借金取りがお友達に…FXの追証金で破産し借金を抱えたその後

FX追証借金

ネット上へ拡散し続けるFXの断末魔コピペで、数百万から数千万円の追証(おいしょう、借金の事)を抱える破滅的末路を伝えるものは珍しくもありませんが、借金を抱えたその後…という話は探してもなかなか見つからないです。音信不通…という状況自体が、彼らの状況を無言で語っていて恐いのですが…。

FXで死ぬほどの追証を食らった人達のその後を調べてまとめました。

スポンサーリンク

追証金の取り立ては専門の債権回収業者へ委託

闇金ウシジマくん名言格言金

全ての建て玉を強制決済しても借金が残る場合、当然証券会社は不足分の支払いを求めます。
それでも支払いがなければ証券会社によって対応は分かれるでしょうけれどおそらく大抵の場合は証券会社の社員が取り立て業務を継続することはなしに、債権回収業者と言われる専門の業者に債権を売り払ってしまうと思います。
債権回収業者は債権を請求額よりも安く買い取り、回収出来れば儲けに出来るという仕組みです。

当然ですが債権回収業者の買い取り価格はどれほど回収出来る見込みがあるかによって変わると思われます。どう考えても資産や収入に比較して過大な債権抱えている場合とか暴力.団絡みなどヤバイと思われる案件の場合には収出来る見込みも薄いわけですから割引率も大きくなります。
例えば同じ1000万円の債権でも回収の見込みが高ければ800万円で買い取るけれどヤバイと思われれば200万円にしかならないかもしれません。200万円でしか売れなければその時点で証券会社は差額の800万円の損失確定です。

債権回収業者も回収を試みてやはり難しいとなればさらにヤバイ案件を引き受ける債権回収業者にさらに割引率を大きくして売り払うこともあるようです。そういうヤバイ案件も引き受ける債権回収業者ともなれば紳士的な態度だけで仕事はしないかもしれません。

債権回収業者の母体等としては以下のようなものがある。

  • 政府
  • 銀行
  • 貸金業者
  • 不動産業者
  • 投資ファンド
  • 独立系
    • 経営コンサルタント
    • コールセンター

債権回収会社は、プロの取り立て業者です。債務者が取りそうな行動やその対策、関連する法律なども知り尽くしています。裁判所にはたらきかけ、法的効力のある支払督促を送ったり、訴訟を起こしたり、借金を回収するためにあらゆる手段を使います。

追証で借金数千万!FXで人生終了した断末魔コピペまとめ
ハイリスクハイリターンの代名詞ともされている「FX」。いち個人の力ではどうにもならない為替の値動きのうねりに翻弄され、大損ど...
初心者は完全養分のFXの殺伐系世界が怖いけど見物用には面白い
自分は関わらずに、外野から見物するぶんには実に楽しい「FX」は、大負けする理由がパターン化されています。 FXが危険な...




一例として、FXで多額の借金を背負った人のその後

アイカツネタ画像

兄嫁がFXで借金を作ってしまい、兄夫婦を私の自宅に同居させてたんだけど、昨日ようやく出ていった

昨日ようやく兄夫婦が引越しした。
たぶんもう付き合うことはないと思う。冠婚葬祭でも付き合う気はない。
両親は永代供養にしているので法事なんかもその都度考えていこうと思う。

私たちの父は兄と私が高校生の頃病気で亡くなった。
その後父の遺産等で私と兄は大学を出てそれぞれが就職をして兄は27の時に結婚した。
私は地元で公務員をして母と家で暮らしていた。
母は洋裁の先生とあつらえやリフォームの仕事を自宅でやっていたが
4年ほど前に脳梗塞で倒れその後私が1年ほど介護していたが
再び脳梗塞を起こして亡くなった。
その後兄と話し合って母の保険金や預金等の現金は兄が、
自宅は私がということになった。はっきり言ってその当時は兄の方がかなり得だった。
その後私は家を建て直すお金もないし、まあ上物の価値はほとんどなく
土地だけの固定資産税を払う方が安かったこともあって自宅に住み続けた。

しかし2年ほど前に兄嫁がFXで預貯金どころか、借金まで作ってしまい、
兄夫婦に懇願されて私の自宅に同居させることになった。
しばらくの間は兄嫁も大人しくもめることもなかったが
去年自宅の近くが開発されるにあたりかなり地価が上昇し、売ってほしいというところが
ちらほら現れ始めた。
なぜか兄嫁が超乗り気で売買代金を半分ずつ分けるという話をするようになり、
はっきりと私はこの家は私の家だし売るかどうかは私が決めるし、
仮に売ったとしても兄夫婦に権利はないよと言ったら
その日から嫌がらせに次ぐ嫌がらせが始まった。
冷蔵庫にしまってある私の食材を外に出す。
風呂の水を勝手に抜く。掃除と称して人のものを勝手に捨てる。
スマホの充電器のコンセントを勝手に抜く(これが地味に一番ムカついた)、等
一つ一つはたいしたことないような細かいことを色々やってくれる。
アタマに来て兄に出て行ってほしいというが、兄はもう少しだけ住まわせてくれという。
毎日毎日、仕事から帰ってきたら兄嫁とのバトルが待っている日が1年近く続いた。
結局兄が離婚か私の家を出るかを兄嫁に迫り引っ越し完了というわけ。
兄には何度も謝られたけど、はっきり言ってあんなく.そ女を嫁に選んで
く,その役にも立たなかった兄の顔を見るのも嫌だし兄嫁に至っては
生きてることが許せないレベルで大嫌い。
なのに、出ていくときには兄嫁何を思ったか
「仲良くしたかっただけなのにわかってもらえなくてつらい。
お母さんの思い出のあるこの家を離れるのはつらい。」と号泣。
母が生きてる時は見舞いにも来なかったくせに何言ってんだか。
はっきり言うけどあんたがいなきゃ兄のことだってこんなに嫌いにならなかったよ。
本当に神経わからん。全部あんたの借金が原因でしょ。

種銭の用意は?ニートや無職が株&FXで稼ぐのが無理な3つの理由
会社勤めをしたくないニート達がほぼ必ず考えるのが「株やFXで楽して大儲け!」。しかし、大儲けするために必要な500万円から1...

