安全で安心な質の高い中学校で子どもを学ばせる中学受験の魅力

cyugakujuken2

まだ心身共に幼い小学生に受験競争を強いることや、私立中学校の学費の高さなど、たしかにリスクはあるものの、劣悪な学習環境の「公立中学」を回避して大事な子どもに高品質な学生生活を与えてあげられる、というのは魅力的です。

中学受験って、どうなの?という疑問と答えを調べてまとめました。

スポンサーリンク

中学受験には親の協力と塾通いが不可欠

cyugakujuken1

中学受験は「親子の受験」と言われているとおり、保護者の協力なくては成り立ちません。最近では、お父さんが積極的に関与するご家庭も増えてきましたが、 浜学園で、中学受験をしたご家庭へのアンケート調査をしたところ、約6割のご家庭でお母さんが通塾する塾を決定していました。

最難関・難関校に多くの合格者を出す大手進学塾には、優秀な講師陣がそろっていて受験情報も豊富です。しかし「合格実績の優れている大手進学塾」が「わが子に合う塾」とは限りません。

競争をゲーム感覚で楽しめる子、クラスの友達と一緒に合格しようとがんばる子、講師に自発的に質問に行くような子は大手進学塾で大丈夫です。しかし、プライドが高く、下位クラスに下がるとモチベーションまで下がってしまうタイプの子の場合は、むしろ地元の中堅塾が適していることもあります。

不良やいじめなど公立中学の4大問題点と私立中学のススメ
単刀直入に言って、公立中学の教育環境には大きな問題があります。入学の敷居の低さから低レベルの学力や品性が劣った子どもが大量に...




中学受験をして稀少な中学へ入る事のメリット

アダルトチルドレン特徴症状

学習内容
大学の付属校では、関連校との交流が盛んに行われるため、高度な研究内容にじかに接する機会が多く、また大学の学部への将来的な進学を念頭において専門的な進路を生徒に意識させる学習と教育を行うところもある。




スポンサーリンク





特に私立の多くの中高一貫校では、長年在籍する教師たちによって継続的な大学受験へのノウハウが学校単位で蓄積されており、大学受験に必要な知識・テクニックを時間を掛けて習得し醸成できる。

クラブ活動
公立中学校では、クラブ活動が予算・設備の都合や指導者の異動によって消滅することが珍しくないなど、クラブ活動が安定しないという問題点がある。また、中長期的視点のみならず、生徒の在学する3年の期間の間ですら、指導者の移動による交替をきっかけに、強豪として知られた学校が消滅こそしなくても弱体化してしまうなどといったことは往々に起きる。設備についてもグラウンドなどを多くの部活動で共用しているため、強豪校として知られる学校であっても練習時間に厳しい制約がつきまとうことも多い。
公立中学校では予算面や設備面の都合から殆ど設置されていないクラブでも、私立中学校では特定の競技を専門的な指導のもとに継続して続けられたり、文化系を重視する学校では公立校には見られないような多種多様なクラブを選択でき、それぞれが活発に活動していることも多いという点があげられる。
また、中高一貫校では公立中学校に存在する高校受験の壁に左右されず、中学と高校の部活動が一体化している事も多く、同一のクラブで専門的かつ長期に継続できるという利点がある。

高校への内部進学
入学試験がある中学校の大部分が中高一貫校で中高一貫教育が実施されている。そのため、公立中学から公立高校へ進学する際に大きな影響がある内申書や内申点を気にすることなく、内部進学制度を利用した無試験制度、あるいは外部入試よりも簡単な試験で進学でき、高校受験の負担を考える必要が無くなるというメリットがある。
なお、国立中高一貫校でも多くが高校まで内部進学可能であるが、国立中学は高校を併設しておらず高校受験が必要となる場合も多い。ただし、内部進学については連携型一貫校ではこの限りではなく、全員が進学できるわけではない。この点はかなり大きな判断材料である。例えば、女子しか内部進学できない国立中学校では入学偏差値が女子の方が10以上高い(=人気が高い)という例があり、このことからみても高校受験が不要になるという要素は魅力的に見られていると分かる。ただし、近年は高校入試の改革が進み、公立学校にも内申書・内申点に比重を置かない入試形態が増えており、一概なことは言えなくなっている。

大学への内部進学
多くの私立大学附属校では高校への内部進学のみならず、高校でも一定の成績を確実に修めて成績上位に入れば、大学受験をせずに大学までエスカレーター式に内部進学できるというメリットがある。
一方、国立大学附属校は大学教育学部の付属研究施設という位置づけのため、現在までのところ大学まで内部進学できる制度はなく、付属校を卒業しても大学入試センター試験と2次試験を受ける義務が生じる(公立中高一貫校新設のため変更案あり)。

大学受験を制して難関大学に合格した高学歴達の勉強方法の解説
非常に多くの受験生達の憧れであり、知名度・ステータス共に抜群、卒業したあかつきには高給で好待遇な有名企業にも簡単に入れる「高...


