ワルナスビ…超繁殖力と毒性で土地を汚染する悪意の具現植物

ワルナスビ特徴被害

爆発的な増殖力や、増えまくるにもかかわらず全く役に立たないなど、園芸で危険視されている植物は色々ありますが、その中でも、圧倒的繁殖力+毒性という最悪級の「ワルナスビ」。かの極悪なミントとも互角に張り合える、悪名高いワルナスビについて調べてまとめました。

スポンサーリンク

まるで悪意を具現化したかのような「ワルナスビ」

ワルナスビ特徴被害

アメリカ合衆国南東部(カロライナ周辺)の原産。ヨーロッパ、アジア、オセアニアに移入分布する。茎や葉に鋭いとげが多く、種子が家畜のフンなどに混じって広がり、垂直および水平に広がる地下茎を張ってあっという間に繁茂する。耕耘機などですきこむと、切れた地下茎の一つ一つから芽が出てかえって増殖してしまい、また除草剤も効きにくいため、一度生えると完全に駆除するのは難しい。

ワルナスビ特徴被害

花は白または淡青色で同科のナスやジャガイモに似ており、春から秋まで咲き続ける。果実は球形で黄色く熟し、プチトマトに似ているが、全草がソラニンを含み有毒であるため食用にはできず、家畜が食べると場合によっては中毒死することがある。

絶対に庭に植えてはいけない悪魔の繁殖力と再生力をもつ植物
ガーデニングは心のうるおい。日々少しずつ育っていく草花に、何とも言えない楽しさと充実感を味わうことができます。 しかし...
ガーデニングの敵…恐怖の繁殖力で庭全土を侵略する危険植物
いったん根付くと恐ろしい勢いで増殖し、庭の美しい草花たちを駆逐し、しかも抜いても抜いても地面に残った根の一部からすぐに再生す...




危険植物リストでワルナスビが堂々の最高ランク

異世界ファンタジーイラスト画像

爆発物…恐ろしい繁殖力でひたすら増殖
:竹&笹、ワルナスビ
┃B:ミント、 ドクダミ、オキザリス
┃C:ナガミヒナゲシ、ツルニチニチソウ、カンナ、トケイソウ
┃   アイビー&ヘデラ、菊類、宿根朝顔、シャガ、ツユクサ
┃   ケナフ、シソ、キバナコスモス、ラズベリー
┃D:藤、キウィ、ノウゼンカズラ、イチジク、ビワ、フサスグリ

Aランク:悪魔の破壊兵器。厳重な管理下でも制御不能。
Bランク:堅牢な施設内(鉢植え)でのみ取り扱い可能。施設外持ち出し厳禁。
Cランク:ここから制御可能。しかし地域内汚染を招く可能性が高く油断大敵。
Dランク:危険物であるという認識さえあれば問題ない。むしろ管理が容易。

ミント…一度庭に広がったら手遅れに近い危険な増殖力の植物
のど飴やガムやアイスクリームなどによく使われるミント味。まるで口を中心にして頭の中を涼風が吹き抜けるような、冷たい爽快感が魅...
あっという間に竹林形成して住居を破壊する竹の繁殖力がヤバイ
食材としてのタケノコや、工芸品用の素材としていろいろと応用できる「竹」は有用な植物ですが、あまりに高すぎる繁殖力ゆえに、一度...



スポンサーリンク



役立たずどころかワルナスビは毒草

ワルナスビ特徴被害

ワルナスビは地下茎以外にも、普通の植物同様に種から子孫を増やす事も出来る。花は同じナス科の仲間であるナスやジャガイモに似ており、白の花びらに黄色い雄しべや雌しべ が目立つ。春から秋までずっと咲き続ける花は、黄色いトマトのような小さな身を付ける。だが、見た目は可愛いこの実だが英語では「 Devil’s tomato(悪魔のトマト) 」「 Apple of Sodom(ソドムのリンゴ) 」と言う恐ろしい名称で呼ばれている。その理由は一つ、この実は猛毒なのだ。

