その願いと妄想を漫画に起こせ!同人誌を作って売る事の苦楽

その願いと妄想を漫画に起こせ!同人誌を作って売る事の苦楽

同人漫画趣味作り方

コミックマーケットや、「アニメイト」「とらのあな」「まんだらけ」のようなアニメ系専門店で売られている同人誌は、同人漫画家の方々によって描かれています。

同人漫画を描くには、どのような苦労や楽しさがあるのか?同人漫画制作についてのあれこれを調べてまとめました。

スポンサーリンク

同人誌を描いて売るまでに必要なモノ

同人漫画趣味作り方

同人誌は一人からでも十分にできます。

何人かで集まって出す場合は、一人の遅れが致命傷。作業の限界時刻は守りましょう。

まずは申込書が1000円(冬コミの申込書は夏コミでしか買えません)。
そして①スペース代(1スペースが会議机半分の広さ+椅子2脚)で7500円+ゆうちょ手数料120円もしくはウェブ申込手数料1000~1500円。これは抽選に漏れたら7500円戻ってきます。
②コミケに出す「新刊」を最低1つ(「見本誌」として1部を提出する必要があります)
③作品を売り買いするのですから必ず十分な量のお釣り(お釣り用に必ず小銭を用意してください)
④徹夜をせずにマナーを守る理性と節度
この4つが最低必要です。スペースに必要な機材などは、自分で経験値を積んで調達してください。各サークルによって必要なものは異なるはずです。

イベントで同人誌を売るのに必要なアイテム

■布
スペースの机にひいて使います。ないと結構さびしい雰囲気に・・・

■POP
ポスター・お品書き・値札・サークルスペースナンバー

■棚
キッチンラック・折りたたみラックなど。
奥の領布物を立体的に見せる効果のほかに、下につり銭などが隠せます。

■コルクボード・ワイヤーネット
ラミカ・同人グッズを飾るのに。

同人作家…人気作品の二次創作同人誌等をコミケで出す創作者
夏と年末の冬の、年2回開催される「コミックマーケット」。同人誌販売イベントとしては世界最大で、1回開催につき何十万人もの消費...




同人誌を売るための色々な「場」

同人漫画趣味作り方

同人誌即売会

個人(個人サークル)や仲間同士のグループで結成した同人サークルが製作した同人誌を発表・頒布するイベントのこと。世界最大の同人誌即売会イベントの「コミックマーケット」が有名。

同人作品を発表し「頒布する(配布する/売る)」人は、「サークル参加者」といいます。

ネットで交流している方と対面する機会の場でもあります。

委託参加

「委託参加」 とは、
コミケなどの同人イベント で、抽選漏れなどで自分のサークルスペースが確保できなかった場合に、仲のよい知人や友人のサークルに自分の 同人誌などの作品、頒布物を委託するなどして (スペースである机の上の一部を間借りして並べさせてもらう)、参加することです。
単に 「委託」 とも呼びます。

一部の大規模イベントでは抽選漏れが頻発し、その救済措置として、委託参加専用のスペースをイベント側が独自に用意している場合もあります。

書店に委託しての販売や通販、ダウンロード販売

通販は当日イベントに来られない場合や買い逃した本があった時、わざわざ会場に足を運ぶのがめんどくさい場合によく利用されます。
主に通販サイトから注文し、数日後に発送されます。
送料や手数料がかかるので直接イベントで買うよりも割高になります。
最近では買ったその場ですぐ読める「ダウンロード販売」も増えてきています。

書店は同人誌をゆっくり鑑賞したり買い物をするにはうってつけの環境です。
仕事帰りにふらっと同人誌専門店に寄ってお買い物、、、
買うつもりはなかったのに気付けば何冊も!そんな事は少なくないはずです。
もちろん狙っていた本を買う場合もあり、イベントに足を運ぶことと比べれば、時間的なコストも交通費も安く済みます。
ジャンルごとに作品がまとまっているのも便利です。

漫画家になるには?漫画の仕事の苦楽を漫画業界人の声から解説
「夢のある仕事」の1つに必ずと言って良いほど挙げられる「漫画家」。漫画家はどのように漫画を制作していて、どのような種類の収入...
同人誌争奪戦にコスプレ!コミケにありがちな驚くべき現象集
年に2回、真夏と年末の冬に開催される世界最大の同人誌即売会コミックマーケット、通称コミケ。ブログ管理人も以前に友達といっしょ...

「たくさん売れるはず」と大量に刷るとだいたい爆死する

同人漫画趣味作り方

今まで同人活動をやった事がなく、買い専だった知人から相談のメッセきた。
「最初だし、1000部くらいでいいかなぁ?」
※備考
彼は絵を描いた事がほぼ無く、使うソフトもペイントのみ。(SAIを知らなかった)
私はどんなアドバイスをしたらいいんだろう。(死んだ目

さすがに1000部はピクシブとかで宣伝もしてないのにきついと思うよ。コピーで最初は様子見したらどうかなぁ?とやんわり伝える私に対し、
「俺が売れるようになっちゃうの悔しいん?w別にそんくらいで俺は友達やめないしさぁw」
って言われておこ!!!

あとで!恨み言を!言われたく!ないから!先に!やめといたほうが!って!言っただけなのに!この!仕打ち!!!!!

