勝たなきゃ生き残れない!人生の全場面で使える勝負事で勝つ鉄則

battlelife8

受験で点数を競って合否が決まったり、好きな異性に告白して恋が成就したりフラれたり、会社の中で出世レースに挑んだり、人生の節目や日々のちょっとした事まで、私たちは「勝負」を繰り返して生きています。その事をはっきり自覚して生きていくだけでも、人生の結果がだいぶ変わってくるものです。

「勝負」の結果、勝つとどうなるのか?負けるとどうなるのか?そもそも、どうやって勝つのか?勝負の勝ち負けの詳細について調べてまとめました。本ページで解説する勝負の法則は、日々のちょっとしたお遊び勝負から恋愛、人生の明暗を分けるほどの大勝負まで、全ての勝負事に適用可能です。

スポンサーリンク

自然界では勝ち=命が繋がる、負け=死

kekkontekisei3

動物、昆虫、植物、微生物いずれも、勝つとは、相手を補食して養分にして生きながらえ、子孫を残すことです。

反対に、負けるとは、補食されて絶命したり、飢え死にしたりで、負け=死という因果関係がこの上なくはっきりしています。

人間も動物には変わらないので、上記の自然界の掟(おきて)に少なからず影響を受けており、人間世界の勝ち負けでも、

勝つとは「繁栄」のゾーンへ近づいてゆくこと、負けるとは「死」のゾーンへ近づいてゆく、

とイメージすることができるようです。




勝敗の本質が理解できるヒント

battlelife1

男は争い自体を好むから競争すると伸びやすい
女は勝つのは好きでも争いは好まない

女は男に依存する事を念頭においてるからな
自ら自立する事を考えてない
だから何をやっても男に勝てないんだよ

歴史が始まってからずっと金と女は争って勝ち取るものだぞ
与えられるものじゃない
若い人はなにか勘違いしている

自分の益のために他人を害すのが生物として正しいんだよなぁ

「勝てば官軍」だというなら、勝てるいくさをすればいいのにね。

勝てるとこで勝負する大切さ

勝負事に勝つ鉄則は敵が最も嫌がることをやり続けること

勝負事で勝つための本質…敵が最も嫌がる事を先手先手で打つ
今 おまえらが成すべきことは ただ勝つこと 勝つことだ・・・・・・! おまえらは負けてばかりいるから 勝つことの本当の意味が...

勝負事に勝つ鉄則が「相手の最も嫌がる事をやる」だったら、自分がされて最も嫌がる事を先に予想することで、対処・相手の攻撃行動予測ができる

battlelife2

戦う者には、鷹のように鋭い目、狐のように狡猾な頭、猫のように素早い動き、豹のような獰猛さ、コブラのようなスピード、そしてラクダのような忍耐力が必要だ。

危険が迫った時、逃げ出すようではだめだ。かえって危険が2倍になる。しかし、決然として立ち向かえば、危険は半分に減る。何事に出会っても決して逃げ出すな。決して!

勝つこと本質どういうことか

誰かが勝ちなにかを得れば 誰かは敗れなにかを失う……
これが人生というものの基本の基本だ……

真に勝敗を分けるポイントは対戦相手の破滅
これしかない…!
相手の破滅を目指さずして
どうして相手を追いつめられましょう…

「勝つ」ということはな、イコール得るということだ。ではどこから得るか・・・。決まっている。敗者からだ。つまり弱者からぶんどる。これが人生というものの基本の基本だ

そうだ、確率なんてク.ソくらえだ。あんなもの勝負の場じゃたいていずれた能書きなのさ。確率どおりにやって勝てるのなら誰も苦労はしない。
勝つということはそういうことじゃない。勝つということは相手の心臓をつかむこと。つかんだらしぼること。そして・・・・・・・・・つぶすこと・・・!

勝つこと本質どういうことか

真剣に考えてこなかった…
なんとなくオレの人生は
悲惨であるはずがないと考えていたんだ
…ただなんとなく
違う…!
勝たなきゃダメだ…
勝たなきゃ悲惨がむしろ当たり前
勝たなきゃ誰かの養分
それは船も外も変わらない

落とさなきゃ落とされる…この仕組みは…この世の姿そのもの…基本も基本…大原則だっ…!

