バイトの席がずっと有るとでも?フリーターが詰む理由と末路

フリーター将来詰む理由

重い責任も無く、働くスケジュールも自分で決められるため、正社員には無い気楽さにひたって何年もフリーターを続けるうちに、いつの間にかそのぬるま湯生活から抜け出せなくなるのがフリーターの厄介なところ。

そして、フリーターは、社員としての職歴が蓄積されないため、いずれ「詰む」と言われています。フリーターを続けていて、やがて詰む現象を調べてまとめました。

スポンサーリンク

フリーターってどうして詰むの?

フリーター将来詰む理由

40過ぎたらバイトなんて見つからんだろう。
土方系もある程度スキル無いとおっさんなんか雇わんし。

マジレスすると保険ないから体壊したら終わりだし
40超えるとバイト切られてどれも受からなくなって詰む
人並みの人生送る上で雇用の安定と貯金含めての保険は必須

バイトってのは基本的に肉体労働だ
知恵が付いて体力の衰えた40台50台の奴らと
騙しやすく何でも馬鹿正直に従う20歳付近
経営者として後者を選ぶことは考えるまでもない
つまり前者は採用されない状態が続くので詰む
ゲーム終盤でショートソードが宝箱に入ってる状態だよ

フリーター余裕だろって奴は30代後半からじわじわと体にガタがくる恐ろしさをしらない

バイトも正社員もやってることは大して変わらん。
けど、給料が違いすぎる。
バイトしたことあるなら、一度就活して正社員やってみれば?
選ぶ業界・会社さえ間違えなければ、正社員は思った以上に楽。
30代・40代にもなれば、バイトと似たような仕事してても
バイトの3倍4倍以上の給料もらえるんだから、バイト選ぶ意味が分からん。

非正規派遣や契約社員の低年収と不安定さが酷すぎて未来が狭い
年収や安定性や待遇など、いろいろな点で正社員よりも見劣りしてしまう「非正規」。25歳から34歳の若者の約4割が非正規という、...

俺も40までフリーターだったけどバイトはまじで雇ってくれなくなるよ
貯めた金で大型2種とってバスの運転手なんとか採用されて今までバイトしてたのが
あほらしくなるくらい安定して心に余裕できた
バス会社じゃ40ならまだまだ若手だから働きやすいな
バイトで一回りも若い奴にこきつかわれて説教されたりしたときはまじでみじめで死にたかった




スポンサーリンク




確かにハロワ行っても全て「要経験」になってて、最初の経験値はどこでかせぐの?ってなるのはわかる。
RPGで言うと城の外がいきなりドラゴンだらけ

厳密には一生フリーターだと詰むんじゃなくて
時給制だと体力落ちると昔のようには稼げなくなるから詰むが正解だな

一生フリーターで人生詰まないが
一生フリーターって前提が間違ってる
30以降徐々にバイトすらありつけなくなるから
一生のうち後半は無職であってフリーターじゃない

非正規が不安定さを理由に彼女と相手親から結婚を断られる現象
非正規雇用者が増え続け、正社員だって簡単にリストラされる現代。シャープや東芝のような大企業でさえ、まさかの経営危機におちいる...

フリーターは高齢になったらクビだよな
それなら正社員の方が保証はあるな

ずっと同じ単価で人生の時間を切り売りする人生。
全てのリスクは自分持ち。老い、病、怪我、どれか一つでジエンド。
社畜以上のプレッシャーに胸が熱くなるな。



スポンサーリンク



フリーター…バイトで収入を得て暮らす人&正社員就職の方法
正社員や派遣社員のように会社勤めをせず、アルバイトをして生計を立てる「フリーター」。不安定な人生設計といわれ、以前は避けられ...




フリーターがいずれ詰む理由

フリーター将来詰む理由

  1. ずっと働き続けても時給が上がらず、それでいて加齢とともに体力は衰えていくので、働ける時間が年々減っていき、必然的に年収が下がっていく
  2. 正社員では働いた年月と共に積み重なっていく職歴・スキルが、フリーターでは得られない
  3. 培ったスキルや雇用保障で、病気をしても守られている正社員に較べ、フリーターは身体一つが武器なので、何か深刻な病気や怪我をしてしまった時点で即ゲームオーバーの危険
  4. 高齢になると、そもそもバイトに採用してもらえなくなる

夢追い?やむを得ず?なぜフリーターはフリーターを続けるのか
世の中にはずっとフリーターでい続ける人もたくさんいますが、正社員や派遣社員よりも年収や待遇面で劣るフリーターに、どうしてずっ...