毒の主要な成分は、前述のジャガイモの芽にも含まれている「 ソラニン 」と言う物質。神経に作用し、胃炎や頭痛、下痢、嘔吐などの症状を引き起こす。当然人間のみならず家畜にも影響しており、大量に食べてしまうと昏睡状態に陥り死亡する事もある。しかもジャガイモとは異なり、このワルナスビの毒は実のみならず 草全体 に蓄積されていると言う。
ちなみに実の中には70~80個もの種が含まれている。また耐久性にも優れており、 100年以上 経過しても芽を出すほどである。ある意味地下茎以上に厄介な能力である。

ワルナスビ特徴被害

そして、この「ナス科」の一員である事が二次被害をも作りだしている。
農作物の害虫を食べてくれる益虫として名高いテントウムシだが、その中で一部の種類は草食性に進化し、やがてナスやジャガイモの葉を食い尽す害虫になってしまった。それがニジュウヤホシテントウである。名称通り体には20個の斑点があり、体は薄らと毛におおわれていてどこか不気味である。この厄介な害虫の供給源として、ワルナスビが利用されているのである。それ以外にも、ピーマンやトマト、サツマイモの害虫である ホオズキカメムシの温床としても確認されている。ワルナスビが繁茂している場所は、害虫たちのベッドタウンなのである。

繁殖力・毒性・害虫誘引!ガーデニングと園芸の大敵の凶悪植物
寒かった冬が終わり、春から初夏へと移り変わるこの季節、いよいよガーデニングにも適したわくわくする時期になってきましたが、気を...
ガーデニング&家庭菜園!簡単に栽培できて美味しい5つの野菜
庭の一角や、鉢植え・プランターを使って、手軽に栽培できる植物。美味しく食べられて食卓も飾る、とても役立つ実用的な野菜がありま...




ワルナスビをはじめとした有害な外来種

ワルナスビ特徴被害

外来種(がいらいしゅ)とは、もともとその地域にいなかったのに、人間の活動によって他の地域から入ってきた生物のこと。生態系や経済に重大な影響を与えることがあり、環境問題のひとつとして扱われる。

ブルーギル
特定外来生物 北アメリカ→全国
1960年に訪米した今上天皇がシカゴ市長から贈呈され、食料化研究のために水産庁淡水区水産研究所に下賜し、後に1969年、一碧湖に初放流された。その後、一部のスポーツフィッシング愛好家によりブラックバスの餌となると目され放流され全国に拡散した。肉食傾向の強い雑食性で、プランクトンから小型魚まで貪欲に食害する。孵化した稚魚が成長するまで親が防衛するため、生存率が非常に高い。

ホテイアオイ
要注意外来生物 世界ワースト100 ブラジル→本州以南・沖縄・伊豆諸島
ミズアオイ科ホテイアオイ属の多年生草本。明治中期には観賞花卉としてのみならず、家畜飼料としても導入された。「ウォーターヒヤシンス」の別名でガーデニングやビオトープに導入された。伊豆・沖縄を含む本州以南に定着している。ボタンウキクサ同様に水面全体を覆って水中水草を枯らす恐れがある。一年生株もあり、一斉枯死による水質悪化や悪臭を引き起こす。

ヌートリア
特定外来生物 世界ワースト100 南アメリカ→本州中部
1939年に毛皮採取のため導入されたが、主に大日本帝国陸軍に納入されたため、陸軍解体とともに遺棄されたものが定着した。愛知県から広島県にかけての本州中部を中心に生息する。河川や溜池に生息し、水中の水草や周辺の農産物を食害する。水際に穴を掘って巣を作るため、堤防や法面、畔などの決壊や崩壊を招く。



仕事カテゴリーネットサービスカテゴリー健康カテゴリー美容カテゴリー恋愛カテゴリー教育カテゴリー知識カテゴリーお楽しみカテゴリー漫画カテゴリー小説カテゴリーアニメカテゴリーゲームカテゴリー購入技カテゴリー住宅カテゴリー趣味カテゴリータグブログ内検索トップページ

コメント

  1. 青柳 より:

    こんにちは,はじめて投稿します。
    青柳と言います。
    植物が好きで図鑑を見ては楽しんでいます。 こんな植物もあるんですね。

    とても参考になります。