毎日グズグズただ生きて……で…反省なんかしてた…いわく真面目にやんなきゃダメだの……!せめて日記でも書くか…だの…!
ケッ…!バカじゃねえの……?くだらねえっ…!御託はくだらねえっ……!
勝ちゃあいいんだよ……!勝ちゃあ……!ともかく勝てば…精神は高揚し…まともに返るんだ…!

今 おまえらが成すべきことはただ勝つこと 勝つことだ……!おまえらは負けてばかりいるから勝つことの本当の意味がわかっていない
勝ったらいいな……ぐらいにしか考えてこなかった だから 今 ク.ズとしてここにいる
勝ったらいいな……じゃない……!勝たなきゃダメなんだ……!
ドジャースの野茂 将棋の羽生 イチロー……彼らが今脚光を浴び誰もが賞賛を惜しまないのは言うまでもなく ただ彼らが勝ったからなのだ……!勘違いするな よく闘ったからじゃない 彼らは勝った ゆえに今その全て 人格まで肯定されている
もし彼らが負けていたらどうか……?負け続けの人生だったらどうか……?これも言うまでもない おそらく野茂はウスノロ 羽生は根暗 イチローはいけすかないマイペース野郎 誰も相手にさえしない わかりきったことだ

(勝負の本質を示した名言が多すぎてページが長くなってしまうので、続きは↓からどうぞ)

勝たなきゃ悲惨がむしろ当たり前…!カイジの超名言まとめ
生命を賭けた極限のギャンブル勝負に挑むカイジの死闘を描いた「カイジシリーズ」。特徴的な語調で人生の教訓や社会の冷酷な本質を語...

優しい奴が成功する世界なら今頃世の中こんな風にはなってない
金も地位もパイの奪い合いなんだから情が移るようじゃ成功しない

うちのじいちゃんが言ってたんだが
普通を求める人間とは仲良くなるなって言ってた
欲が強い、欲がまったくない
そのどちらかになる、そのどちらかの人と仲良くなれって言われた
ちなみにじいちゃんは欲が強い人で息子のオヤジは欲がないw
じいちゃんは成功者だけど割と敵がいる
オヤジは成功者ではないが仲間がたくさんいる
自分の足で立つじいちゃんと周りに支えられるオヤジって感じか?
どっちが良いか、じいちゃんの伝えたいことはまだわからないや

心理学者が言ってたな
人は負けが込んでると一発逆転を狙う、勝っているときは維持するか守りに入る
そういう風に考えると。
すると、ますます負ける。と

まぁ、勝負ごとはね、勝ってる時・負けてる時に「どう振る舞う人間なのか」
を見る意味では、スキルの優劣を度外視してもいい人間観察の場ではあるね。
勝って図に乗るとか、負けていじける・キレる、などなど。

アクティブ 攻撃的 前向き
この3つが欠けてるやつは「きっといいことが起きるはずや」とか
いつまでも甘い幻想みすぎや

worknolifeg3

真面目にしてても損ばかりで害悪でしかないよ
皆わかっててバカを騙すために「真面目なのはいいこと」って言ってるんだよ
俺ももっと早く騙されてる事に気付きたかったよ

ニーチェ先生曰く、弱者(貧者)が強者(富者)よりも道徳的に善であるとするキリスト教的な価値観を『奴隷道徳』というらしい。
1は今まさに奴隷道徳にドはまりしているね。
ま、アホは宗教でもやればいいんじゃね?

優しい奴ほど不幸になる。自分の幸せを人にあげる事になるんだから、考えてみれば当たり前。
そして親切過ぎる奴は、人からは親切にされない。それは人に舐められるから。
むしろ少しばかり人に迷惑をかける奴が上手くいく。
ただし度を越すと人に恨まれるから、これも上手くいかない

子ども教育重要

もしかして「真面目」や「良い人」がいいっていう価値観は間違ってるんじゃね?
だってそうだろ、適当に要領よく振る舞って、人を貶し蹴落とすことが喜びみたいなやつが出世もするし女にもモテるように思う。
社会的に成功してるやつが人格者という話もあまり聞かない。
バカは人間も弱肉強食の世界で生きてるってことがわからないから建前的な甘言に騙されて「理不尽だー」とか言ってるが、結局社会で必要なのは単純に生物的な強さと魅力じゃね?

