サービス残業に有給休暇無し…ブラック企業の法律違反行為集

ブラック企業特徴

酷使されまくって心身を壊されるブラック企業ですが、激務という以前に、明らかに法に抵触した違法行為がまかりとおっているところも少なくありません。

ブラック企業の間では当然のことでも、実は法律違反すれすれ、もしくはアウト、という、ブラック企業の異常な慣習について調べてまとめました。

スポンサーリンク

有給が取れない

ブラック企業特徴

有給が取れない会社は、日本においては驚くほど多いです。
有給休暇は労働者に与えられた権利であり、正社員のみならずフルタイムの非正規社員でも権利は発生します。

しかし、有給が取れるのは忌引の時だけ、病気の時だけという雰囲気がある会社が非常に多く、日本人の有給取得率は先進国の中でも最低ラインです。

もしあなたの働いている職場が「有給が取れない職場」なら、そこで働き続けることを考え直した方が良いかもしれません。何故なら、労働者の搾取が当たり前になっている会社は、いつまでたっても搾取をし続けるからです。

有給が取りにくい雰囲気は、主に同調圧力によって生まれます。
有給を取ったら他の社員に迷惑がかかる、上司から嫌な目で見られる、他の人が有給を取れないのに自分だけ取ったら白い目で見られる……などなど、一度、有給を取ったら悪という雰囲気が蔓延すると、同調圧力によって有給取得が難しくなります。

恐怖遺伝子に同調圧力…日本人は精神的な豊かさを持ちにくい
かつては世界を席巻した日本の家電やいろいろな産業も、近年では勢いを失い、諸外国に抜かされ続けています。戦後からバブル経済期ま...




サービス残業は当たり前

ブラック企業特徴

まず、労働基準法に定めらている労働時間の決まりを見てみますと、

・休憩時間を除き1日8時間以上労働させてはならない
・休憩時間を除き1週間で40時間以上労働させてはならない

という決まりがあります。
なのでその時間を越えた分が、いわゆる残業といことになります。

しかし、その残業に対し、
給与が支払われない場合それを”サービス残業”ということになります。

残業してもお金が発生しない状態のことということですね。

一体なぜこんなにもサービス残業というものはなくならないのでしょうか?

理由①会社側が法律の知識不足
これは驚くような内容ですが事実です。
会社側は自分の都合のいいように労働基準法を解釈し、サービス残業自体は罪にならないと思っているのです。

理由②経費削減と勘違いしている
これもよくある理由の一つです。
会社としては、「会社の為」という大義名分をひっさげて意図的に残業代を支払わないというパターンですね。

理由③全体の空気感で支払わない
3つめは空気感です。
「他の会社も払ってないから多分大丈夫だろう」
「みんな文句言わないし大丈夫だろう」
「十分給料払ってるし大丈夫だろう」
なんとな〜く皆がサービス残業しているという流れがあったりすると、
その流れで「まあいっか」となってしまう心理ですね。

サービス残業の無い、待遇の良い会社への転職を目的に、有名で信頼のおける転職サイトを利用するブラック企業勤務者も少なくないようです。

リクナビNEXT公式サイト

サービス残業…違法なのにまかりとおる残業代0の時間外労働
生活のために仕方なく自分の時間を切り売りしているサラリーマンの方は大勢いるかと思われますが、そういう方達にとっては特に苦痛の...


スポンサーリンク



必要悪…なのか…?サービス残業は士気を下げるが残業代で倒産
やりたいことや人生観が会社の仕事とマッチしている人を除いて、サラリーマンの大半はやりたくもない作業や嫌な人間関係に我慢して会...

ノルマ達成を強要されての「自爆営業」

ブラック企業特徴

保険会社の例

A子さんは保険の訪問販売員です。

ノルマの厳しい会社で、達成出来なかった場合は朝礼で名指しされます。あと1件だけどうしても成約できません。既に夕方になり訪問販売するのが厳しい時間帯です。

安い保険なら月々500円ほど。A子さんは自分で自分を保険に入れることにしました。

これが自爆営業です。

叱られるのが怖くて仕方が無いため、自分でお金を払って商品を買います。わずかな金額でも積み重なればかなりの金額になります。ネット上で100万円以上支払った人の話が掲載されています。

ノルマの厳しい訪問販売で自爆営業を考えるケースが増加傾向にあります。個人セールスの場合、不景気の影響もあり成約率が落ちています。一方で企業側は利益を求めて焦るため罰則が厳しくなります。

ゆとり世代の仕事に淡泊な特徴がブラック企業を駆逐&浄化中
この世には死なない生物はいない、消えない世代はいない、止まない雨は無い…。労働意欲の低さから何かと叩かれることが多い「ゆとり...

パワハラやセクハラが平然と行われている

IT土方プログラマブラック

IT土方プログラマブラック

特に女性社員が頭を悩ますことの多い「セクハラ」や、上司による部下いじめの「パワハラ」は、
それを受けた社員にとってかなりの精神的苦痛を与え、時には退職や自殺にまで追い込まれる場合もあります。
ここで問題なのは「パワハラ」「セクハラ」をそのまま野放しにしておく企業の体制です。
企業によっては「パワハラ」「セクハラ」への対策機関を設けているにも関わらず、全く機能していない場合もありますし、
そもそもそのような対策機関を設けていない企業もあります。
「パワハラ」「セクハラ」の存在を誰もが知っているにも関わらず、そのまま放置している企業は、重度のブラック企業だと言えるでしょう。

ブラック企業洗脳の手口…人格の破壊と会社思想の刷り込み
激務薄給という劣悪な労働環境で知られるブラック企業は、洗脳のような手口で社員の思想をコントロールし、ブラック環境でもずーっと...




壊れるまで使い倒す「休みを取らせない激務」

ブラック企業特徴

まず入社して1番驚いたのは、出社時間の早さです。定時は、8時40分からでしたが、朝は基本的に7時半までに出社、8時から朝礼がありますからそれに遅れると大目玉、といった感じでした。

特に新人は、朝は先輩、上司よりも早く来て掃除をするというのが暗黙のルールでしたから3年目くらいまでは、大体7時くらいまでには出社していました。

年に一回、社員旅行があるんですがそういった会社行事も会社から一切補助もなく、自腹でした。強制参加の給与天引きでしたから逃れようがないという感じでした。(笑)

仕事自体は、それなりに勉強にはなりましたが、とにかく激務でした。特に企業の決算期の12月〜5月頃までは地獄でした。
文字通り休みがなく月に2〜3日休みが取れればいいという時期もありました。平日は、ほとんど終電で帰宅、日が変わらないウチに帰宅できることは皆無という惨状でした。

過労死…心臓への負担やうつ病で突然死する前兆と原因まとめ
「働き過ぎ」というのは主に心臓に過度の負担をかけ、寿命を縮めます。そこへ職場・家庭のストレスが加わりでもしたら、過労で身体が...

そういう会社でしたから当然、残業代は皆無、休みの日もサービス出勤です。給料も初任給は月並みでしたがほぼベースアップもないため、管理職にでもならない限りは、生活していくのもやっとで結婚など考える事も不可能でした。

今考えるとアルバイトでもしていた方がよっぽど稼げたと思います。
過労死しなかったのが唯一の救いです。月に数人は行方不明になっていましたけど。



仕事カテゴリーネットサービスカテゴリー健康カテゴリー美容カテゴリー恋愛カテゴリー教育カテゴリー知識カテゴリーお楽しみカテゴリー漫画カテゴリー小説カテゴリーアニメカテゴリーゲームカテゴリー購入技カテゴリー住宅カテゴリー趣味カテゴリータグブログ内検索トップページ