スポンサーリンク



親自らが勉強しよう!高学歴親の学習塾や英会話で教育成功例
たとえ両親が高学歴で、良い仕事に就いていて教育資金も潤沢であっても、子どもの教育に失敗してしまうケースは珍しくありません。エ...

中学受験は「公立中学」を避ける意義が大きい

事故物件幽霊心霊現象

地元学区の公立中学校について、校内暴力やいじめが横行するなど荒廃著しい教育困難校の状態に陥っている場合には、中等教育学校や私立中学校への受験と進学は、家庭を挙げての転居などを行うことなく、その様な劣悪な環境を回避するためにできる数少ない選択肢の1つである。保護者の視点で見た場合、地元学区の荒廃している中学校に入った子供が周囲に唆されて非行に走った挙句に人生を狂わされたり、あるいはいじめにあって自殺に追い込まれるなど、家庭を破壊されるリスクを未然に防ぐための手段になる。総じて中等教育学校や私立中学校の校則は厳しく生徒には自律が求められ、問題ある生徒に対しては停学や退学などの懲戒もあるため、生徒の非行は少ない傾向にある。

公立中学の危険さを示唆する言葉

ゲームとかは兎も角絶対今は私立に入れた方が良い
本気でおかしくなってるぞ公立小中学校
出来ない子に合わすからな
んで出来ない子が増えてる
子供の貧困率が洒落にならなくなってきてるから当然なんだけど
その子達も被害者だとは思うが

教育意識も教育資金も足りず子に格差が連鎖する貧困家庭の教育
子どもはまだ世の中の事が右も左も分からない状態なので、その子どもを正しく指導できる大人や優れた教育環境の有無が、その子どもの...

大人になった今考えるとすごいよね
頭からっぽのイキった猿やゴミたちが主導権を握る世界w
逆に、子供ながらも分別のある真面目な生徒が
肩身の狭い思いするってありえないわ
風の噂で聞くが
案の定ゴミは、大人になってもゴミみたいに生きてるねw
今にして思えば人生であそこまで狂った場所はなかったな
なんでこれが警察沙汰にならないんだってことが毎日当たり前に起こっていた

公立中だと、クラスに一人はガチ底辺がいる。社会勉強にはなるかもしれない。霞ヶ関や裁判所に就職する人には、どこかで公立校に在籍して、ガチ底辺を間近に見てもらいたい。
ただ、かなりの美形の女の子の場合は、公立中には絶対に進学させないようにすべきだね。大人顔負けの女好きのDQNが必ずいて、傷.物にされる上に貞.操観念歪められるから。

いろいろな人に会うことは必要だって?あんな連中には会わない方が良かったと断言出来る。
ガチなDQN中学はヤンキー共が授業中に騒いでるからまともに授業が受けられないんだよ。前の席で真面目に授業を聞こうもんならヤンキー共から野次られ、虐められる。
先生達はヤンキーに媚ってるし、怒られるのは真面目な生徒ばかり。生徒がお金をたかられようが、暴力を受けようが先生達は見て見ぬふり。「このDQN地域に住むバカな生徒ども」扱いだよ。おまけに左遷されたような変な先生ばっかり赴任してくるしね。あの中学はどこよりも理不尽な場所だったよ。

強制退学システムがあるかどうかの差はやっぱりでかいわ
公立だと極悪DQNも義務教育で飼わないといけないから
教師がそっちにエネルギーを割かれる
→真面目にやってるやつらが放置されて伸びるものも伸びない
こういう足の引っ張り合いで均質化するシステムはおかしい




大事なわが子に家庭教師をつけてより良い学習環境を

prestige1

やはり、現代の学歴社会では子どもを良い学校に入学させてあげるのが将来の幸せを大きく左右する事は確実です。ブログ管理人が調べた中でおすすめの家庭教師グループ「プロ家庭教師のプレステージ」を利用してみてはいかがでしょうか?カウンセリング(学習相談)・資料請求ともに無料で気軽にできます。

「プロ家庭教師のプレステージ」の特徴

  1. 難関進学校の合格実績が同業他社よりも優れている
  2. 指導実績や経験はもちろんのこと、社会的モラルなどの厳しいチェック項目をクリアしたプロの教師陣
  3. カウンセリング・資料請求ともに無料で気軽にできる

プロ家庭教師のプレステージ公式サイト↓




仕事カテゴリーネットサービスカテゴリー健康カテゴリー美容カテゴリー恋愛カテゴリー教育カテゴリー知識カテゴリーお楽しみカテゴリー漫画カテゴリー小説カテゴリーアニメカテゴリーゲームカテゴリー購入技カテゴリー住宅カテゴリー趣味カテゴリータグブログ内検索トップページ