現実の社会状況に合わせて子供を強く育てる為の6つの重要な教育
結婚して子どもが生まれても、親となった人の誰もが子育ての素人で、毎日ぶっつけ本番で教育をするしか方法がないため、どうしても他...

219: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/05/03(火) 00:08:27.95 ID:rHNg9svW0
世の中ク.ズで図太い奴のが成功するんだよな
いやガチで
228: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/05/03(火) 00:09:37.95 ID:bsgn6T8sd
>>219
ほんこれ
322: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/05/03(火) 00:18:35.62 ID:0QgWLiZr0
>>219
ク.ズに負けないためには
さらに上を行くク.ズにならないと
生きていけない

性格ク.ズなやつのほうが人生成功する
これ気づいてやる気なくなったンゴ

金持ちほど性格ええのと一緒や
貧すれば鈍するってな 貧乏人は性格までク.ソや

性格かどうか知らんが、自分の利点や出した利益をきちんと主張できない奴は食われて当然だろ
優しいってか、なんとなく考えずに生きてるヤツは利用されるだろ

人間だって動物で結局は弱肉強食の世界に生きているってことを教えるのはいいことだな



スポンサーリンク



例えば麻雀は運ゲーだから素人でも運が強ければ勝てると
いう人がいるが、そうではないと思う
いつやってくるかわからない幸運を見逃さずモノにするためには
技術や勘の良さが絶対に必要だから
現実の人生でも見えない幸運をなるべく見逃さない為のコツがある筈だ

aboutdeathmarch7

そういや、「マミは戦闘前にリボンつけて時間停止を封じるなんてずるい!」って言ってる友達がいたが、戦闘前に自分が有利な状況になるように手を打ったり、駆け引きしたりってのは戦いの基本であり、アクション物の作品の見所でもあるんだけどな。ほむらも頭を撃ち抜いて相手の良心につけ込むって言うなかなか卑怯な手を使ってるわけだし。事前準備の周到さや駆け引きの上手さも強さのうちだと思う。
まあ、相性とか状況によって勝敗は変わるだろうから、「誰が一番強い」ってのは決められないと思うよ。

巴マミ…ぼっち・マミる等魔法少女まどか☆マギカのネタ要員
2011年放送で、もうかなり前のアニメ作品であるにも関わらず、いまだにネット上で強い影響力をもつ「魔法少女まどか☆マギカ」。...

◆ドンキホーテ・ドフラミンゴ(ワンピース)
「正義は勝つって?! そりゃあそうだろ 勝者だけが正義だ!!!!」

お前たちは私に勝てない
何故ならお前たちは覚悟が足りない
賢しげに批判は出来ても、何も出来ないし何かをなそうともしない
そんな人間は恐れるに足りない。そんな人間は存在していないに等しい
お前たちは惨めに地面を這いずっていろ
そして、いつまでも負け犬の遠吠えでもしているがいい

battlelife3

勝負とは、敵を先手、先手と打ち負かしていくことであり、構えるということは、敵の先手を待つ心にほかならない。「構える」などという後手は邪道なのである。

自分以外の人間はすべて敵。最愛の人も含めてな。
それぐらい自立しろ。でなければお前は心が折れて死んでしまう。
お前はお金を貯めろ。馬鹿が勝手に消費してくれるから、
お前がお金を使う必要は一切ない。そのうちマジで働かなくても問題なくなる。
自分がやりたいように生きることで、他人に貢献しろ!
割と世の中てきとうだから問題ない。

まあ、ニートは家庭環境が悪いとか学校でいじめられたとかで逃げグセ負け癖がついてるんやろな。
そして、人生の最底辺に行くと

ゲームでも何でも、強いレベルに勝てないで苦しむより、弱いレベルに勝つのが大事。

卑怯という言葉は敗者の言い訳でしかない。
自分以外の大勢の期待を背負った時、人生の中では絶対に負けることができないシーンは必ずある。
いくつもある。
その時、尽くすベストに上限はない。
ただひたすらに勝つための努力を惜しんではならないのである。
自らの努力に勝手に上限を設け、それ以上の努力をした相手を卑怯と罵る卑怯には決して堕ちてはならない。

人生の全ての勝負事に適用できる勝ちと負けを左右する重要要素
恋愛・就活・進学といった多くの人が立ち向かう場面から、起業や商品開発といった多くのリスクを負って勝負する局面まで、人生のあら...