【私がビンタをしてやりたいと思った発言(過去1時間以内】
・コミケで誕席(※会場の壁際以外のサークルスペースで、机が四角く並べられた場所(通称「島」)の、両端の事)になればそこそこいけるっしょ
・艦これだし1000部とか余裕でしょ
・コピーってそれ本って言わないだろwww
・まあ俺結構なんでも器用にこなせるし?
・むしろ50部とかでちまちま売るの性に合わないんだよね

【私がビンタをしてやりたいと思った発言その2(過去1時間以内】
・ていうか寺田ちゃん(←今まで寺田さん呼びだった)はさぁ、俺が売れるの悔しいからそうやってコピーとかすすめるんでしょ?w
・俺今売れる気しかしないんだよね
・てか50部とかで完売って言うのとか恥ずかしくないんかな?w



スポンサーリンク



【私がビンタをしてやりたいと思った発言その3(過去1時間以内】
・◎◎(某大手男性向けサークルさん)とかにゲスト頼むって手もあるし(←ただしツテはない模様)
・まあ壁になったら寺田ちゃんをアシに使ってやるからさw
・今年じゅうは無理でも来年は壁狙いたいわ
・夕張とか売れねーべw

【私がビンタをしてやりたいと思った発言その4(過去1時間以内】
・島風でエ口とか出しておけば余裕じゃんww
・あーでも金剛とかも人気?え?だからwwww夕張とかいいってwwww売れねーもんww
・ピクシブは俺の事評価する気ゼロだし(彼の絵の閲覧数は2ケタらしい)

同人漫画趣味作り方

印刷費がどれくらいかかるのか

1000部本文32p価格おおよそ
表紙フルカラー別紙(36p)67000円
表紙モノクロ別紙(36p)58000円
表紙共紙フルカラー(32p)58500円
表紙共紙モノクロ(32p)46500円

価格出して見たけどPPとか装丁と今紙の値上げあるのでこの限りじゃないですん

1000部刷って12万か。
つまり一冊500円なら240部で一応ペイできるのか。
交通費、運搬費、諸々の費用はいくらかかるか分からないからなんとも言えないけど仮に3万くらいと仮定すれば、300部ってことか。

コスプレ…衣装を買ったり自作して漫画やアニメのキャラに変身
好きな漫画やアニメやゲームのキャラクターの服を購入したり自作して、そのキャラクターになりきって遊ぶ「コスプレ」。オタク分野の...

同人誌はなかなか売れないのが現実

dojincomic3

同人誌即売会で売れた同人誌は「300冊未満」が90%、30冊未満が47%──イラストや漫画を描いている人にアンケート調査した「絵師白書2010」で、こんな結果が出た。

調査の結果、半数が30冊未満の「ピコ手」だということが判明。

だからこそ、大部数が捌ける大手は夢であり目標です。

同人が本当に儲かるのか(遠征イベントの場合) サークル参加費:約8000円 交通費:約40000円 宿泊費[2泊3日]:10000円 印刷費[24ページ100部]:約20000円 合計78000円 全部300円で売れた場合 +30000円 雀の涙

同人漫画趣味作り方

売れる同人誌を描くための鉄則

・需要があるジャンルを選ぶ
・WEBを中心に活動する
・自分のレベルでも勝てそうなフィールド(ジャンル、客層)を開拓する

同人誌を制作・販売して楽しいことは

  1. サークルの仲間や、そのジャンルを好きな客と喜びを共有できる
  2. 同人界で有名になれる可能性がある
  3. 儲けになる(しかし、同人漫画販売一本で生活していくのは至難)
  4. イベントのお祭り騒ぎに参加できて、みんなと一緒に自分も祭りを盛り上げる楽しさ

プロの証明である4つの特徴とアマの3つの欠点がわかつ決定的差
お金を受け取る仕事として事に当たるプロと、プロになりたいけれど趣味レベルにとどまってしまうアマチュアは、どのような差があるの...
夢破れて沈下…売れなくなって消えた漫画家の末路が恐すぎる
今をときめく漫画家の作品ばかりを選んで読んでいるブログ管理人ですが、そういったごく一部の華やかな成功を収めている漫画家の陰に...




商業漫画家になれず同人漫画作家で一生を閉じそうな悲しい話

dojincomic5

→漫画家になれなかった友達の末路

主人公は名だたる有名漫画家に憧れ、自らもそうなりたいと漫画を描きはじめた一人の少女。

日夜、原稿制作に励みますが、10年間という月日はあっという間に流れ、画力は上がったものの絵柄は流行遅れ。

生活費を稼ぐために絵が上手くてエ口いものを描けば売れるという同人誌で稼ぐという展開に。

その後、自分より下手でつまらない漫画の単行本は本屋に置かれているのに、漫画家デビューできずバイトやアシスタントをこなすという漫画家志望者のリアルな現状が描かれます。





仕事カテゴリーネットサービスカテゴリー健康カテゴリー美容カテゴリー恋愛カテゴリー教育カテゴリー知識カテゴリーお楽しみカテゴリー漫画カテゴリー小説カテゴリーアニメカテゴリーゲームカテゴリー購入技カテゴリー住宅カテゴリー趣味カテゴリータグブログ内検索トップページ