プラシーボ効果…病は気からの通り思い込みが心身へ実際に影響

プラシーボ効果…病は気からの通り思い込みが心身へ実際に影響

プラシーボ効果例解説

全く効果の無いにせ物の薬を本物だと教えられて飲むと、実際に薬効が表れるという「プラシーボ効果」。思い込みの力で肉体と精神にはっきりとした変化がもたらされるという、奇妙な現象です。

プラシーボ効果を上手く利用できれば実力以上のものを発揮できたりします。プラシーボ効果について調べてまとめました。

スポンサーリンク

プラシーボ効果の例

プラシーボ効果例解説

プラシーボ効果の例としては、普通のお茶をダイエットに効くお茶だと偽って飲まされたとしても、多くの被験者にダイエット効果が見られるそうです。

また、鬱病の患者に、偽薬を抗うつ剤だと言って飲ませた場合も、約5割に症状の改善が見られたそうです。

他にも、実際は手術を行っていないにも関わらず、医師や看護師によって本当に手術を受けたかのように思わされたとしても、患者が回復することがあるようです。

逆に、乳糖など、体に何も害を及ぼさないものを「毒薬」と偽って飲ませた場合も、実際に苦しんで死亡してしまうという例もあるようです。(この場合、プラシーボ効果とは逆のノセボ効果と呼びます。)

恐るべき「思い込み」ですよね。

なぜ、思い込むだけで身体に影響を与えてしまうのかは、科学的にはまだハッキリと解明されていません。

プラシーボ(プラセボ)効果とは、偽薬効果とも呼び、本来は薬効として効く成分のない薬(偽薬)を投与したにもかかわらず、病気が快方に向かったり治癒すること。思い込みの力が状態を変化させることなどを意味する。

プラシーボ効果の「プラシーボ」とは偽薬のこと。プラシーボ効果は薬でも無いはずの物を飲んだのに薬を飲んだ時と同じように症状が回復することなどを意味する。
また、広義には薬(偽薬)の投与のみならず、実際には効果の無いはずの治療を施すことによってよい効果が現れること全般を指す。痛み、下痢、不眠などの症状については効果が出やすいとされるが、実際にどの程度効果があるか、実際の治療として用いるべきかどうかは研究者の間でも見解が分かれる。

新薬が開発される際には、プラシーボ効果の影響を排除するために偽薬との比較対照実験を行わった上で薬効が評価されるのが標準的な手続きである。この際、「この薬は効く」「この薬は効かない」と投与するする医者が知っていると、その態度が患者に間接的な影響を与える可能性があるため、投与される患者の側と投与する医者の側両方ともどちらが偽薬か判らないようにしておかなければならない(二重盲検法)。


http://iitokoronet.com/2015/10/08/post-2003/




プラシーボ効果を応用する事で実力以上が発揮される

プラシーボ効果例解説



スポンサーリンク



例えば、ある学校で数人の教師と数十人の生徒に、「最高の教師陣をそろえ、生徒も知能の高い生徒を集めたので、生徒のペースに合わせて授業を進めてみて、どれくらいの成果が出るかをやってみてほしい」と伝えました。そして1年後に結果を確認してみたところ、生徒たちは学校の平均よりも2割から3割も高い成績をとることが出来そうです。

もともと成績のよい生徒に、優れた教師だったから結果が出たのでしょうか。実はこの生徒たちは決して知能が高い生徒だったわけではなく、教師もくじ引きで選ばれただけだったので、そもそもの前提とは違う内容を生徒と教師に説明していました。 けれど結果として成績があがることになったのです。

これは、なぜかというと、これこそ「思い込み」の力、プラシーボ効果の結果です。最初に自分はたちは出来る、という前向きの期待感を持っていたことでプラシーボ効果が働き、実際の実力よりも上の結果を得ることが出来たというわけです。これはスポーツなどでもいい結果を出したい時などにも効果的だと言われています。ですから私たちも常にいいイメージを持って勉強やスポーツに取り組むと、通常よりいい結果を出すことに繋がるわけです。




思い込みの力が逆方向のマイナスに働くこともある

studentlove3

プラシーボ効果の反対のノーシーボ効果、というものがある事をご存知だろうか?
例えば病気ではないのに思い込みで病気になってしまう、というような話である。

更に言えば、ノーシーボ効果の思い込みにより人間は死んでしまうという実験結果も出ている。

第二次世界大戦前のヨーロッパである実験が行われた。

ブアメードという一人の死.刑囚がいたのだが、彼は医師から医学の進歩のためとある危険な実験を持ちかけられ、考えた末それを受け入れた。
実験が無事に終わったら、恩赦が受けられ刑務所から開放されるという好条件だった。

ブアメードはまずベッドに寝かされ、目隠しをさせられた。
そして医師から実験の内容が伝えられる。

「人間は体重の10%の血液を失ったら死ぬと言われているのだが、我々はこれは間違いだと考えている。
なので、君が血液を10%抜いて生きているか死んでいるかを検証する。」

ブアメードは足に鋭い痛みを感じた。血液を抜く為に親指が切られたのである。
傷口からは血が滴り落ちる音が聞こえる。ベッドの下にはバケツがあり、静かな実験室に音が反響した。

ポタッ…ポタッ…ポタッ…ポタッ…

時間が経過するごとに「今〇〇ml、体重の△△%の失血です」という看護婦の報告が聞こえる。
そして抜いた血液が体重の10%に到達した時、仮説の通りブアメードは死んでしまった。

実験は成功した。

実はこの実験でブアメードは1ccも失血していない。
チクッという痛みは足を切ったと思い込ませる為、針で親指を軽く突いただけで出血はしておらず、バケツに落ちていたのはチューブから滴り落ちる水の音だったのだ。

人間の脳は暗示にかかることで死を招くことがあるという実験は、大成功を収めたのであった。





仕事カテゴリーネットサービスカテゴリー健康カテゴリー美容カテゴリー恋愛カテゴリー教育カテゴリー知識カテゴリーお楽しみカテゴリー漫画カテゴリー小説カテゴリーアニメカテゴリーゲームカテゴリー購入技カテゴリー住宅カテゴリー趣味カテゴリータグブログ内検索トップページ