社会になじめない人を社会復帰させてくれるサービス

workrule1

ニートやフリーター、派遣社員のような非正規社員を、正社員になれるようにていねいに無料指導してくれる、社会になじめない人達に人気のサービス↓。実習期間中に10万円程度の支援金までもらえるので、ブログ管理人はココが良いと思っています。




フリーターのメンタルを粉砕する実戦兵器級コピペ集

フリーター将来詰む理由

俺たち小学校から高校までずっと一緒だったよな。
高卒後俺は就職、お前はフリーター
学歴社会の昨今「俺たちゃ負け組じゃねぇよな!がんばろうぜ!」ってよく鼓舞しあってたな…
25歳になった頃…俺も初めての役職に就いた日…嬉しくてすぐに連絡したよな…その時お前の言った言葉
「そんな普通な生き方楽しいか?」
俺は悲しくて頭に来て言ったよ「25でフリーターやってるお前にはわからねぇよ」
あの日から俺たちは連絡取らなくなって……もう14年か……お互い39なんてオッサンだな…
実は来年娘が中学生になるんだ。俺もそれなりの役職にステップアップしたよ。
お前はどうだ?……なんて聞かないよ……その身なりをみれば久々の訪問理由も想像つく…
何も聞かないさ…持っていけよ…普通の40歳の給料2ヶ月分は入ってるからさ…
「…スマン」お前の呟きも聞こえないふりをするよ…
さぁ帰ってくれ…金は返さないでいいから…家族に見られたくないんだ…
こんな姿の親友がいるなんて知られたくない…近所の目もある……
何度も振り返り頭を下げて小さくなっていくお前を見ながら思った
俺はいつから人目を気にするようになったのかな…親友を厄介者扱いするような人間になったのかな……
俺たちゃ負け組じゃねぇよな…がんばろうぜ…

なあ、お前と飲むときはいつも白木屋だな。
一番最初、お前と飲んだときからそうだったよな。
俺が貧乏浪人生で、お前が月20万稼ぐフリーターだったとき、 おごってもらったのが白木屋だったな。
「俺は、毎晩こういうところで飲み歩いてるぜ。金が余ってしょーがねーから」
お前はそういって笑ってたっけな。
俺が大学出て入社して初任給22万だったとき、 お前は月30万稼ぐんだって胸を張っていたよな。
「毎晩残業で休みもないけど、金がすごいんだ」 「バイトの後輩どもにこうして奢ってやって、言うこと聞かせるんだ」 「社長の息子も、バイトまとめている俺に頭上がらないんだぜ」 そういうことを目を輝かせて語っていたのも、白木屋だったな。
あれから十年たって今、こうして、たまにお前と飲むときもやっぱり白木屋だ。
ここ何年か、 こういう安い居酒屋に行くのはお前と一緒のときだけだ。 別に安い店が悪いというわけじゃないが、 ここの酒は色付の汚水みたいなもんだ。
油の悪い、不衛生な料理は、毒を食っているような気がしてならない。
なあ、別に女が居る店でなくたっていい。
もう少し金を出せば、こんな残飯でなくって、 本物の酒と食べ物を出す店を いくらでも知っているはずの年齢じゃないのか、俺たちは?
でも、今のお前を見ると、 お前がポケットから取り出すくしゃくしゃの千円札三枚を見ると、 俺はどうしても「もっといい店行こうぜ」って言えなくなるんだ。
お前が前のバイトクビになったの聞いたよ。
お前が体壊したのも知ってたよ。
新しく入ったバイト先で、一回りも歳の違う、 20代の若いフリーターの中に混じって、 使えない粗大ゴミ扱いされて、それでも必死に卑屈になってバイト続けているのもわかってる。
だけど、もういいだろ。
十年前と同じ白木屋で、十年前と同じ、努力もしない夢を語らないでくれ。
そんなのは、隣の席で浮かれているガキどもだけに許されるなぐさめなんだよ。

派遣社員やフリーターの非正規が仕事で感じる不安と憂鬱の声
現代は、お金持ちになることはおろか、そもそも正社員になることさえ苦労する時代。新卒時の就活が上手くいかなかったり、転職に失敗...

