パチンコで何万円も負けた時にありがちな事とやめられない原因

パチンコで何万円も負けた時にありがちな事とやめられない原因

パチンコ大負け

形になって残る家電や家具や生活用品にお金を使っておけば有意義に使えたのに、ギャンブルによって短時間で5万、10万円をスる……というのは客観的に見れば馬鹿らしい事ですが、スった当人達の精神ダメージは、日常的なちょっとしたイライラとは全く別種の巨大なまがまがしいモノです。

パチンコを例に取り、短時間で大金をスった人達にありがちな心境と行動を調査しました。

スポンサーリンク

パチンコで1日に5万円から10万円も負けた時の行動

patiex

あまりに大敗すると、気分が悪くなりすぎて、吐く。

この世の何かを呪う。

大金をパチンコ台へ持って行かれた後、残った少額のお金は、
敗戦処理としてスロットに使ってきっちり全部溶かして終了。

頭が脳死状態となり、しばらくの間、正常な思考が不可能になる。
何も考えられず、ぼーっとしたまま店を出る。

大金を溶かして、店の門をくぐって出て行く瞬間が特にきつい。
「やっちまった」「敗者」「いいように店に奪われた」みたいな考えが頭を支配して、みじめになる。

コンビニで、かごいっぱいになるまで食べ物を買いまくる。

豪遊する。
すでに大金をすってしまっているので、今さら1万2万飛ぼうとお構いなし状態。

腹一杯まで外食をして、その後にスーパーでつまみを大量に買ったり、DVDをレンタルしても、
合計で1万円にも届かない事実にがくぜん。
パチンコで負けた額と比較して、安上がりすぎる。

焼き肉や寿司みたいな、豪華な外食をしてしまう。

パチンコ屋の駐車場の車達に向かって、
「お前ら全員負けに来てるんだぞ!この養分どもが!!」と心の中で悪態をつく。

パチンコ競馬競艇競輪…ギャンブル依存症の恐怖と異常な末路
パチンコや競馬のようなギャンブルは合法とはされていますが、人間をトリコにする独特の機構が組み込まれており、それらのギャンブル...

帰り道、運転している車の中で絶叫。

帰り道の車の運転が、スピードの出し過ぎだったりして異常に荒い。

大金が入った財布が落ちていないか、探しながら帰る。

時間が、その日の朝に戻っているように祈る。

今日の出来事が夢であって欲しいと願い始め、やがて「あれ?今日のことは夢じゃない?」と妄想し始める。


パチンコ大負け

「夢遊病」みたいな状態になって、起きているのに夢の世界をふわふわさまよっているような不思議な感覚を味わえる。

パチンコ店内の監視カメラを、思いっきりにらみつける。

負けた金額分だけ、帰りにコンビニATMで万札を引き下ろして、財布に補充して「今日は負けていない」と考える。



スポンサーリンク



パチンコや競馬にハマり操られて養分にされる人の思考と習慣
あくまで趣味の1つとして心の余裕をもってギャンブルをたしなむような人達と違い、ギャンブル依存症・ギャンブル中毒に陥っている人...

5万も10万も負けて、そのお金があったら何ができたか・何が買えたかを考えて後悔する。

5万円前後の中途半端な負け額だと、自殺も考えるほど苦しい。
10万円に到達すると、すっきりしたすがすがしい気持ちになる。

負け額15万円の領域にまで到達すると、「号泣」「げろを吐く」が起こる。

大金負けた翌日に、他のパチンコ屋へ負け額を取り戻すために乗り込むものの、
前日と変わらないほどの額を負けてイライラが頂点に達する。

店員にパチンコ台の設定の文句を言っても、平謝りされてしまって、それ以上つっかかれない。
もやもやを抱えたまま帰る。

カードローンで借りられる限度額が、自分の貯金額だと思い始める。

消費者金融を利用する理由と、多重債務など借金者の末路解説
テレビではお金の臭いを巧妙に消したイメージ映像の「消費者金融のCM」がひんぱんに放送され、意外と身近に借金という選択肢は実在...

「あのとき止めておけば」という考えを100回以上繰り返す。

「もうこりごり…。いい加減、引退しよう…」と悔い改めても、
翌日には何事もなかったかのようにまたパチンコ屋へ向かう。




ギャンブル中毒者は、ニアミス=勝ちと脳が感じてしまう

パチンコ大負け

ギャンブル依存症者は「あと少しで勝ち」の状況に脳が反応してしまう

  • ギャンブル依存症者は、「777」が当たりで、「776」や「779」のようなニアミス時に、ニアミス時でも「勝った時」のように脳が反応することが判明した
  • ギャンブル依存症者と、健全な人に、それぞれスロットマシンをやらせて、脳の血流を視覚化する装置・fMRIで脳の状況に違いがあるかを実験した
  • ギャンブル依存症者は、勝った時プラス、ニアミス時にも脳が「勝った時のように反応してしまう」ため、ギャンブルをしている最中に「勝った時の反応」をする機会が多くなり、ギャンブルにのめりこみやすくなる
  • ギャンブル依存症者にとっては、脳の反応から、リーチ時やニアミス時は勝ちも同然という感覚を持ってしまうため、「(ニアミスによって勝ちという感覚を得たんだから)次こそ勝てる!」とお金をつぎ込み続けてしまう

ラートボウト大学ドンデルス研究所の神経科学者らの研究

脳の仕組みが変化!パチンコ競馬によるギャンブル依存症の原因
破産、借金、性格の荒廃など、ギャンブルの危険は色々とありますが、それらの中であまり目立たないのに極めて恐いのが「中毒性」。中...




借金で困っていたら、無料でできる債務整理の相談を

aboutsaimus

無料でできる債務整理の相談なら、「東京ロータス法律事務所」↓をブログ管理人はおすすめします。まずはメールの文で相談できるので「いきなり電話はちょっと……」という人にも安心です。

東京ロータス法律事務所公式サイト↓



仕事カテゴリーネットサービスカテゴリー健康カテゴリー美容カテゴリー恋愛カテゴリー教育カテゴリー知識カテゴリーお楽しみカテゴリー漫画カテゴリー小説カテゴリーアニメカテゴリーゲームカテゴリー購入技カテゴリー住宅カテゴリー趣味カテゴリータグブログ内検索トップページ