いざ異界と化した羽生蛇村へ…SIRENのストーリーと魅力解説

sirenfun2

難解にして、本格和風ホラーのシナリオと物語舞台がいつまでも人々を魅了し続けるホラーゲーム・SIREN(サイレン)。最近、初代SIRENのLINEスタンプが発売されたり、高品質な漫画版連載が始まったりで、SIREN熱がじわじわ高まってきています。

SIRENの魅力やストーリーの裏側を調べてまとめました。

スポンサーリンク

SIRENの全ストーリー

SIREN恐い

恭也という少年が、森に迷い込み、深夜怪しい儀式を行っている人たちを目撃。
逃げようとして、追いかけてきた警官を車で轢いてしまう。突如サイレンが鳴り響き
警官ムックリ起きあがる。恭也は胸を撃ち抜かれ、赤い水の流れる川に転落。

河原で目を覚ますと修道女がいて、村は屍人でいっぱいということ、
恭也が死なないのは赤い水が体内に入ったからということ、
そして視界ジャックの方法を教えてもらう。
目をつぶって精神を統一すると人の視界を一緒になって見れる能力で、
屍人がどこを見て、どこを歩いてるかを、確認できるから、それで逃げるのだ。
案内された教会は風変わりな建物だった。村は奇妙な宗教を信仰しているらしい。

人の悲鳴を聞いてかけつけると、儀式に参加していた盲目の少女、美耶子が居た。
美耶子は連れ戻しに来た兄・淳を棒で殴り倒し、私を連れて逃げてと恭也に頼む。
しかたなく二人で逃亡。逃げこんだ廃屋で眠りこける恭也に、自分の血をわけあたえる美耶子。
「これでお前はあいつらのようにはならない」
逃げ回ってるうちに二人はなんだかいい雰囲気に。必ず一緒に村を出ようと約束。
そこに突如、兄の淳が猟銃を持って乱入。また恭也は撃ち抜かれて、川に転落。
今度は医師に助けられる。

医師は、双子の牧師がいるが、性格は正反対。
「ボク、儀式間違えてないよ~、なにが起こってるの~?」とうろたえる気弱な牧師をほっといて
村や病院が27年前の姿に変貌した謎や、屍人の撲滅方法を積極的に調べてまわる。
その際に、倒れた恭也や他のけが人を救出。そして病院で、呪具のような二体の像を発見する。

赤い水のおかげで死なず、美耶子の血のおかげで屍人にもならない恭也はすぐ復活。
美耶子を探しにまた村へと戻る。村は屍人の巣と化し、異形の建物が並んでいた。
その中央では、生け贄の美耶子が戻ってきたので修道女がウキウキ。
実はすべての黒幕はこの修道女。しかも不老不死らしい。
儀式が始められ、台座に寝ている美耶子が燃え上がり、堕辰子(神?異形?)が出現。喜ぶ修道女。
が、修道女の思惑を裏切り、堕辰子は暴れ出した。完全な復活ではなかったのだ。
そこへ恭也到着。燃え上がってる美耶子の遺体を目にする。そして堕辰子に襲われ意識をなくす。




スポンサーリンク





そして夢の中で美耶子に「あいつらを消して」と頼まれる。
目覚めた恭也は、美耶子との約束を守るべく、また屍人の巣、中枢部に突入。
途中で行く手を阻む屍人たちを、美耶子と意識を同調させ、撃墜。
そこに医師が現れ、像を恭也に渡し「すべてを終わらせろ」と言い残して去っていく。
さらに恭也は美耶子と精神が完全に同調、異界に入り込む。

現れた恭也に修道女は驚くが「あなたのせいね!」と恭也に怒りをぶつける。
そして傷つき横たわる堕辰子に、自らを生け贄に捧げ、堕辰子が完全復活。
恭也は、像の力を借りて戦う。