FXでの多額の借金には「裁量免責での自己破産」が有効

nolikemoney3

確かに、免責を認めない場合(免責不許可事由)として、「FXや不動産などの投資」が含まれています。

それでは、FXで多額の借金を抱えてしまった場合、「自殺するしかないのか」というと日本の社会、裁判所はそこまで厳しくはありません。

というのも、「裁量免責」があります。

裁量免責とは裁判所(裁判官)の裁量で、免責不許可事由に当てはまる場合でも免責を認められること。

つまり、「FXでの借金でも自己破産をして借金を0にすることができる」というわけです。

ただし、あくまで例外なので、裁判所に免責を認めてもらうにはテクニックが必要です。



スポンサーリンク



例えば、

「○○の為替が大暴落して、こちらで対処する暇もなく、大きな損失を出してしまいました。

今までコツコツと積み重ねてきたのですが、今回の騒動で大きな借金を背負うことになってしまいました。

また、こういった損失が出ないように、ロスカットというものを利用していましたが、それが正常に働かなかったというのも原因の一つです。

ただこうなったのも、自分の見通しの甘さ、判断の鈍さも大きな原因だと考えております。

今回のことを非常に深く反省しており、今後は真面目に働いて、安定した生活を送っていきたいと考えております。」

というように「不正目的ではないこと」と「反省をしていること」と「これから真面目に生きていくこと」を書類や面談で裁判官にアピールするといいでしょう。

そうすれば、免責が認めてもらえる可能性が高くなります。

ただこの文章を素人が考えるのは意外と大変ですし、うまく言葉で表現できないことも多いです。

そういう場合には債務整理に強い弁護士に依頼することで、あなたの気持ちを裁判官に分かりやすいような表現にしてくれるでしょう。

もうめちゃくちゃ…スイスフランショックで追証組の顧客達と共にFX業者までいっしょに破産

FX追証借金

スイスフラン相場の急変を受け、欧州を中心に金融機関への影響が広がってきた。短期的に打撃が最も大きいとみられるのが外国為替証拠金(FX)取引業者だ。英国が拠点のアルパリは2015年1月16日、資金繰りに行き詰まり破綻した。同業でニュージーランド系のエクセル・マーケッツも経営の継続が困難になった。

米同業者のFXCMは15日、顧客が損失を膨らませたため約2億2500万ドル(約260億円)を肩代わりしていると説明した。顧客の多くが損失を支払えず、同社の負担となるとの思惑から16日早朝の時間外取引で同社株は90%近く下げた。

同日午前の通常取引では値段が付いていない。

一方、金融庁は16日、FX取引業者の日本法人アルパリジャパンに対し資産が流出しないよう国内保有命令を出した。日本法人で稼働している口座数は2014年6月末時点で約3千ある。

日本でも大量の円買い・スイスフラン売りをしていた個人投資家で「数千万円規模の損失を抱えた顧客もいる」(大手FX会社)という。スイス中銀が無制限介入をしている限りスイスフラン高にならないとみて一方向に取引を傾けていた。

なぜFX業者が追証組の道連れにされたのか?

FX追証借金

例えば、顧客が100万円を原資としてレバレッジ10倍の設定でPC上やスマホ上で1000万円のお金を動かしている時、FX業者は実際に1000万円のお金を出して為替取引処理をしている。

スイスフランショックのような相場の大異変で、この1000万円が全て吹っ飛び、顧客が900万円の追証を抱えれば、FX業者は900万円の口座入金を求める。この900万円が回収できないうちは、FX業者は900万円の損失を肩代わりした状態を強いられる。

スイスフランショックで、数千万円の追証を抱えた顧客があまりに大量に出たために(1発で破産や、「もともとのロスカット設定をちゃんと発動させなかった業者側が悪い」、などと責任転嫁して追証金を支払わない人が大多数)、FX業者は追証金回収まで会社の体力が持たず、資金繰りが不可になって破綻した。




無料でできる債務整理の相談

aboutsaimus

無料でできる債務整理の相談なら、「東京ロータス法律事務所」↓をブログ管理人はおすすめします。まずはメールの文で相談できるので「いきなり電話はちょっと……」という人にも安心です。

東京ロータス法律事務所公式サイト↓

2017年冬アニメの視聴継続中の作品 第1位!




仕事カテゴリーネットサービスカテゴリー健康カテゴリー美容カテゴリー恋愛カテゴリー教育カテゴリー知識カテゴリーお楽しみカテゴリー漫画カテゴリー小説カテゴリーアニメカテゴリーゲームカテゴリー購入技カテゴリー住宅カテゴリー趣味カテゴリータグブログ内検索トップページ