オタサーの姫が1人の善良なギャルによって全てを失う話が面白い

オタサーの姫が1人の善良なギャルによって全てを失う話が面白い

otagal8

男ばかりのオタク系サークル(通称にして略称「オタサー」)に、紅一点の女性として加入し、サークルの姫となって君臨して美味しい思いをする女性を「オタサーの姫」と呼びます。

ブログ管理人は前々から、オタサーの姫がネタ的存在として好きなのですが、それに加えてもう一つ、オタク達が「ギャル」に対して妙な好印象・良い子であるはずという信仰を抱いているのも興味があって、オタサーの姫が支配するオタク系サークルが、1人の善良なギャルの加入によって変化し、オタサーの姫が窮地に追い詰められる、という話をネットで見つけました。読み物として面白いのはもちろん、オタサー・オタサーの姫・ギャルに対するオタク達の謎の好印象の理由など、もろもろの周辺知識も得られる価値の高い文章なので、読みやすいように編集してまとめました。

スポンサーリンク

お話のあらすじ

オタサーの姫ギャル

入ったオタサーに姫がいた
姫様は大層調子に乗っておられた。男どもを家来のようにしておった。

友人の彼女は、オタクにも優しい、というか誰にでも明るく話しかけるタイプのギャル。化粧濃いめ。
そのギャルを、体験入部としてオタサーに投入してみた。

始めはオタク達もギャルを恐れてオドオドしていた。
でもギャル子から「ねー!このフィギュア凄くね!?細かくね!?いくらすんの!?」
「アニメの女の子皆目おっきー うらやましー」「アタシおじゃ魔女見てたよw」とか話しかけて、すぐにオタク達と打ち解ける。
姫にも話しかけてたんだけど、姫様は「あ、あう」「そ、そうですね」「ははは」的な、今まで見たことないような顔の引きつり方。
で、ギャル子が「うちの歓迎会開いてよ! 飲も飲も!」的な提案があり、
皆から「おめぇが提案すんのかよw」と総ツッコミされながら飲み会の計画が立つ。
飲み会当日、皆でギャル子を中心に「今度俺たちに美容院の使い方教えて!( 軽く議論になるぐらいに「美容院の使い方」って謎なんだよ、オタクにとって )」とか盛り上がってたら
姫が壊れた。

当ブログでのもう一つのオタサーの姫特集ページは↓からどうぞ。

オタサーの姫…オタク達にみつがれてちやほやされる女の解説
「オタサーの姫」という言葉をネット上でよく見かけます。笑いと哀愁の二つが同時にこみ上げてくる絶妙のネーミングに、がぜん興味を...

この話でのオタサーの姫のスペック

オタサーの姫ギャル

  • なんだろう
    黒髪ロングで目が垂れ目気味で、鼻が横に広い。唇はいつもピンクでツヤツヤに塗ってる
    たまにツインテールにすることも
  • ほとんど全員に「私、男のひと苦手だけど。。。○○君と一緒にいると安心する。。。」って言ってたぽい

この話でのギャル子のスペック

オタサーの姫ギャル

  • ギャル子ちゃん、美人とはいえないかもしれないけど十分可愛い+メイクばっちりだから、
    姫と並ぶと顔面格差がはっきり出ちゃうんだよな・・・
    (今までオタサーの姫を崇拝していた)誰かが「魔法が解けたようだ」ってボソッと言ってたのが印象的だった
  • 俺含め、オタクの会話は基本的に気持ち悪いぞ
    それにも笑顔で会話してくれるギャル子ちゃんはケバい天使やぞ
  • ギャル子は(オタサーにギャルを投入してみる実験の)事情知らないよ
    俺が「オタサークルって楽しいよ! 体験入部してみなよ!」って誘った

姫プレイ…ネトゲで女回復職になりちやほや&アイテムゲット
パソコン用オンラインゲームのようなディープなゲームプレイヤーばかりが集まる世界では、女性プレイヤーは非常に稀少で貴重な存在で...