後日、村で屍人たちの群につっこんで屍人たちを次々ヌッコロしていく恭也の姿があった。

sirenfun1

初代SIRENが待望の漫画化↓SIRENファンも納得の再現度の高さらしいです。




異界化した羽生蛇村の環境

sirenfun5

現代の2003年の羽生蛇村と、27年前の1976年の時点の羽生蛇村が混在している異空間。

堕辰子の血であり、体内へ摂取すると元の世界へと帰れなくなる赤い水・赤い雨・赤い海に囲まれた絶望的状況で、屍人となった村人達が徘徊している。屍人は普通の人間を見かけると襲ってきて、赤い水を強制的に飲ませ、屍人化させる。武器などでいくらダウンさせても一定時間後に復活する不死身の屍人、猟銃で武装したり、蜘蛛・犬のような動作をする上級の屍人までいるので、迷い込んだら最後、こいつらの餌食になるのは確実。

羽生蛇村が異界化したのは、物語の冒頭で儀式に失敗してしまったため。

娘を生贄に捧げるための儀式を、求導師といわれる男性が行う。
もし儀式が成功すれば娘は現世から姿を消し、堕辰子のもとへ捧げられる。
逆に儀式が失敗すれば、羽生蛇村ごと異界に連れてかれてしまう。
ゲーム内では、生贄になることを拒んだ美耶子がご神体を壊したため、儀式は失敗し、村は異界に巻き込まれ、屍人がうようよいる世界になってしまう。

27年前の儀式失敗

sirenfun5

「羽生蛇村異聞」第二話・第四話のはなし。
27年前の失敗の原因は、生贄である先代美耶子が脱走したから。
美耶子は乳母の澄子の協力を得て、志村晃一(志村の息子)と共に村からの脱出を図る。
しかし晃一は途中で半屍人化してしまい、化け物になる事を拒んだ彼は美耶子に頼んで自分の体をぐるぐる巻きにさせ、胸に杭を打ちつけて、棺桶に封印させる。
(宮田2日0時のシナリオで、棺桶に入ったミイラがいるが、それが彼である。
一人になってしまった美耶子は、宮田医院の地下を彷徨っていたが、澄子と再会する。
しかしこの澄子は、自分が何者か忘れていた八尾比沙子であり、
記憶を取り戻した彼女によって、美耶子はうりえんともども封印されてしまう。
(同じく宮田2日0時のシナリオ終了条件2「うりえんの入手」で、うりえんを手渡してくれるミイラが彼女。死ぬことの出来ない神代の呪いのせいで生き続けていた。
澄子(八尾)の手により監禁された美耶子は、八尾の手からこの村を救ってほしいという声を牧野と宮田に送り続けていた。
しかしヘタレは聞こえない振りをし、最終的に宮田が彼女の願いを成就するのであった。

事件の元凶と、事件の真相

呪いの根源の堕辰子

sirenfun6

この世とは異なる別の世界から落ちてきた<神>の一種。かつて羽生蛇村の村民が飢饉に耐えきれずにその肉を喰らったことから、村に呪いが降りかかる事になった。

1300年前に羽生蛇村の村人を呪って殺し、幸か不幸か生き延びて不老不死になった八尾比沙子の手による完全復活を待っている。

堕辰子に許しを乞う八尾比沙子

sirenfun7

684年に、飢饉で死にかけていた彼女は堕辰子の肉を口にしたことで不死の呪いを受けた。このとき堕辰子の肉を口にした村人は比沙子を含め三人いたが、生き残ったのは比沙子一人であった。これは当時、彼女が妊.婦であったためといわれる。

呪いを受けた当時から1300年も生きて苦悩し尽くし人格も変容する→美耶子を生け贄に堕辰子の復活の儀式をするが失敗し、自身を生け贄に捧げて堕辰子が完全復活→須田によって堕辰子が倒され、刀で切断された堕辰子の首を別の時空へ延々と堕辰子の首を届ける存在となってしまう→別の時空で羽生蛇村の悲劇が永遠に繰り返される

こうして本来ならば堕辰子の首がなくなり儀式を遂行することができなくなった時点で、羽生蛇村は永遠に解放されることなく物語は終焉を迎えるはずであったが、比沙子が時空を超えて首を届けに来るために、比沙子と羽生蛇村は永遠に儀式を行い罪をあがなわなければならない。こうした結果、羽生蛇村には終わりと始まりという概念自体が消えてしまい、羽生蛇村の出来事は永遠に閉じたものとなってしまう。

閲覧注意!くねくねや八尺様などネットを震撼させた怖い話5選
暑くて、何かとテンションの上がる夏が近づいてきました。暑さを打ち消すアイスクリームや海水浴や夕涼みの冷たさがひときわ気持ちい...
超閲覧注意!猿夢やリゾートバイトやリアル等ネットの怖い話集
ネット上で語り継がれる幾多の怪談のうち、特に怖いと評判の、有名で別格の人気怪談を調べてまとめました。 猿夢 ...



