会社を短期間で辞めた第二新卒が簡単に転職成功の方法まとめ

第二新卒就職転職方法

新卒で会社に就職したものの、何らかの理由でほどなく辞めてしまい、もう一度就職したい人を指す「第二新卒」。最近は「自分に合わない」という理由で簡単に会社を辞める事も一般的になってきているため、第二新卒となる可能性は高くなってきています。

第二新卒のための最適な求職方法を調べてまとめました。

スポンサーリンク

会社に長く勤めていられなかった理由

第二新卒就職転職方法

一旦就職した者が第二新卒として再び就職活動をする動機は様々であるが、一般的には以下のようなものがある。

  • 新卒採用において本命としていた企業が不採用、あるいは内定取り消しとなり、第二新卒として早期の転職を考えている。
  • 「なんとなく」等の漠然とした目的で就職先を決定したが、しばらく働いている内に就職先と異なる特定の業界や企業に就職したいと考えるようになった。
  • 新卒入社時に、そうとは知らずにブラック企業に入社してしまった。または、ブラック企業であることを事前に知っていたが、将来転職することを前提にやむを得ず入社した。

仕事辞めたい時にありがちな事と今度こそ自分に合う仕事探し
仕事内容が自分に合わない、心身への負担が大きすぎる、などのような理由で、「仕事を辞めたい」という人達はありふれています。本当...




第二新卒が面接で語る「前職の退職理由」

ブラック企業特徴

リクルートが面白い調査を行っていたので紹介しておきます。

退職理由を転職先や周囲には何といっているか調査を行ったようです。

キャリアアップしたい 127人
仕事に変化がない、おもしろくない 58人
会社の経営方針・経営状況の変化 48人
労働時間・環境に不満 38人
給与が不満足 25人
上司との人間関係 21人
勤務地までの距離・環境に不満 18人
社風が合わない 14人
雇用形態に不満 10人
昇進・評価制度に疑問/転勤・異動を含む人事制度に疑問 8人

正直に退職理由を言っている人もいるのですが、1位にはやはりキャリアアップという前向きな理由が上がっています。

どの転職活動のアドバイスでも後ろ向きな退職理由を前向きな退職理由にして伝えるという事が言われているので、こういう結果が出たのでしょうね。

無い内定で既卒になったその後の悲惨な人生と正社員就職の方法
えり好みしすぎて身のたけに合った企業を無視していたり、就職にばくぜんとした恐怖感を抱いてまともに就職活動をせずに、内定が決ま...
すぐに会社を辞めた元新卒の体験談と次の第二新卒としての転職
「思っていた仕事内容と違う……」「怒鳴ってくる上司が嫌すぎる……」「毎日忙しすぎてもうやだ……」といった理由などで、新卒入社...
4月で電撃退社!入社式や研修で心を折られて辞めた新社会人
ついに入社日の4月1日を迎えてしまい、新社会人がおそるおそる入社をしてみると、今まで身を置いていた高校・大学といった教育機関...
これが温室育ちの弊害…新入社員が会社を即辞めする3つの原因
終身雇用制の崩壊で会社員が会社への忠誠心を持たなくなったことや、若者が打たれ弱すぎて会社でのストレスに耐えられないなど、近年...

大手企業は第二新卒には見る目が厳しい

起業分かった事

大手企業から見た第二新卒を見る目は厳しいというのは本当です。特に転職する先企業が未経験職種の場合は特に厳しいと言わざるを得ないでしょう。未経験の第二新卒の場合、企業にとってはなんとも中途半端な存在だからです。

新卒と同じポジションで採用しても、大学を卒業したばかりの中に第二新卒を置くことは、社内の人間関係や良い環境を築きにくい。ヘタをすれば、同期の中でも先輩・後輩の関係が生まれ、新卒入社の社員が辞めてしまうかもしれません。逆に、年齢の違う同期に囲まれ、なかなか打ち解けず第二新卒が辞めてしまうかもしれません。



