アダルトチルドレン…毒親家庭により子供が極端な性格になる

アダルトチルドレン特徴症状

崩壊した家庭で育てられてしまったために、性格がゆがめられてしまう症状を「アダルトチルドレン」と呼びます。

アダルトチルドレンの特徴と、自分の人生を他者から取り戻すための方法を調べてまとめました。

スポンサーリンク

アダルトチルドレンの症状

アダルトチルドレン特徴症状

1: 感情で物事を判断してしまい、客観的な視野が持てない
自分の感情が良いか悪いかを判断できず、相手に同調を求めてしまう。理性的な意見で判断ができない

2: 物事すべてを、良いか悪いかだけで判断しようとする
グレーゾーンやファジーな判断の受け入れができず、悪いと思い込むと絶対否定をする。自分の考えと違うものを悪いと決めつけやすい

3: 自分の間違いを冷静に受け止められない
間違っていても、責任を逃れようと言い訳に終始したり、他の人を否定したり責任をなすりつけたりする

4: 視野が狭い
良くないことがひとつ起きると、そのことから頭を切り離せず、恨みや怒り、不安に捕われたまま生きてしまう

5: 自分を必要以上に責める
ちょっとした失敗を犯した時や、自分には責任がふりかからない物事で失敗があった場合でも、過剰な自責の念にとらわれてしまう

PTSD…極限の恐怖体験のトラウマでストレス症状が出る病気
嫌な思い出を「トラウマ」と私たちは呼びますが、度を超えた恐怖体験による強烈なトラウマは、その場面が脳内にフラッシュバックし、...




アダルトチルドレンの性格的特徴

アダルトチルドレン特徴症状

一言で簡単に「アダルトチルドレン」といっても内容や状態はさまざまなものが存在し、全く逆の性格を持つ人もいます。これは、人それぞれにある個性と一緒で、各家庭環境の状態によって考え方や感じ方の偏りが多種多様にあるためです。

しかし、多くのアダルトチルドレンに共通してみられる性格もあります。まず、物事を白か黒かに分けて極端に考えようとする性格は多く見られます。自分と違うものは全て悪であると決め付けてしまうという性格もこれに含まれます。つまり、極端に偏った解釈をすることが多いということです。

自己の正当化をする性格も多く見られます。この性格の場合は自分以外で悪い箇所を見つけようとしたり、他の人への否定や、自らの責任回避に必死になる傾向があります。

1つの事に捉われることが多いことや、マイナス思考であること、相手への思い込みや、感情だけで物事を決めつけてしまう性格も多くみられるものです。

つまり、自分自身のことを客観視できないということでアダルトチルドレンは、複雑な人間関係の中で生きづらくなってしまうことがあります。

しかし、自分一人で改善したいと考えていても幼いころから染みついている性格自体を直すことは誰であっても困難なことです。アダルトチルドレンであると自覚をした人にとってはこういったジレンマも生きづらさを感じてしまう原因となります。

毒親…子どもを操り人形のように扱って自立心を潰す有害な親
1人の人間である子どもを、自分の操り人形のように扱って、間違った教育をしてしまう「毒親(どくおや)」。自立心や、一人で生き抜...



スポンサーリンク



アダルトチルドレンを生む「機能不全家庭」

アダルトチルドレン特徴症状

機能不全家族にはこんなルールがあります。

<話すな>話し合いをするな。

<感じるな>感情を素直に表わすな。

<信頼するな>人は信じるな。

機能不全家族で育った子供は、幼いころから両親に十分に甘えることができず
常に緊張感を持った家庭内で過ごすことが多くなります。
本来、子供が必要なのびのび遊ぶことや学ぶ機会も与えられないこともしばしばです。
「いい子」を演じることで、存在を認めてもらう(愛してもらえる)と考えたり
逆に「悪い子」を演じることで親の問題を見えなくさせる役目を果たしている場合もあります。

こうした中で、大人になるとリラックスするのが苦手だったり、自分の気持ちを表現できなかったり他人の問題まで自分の責任として引き受けてしまったりするようになります。
そして、ある人は仕事にのめり込み、ある人は世話をする対象を求め、ある人は緊張をとくためにアルコールや薬.物に依存していきます。
対象は何であれ「共依存」するのです。

機能不全家族(家庭)の具体例
・両親や嫁姑など、家族間での争いが絶えない。頻繁に喧嘩している
・他者(子供)の価値観を認めない家族(非尊重、無共感、否定)
・愛情の冷めている家族
・過度のしつけ(親が子供に関わり過ぎる)
・虐待(精神的、肉体的、性.的)があった
・兄弟(姉妹)と比較する、差別する
・過度な期待を子供に負わせる(プレッシャー)
・親が家に居ないことが多い
・親のアルコール、ギャンブルなどの依存
・矛盾した指示、命令、言動
・家族の社会からの孤立
・条件付きの愛情(○○をしたら▲▲)
・子供の発言に対する抑圧
・嘲笑

下記が主な機能不全家族によるアダルトチルドレンの原因です。
・親の愛情が足りなかった
・親から否定されて育った
・期待が大きく、プレッシャーだった
・外面だけよく見せようとする家族だった
・親の代わりをしていた
・過保護に育てられた
・暴力・虐待がある家庭だった

共依存…自己が確立できずに恋愛や人間関係に執着する依存症
病んだ精神状態にある2人が、ゆがんだ需要と供給の関係によって依存し合う「共依存(きょういぞん)」。当人達にとっては一種の幸福...




直すために、原因の家庭から離れること

アダルトチルドレン特徴症状

最も一般的なのはまず離れて客観視するという方法。

機能不全家族(家庭)内にずっといたのでは、毎日が相変わらず混乱していて、せっかく手に入れた『自分を愛する方法』や『歪みを正す新しい認知』もつぶされてしまいます。

そこで、どうにかこうにか親から離れるというのが1つの方法となります。

ここで完全に連絡を絶つケースもあります。

いずれにしても親を変えるのは非常に難しいことなので、ここはあまり期待しない方がよいかもしれません。

となると親との関係性は一生このままかというと、別にそういうことではありません。

いわゆる『内的な親』との付き合い方が重要になってきます。

自分の心に観念やルールとして存在している親を亡き者にするのか、和解するのか、あるいは成長した自分自身が心の中で内的な親になるという方法もあります。

今日も一日がんばるぞい!




仕事カテゴリーネットサービスカテゴリー健康カテゴリー美容カテゴリー恋愛カテゴリー教育カテゴリー知識カテゴリーお楽しみカテゴリー漫画カテゴリー小説カテゴリーアニメカテゴリーゲームカテゴリー購入技カテゴリー住宅カテゴリー趣味カテゴリータグブログ内検索トップページ