ギャル子の歓迎会でギャル子がちやほやされまくる

オタサーの姫ギャル

ギャル、初っ端から盛り上がる
皆もそのテンションにつられてどんどん飲む。どんどん盛り上がる
姫、だんまり。(いつもの飲み会(お茶会と呼んでたそうだが)では、皆が姫に料理を取り分けたり飲み物持って来たりする)
A君「ギャルって怖いイメージあったけど、ギャル子ちゃんと出会って偏見なくなった!」
B君「ギャル子ちゃんがうちのサークル入ってくれたら絶対楽しいのに!」
C君「今度服の選び方教えてください。お願いします」
ギャル「店員さんに予算言って、マネキン指さしてあんな感じで!って言えばいーよ!」
皆「なるほどー」

姫、終始無言。

ちなみにオタメン(男)は7人ぐらいいる。

ギャル子「え、てか皆彼女いないの?」
A「彼女いたことないよー」
B「いない歴=年齢です」




スポンサーリンク





C「彼女いないけど画面から出てこないんですよw」
その他「ドゥフフフw」「出たコレw定番ネタw」「いや今は3Dもあるしw」「ドゥフフフw」
ギャル子「えーみんな絶対彼女できるのにー」
D「えームリムリw」
ギャル子「好きな子いないの? 告ったらいいじゃん!」
E「告るとか無理ゲーw」
F「告られたら迷惑がられるw」
ギャル子「えー? 皆だってさー告られたら嬉しいっしょ? 女の子だって嬉しいから!」
皆「おー」 「そうなのかー」 「ふむー」

姫、終始無言。

A「ねーねーギャル子ちゃんの彼氏ってどんな人?ホスト?」
B「ギャル子ちゃんって猫派?犬派?」
皆「ギャル子ちゃんギャル子ちゃん」
ギャル「はいはい皆ーウチは一人だからねー順番じゅんばーん」
C「うーんムニャムニャ」
ギャル子「大丈夫? 店員さーん!お水くださーい!」
D「あっ」 ガチャン
ギャル子「大丈夫? おしぼりおしぼり」 サッサッ
皆「ギャル子ちゃんギャル子ちゃん」
あの時皆とりこになっていたと思う。

姫、終始無言。

あの時、皆なんか薄々正気に戻っていったんだと思う。
「あれ? もしかして俺たち、あんまり可愛くなくて性格良くない女を姫扱いしてきたんじゃないか?」と。
実際、ルックスはギャル子ちゃんの方が上だし、よく気が付く性格で周りにも気を配ってるし、
何より全然偉そうにしないで皆に明るく話しかける気立ての良さ。
これこそが女子力なんじゃないか?と。

今までサツマイモしか無かった村に、初めてメロンがやってきた、みたいな感覚だったと思う。

higanjima16

ところが、姫はやはり姫としての立ち位置を守ろうとしたんだと思う。
姫はおっしゃった。
「ぁたし。。。喉がかわいちゃったな。。。」と

後からメンに聞いた話だが、その台詞は「皆で姫が飲みたい飲み物を協議して、注文して、姫の口に合ったら、姫の機嫌がよくなる」
というゲームの合図みたいなもんらしい

書いてる俺も良く分からんから質問は受け付けない。

姫「ぁたし。。。喉がかわいちゃったな。。。」

A「いやー世間の目は厳しいですよー」
B「オタクっていうだけで偏見の目で見られますよー」
ギャル子「あーそれギャルも同じかもー」
C「ほんとですか。 そういえば僕たちもギャルに偏見持ってたなぁ(※ファッション能力に長け、恋愛の百戦錬磨のギャル達に対し、非モテのオタク達は警戒心を抱いているが、実はギャルはオタクにも分け隔て無く気さくに話しかけてくる事が多い。こういうギャップや、意外な体験が、オタクがギャルを高評価している事につながっている)
ギャル子「高校んとき、ギャルってだけでエン/コーしてんでしょーとか言われたからね」
E「オタクってだけで口リコンだと思われたりします・・・」
ギャル子「あー似てる似てるー」
F「オタクとギャルって同じ悩み持ってたんですなぁ」
皆「ワイワイ」 「ガヤガヤ」