スポンサーリンク



永遠に異界をさまようSDK(+美耶子の霊)

sirenfun8

美耶子の血分けで不死の身体になり、使用者の命と引き替えに屍人を浄化消滅させる超ハイリスクな「宇理炎」も使いたい放題、という最強状況になったSDK(須田恭也)が、物語のラストで羽生蛇村の全屍人を苦もなく殲滅したのは想像に難くない。

しかし、問題はその先。現実世界と断絶された、薄暗くて雰囲気最悪の羽生蛇村を長期間独りでうろうろさまよっていたらしいのは何となく予想がつく。

SIREN2でも、異界化した物語舞台にSDKがゲスト出演したことから、化け物達が住む広大な異界を、美耶子の霊に付き添われてずっとさまよっているらしい。本当、死んだ方がマシ。

なぜ異世界ファンタジー物は世界観が似ていて高人気なのか?
王族・貴族・騎士・平民・盗賊、剣・魔法・魔導書・錬金術・邪教徒・モンスター…アニメやゲームに触れていると、やたら出くわすこと...
ハロウィン系の吸血鬼や魔女やゴースト怪物はおしゃれで魅力的
ハロウィンで仮装に用いられるような、キャラクター化された吸血鬼やゴーストって、コミカルでおしゃれだと思います。 そうい...

SIRENのストーリーの面白ポイント

sirenfun4

  1. 地方の村で内々に執り行われている、人間を生け贄に捧げる秘祭、という設定
  2. 27年前に羽生蛇村が異界化した事件と地続きの、過去と決着をつけるストーリー構成
  3. 27年前に異界化した羽生蛇村に取り込まれた村人達と、現代のキャラクター達が時を超えて出会う事の恐さとわくわく感
  4. 和風伝奇の各種要素がてんこもりで、その手の作品が好きな人にとっては垂涎モノ
  5. 堕辰子の鳴き声(サイレン)で屍人化させられて、屍人達が村作りをしている、異界独自の生態系
  6. 異界化して屍人が徘徊する羽生蛇村を、こそこそ探索する妄想が楽しい
  7. もしも異界化した羽生蛇村に迷い込んでしまったら、どうするのが最適解か悩むのも楽しい。生還はまず不可能だから、そこからどうするか…
  8. 堕辰子って何者?もしかして宇宙人かも?
  9. 「ぐず!」「ゆっくり歩け!」とか罵倒してくる、わがままな美耶子が可愛い
  10. 慣れれば、村人形態の屍人も可愛い

当ブログでの別のSIREN特集ページは↓からどうぞ。

どうあがいても絶望…SIRENの世界はヤバすぎる…絶望まとめ
日本が生んだ和製ホラーゲームの中でも、ダントツの難易度とシナリオの難解さで知られる、PS2のSIREN(サイレン)。キャッチ...




SIRENの登場人物の行動と彼らの末路

sirenfun3

須田恭也(すだきょうや) 男子高校生
SDKは彼のHN。Su Da Kyoya ってことらしい。
オカルトランドというサイトで羽生蛇村のことを知って、興味本位で行ったら異変に巻き込まれる。
いきなり変な警官に発砲され、口の悪い美少女に振り回され、それでも頑張って村を出ようとする。
仕様→特になし。
武器→火かき棒・石田の銃・猟銃・焔薙・うりえん
前日……危ない警官に発砲されるが、ひき逃げしてなんとか逃亡。
初日……美耶子と知り合い、彼女を守ることに。美耶子と一緒に村を逃げ出すことを決意。
寝てる間に美耶子の血を入れられ、不死になってしまった。
二日目……黒幕さんに美耶子をさらわれ、助け出すために屍人ノ巣に突入。
しかし彼女はすでに生贄として捧げられてしまっていた。
三日目……夢の中で美耶子に「全て終わらせて!」と懇願され、ラスボスを撃破。
しかし異界からは出られず、美耶子との約束を守るためうりえん片手に延々と屍人を葬り続ける。