☆20代前半
Fラン大学卒業間近、まわりは正社員に就職出来た方が少なく、フリーターが多数というに環境に安心する
「不景気だから」「就職難だから」「これが普通だから」と自分に言い聞かせ納得する
フリーターもしくは派遣社員としてのスタートを「新社会人デビュー」「フレッシャーズ」と言い張る
零細企業で働いているに高校時代の友人より収入が多く、少し天狗になる
就職先を聞かれると迷わずバイト先の親会社の企業名を答える

☆20代後半
正社員雇用に関心を持ち始めるが、転職活動など具体的な事は何もしない
月収はそこまで差はないが、友人たちのボーナスの話がとても気になる
「まだ20代だから」「男は30代が勝負」とまだ余裕があるように自己暗示をかけ続ける
クルマなどの大きな買い物をするとき、ローンが通りにくいと気付く

☆30代
バイト先が20代が多くなってきて居づらくなってくる
バイトから正社員登用を密かに期待していたのに、店長から「そろそろどこかに就職しないの?」と言われショックを受け退職する
重い腰をあげて正社員を目指して就職活動するが、「10年間職歴無し」とみなされどこも受からない
友人たちは次々と役職に付き、結婚したりマンション買ったりしはじめる。が、式や新居に招待されることは無い
年収で友人たちと150万近くの差がつき、人生に不安を感じる

☆40代
転職、結婚、安定した将来、すべてが幻となった事にはっきり気付く
同じフリーター生活だった大学時代の友人たちが就職したり家業を継いだりという話を聞き、羨望と嫉妬と筋違いの怨恨の感情が芽生える
仕事の選択肢は夜勤と重労働ばかりの日雇い派遣労働しか残されておらず、それすら体力のある20代・30代に横取りされる

☆50代
もはや、人生のすべてを諦めた。日々を生きてゆくことが精一杯である
友人たちは子供が成人して一安心。老後の事が真剣に不安になってきた
高齢の為、派遣屋から仕事が来なくなってきた。やむなく遠方まで行く

☆60代
いざ路上へ・・・さらば人生

フリーターって年とると本当に悲惨だよ・・・
漏れ、正社員だけど趣味でバンドやってるんだが、
やっぱりバンドやってる人にはフリーターが多い。
若い頃はいい。
漏れも「レコード屋でバイトしながらバンドなんていい生活だなー」
なんて思ってたし。実際、フリーターの人達は、
社員の漏れなんかよりよっぽど自由で楽しそうだった。
ところがね、30になると「変わる」。ホントに。びびるよ。
漏れもそろそろ30になっちゃいそうな年齢なもんで、
30になっていったフリーターを結構見てきた。
「あんな明るいハイテンションの人がなんで?」
っていうくらい暗くなっていく。可愛い彼女がいた人も、
いつのまにか別れてる。無職率も増加(バイトがないわけでは無いが、やらない)。
そして見てて一番つらいのが、無理に大物ぶるんだよね。
脇から見てれば人気も無いのに歳くって居座ってるから扱いづらいだけなんだけど
(漏れも人気がないけど)。やってる人ならわかると思うけど、
あの落ち着いた、独特のスカしたような感じ・・・あれが痛々しくみえてくる。
漏れはバンドやりたいひとはガンガンいくらでもやればいいと思う。
ただし、計り知れないリスクが控えている事も心得て欲しい。
趣味でやる範囲だったら十分リーマンでも楽しめる。
社会批判して粋がってるのが様になるのは若いうちだけだとリアルに実感するよ・・・

やりたい事や夢にこだわりすぎて就職不能の夢見がちな現代人
就職にあたって、「やりたいこと」を見つけて、そのやりたいことと実在する職業とをすりあわせていくのが現代の就職活動の基本となっ...

ニート生活に終止符を打ちようやく見つけた仕事は、大型スーパーの園芸コーナーで時給850円のバイトだった
土や鉢などの荷物を運ぶ肉体作業がほとんどだが、コミュ力ゼロで人見知りの激しい俺には適した仕事だった
ある日一組の家族連れが車で買い物にきた。そのファミリーの父親は俺の中学時代の同級生だった
勉強もスポーツも出来ない暗いダメ男で、クラスで下の地位だった俺でも馬鹿にできる数少ない奴だった
その最底辺だった奴が地味だが優しそうな奥さんと5歳くらいの女の子を連れていた
なんでもマンションのベランダでガーデニングをしているらしい
「次は何植えよっか?」「チューリップ!」「パパは枝豆がいいなあ」「ダメ!」と楽しそうに話していた
俺は店長に「頭痛と吐き気がするのでちょっと休ませて下さい」と休憩をもらった
でも、それは仮病じゃなかった。本当に気持ち悪くなりトイレで少し吐いた


仕事カテゴリーネットサービスカテゴリー健康カテゴリー美容カテゴリー恋愛カテゴリー教育カテゴリー知識カテゴリーお楽しみカテゴリー漫画カテゴリー小説カテゴリーアニメカテゴリーゲームカテゴリー購入技カテゴリー住宅カテゴリー趣味カテゴリータグブログ内検索トップページ