姫「・・・」

姫「ぁたし。。。喉がかわいちゃったな。。。」

ギャル子「! あ、姫子ちゃん飲み物いるの? はい、メニュー!」

ギャルが笑顔でドリンクメニューを差し出した。
それが不味かった。
姫様のゲーム?の邪魔をしてしまったのだ。
姫様のお堪忍袋がおブチ切れになってしまわれた。

サークルクラッシャー…恋愛でバンド・ギルドを崩壊させる女
それまで男のみで構成されていた音楽のバンドグループに女性が一人だけ加わると、そう遠くないうちにそのバンドは崩壊する…。これは...
かわいい×かっこいいは正義!乙女ゲームが愛される4つの理由
ちょっとドジで頑張り屋のかわいい女主人公が、いろいろなタイプの魅力的なイケメンと恋愛をするストーリーの「乙女ゲーム」。 ...

精神ダメージが蓄積し、ついに姫が発狂モードへ

アイカツシュールネタ画像

「ンモオオオオオオオオオオォォオォォォ!!!」 ガッチャーン!

牛が暴れたみたいだった。
最初は何が起こったのか分からなかった。
音のした方を見ると、牛みたいに鼻息フゴーフゴーしてる姫が仁王立ちしてた。
太い足で生地がうすーく伸びたニーソックスでガニ股立ちしてたのが印象的だった。
ギャル子「姫子ちゃん酔っちゃったー? でも今はお店だから、カラオケで叫ぼうねー」
割と冷静なギャル子。さすが、飲み会の経験値が高い。

「ア゙ン゙ダね゙え゙え゙え゙え゙えええええ!!」
「ア゙ン゙ダの゙せいでえ゙え゙え゙え゙えええええええ!!!」



スポンサーリンク



ギャル子「???」

俺たち「ワーワー どうしよどうしよ 怖いよー ひえぇ」 おろおろおろおろ

牛「ン゙モ゙オ゙ォ゙ォ゙ォォォオ゙ォ゙!!! ア゙ン゙ダが来たせいでぇぇぇぇ!!!」
牛「全部台無しよ゙ぉ゙ぉぉおぉぉお!!」

ギャル子「??  ???」
俺「まあまあ、そこら辺にしようぜ」
牛「ア゙ン゙ダが連れてぎだんでじょおおおおおおおおお!!!!」
俺「ハイ」
ギャル子「ねえ! ちょっと声大きいってば!」
一旦お会計して外に。
そして皆で店の入り口からちょっと離れたところへ。
ギャル子「姫子ちゃん大丈夫? はいお水」
姫「・・・・・辞めてよ」
ギャル子「え?」
姫「辞めろっつってんだよ!!!!!サークル辞めろや!!!ブ.ス!!!!」

皆ドン引きだった。
どう考えてもお前の方がブ.スだろと。

ダメ人間無職ニート名言

お姫様のお言葉は続いた。
姫「いい加減にしろや!!!!今まで見逃してやったけどな!!!ムカつくんだよ!!!!」
姫「てめぇが来てからな!!! 全部な!!!! てめぇ!!!」
姫「あたしの!!! あたしのサークルに来てんじゃねぇよ!!!」
ギャル子「・・・? ごめん、よく分かんない・・・」
牛「ン゙モ゙オ゙オ゙オ゙オ゙オ゙オ゙オ゙オ゙オオオオォォォオオオオォォオオ!!!!!!!!!」

俺たちオタクは3mぐらい離れて見守っていた。

姫「てめぇぇ!!!あたしのサークルにな!!てめぇがな!!」
姫「勝手に入って来てな!! しゃしゃってんじゃねーぞ!!!」
ギャル子「勝手に入ってないし!体験入部届け書いたし! あんたのサークルじゃなくて皆のサークルじゃん!」
姫「んびゃあああああぁぁああオ゙オ゙ォ゙ォオオォ!!!」
ギャル子「急にキレ出して意味わかんない!」
姫「はああああああああああああああ!!?」

俺たち(やめろよ!!!)(二人とも落ち着けって!!)(ったく、冷静に話し合えよ!)

