げんしけん…ガチオタクの男女の人間模様を描いた大学生漫画

げんしけん

オタクにとって、ひとつの理想型ともいえるオタク系キャンパスライフを描く漫画「げんしけん」。オタク系サークル・げんしけんで起こる珍事を楽しげに表現しつつ、現代の最先端のオタク事情のような知識を得られ、しかもオタクと恋愛、就職活動のような将来の進路などなど、大学生が突き当たる悩みを色鮮やかに漫画にした名作。

げんしけんの魅力をお伝えします。ブログ管理人はスーと笹原妹が好き。

スポンサーリンク

げんしけんってこんなところが良いよね

げんしけん

こんな青春なかったって気持ちにさせる欝漫画

斑目と春日部さんのやつ面白かった

2代目は斑目の告白が最高だった
漫画読んでて涙出てきて喪失感が凄かった

初期の頃はホンマに地方のあまり熱心でない大学の漫研って感じがリアルだった
部室とかホンマにそっくり

大学いいなー系
アニメの先駆けだよね

げんしけん

初代はアフタヌーンで3本指に入るぐらい好き
どこ読んでも面白い
二代目はハッキリ言って別物だけど斑目告白の件はよかった

もっと友達との青春モラトリアムをやって欲しかった
恋愛ほほんのオマケでええのに

げんしけん

斑目が誰のヒモになるか見守るマンガ

男の娘←わからない
ハト君←わかる

げんしけん

かつてオッサンの占有物だったオタクの世界で
腐女子含む女子供が幅を利かせるようになった
ある意味現実を誠実に反映してはいる



スポンサーリンク



ワイは逆にこの漫画のせいでオタサー敬遠してたけど素直に入っとけばよかった

初代の時代はくっさいオタ男ばっかりのサークルなのが2代目になると腐女子集団に乗っ取られるっていうのが割と現実的だよな

「げんしけん」
表題の「げんしけん」とは物語の舞台となる大学のサークル「現代視覚文化研究会(現視研)」の事で、主人公達の入会に伴い半休止状態から次第に活気を取り戻す様子を描く。オタクの日常をリアルに描くコメディから、やがて心理描写と人間模様を軸としたラブコメへとシフトした。
第一部のストーリー
椎応大学サークル棟304号室「現代視覚文化研究会(以下現視研)」。かつてオタク文化の垣根を越えるべく誕生したこのサークルも、今では活動目標と存在価値を失いオタクの溜まり場と化していた。
新歓祭、新入生の隠れオタク・笹原は、「ある種」のサークルに入ろうと意気込む中、見学先の現視研にて2年生会員・斑目と暴力的な1年生・春日部から手痛い「歓迎」を受ける。一旦は距離を置く笹原だったが、新会員・高坂との交友を経て入会。(オタクとして)着々と成長を遂げてゆく。




二代目(10巻以降)からは作風ががらりと変わる

げんしけん

新会長・荻上は会員不足に悩んでいた。彼女と大野の友人・スザンナ(以下スー)の加入も穴埋めには至らず、対策会議でも先輩達は楽観的。迎えた新歓祭、荻上はイラストパフォーマンスに挑戦。万感の思いをボードにぶつける。腐女子・吉武と同じく矢島はその姿に惹かれ入会。女装して見学に訪れた腐男子・波戸も女子として内密に加わり、総勢7名の現視研は「腐女子サークル」として新生した。

そんな変わりゆく環境の中、未だ変われぬ斑目は消沈気味だった。波戸とスーはその大人の優しさに惹かれ、恵子は現視研から「卒業」できない心境を感じ取る。それぞれの思惑はやがて周囲を巻き込み、奇妙な恋愛騒動へと発展する。

げんしけん

げんしけんのメンバーのほとんとが腐女子へと入れ替わり、女子達や波戸の間でBL談義が増えたり、元げんしけんの斑目が突然発生したハーレム関係にあたふたする、という方向へと変わる。ネット上では賛否両論。ブログ管理人は以前と変わりなく楽しめました。

漫画・げんしけんの作者は群像劇を描くのが非常に上手いので、ごちゃごちゃしがちなハーレム展開でも各人の心模様と人間関係の変化をスムーズに表現できていると思います。

好みが分かれる、非常にディープなオタク方面の内容

げんしけん

「深夜アニメをちょこっと見てます!」というにわかオタクではついていけない、ディープなオタク達が多数登場するのが本作の大きな特徴。

コミックマーケットへ行って同人誌を買いまくる(漫画本は買っても同人誌を買うことはなかなか無いはずですよね)、フィギュアやエ口ゲーを集めまくる、衣装作りから始める本格的なコスプレをする、げんしけんメンバー達で同人誌を描いてコミケで売る、専門用語が飛び交うかなり深い内容のアニメ談義やBL談義をする、など、並のオタクでは引きかねないほど濃いオタクが多いのがげんしけん。そういった濃いオタクに共感するのも、引きつつもオタクの生態を知るために読むのも、どちらでも楽しめるのがげんしけんの魅力。

同人誌争奪戦にコスプレ!コミケにありがちな驚くべき現象集
年に2回、真夏と年末の冬に開催される世界最大の同人誌即売会コミックマーケット、通称コミケ。ブログ管理人も以前に友達といっしょ...
コスプレ…衣装を買ったり自作して漫画やアニメのキャラに変身
好きな漫画やアニメやゲームのキャラクターの服を購入したり自作して、そのキャラクターになりきって遊ぶ「コスプレ」。オタク分野の...




ただのオタク漫画に留まらないのがげんしけんのいい所

げんしけん

もちろん、ストーリーのメインは大学生がオタクライフを満喫するというものですが、濃いオタクであるがゆえに現実の異性との恋愛に躊躇してしまう、自分の性癖と世間の常識との剝離に苦悩する、就活でやりたいことや内定が決まらずに悩む、4回生を迎えて卒論や就活で忙しくなりげんしけんから足が遠のく寂しい作中雰囲気など、「オタクの大学生活」の酸いも甘いも両方を描いているのが本作のいいところ。

間違いなく、「大学生漫画」というカテゴリーの中の名作の1つとして挙げられる漫画です。



仕事カテゴリーネットサービスカテゴリー健康カテゴリー美容カテゴリー恋愛カテゴリー教育カテゴリー知識カテゴリーお楽しみカテゴリー漫画カテゴリー小説カテゴリーアニメカテゴリーゲームカテゴリー購入技カテゴリー住宅カテゴリー趣味カテゴリータグブログ内検索トップページ