メンヘラを精神医学から見ると境界性人格障害に当てはまる

境界性人格障害メンヘラ特徴

自己を確立できずに、周囲の人間(特に恋人)を徹底的に振り回す「メンヘラ」は、変わった性格の一種と受け取られがちですが、精神医学の観点からは「境界性人格障害(境界性パーソナリティ障害、とも表現される)」に分類されるようです。

医学的見地からのメンヘラ=境界性人格障害の特徴を調べてまとめました。境界性人格障害の原因を知ることで、なぜ少年少女がメンヘラとなるのかの経緯を正確に知ることができるようになります。

スポンサーリンク

ネット上ではメンヘラの定義があいまい

メンヘラ特徴治し方

精神疾患・人格障害等の「精神的なの健康面」 の事を「メンタルヘルス」と表記し、2ちゃんねるという大規模インターネット掲示板に「メンタルヘルス板」という掲示板群が作られています。そこでは先天的遺伝や後天的ストレスによって引き起こされる脳内物質の不均衡に因る病気であるうつ病、躁うつ病、統 合失調症等の各種精神疾患と各種人格障害を同一に扱っています。

「メンヘル」とは「メンタルヘルス」を略したネットスラングであり、そこでは「メンヘル」に不調を起こした人、治療中の人の事を「メンヘラ」と呼んでいます。

つまり精神疾患・人格障害の人の事を「メンヘラ」と呼んでいます。

その中でも境界性人格障害の人の事は英語表記の「Borderline personality disorder」から「ボーダー」(略して「ボダ」)と呼ばれています。いずれもネットスラングです。(ボーダーの人からターゲットにされた人は略して 「タゲ」と呼ばれています)

その為、メンヘラもボーダーも医学用語ではありません。

「メンヘラ」は同じくネットスラングである「ヤンデレ」と比較され、混同されがちですが、「メンヘラ」の多くは「自分を愛して欲しい」という感情を抱いていますが、「ヤンデレ」は「愛してくれないなら邪魔をしてくる人を殺す」という感情を抱いている人の事を指す為、全
く意味は異なります。

また、医学的定義による「精神病患者」とネットスラングの「メンヘラ」(心の病気を持った人)は異なり、「精神病患者」はうつ病、躁うつ病、統合失調症等の精神疾患であり、「メンヘラ」と一番近い医学的定義はパーソナリティによる精神疾患(人格障害)です。その為、精神科に通院しているからと言って一概に「メンヘラ」と呼ぶ事は間違っています。

メンヘラとは?メンヘラの特徴&症状と治し方のまとめ
メンヘラ……ネット上でのみ言い交わされる言葉かと思いきや、最近はアニメや漫画にまでその言葉が出てきたりして、すっかり市民権を...
メンヘラ化したら人生終了級の4つの大損害を受けるので要注意!
うつ病やパニック障害のような精神疾患、ある種の人格障害を抱えていて、心療内科に通院している人を意味する「メンヘラ」は人間関係...




精神医学ではメンヘラ≒境界性人格障害

境界性人格障害メンヘラ特徴

境界性パーソナリティ障害について、「標準精神医学」第6版p268には次のように説明されていました。

感情や対人関係の不安定さ、衝動的行動が中心的特徴である。感情面では、激しい怒りや抑うつ、焦燥、孤独といった否定的感情が支配的である。対人関係では、緊密な葛藤に満ちた関係を形成しやすい。周囲の人を感情的に強く巻き込むこととひきこもり、理想化と価値切り下げ(極端に低く評価してけなすこと)といった両極端の動きを見せることも少なくない。行動面では、自.傷行為や自.殺企図、浪費や薬.物乱用など自己を危険に曝す向こう見ずな衝動的行動が特徴である・・・(中略)・・・他者への不信感、見捨てられる不安、過敏さ、敵意によって他者の気持ちや欲求を理解することが困難である。

親の愛情不足や毒親の影響でメンヘラ化した人が歩む日常と人生
ネット上では、メンヘラの方のかまってちゃん行為や、自分の身体を酷く痛めつけた写真をアップロードする異様な自己顕示欲のような部...
メンヘラのもつ精神世界と心の中まとめ…愛の渇望と否定感
2ちゃんねるのメンタルヘルス板に常駐するような人、病院の精神科に通う人をメンヘラと呼びます。キャラクターの1種として漫画やア...
うつ病やパニック障害等の精神疾患の引き金になる5つの危険原因
精神が病む原因は、生まれつきのものから、自身が置かれている状況まで、ある程度パターンが決まっています。そのパターンをわかりや...