神代美耶子(かじろ みやこ)女/14歳/神の花嫁
羽生蛇村の旧家・神代家の末娘。村で数十年に一度行われる秘儀の生贄“神の花嫁”として育てられる。そのため役所や警察など公的機関の干渉を一切受けず、戸籍すら持たない特異な存在である。離れに軟禁され、世話係以外との接触を絶たれた環境で育ったせいか、かなりの世間知らずで、初対面の恭也を「お前」と呼ぶなど誰に対してもぞんざいな口調で話す。生まれつき盲目であるためか、神代家の中でも強い幻視の力を持っている。儀式に必要な堕辰子の首を壊したため村に異変が起こることになる。
異変後は余所者である恭也と行動をともにし、深い信頼関係を築く。彼女の血には不死の力があり、脱出行の過程で恭也の屍人化を食い止めるため、自らの血を分け与えた。自身を狙っていた神代淳によって須田と引き離された上に、八尾に捕まり儀式の生贄に捧げられてしまうが、霊体となって堕辰子との決戦に挑む恭也を導いた。その後も恭也の傍に寄り添い、異界を彷徨う彼の力となった。

竹内多聞(たけうちたもん) 大学教授
羽生蛇出身の大学教授。27年前、儀式が失敗した時唯一現世に戻ってこられた。
その時に両親を亡くしている(正確には両親は死んでおらず、異界で27年間屍人化に耐えていた)
里帰りに来たところで異界に巻き込まれる。裏.ルートで入手した拳銃を武器に戦う。なんだろう裏ルートって…
仕様→やたらタフ。なかなか息切れしないし、ダメージ耐性も異常にある。
武器→銃・鉄パイプ
初日……依子を連れて行動。村の状況を理解する。
二日目……離れ離れになってしまった依子を探している間に屍人ノ巣に辿りつく。
三日目……どさくさでSDKの血が身体の中に入る。中途半端に不死の呪いを受ける。
屍人化の兆候に苦しみながらも、両親と感動の再会を果たす。
が、両親は既に屍人。同じく屍人化が始まっていた多聞はそれに気付かず
年甲斐もなく「おとーさんおかーさん」と泣きつく。現実世界へは帰還できず。

牧野慶(まきのけい) 求導師
ヘタレ。27年前、先代求導師(怜治)に拾われる。ヘタレ。
儀式を失敗させてしまった重責から自殺した怜治に代わり、求導師を継ぐがヘタレ。
ヘタレは悪くないがあいにく今回も儀式は失敗。それでも「私は失敗してないんです」と言い張るヘタレ。
宮田は双子の弟。育った環境が環境なのでよそよそしく「宮田さん」「牧野さん」と呼び合っている。
仕様→特になし。宮田と全く同じ。
武器→常に丸腰。さすがヘタレ
初日……ぽぽこを連れて行動するが、屍人にぽぽこを襲われ、見捨てて逃げる。これだからヘタレは。
宮田医院に辿り着き、宮田・理沙と合流。
二日目……宮田が屍人になった恩田姉妹を解剖実験してる現場を目撃、怖くて逃げる。
三日目……丸腰なのに何故か屍人ノ巣に迷い込む。竹内同様、知らないうちにSDKの血が混じり不死の呪いを中途半端に受ける。
中央交差点で会った宮田に射殺されるが、呪いのせいで屍人化もせず、「肉塊」として蘇る(牧野慶としてのちゃんとした人格は保たれているので余計に悲惨。「肉塊」というのがどんな状態かは詳しく描かれていないので不明