姫「あんた本当頭悪いんだねww やっぱギャルって頭スカスカなんだw 死ねば?」
ギャル子「は?」 ←半ギレ
俺(ヤバい)
俺「あのさ」
姫「あ?」
俺(いい加減にしろって言ってんだろ!!)
ギャル子「まず何怒ってんの? うち何かした?」
姫「は?w まだ分かんないの? アンタみたいなビ○チなぁ、うちのサークルには迷惑なんだよ!!!」
姫「どう見ても浮いてんだろうが!!見てわかんないの?w お前がいるとオタクの空気壊れるんだよw」
ギャル子「・・・・」
姫「皆迷惑してんだよ!!!」
ギャル子「そ、そうなんだ・・・」

higanjima2

素直なギャル子は姫の言葉を信じ、少し泣きそうになっていた。
俺(おい)
俺(さっきから黙って聞いてりゃ、何勝手なことばっかり言ってやがる)
俺(皆が迷惑? どこがだ!! 皆ギャル子ちゃんのこと好きなんだよ!!!)
俺(いらねぇのはてめぇだ牛女!!!!!)

A「・・・そんなことないよ」
俺「え?」
姫「は?」
ギャル子「!」

A「お、俺・・・ギャル子ちゃんが入ってから楽しかった、よ・・・」 おどおど

オタサーの姫のこれまでの悪行がいよいよ明るみに出る

オタサーの姫ギャル

B「ぼ、僕も楽しかった・・・」
C「話してて楽しかったよ・・・」
D「ぼくたちが知らないことも教えてくれるし・・・」
E「ギャル子ちゃんを迷惑だなんて思ったことはないよ・・・」
俺「そうだそうだ」




スポンサーリンク





姫「・・・・っ・・・・」
姫がうつむいて歯を食いしばっている顔はとても怖かった。

ギャル子「・・・」
ギャル子は困ったように黙っていた。
ギャル子は完全に、オタクの汚い争いに巻き込まれた形・・・つまりは被害者だ。
野良犬に噛まれたようなものだ。

姫「っ・・・とにかくこのビ○チのせいで私たちのサークルが・・・・ふえぇ」
急に泣く素振りを見せる姫。
が、俺は「ビ○チ」の言葉がツボにはまり「ブフォww」と噴き出してしまった。

姫「は? 何笑ってんの?」 ←睨む目が怖った
俺「ごめんwwだってww○○さんがビ○チてwwwブホォww」
姫「何がおかしいんだよ!!!!」
俺「だってメンバー全員に『君が好き』って言ってる奴が「ビ○チ」てwww」
A「え?」
B「へ?」
C「は?」
俺(やばい)

姫「・・・」
俺「・・・」
姫「・・・・・」
俺「・・・ごめ」
姫「ン゙ンン゙ン゙ン゙ンモ゙オ゙オ゙オ゙オ゙オ゙オ゙オオオォ゙ォ゙オ゙オ゙オ!!!!!」
姫「あだじ言ってないがら゙あ゙あ゙あ゙あああ」
姫「言ってないもん゙ん゙ん゙ん゙ん゙ん゙ん゙!!!」

otagal7

ギャル子「・・・」
ギャル子はずっと居心地が悪そうだった。

もう完全に、部外者兼被害者、みたいな一番可哀想な立場だった。
運悪く事故に巻き込まれたようなものだ。 俺は内心同情していた。

姫「あたしそんな女じゃないもん~」 グスグス
姫は泣きに入るのが早い。
なぜならオタクは女の涙にめちゃくちゃ弱いからだ。軽くパニクるぐらいに。

皆「な、泣かないでよ姫子さん」「信じるよ、信じるから!」「みんな姫子のこと信じてるから」
姫「・・・ほんと?」
皆「ほんとほんと」
姫「みんな信じてくれりゅ?」
皆「うん、信じる信じる」
姫「ぁたしのこと。。。嫌ぃにならなぃ。。。?」
A「大丈夫、みんな姫子さんのこと信じてるよ」
B「うん、みんな信じてるし、姫さんのこと嫌ってないよ」
C「姫子さんはサークルに必要な人だよ」
姫「みんな。。。ぁりがとぅ。。。みんなのこと、大好きだょ。。。みんな同じくらいだーぃすき」
俺「え? でもAが告られたって」
姫「ン゙ン゙ン゙ン゙ン゙ン゙ン゙!!!!!!!!」

