底辺高校…不良や無気力学生で占められ教育が困難な下位高校

底辺高校特徴

進学校、普通程度の高校、「それら以下の底辺高校」…高校はだいたいこの3種類に分類できます。

悲しいことに、格差社会の影響で、余裕のある富裕層とそれ以外の貧困層ばかりが子どもを作り、中間層は非婚化しているので、今後は底辺高校への入学者が増える見込みです。底辺高校の特徴やありがちな事を調べてまとめました。

スポンサーリンク

底辺高校に在籍する3種類の生徒

和風日本伝奇イラスト画像

  1. 学習能力は人並みだが、コミュニケーション能力に欠けて不登校だったりで、底辺高校へ通わざるを得ない人。
  2. ヤンキーやギャルなどの不良系。授業妨害をしたり、夏休み明けに大量退学。卒業後はフリーターへ。
  3. 無気力で行動力も無い人で、一見すると真面目。学習障害のような発達障害を抱える人も少なくない。

教育における底辺高校の定義

教育困難校とは、一般的には生徒の授業態度や学力などが原因で教育が困難な学校のことである。進学校であるか、または偏差値の高低は関係なく、いじめ、校内暴力、学級崩壊、長期欠席、少年犯罪などの難しい課題が集中しているために課題集中校(かだいしゅうちゅうこう)と呼ばれることもある。教育困難校が発生する原因は各種あるが、生徒の学力、学習意欲、家庭環境などの影響が大きいとされる。
「学力が低いこと」と「授業態度が悪いこと」は必ずしもイコールではない。しかし、現実には入学時の学力偏差値の低い学校ほど「荒れ」が目立つとされる。入学に必要な学力が他校と比べてかなり低い学校のことを底辺校(ていへんこう)と呼ぶことがある。

ここが人生の大分岐点…進学校と底辺高校の違いと特徴まとめ
高校進学時に「進学校と呼べる高校」へ行けるか行けないかが人生の大きな分岐点、とする有力な考え方があります。進学校へ進むことが...




九九ができない。アルファベットが書けない。

底辺高校特徴

「九九ができない。アルファベットが書けない。底辺校では普通の話」
そう語るのは、底辺高校の実態をリポートした『ドキュメント高校中退』の著者である青砥恭氏だ。

「底辺校の高校生の学力は驚くほど低い。小学校低学年レベルの学力のまま放置され、数学では1~100を数えさせる補習授業が行われているところもあります」

底辺高校、定時制高校の統廃合の影響で定員割れすることは減ったものの、入学は実質無試験。
そのため、LD(学習障害)などの発達障害が放置されたまま入学してくるケースも多い。

学習障害?アスペルガー?発達障害のわかりやすい症状解説
ネット上でよく目にする、「発達障害」という言葉。発達障害でない人達にとっては、いずれ治る病気なのか、生まれ持った障害なのか、...


しかし、単純に学力の問題として片づけることはできない。
青砥氏はこう強く指摘する。
「彼らの多くは貧しい家庭に育ち、まともに勉強する機会すら与えられていません。高校卒業後の進学者が少ないのは親に経済力がないから。底辺校の問題は貧困問題とセットで考える必要があります」

大阪府のある底辺校の学食を運営する業者によれば、一番人気は130円のポテトフライだった。
「安くて腹持ちがいいから人気で、カツカレー(350円)やうどん(250円)は高くて売れない。底辺校ほど学食がないのは、学食で食べられない生徒が多く、経営が成り立たないからなんです」

また、青砥氏は「全国の高校を調べたわけではないが」と前置きしつつ、意外な共通点をこう話す。
「底辺校はたいてい交通の便が悪い学区の端にあります。交通費がないから、自転車で1時間半かけてくる生徒もいる。底辺校の先生は『自宅が学校から遠い生徒からやめていく』と口を揃えます」

こうした底辺校の問題をどう解決すればいいのか。
民主党の看板政策である高校無償化の影響で、7年ぶりに高校中退から再入学する生徒が増加。
無策というわけではないが、青砥氏の注文はこうだ。

底辺校の生徒にとって高校が最後の社会との接点。高校中退では仕事も見つけられない。貧困の連鎖を止めるためには、制度として中退をなくす必要があります。そうすれば『ほかの生徒に迷惑になる』と生徒を退学させる先生もいなくなる。ただ、もはや先生だけで解決できる問題ではない。福祉や地域社会と連携して包括的に支援していく必要があるんです」
ド底辺高校が抱える問題は、決して他人事ではない。

公立中学という上流と底辺が理不尽に混ざり合う日本社会の縮図
高額な教育費用を支払えるようなある程度裕福な家庭の子や、中学受験を突破できる優秀な子が集まる私立中学とは違い、公立中学はその...
不良やいじめなど公立中学の4大問題点と私立中学のススメ
単刀直入に言って、公立中学の教育環境には大きな問題があります。入学の敷居の低さから低レベルの学力や品性が劣った子どもが大量に...

底辺高校にありがちなこと

底辺高校特徴

不良じゃない女子は結構かわいい
しかし本当に頭が悪くて引く

部活動がやる気0。顧問もやる気0

DQ.Nかオタクか変わり者の三極化
変わり者はごくわずかである。

頭髪検査引っかかって授業中に連れ出され帰ってきたら坊主になってる



スポンサーリンク



3年になっても中学の頃と変わらない雰囲気

近所のコンビニ出禁
始業開始後10分経ってから出席
教諭の在籍期間の短さ

テスト前にほぼ本番と同じ問題の対策プリントが配られる

当時は真面目に勉強しようと頑張るが
高校卒業後、三年間同じ教科書を使っていたにもかかわらず
後半部分授業で使ってないことに気づく

Fランク大学…低偏差値すぎて誰でも入学可の無名底辺大総称
昔よりもずっと大学進学率が上がりましたが、偏差値が高くて有名な大学の定員は限られています。かなり多くの人が、無名&低...

英語の勉強が中学1年レベル

教室が動物園

ピアス率が高い。

授業中静かな時は大抵寝てる

中学生とか小学校6年生よりも頭が悪い

授業中でも携帯いじってる人がいる。

予備校に行ってる人が少ない

学校の中では頭よくても世間からは馬鹿扱いされるのが悔しくて仕方がない

偏差値の意味もわからない




大事なわが子に家庭教師をつけてより良い学習環境を

prestige1

やはり、現代の学歴社会では子どもを良い学校に入学させてあげるのが将来の幸せを大きく左右する事は確実です。ブログ管理人が調べた中でおすすめの家庭教師グループ「プロ家庭教師のプレステージ」を利用してみてはいかがでしょうか?カウンセリング(学習相談)・資料請求ともに無料で気軽にできます。

「プロ家庭教師のプレステージ」の特徴

  1. 難関進学校の合格実績が同業他社よりも優れている
  2. 指導実績や経験はもちろんのこと、社会的モラルなどの厳しいチェック項目をクリアしたプロの教師陣
  3. カウンセリング・資料請求ともに無料で気軽にできる

プロ家庭教師のプレステージ公式サイト↓

今日も一日がんばるぞい!




仕事カテゴリーネットサービスカテゴリー健康カテゴリー美容カテゴリー恋愛カテゴリー教育カテゴリー知識カテゴリーお楽しみカテゴリー漫画カテゴリー小説カテゴリーアニメカテゴリーゲームカテゴリー購入技カテゴリー住宅カテゴリー趣味カテゴリータグブログ内検索トップページ