婚活女性現実

恋愛は就活の面接と同じ
最初の数回は失敗して当然だから怖がることなく口説けばいい
恋愛はロマンチックなものじゃない。競争で勝ち取るものだ

事実として、勝てば官軍、負けた人の声は負け犬の遠吠え

battlelife4

ほとんど全ての状況において、勝った人は利益を得て良い目を見られたり、生き残ることができます。負けた人は、負担を押しつけられたり、心に何らかの傷を負ったり、椅子取りゲームで脱落することになります。

負けた人がいくら「ずるい!卑怯者!」とあれこれ叫んでも、勝敗の結果はくつがえらず、状況は何も変わりません。

この事実をどこまではっきり認識して物事に当たっているかで、その人の人生の勝敗傾向が全く違ってきます。

名言格言イラスト画像

喧嘩腰だったり、攻撃的な態度の人は、多かれ少なかれ「勝ったら得られる、負けたら失う」を意識しながら対人関係に臨んでいるのだと思われます。

「ここで言われっぱなしだったら心に傷が残る。何が何でも食らいついて打ち負かせば自分の気分が良くなる」といった具合に。

結局、「負けたくない、勝ってこいつより上なんだと証明したい」という子どもっぽい欲求を生きていく中で拡大し続けた人が勝負強いし、社会でも成功者になっているようです。

「基礎力を上げ続ける事」と「敵が最も嫌がる事をし続けられる」の2つが肝要

「基礎力を上げ続ける事」

battlelife5

ペーパーテストなどの種類の勝負に勝つためだったり、自分の実力を引き上げるために必要。例を挙げると、知識量を増やしたり、その業界で仕事ができるようになったり、精神力を強くして何を言われても動じなくなるように訓練をするなど。

ある程度以上実力の差が開いた相手には小手先の技は通用しなくなるので、基礎力の向上は不可欠。逆に言えば、あなたの基礎力が他の追随を許さないほど高くなれば、ほとんどの格下相手には負けることは無くなる。

「敵が最も嫌がる事をし続けられる」

battlelife6

実は、対人勝負で勝つためには極めて有効な方法にして勝利の極意。勝負に勝ちたいのなら積極的に使っていくことを推奨。

大まかなイメージとしては「相手の得意な戦法や得意戦法へ移るためのルートを先んじて封じて、代わりにこちらの得意な戦法を使える展開へ持ち込む」。

ゲームでいえば、敵の行動や呪文発動を封じ、徹底的に弱体化させたうえで、味方を呪文で強化したり得意な技で一方的にたたみかける、という理想の展開へ持っていく…ということ。

現実世界の実例を挙げれば、敵の論点の矛盾を突く、「多分、コレを言ったら相手のプライドを大きく傷つけて怒らせられるだろうから、激怒でたくさんミスを誘発できるだろうな」などと相手を不利な状況へ陥れる、戦う状況をこちらの土俵へもっていく、「ん?規則に従って、一応チェックさせてもらうだけですが?あなたが悪い事をしていないと言っているのですから、別に何も問題ありませんよね?」と相手の言動を逆手に取ってダメージを与える展開へ持ち込む、など。

勝つこと本質どういうことか

「これをされたら敵はイヤだろうな」という事を考えながら先手先手で行動を封じたり、敵側にとって有利な状況やものを次々と潰していくのがコツ。意外にも、正々堂々とか、防戦といった選択肢でなく、あくまで「敵の嫌がることをする」という選択肢を選ぶのが正解。

