絵や小説のプロ志望は必見!1000記事書いて判明したウケるコツ

howtocreate6

イラスト、漫画、ゲーム、小説、ライター、音楽、アートなどなど、創作者になりたいと思っている人はこの世に数多くいます。各種SNSをのぞいていても、イラストや4コマ漫画を発表している方は非常によく見かけます。

当ブログは、1年程度をかけて1000記事以上を作成してきており、そこそこのアクセス数と利益と反響もあります。作る側の立場と経験から、プロの創作者になりたい方へのアドバイスをまとめました。

スポンサーリンク

「努力できる」事は最低条件。問題はそこから先

effortchangej2

「努力できない人」はプロを目指すのは諦めた方が良いです。別に、努力できない人=ダメ人間、などと小馬鹿にして言っているわけではなく、近年の研究で「努力できない人=反復練習に苦痛を感じやすく、結果の見えてこない辛い状況に諦めやすい、という脳の働きを生まれつきしている」、という事が分かってきたので、心構えやハウツー本程度ではどうしようもありません。こういう人は、努力の才能が無い、と表現することができます。

研究内容の詳細は当ブログでの特集ページをご覧下さい。

努力家は苦痛の声に鈍感だった!脳と遺伝と、努力の関係の解説
人体の中の神秘の領域として、いまだに多くの謎と可能性を秘めている「脳」。科学実験の積み重ねで、神経細胞単位や遺伝子配列といっ...

会社勤めの人よりも、プロの創作者にはさらに努力が求められます。なぜかというと、たとえだらだら仕事をしていても固定された月給が保証されている事が多い会社員と違い、プロの創作者には作って作って作りまくらないと収入が確保できないし、渾身の作品が売れるとも限らないという不安定な世界なので、とにかくめげずに諦めない努力行為が不可欠です。創作者を志すということは、こういうどうしても不安定で負けやすいハイリスクな世界に足を突っ込むという事はきちんと自覚して、進退を決めましょう。

プロデビュー以前に、基礎力向上の修行や、賞を獲得するための作品作りに何年もかかるのが普通なので、そういう意味でも努力できない人にはとてもやっていけない世界です。

努力はできて当たり前、そこから先に、同業者との才能や生産力の格差と格闘するのが創作の世界です。

プロの証明である4つの特徴とアマの3つの欠点がわかつ決定的差
お金を受け取る仕事として事に当たるプロと、プロになりたいけれど趣味レベルにとどまってしまうアマチュアは、どのような差があるの...




有名になるとこんな良いことがあるよ

howtocreate1

当ブログ「いいところネット」は現在、1日7500人前後の訪問者様に利用されていて、他のブログ様に記事を紹介していただいたり、2ちゃんねるやしたらばのスレッドに情報ソースとして記事へのリンクを貼ってもらったり、twitterやfacebookのようなSNSで記事をシェアしてコメントしてもらうことも、日常的になってきました。有名とまではいえなくても、完全な無名というほどでもないレベルです。記事に同意していただけるコメントが多く、そういうものを見かけた時は純粋に嬉しいものです。この場を借りて、深くお礼を申し上げます。




スポンサーリンク





ネットを使って絵や漫画や小説を公開している人達がある程度の知名度を得られれば、多分上記の状況と似たような感じになるかと思われますし、さらに有名になって商品化されれば、雑誌やテレビ番組で紹介されて、もっともっとちやほやされるでしょう。

反響無しで心が折れる…ブログやSNSの更新が続かない原因
ブログやSNSで自分用のアカウントを取得し、「さあ、これから毎日書いていくぞ!」と意気込むものの、大半の人が半年も持たずに更...
絵が下手で心が折れそうな人達の言葉で少しだけ筆休めのススメ
絵の練習で、思うように伸びずに悩むことは日常茶飯事です。そんな時に解決策や前向きな意見をネットで調べるのは王道ですが、同じよ...

