(花鳥風月)惚れ惚れするほど美しい古き良き日本語(明鏡止水)

japanword1

日常会話ではまず使われないものの、古典や、和風な内容の小説や読み物では見かける「美しい古語」。その良さを味わうためには、読む人の美意識と日本語についての深い知識が必要となる、玄人向けの趣味です。雅趣香る、美しい日本語を調べてまとめました。

スポンサーリンク

語句から想像が広がっていくもの

和風日本伝奇イラスト画像

玲瓏(れいろう)

1 玉などが透き通るように美しいさま。また、 玉のように輝くさま。「―たる山月」「八面 ―」
2 玉などの触れ合って美しく鳴るさま。また、 音声の澄んで響くま。「―たる笛の音」

花曇り

桜の咲く頃、空が薄く曇っていること。

かりそめ【仮初・苟且】

その場かぎりのこと。ふとしたこと。
[用例]かりそめの命・この縁(えにし)をかりそめに思うなよ・かりそめにも

木漏れ日

六花

冬の季語の一つで、ひらひらと舞う雪片のこと。

秋風が吹く
紅葉を散らす
蝉しぐれ

十六夜(いざよい)

朝まだき

夜の明けきらないころ。朝早く。

黄昏

辺りがだんだん薄暗くなってくるなか、向こうから誰かがやって来た
街灯などもちろん無い時代なので、それが誰なのかわからない
「誰そ彼(たそかれ)?」と尋ねたら、何と素敵なあの方だった

茜さす
たなびく雲
夕凪
白露
風そよぐ

陽炎(かげろう)

春のうららかな日に、野原などにちらちらと立ちのぼる気。日射のために熱くなった空気で光が不規則に屈折されて起こるもの。

甕覗き(かめのぞき)

甕を覗いたとき溜まった水が映し出した青空の色

幾星霜(いくせいそう)

長い年月。いくとしつき。

刹那(せつな)

百花繚乱

うたかた

水の上に浮かぶ泡(あわ)。多く、はかなく消えやすいことのたとえに使う。

花天月地

花は美しく開き月は明らかに照らす風景。春の花時の月夜の景。

東雲(しののめ)

東の空がわずかに明るくなる頃。あけがた。あかつき。あけぼの。

夕星(ゆうずつ)
青葉闇(あおばやみ)
橙(だいだい)

雪化粧

明鏡止水

琴線に触れる

絢爛(けんらん)

きらびやかに輝いて美しいこと。「豪華―たる衣装」

小春日和
天高く馬肥ゆる秋

空蝉(うつせみ)

魂がぬけた虚脱状態の身。

絢爛舞踏、もみじ、士魂、士魂号、愛嬌、夕暮れ、朝焼け、春日、盃を交わす、火の用人マッチ一本火事のもと、松の心(松心)、誠、日月、仁愛、慈悲、武士、侍、仁侠、侠(おとこ)、かしわ餅、思い出、建御名方神、雪風、八幡大神、陽炎、おひさま、おつきさま、地球

花筏(はないかだ)
湖とか川に桜の花びらが浮かぶ様子。

「言葉」っていう日本語
言語を葉っぱっていうセンスが好き





語句の響きが好ましいもの

和風日本伝奇イラスト画像

濡つ(そぼつ)
訪らいた(とむらいた)
徘徊る(たもとおる)

たまゆら

ほんのしばらくの間。一瞬。一説に、かすか。

言祝ぐ(ことほぐ)
言葉で喜ぶ・尊ぶ・褒める・祝う・栄す

あえか



スポンサーリンク



意味は、はかなく頼りないさま

たゆたう【揺蕩う/猶予う】

1 ゆらゆらと揺れ動いて定まらない。
2 気持ちが定まらずためらう。心を決めかねる。

風花(かざはな)

晴れている時に降る雪

麗らか(うららか)

はんなり

落ち着いたはなやかさを持つさま。上品に明るいさま。視覚・聴覚・味覚にもいう。

寸暇を惜しむ
今宵(こよい)
まどろむ

まほろば

すぐれたよい所・国。

イラスト画像で和風伝奇の幽玄さを味わう丑三つ時の彼岸参り
日本の、和服、巫女服、妖怪、退魔といった和風伝奇は、独特の味わいと暗く湿った魅力があります。 古き良き日本の空気が伝わ...
和風伝奇物が漫画やアニメでウケない3つの理由…地味で薄味
とある和風伝奇漫画の作者コメントで見かけた 漫画家「和風伝奇がやりたいんです!」担当「ウケないから止めときなさい」 ...

趣深い言い回しの言葉

和風日本伝奇イラスト画像

後ろ髪を引かれる
鳴かぬ蛍が身を焦がす

円か(まどか)

穏やかな様を表す

忍ぶ
宿る
古(いにしえ)

好きでしたの代わりに↓
お慕い申しておりました

遍く(あまねく)

すべてに広く行き渡るさま

烏の濡れ羽色

誰何(すいか)

立てば芍薬座れば牡丹歩く姿は百合の花

言霊の幸(さき)わう国←日本を褒める呼び名。
※ことだまの力で幸せになる国の意。

よしなに

花鳥風月

嘯風弄月(しょうふうろうげつ)

風に吹かれて詩歌を口ずさみ、月を眺めること。自然の風景に親しみ、詩歌・風流を愛して楽しむことをいう。

さようなら

別れの名残を精一杯断ち切る儚さ
左様なら…
さようなら
つらいな

水蜜桃(すいみつとう)

桃の栽培品種の一。果実が大きく水分と甘味に富む。

はかない
恋い焦がれる
慕わしい

大和撫子




おまけ:某ゲーム分野の作品タイトルが本当に素敵

こなたよりかなたまで

夜明け前より瑠璃色な

この青空に約束を―

遥かに仰ぎ、麗しの

それは舞い散る桜のように

きっと、澄みわたる朝色よりも、

いつか、届く、あの空に。

君が望む永遠

月に寄りそう乙女の作法

群青の空を越えて

あかね色に染まる坂

秋色恋華

神樹の館

果てしなく青い、この空の下で…。

車輪の国、向日葵の少女

そして明日の世界よりー
2017年冬アニメの視聴継続中の作品 第1位!




仕事カテゴリーネットサービスカテゴリー健康カテゴリー美容カテゴリー恋愛カテゴリー教育カテゴリー知識カテゴリーお楽しみカテゴリー漫画カテゴリー小説カテゴリーアニメカテゴリーゲームカテゴリー購入技カテゴリー住宅カテゴリー趣味カテゴリータグブログ内検索トップページ