバーが落ちる
・おや、白川が利上げするみたいだ
・ト○タが黙ってるはずがない
・「ちょっと様子見でポジってみるよ。なあに、原資はあるから大丈夫さ」
・ヘッジファンドと同じポジなんて取れるか!俺はロングする!
・今日損切らなくても明日は上がるさ
・こんなに円高になるなんて、そのときは思いもよらなかった
・バーナンキ様が出るまでもありませんよ…ここは俺が
・回線が…切られてる…
・なぜ?やきそば作ってただけなのに・・・・・・
・あーコンソメチップスうめー
・ってか初心者多すぎ。 最低でも一冊くらい本読んでから参戦しろよw

初心者は完全養分のFXの殺伐系世界が怖いけど見物用には面白い
自分は関わらずに、外野から見物するぶんには実に楽しい「FX」は、大負けする理由がパターン化されています。 FXが危険な...
種銭の用意は?ニートや無職が株&FXで稼ぐのが無理な3つの理由
会社勤めをしたくないニート達がほぼ必ず考えるのが「株やFXで楽して大儲け!」。しかし、大儲けするために必要な500万円から1...




通貨の選択肢が少ないがゆえに高確率で自身にるいが及ぶ

FX取引危険理由

  • 米ドル
  • ユーロ
  • 日本円
  • ポンド
  • スイスフラン
  • カナダドル
  • 豪ドル

これらの通貨の互いの為替レート(米ドルと円、ユーロと円、豪ドルと円などのようなペア)が上がるか下がるかを選べばいいだけなので、とにかくFX取引は選択肢が少なく、初心者にもとっつきやすい。

ただし、選択肢が少ないということは、裏を返せば、定期的に起こるどれかの通貨の大変動時に、1/10程度の高確率で、自分がいじっている通貨が該当してしまう…という、ある意味でロシアンルーレットのようなモノ。株式取引では、何千という銘柄があるので、取り扱う銘柄を考えて選ぶ労力は必要だが、自分の銘柄がピンポイントでアクシデントに直撃…ということはよほどの不運に見舞われない限り、ほぼ起こらない。

また、為替の値動きは、株価のように「その会社が素晴らしい業績を上げたから株価が上がった」「業績が下がったから株価も下がった」という風に原因と結果が分かりやすいようなものではなく、突然、意味不明かつ極端な値動きをするのが常で、大げさに言えば人智が及ばないこと多数。

すごーい!いつでもフレンズたちに会えるー!




仕事カテゴリーネットサービスカテゴリー健康カテゴリー美容カテゴリー恋愛カテゴリー教育カテゴリー知識カテゴリーお楽しみカテゴリー漫画カテゴリー小説カテゴリーアニメカテゴリーゲームカテゴリー購入技カテゴリー住宅カテゴリー趣味カテゴリータグブログ内検索トップページ