B「え? 待って、俺も好きだって言われたよ」
C「は?」
ざわざわ  ざわざわ
姫「・・・」
E「いや・・・ていうかさっきギャル子ちゃんに怒鳴ってたの見て、完全に引いたわ・・・」
F「うん・・・怖かった・・・」
姫「いや、あれは・・・・」
A「確かに・・・」
B「てか、ビ○チって自分じゃん・・・」
B「・・・『小さい頃から男性恐怖症だけど、B君の傍にいるとお胸がキュンキュンするの』って言った癖に・・・」
C「あ、それ俺も言われた・・・」
姫「ちが・・・・これは・・・」

姫は急に押し黙ると、急に背中にからっていたウサギのぬいぐるみのリュックサックを手につかんだ。
そしてギャル子ちゃんに殴りかかったのだ。

ギャル子「キャッ!?」

俺(やめろよ!!!!!!!!!!)

A「何してんだ!」

慌てて俺たちが止めに入り、顔をグチャグチャにして泣き怒り状態の姫子を引きはがした。
姫「あ゙ああ゙あ゙あ゙あ゙あ゙ぁ゙あ゙゙あああああ!!!」

俺たちは無理やり姫を通りまで引きずって、タクシーに押し込んだ。

そこからは急激にテンションが落ち着いた。
皆冷静さを取り戻していた。

その場で解散。
後味は良くなかったが、皆「目が覚めた」感じは確かにあった。

ギャル子が別れ際、ボソッと「サークル・・・いられないなぁ・・・」って悲しそうに呟いていた。
俺は巻き込んだことを心の底から反省した。
後日土下座したら笑って許してくれた。
「元々時間的に無理だしw」って言ってたが、俺たちを気遣っての台詞なんだろう。
ギャルの彼氏(友人)からはチョップされた。




その後、オタサーの姫はサークルで失脚、メンヘラ化

オタサーの姫ギャル

ギャルがバイト忙しくなっちゃって、あと彼氏と一緒にいる時間が減る!って言って入部は流れちゃったけどね
飲み会の帰り、ギャルは彼氏(俺の友人)の車に乗って帰って行った
オタメンバー皆で手振って見送ったよ

あれから姫のツイッターが病みまくってるからメンヘラ化してんじゃねーの 知らんけど
姫子はあれからツイッターでメンヘラ発言を繰り返している。
「世界が壊れた」
「王宮を追い出され荒野を彷徨う私」
「何も怖くない」
あと何かの紙に赤いペンでぐちゃぐちゃに落書きした?写真うpしてた
誰も反応してなかったけど
これからはオタクの心を弄ぶようなことはしないでほしいと思う。
ちなみに、お姫様はオタメンバーからは完全にスルーされているが、
ツイッターでは3人の熱心なフォロワーとつながっている。
それぞれ県外の男のようだが、医者と声優と学生で、そこそこイケメンらしい。

ソーシャルゲーム利用者

皆、お姫様に「大丈夫?」「元気?」「俺たちがついてるからね」とお姫様を励ましている。
そのおかげか、最近大学で見かける姫様も、前よりは幾分元気なように思える。
このまま皆が平和に暮らしていってくれたらいいなと思う。
ちなみに3人のフォロワーは全部俺の偽垢だ。
このスレを読んでいる皆。サークル活動は平和に楽しんでくれ。
聞いてくれてありがとうございました。





仕事カテゴリーネットサービスカテゴリー健康カテゴリー美容カテゴリー恋愛カテゴリー教育カテゴリー知識カテゴリーお楽しみカテゴリー漫画カテゴリー小説カテゴリーアニメカテゴリーゲームカテゴリー購入技カテゴリー住宅カテゴリー趣味カテゴリータグブログ内検索トップページ