スポンサーリンク



しかし、中途採用として扱うには、未経験なので新卒と同等の教育を実施しなければならないため、未経験者の第二新卒を育てるコストが企業には発生してしまいます。これだけでも、第二新卒者の採用は大手企業にとってはリスクになります。

また、大手企業が考える大きなリスクとして、第二新卒として転職活動をする人自身に問題があるというリスクです。第二新卒には、前職を早期に辞めたという事実があります。 企業側からすれば、早期に仕事を辞めたということは、その人自身根性がないのかもしれないし、人間関係をうまく構築できない人かもしれない。転職しても、またすぐに辞めちゃうんじゃないの?とある意味、偏見を持たれやすいのが第二新卒です。 第二新卒者側も、前職の不満や、やりたいことが出来なかったといった自分本位の転職理由であることに気付かず、面接でもこの転職理由を話すために、不採用となっている部分が少なからずあると思います。

第二新卒就職転職方法

第二新卒者は、大手企業から見られている偏見が存在することを認識した上で、転職活動を考えていく必要があります。また、第二新卒は年齢が若いので可能性は低いですが、転職自体、失業するリスクも少なからずあることも計算に入れるべきです。

上記のようなハンデを埋めるために、ブラック企業の求人を排除し優良求人を独占する有名転職サイトなどを利用して、効率的に就職&転職活動をする第二新卒者も多いようです。

リクナビNEXT公式サイト

第二新卒の面接と新卒の面接の違い

幸福幸せ笑顔イラスト画像

新卒面接との違い 3つのキーワード

1:辞める理由が求められる
新卒では就職活動を行うのは当然ですが、転職には必然性がないので「なぜ辞めるのか」の説明が必要です。

2:志望理由は「仕事を変える理由」を語ることが必要
新卒就職活動時は企業に対して興味を持った点と自分のことだけを売り込めば、
あとは企業が配属先を判断し振り分けますが、転職の場合は「現職(前職)企業の仕事ではできないこと」を実現することが志望動機の前提となるので、場を変えて何を実現させたいのかが問われます。

3:入社後の職種が決まっている
会社への興味だけでなく「仕事軸でやりたいこと」を伝えることが必要
新卒就職活動時は選考から配属先決定までを人事が行いますが、転職活動の場合、選考段階から配属先部署の方が登場し、配属先を前提とした面接が行われます。
だから自分の部署での仕事を任せてみたいと思えるか、というような非常に現場直結の視点でチェックされます。

高年収業界の選定や転職サイト!転職が大成功するコツまとめ
キャリアアップのためだったり、今居るブラック業界から脱出するためだったり、色々な理由で転職をします。 転職を決行する前...




第二新卒の転職には、気持ちが大事。

第二新卒就職転職方法

企業は第二新卒者に一体何を求めているのでしょう。そこが分かればある程度の対策を考えれるかもしれません。

ですが答えは非常にシンプルで、今後の熱意ややる気と言って気持ちの面を見るようです。

なぜなら1~3年程度で辞めたところで必要なスキルは身に付かないからです。

たとえば新卒入社の人と30代中途採用の人とでは即戦力に雲泥の差があります。

30代中途採用の人が仮に他の業界から入社してきたとしても、社会を渡ってきた経験にあまりにも差があるのでそこに仕事の仕方に差がでます。

人間関係も上手く調和を図って付き合っていくこともできるでしょう。

それは企業側も十分に分かっていることなのです。

なので第二新卒者に求めるものは気持ちの面が強いのです。




仕事カテゴリーネットサービスカテゴリー健康カテゴリー美容カテゴリー恋愛カテゴリー教育カテゴリー知識カテゴリーお楽しみカテゴリー漫画カテゴリー小説カテゴリーアニメカテゴリーゲームカテゴリー購入技カテゴリー住宅カテゴリー趣味カテゴリータグブログ内検索トップページ