世間の需要に合わせることが重要にして全て

howtocreate2

当ブログを運営する方針として、最初期から「需要のある記事を書こう、個人のエッセイのような記事は極力避けよう」と決めていました。

需要のある記事とは、就活、婚活、恋活、住宅、学歴や教育などのスキルアップ、資産運用、健康、美容、アニメや漫画などのエンターテイメントなどなど、「ただの感想文ではない、情報データとして信用できる」、読む人の利益に直結する内容のものを指しています。

個人のエッセイのような記事とは、「今の日本について思うこと」「私の好きな食べ物」「最近やったゲーム」といった感想文や日記に近いようなものです。

みんな、無名の一般人になんか興味は無い。でも、芸能人の有吉弘行さんやマツコ・デラックスさんの情報にはとても興味がある。だったら、みんなが興味があってネットで検索されやすい事に絞って書こう」と思ったから、そのようにブログの運営方針を最初期に固めました。そうやって記事を作り続けてきた結果、ある程度の成果を収めています。

howtocreate3

howtocreate4

howtocreate5

創作物は見られて、そして買われてなんぼなので、世間の需要度を調査した上で作っていくのは極めて重要です。受けやすい分野と受けにくい分野に分かれているので、それをきちんとわきまえることが必要です。世間の需要を無視した独りよがりの作品や、魅力がともなわないエッセイを公開し続けても、反響が無いので続きません。当ブログでは、ネット民が反応しそうなネタを調べたり、月間検索ボリューム数を調査したうえで、ウケそうな記事を選んで書いているつもりです。

出版社や、ゲーム内イラストが必要なゲーム会社は、とにかく売れるものを求めていて(その作品が革新的とか、高潔とか低俗とかいった性質は関係なく、売れるかどうかが大事)、売れないものしか作れない人は相手にしてくれません。



スポンサーリンク



これを詳しく説明すると、その商品・サービスを発売するまでには生産・広報・流通など多額のお金がかかるので、「最低限でもある程度売れて、売り出す前までにかけた経費を回収できるものでないと会社が大損だから、売れそうなものしか相手にしたくない」という事情です。

プロの創作者として活動したいなら、パートナーの会社側の利益を考えて作品を作らなければなりません。

夢破れて沈下…売れなくなって消えた漫画家の末路が恐すぎる
今をときめく漫画家の作品ばかりを選んで読んでいるブログ管理人ですが、そういったごく一部の華やかな成功を収めている漫画家の陰に...

現代の創作はWeb知識がほとんど必須

aboutpixiv4

各種SNSで人脈を作って、発表用のブログに人を呼び込んだり、人が集まるpixivなどで絵を公開していると、何かとお得です。

編集者のような業界人の目に留まりやすくなってお声が掛かりやすくなりますし、「3万回もリツィートされた!」「月間○○万pvの人気ブログを書籍化」という、SNSやネット上での実績そのものが、商品化される際の宣伝文句となり、創作者にとっても、業界人にとっても、利益となるからです。

ぜひとも、活動の場となるブログを開設して、連絡用のメールフォームを設置し、業界人からの連絡を待ちましょう。ブログが使えるようになれば、Google Adsenseのような広告の設置で金銭的利益が発生するようにもなります。

絵を仕事にしたい人のためのネットをフル活用した4つの方法
「絵を描くことが好きで、絵を仕事にしたい!」という人は多いものです。ブログ管理人も、ネット上に公開された素敵なイラストを保存...

当ブログは、日々継続的に新記事を公開していますが、「2~3週間ほど訪問者数が横ばい状態→その後、総訪問者数が10%程度UP→2~3週間ほど訪問者数(10%プラスされた数字)が横ばい状態→……」という状況をずっと繰り返しており、1日5000人の訪問者の場合は10%程度UPで5500人程度に増える、ということです。発足間もないブログが2~3週間で500人も固定客を掴むのはほとんど無理だと思われますが、投資の複利効果にも似た現象で、以前よりも少ない労力で雪だるま式に効果が上がっていく、というのを確認しています。

SNSやブログで人脈を増やし続けたり、公開作品数を増やし続けていくと、その蓄積が思わぬ複利効果を生み出すことは珍しくないので、黙々と実績を積んでいきましょう。

有名人になりたい!簡単に有名になれるネットの3つの方法
たくさんの人達からちやほやされたい、賞賛されたい…。そんな願望は、大なり小なりほとんどの人が抱いているものです。また、ブログ...