メンヘラの特徴と境界性人格障害の特徴がほぼ合致する

メンヘラとヤンデレの違い

・見捨てられる不安や恐怖心が強い

・他者を過大に評価し理想視していたかと思うと、急にこきおろしたり激しい攻撃性を向ける

・人と適度な距離感を保てずグレーゾーンのない好きか嫌いかの両極端で不安定な対人関係しか持てない



スポンサーリンク



・感情の起伏が激しく自分で感情をコントロールすることができない

・数時間から1日~2日で気分がコロコロと変わる

・価値観や人生観が変化しやすい

・虚言が多い

・キレやすい

・慢性的な空虚感と虚無感

・自己主張する割に甘えが強い

・ダッコなど3、4歳のような愛情を求める

・最も身近な相手を振り回し、相手が自分を見捨てないかを試し続ける

・愛情独占欲求が過度に強く常に誰かとつながっていたいと願う

・嫌われたり捨てられるのではないかという恐怖心や猜疑心から攻撃行動をとりやすい

・時に自ら嫌がられるようなことをわざと行ない「ほらやっぱり私を見捨てた」などと相手を困惑させる

恋愛というか拷問!警察ざたは当たり前のメンヘラ彼女との恋愛
メンヘラの女の子は容姿が可愛いことが多く、しかもオタク好みの黒髪ロングであることも珍しくありません。そのうえ、ごく簡単に恋人...
男メンヘラの症状と、メンヘラ彼氏をもつ女性のための対策方法
他者に極度に依存し、さらに不安定極まりない性格状態のメンヘラは女性特有のものかと思っていましたが、調べてみると、女性より数は...




境界性人格障害の原因

境界性人格障害メンヘラ特徴

境界性人格障害の原因としては、1歳~3歳くらいまでの幼児期に、特に母親との関係で情緒的に傷ついたり、何か大切なものが形成されなかったりしたために、心の中に欠損のようなものが生じ、10代後半あたりから、さまざまな症状をきたすと考えられています。

そして、このときの分離不安が、境界性人格障害(境界性パーソナリティ障害)をもつ人が対人関係の場で示す特徴に合致していることから、この現象を境界現象とよび、境界性人格障害(境界性パーソナリティ障害)の発生因であるとしました。

こうした精神の未発達段階にとどまる現象がなぜ起きるのかについては諸説あります。

アメリカの精神分析医マスターソンは、境界性人格障害を「見捨てられ抑うつ」とそれに対する防衛ととらえました。

彼は、境界性人格障害の人は、対象や自己を全体像としてとらえることができず、愛情供給(報酬)型対象関係部分単位(RORU)と愛情撤去型対象関係部分単位(WORU)に分裂しているとしました。

RORUでは、自分がよいと思う対象に愛情が注がれるよい自己が体験され、WORUでは悪いと思う対象から見捨てられる悪い自己が体験されます。

そして、母親の精神病理を第一にあげ、境界性人格障害をもつ人の母親は、患者と同様の病理をもっているとしています。

自分の子どもが母親離れを始めると、拒絶されたと感じてそれを許さずに愛情を撤去してしまい(WORU)、子どもがまとわりついてくると喜んで愛情を供給する(RORU)という境界現象を示すために、子どもはその時期で発達停止をきたしてしまうと主張したのです。

結果として、アイデンティティーが十分に確立されていないため、境界性人格障害の人は孤独に耐えることができず、手首を切ったりする自殺未遂など、破壊的なやり方で何とか対象をつなぎとめようとするといわれます。

最近の研究では、特に児童期における虐待の存在が注目されています。

境界性人格障害の人の多くは、虐待や無視を体験していることが報告され、こうした外傷的な体験と傷つきやすい性格、きっかけとなる出来事が重なって発症するのではないかという説が出てきています。

また、生物学的な研究では、ノルアドレナリンやセロトニン代謝の関与も指摘されています。



仕事カテゴリーネットサービスカテゴリー健康カテゴリー美容カテゴリー恋愛カテゴリー教育カテゴリー知識カテゴリーお楽しみカテゴリー漫画カテゴリー小説カテゴリーアニメカテゴリーゲームカテゴリー購入技カテゴリー住宅カテゴリー趣味カテゴリータグブログ内検索トップページ