成功者や、デキる人が嫌みな性格である事が多い理由は、勝負において相手の嫌な事をして優位に立つ事に長けているから、というからくり。

あなたの好きな作品の味方キャラや、歴史上の武将の戦場エピソードを思い出してみよう。正義の味方のキャラでさえ、敵に勝つために目くらましや敵の能力の封殺やこちらの情報の隠蔽や不意打ちといった「敵が嫌がる」卑怯な手を当然のように使って勝利しているし(もちろん、消費者が不快にならないように工夫して戦略っぽく表現しているが)、武将達も、不意打ち・だまし討ち・地理的に敵に不利な水辺へ追い込むなどなど、「敵が嫌がる」戦法を当たり前に使って勝ちを拾っている。意外にも、騎士道精神にのっとって正々堂々真っ向勝負、という展開はほとんど無い。意外というよりも、自分と、多数の部下の命がかかった極限状況で、「正々堂々勝負しなくては!」などと自分の行動に制限を課すのはあまりに馬鹿げているし、勝ちたいのに勝手に自分に制限を課す事が馬鹿らしいのは現代の勝負事でも同様。




負ける奴のパターンは三つ。情報不足・慢心・思い込み。

battlelife7

慢心・情報不足・思い込み
の3つです。

大抵の失敗、あるいは敗北は、これらのいずれかが原因です。

最も多いのは情報不足でしょう。
敵を知り、己を知れば・・・という言葉にある通り、相手のことも知り、自分の実力も把握していれば、致命的な負けはないはずです。

なお、ここでいう相手には、ルールなども含まれます。このルールの理解不足で、失敗している方を多く見ます。

一例を挙げます。
補助金や助成金など、国がお金をくれるという、とても有利な制度があります。
もちろん、有利な制度なので、利用には条件もあり、それを踏まえた上での競争になります。
ここでも、ルールを熟知している方は、やはり強いです。

それはある意味当然です。
よく知っていれば、提出書類が足りないというような、うっかりミスも減らせます。評価基準もよく知っていれば、それに合わせたアピールもできるでしょう。

一見地味ですが、情報収集を怠ってしまうと、そのツケは何倍にもなって、返ってきてしまいます。

また、慢心と思い込みは、似た印象かもしれません。こんな時こそ、情報収集です。

<慢心>
・自慢していい気になること。
・おごり高ぶること。また,その心。

<思い込み>
・そうだとばかり信じきっていること。
・それ以外にはないと固く心に決めること。

慢心は油断に近く、実力はあっても、それを使い切れない精神状態といえます。

一方、思い込みは、むしろ情報不足に近い状態です。
情報不足が、量の不足であるのに対し、思い込みは、分析・思考という、質の不足と言えるかもしれません。

繰り返しになりますが、これら、失敗の原因を知ることも、情報収集の一つです。原因を知らなければ、気をつけることもできません。

今の状態が、
慢心・情報不足・思い込み
そのいずれにも該当していないことを、
常に気をつけたいと思います。

「負ける奴のパターンは三つ。情報不足・慢心・思い込みである」というのは、避けようと気をつければ避けられるのにミスをしてしまう原因として極めて重要。実力が拮抗している相手では、情報不足・慢心・思い込みにハマるとそれだけで負ける。

これを逆に言うと、相手を「情報不足・慢心・思い込み」の状態へ誘い込むことによってこちらが容易に勝てる状況を作ることができる。

例えば、

情報不足→こちらの手の内・切り札は敵にとどめを刺す瞬間まで隠し通しておく、

慢心→圧倒的に弱い相手のようなふりをして敵の油断と力の出し惜しみを誘う、

思い込み→勝負の本番になったらいきなりこれまでのスタイルとは違う戦法を使う

など。その人のアイデアや戦況次第で、いくらでも応用が利きます。

これをやられると、敵は「あ、あれ!?こんなはずじゃ……」と思わぬ敗北に悔しがることになります。ただし、実力差が大きい相手は、不測の事態にも地力の違いで押し切ってくるので通用しないようです。格上の相手に勝つには、こちらの地力を引き上げる必要があります。



仕事カテゴリーネットサービスカテゴリー健康カテゴリー美容カテゴリー恋愛カテゴリー教育カテゴリー知識カテゴリーお楽しみカテゴリー漫画カテゴリー小説カテゴリーアニメカテゴリーゲームカテゴリー購入技カテゴリー住宅カテゴリー趣味カテゴリータグブログ内検索トップページ