同業者との格差を認めた上でそこから自分に何ができるか

よつばと!評判評価おすすめ

創作者は「魅力」というやっかい極まりない要素と終始戦い続けなければなりません。この魅力は解析して誰でも再現可能、という単純なものではなく、生まれつき手にしている人がいれば、生涯到達できない人もいる、稀少な才能の一種です。

たとえば、漫画やアニメの世界で人気分野の「日常系」。生まれつき、日常作品を描くのが好きでしかも上手い人ならたやすく成功を手に入れられるでしょうし、興味の方向が、不人気の哲学やハードSFなどに向いていると、人気を手にするのに苦労するでしょう。

マンガっていろいろポテンシャルあるよな
マンガで覚える歴史だの統計だの会計だの実用方面もあるし
職業体験や異国体験みたいなドキュメンタリー・日記・エッセイ方面もあるし
4コマでもいいし海外でウケを狙ってもいいし
とにかく諦めなければいろいろあると思う

たとえ、真っ向勝負の漫画創作やイラスト創作で人気が出なくても、自分のこれまでの人生経験を顧みて、「文章が得意だった」「ノウハウを体系化してまとめるのが得意だった」などの長所を生かして、

「漫画の作り方をイラストを交えて文章で解説」、

「イラストの作り方を項目別にわかりやすく絵で解説」、

などのように、他の作り手がやらない方法で上位になることは可能です。

実例を挙げれば、「絵がそれなりに描ける人」は山ほどいる。しかし、「絵がそれなりに描けて旅行好きな人」はあまりいない、そして「絵がそれなりに描けて旅行好きな人で食べ物の絵が上手い人」はこの世にほとんどいないのですから、この事実を応用して、「キャラクターが旅行先で食べ物を味わっている」というニッチなイラスト分野でなら上位を独占できます。

隠れた才能を発見するための才能の見分け方を全部公開します
「自分の才能の種類が判れば、全部上手くいくのに!」と悔しい思いをしている人は多いはずです。そんな人達のために、その人が持って...

魅力についての当ブログでの解説ページは↓からどうぞ。

創作や美に必須の「魅力」を強引に解析して魅力の体得方法解説
「魅力」は理論化できない神秘の領域……だとブログ管理人は思っているので、「魅力は解析不能」と何度か記述してきましたが、そうは...




手段を問わず、視野を広くもってデビューを目指そう

面白いネタイラスト画像

「実力一本でデビューしてみせる!」と孤独に頑張っていく人は、世間を見回してもどうも上手くいかずに、何年も投稿生活を続けて、潰れていく事が多いようです。

デビューする人は、手段を問わずに何でもやっている事が多いようです。作品サンプルを各社に片っ端からメールに添付して送信したり、コミックマーケットに同人誌を出して大手サークルと懇意になり出版社の編集者を紹介してもらったり、ブログを描き続けて有名になって書籍化してもらったりと、デビューのルートは正規ルート一本ではありません。プロの創作者に本気でなりたかったら、頭を柔らかくし、プライドも捨てて、何にでも手を出してみましょう。



仕事カテゴリーネットサービスカテゴリー健康カテゴリー美容カテゴリー恋愛カテゴリー教育カテゴリー知識カテゴリーお楽しみカテゴリー漫画カテゴリー小説カテゴリーアニメカテゴリーゲームカテゴリー購入技カテゴリー住宅カテゴリー趣味カテゴリータグブログ内検索トップページ