スポンサーリンク




宮田司郎(みやたしろう) 医者
27年前、宮田涼子に拾われる。歪んだ両親に育てられたせいで人間的倫理観が欠如している。
かたや村の救世主的存在、かたや村の汚れ役である自分達双子の状況にずっと悩んでいた。
仕様→牧野と全く同じ。SDKより若干タフ……?
武器→ラチェットスパナ・ネイルハンマー・竹内の銃
初日……殺して埋めたはずの恋人・美奈の死体が消えていたので、彼女を探す。
途中で合流した理沙と共に宮田医院に到達。屍人化した美奈に襲われるも、退ける。
二日目……美奈に同調した理沙を衝動的に絞/殺。しかし理沙はすぐに屍人化する。
病院の地下室で先代美耶子からうりえんを受け取る。
三日目……自分が牧野に代わり求導師になるため、牧野を射/殺し服を奪う。
ダムを壊し、水底で屍人化に耐えていた村人たちをうりえんで成仏させる。
同時に自分の命も使い果たし、お迎えに来た恩田姉妹と仲良く昇天するのだった。

恩田理沙(おんだりさ) 家事手伝いという名のNEET
宮田の恋人・恩田美奈の双子の妹。集団就職で上京したがうまくゆかず、キャッチセールスにもつかまり傷心のところを、美奈の誘いにより帰郷する。
が、故郷に戻った途端異変に巻き込まれ、よりにもよって宮田と行動を共にしてしまったのが運の尽き。
美奈と同調した時点で「恩田理沙」って人格は恐らく失われてたと思う。
仕様→ダメージ耐性異常に低い。攻撃力も異常に低い。下手したら春海を差し置いて最弱?
武器→傘。あってもなくても変わらないような最弱武器。
屍人時の仕様→復活が異常に早い。6秒だか10秒だか。あと悲鳴がうるさい。頭脳屍人時はダメージ受けてもひるまない。
屍人時の武器……なし(半屍人)/失念orz(頭脳屍人)
初日……宮田に助けを求め、美奈を探して宮田医院に到達。
頭脳屍人化した姉に襲われ辛くも逃げ延びるが、再び姉と遭遇。意識を同調させられ「第二の美奈」になってしまう。
二日目……美奈と同調したためか、ナース姿で宮田の前に現れる。即絞/殺される。サイレンを聞いて即屍人化する。
三日目……牧野コスをした宮田を姉妹ともどもしつこく追いまわすが、妹は杭で打たれ、姉は生き埋めという悲惨な目に遭わせられる。この時には理沙も海還りを終えて頭脳屍人になっていた。

志村晃(しむらあきら) 猟師
27年前の異変で妻子を亡くし、深く心を閉ざしていた。
八尾の正体に気付いていたり、赤い水の影響を受けずに視界ジャックが出来る貴重な人間。
70歳とは思えぬ俊敏な動き。SIREN界ではスナイパーの代名詞ってくらいゴルゴ。
仕様→おじいちゃんなので息切れが早いです。高所から降りるとダメージ受けます。労わりましょう。
武器→猟銃
屍人時の仕様→竹内2日10時では動かなくなるバグ発生。半屍人時は数発弾を当てないと倒せない。羽根屍人の時は通常の羽根屍人と仕様は変わらない様子。相変わらずゴルゴ。
屍人時の武器……猟銃(半屍人/羽根屍人共通)
初日……村の異変に気付き、猟銃を手に屍人を倒してゆく。
屍人に襲われていた依子を助けた後、化け物になる事を恐れ自ら命を絶つ。
二日目……案の定、0時のサイレンにより半屍人として蘇ってしまう。
結局逃れられないのだと自嘲し、狂ったように笑い出す。
後に依子を襲い、竹内に倒される。
まだ人間としての記憶は残っていたため、竹内と会話をしたらしい。
三日目……この頃には海還りを終えて、羽根屍人として牧野のシナリオに登場。
既に人間だった頃の記憶は失ってしまったようだ。

前田知子(まえだともこ) 中学生
ごく普通の中学生。親に日記を読まれ、怒ってプチ家出をした最中異変に巻き込まれる。
とにかく親元に帰りたい一心で、両親の姿を探し続ける。赤ジャージなのは永遠の謎。
仕様……大人キャラより若干体力は劣る。
武器……持ちません
屍人時の仕様……春海のステージにしか出てこないので、ダメージ耐性も何もないです。屍人時の方が声がかわいい。
屍人時の武器……なし
初日……よりにもよってヘタレと一緒に行動するが、早々と見捨てられる。
更に不運なことに、八尾さんによって屍人のうじゃうじゃいる廃屋につれていかれ、そこで屍人化してしまう。
二日目……自分が屍人化している事に気付かず、両親のいる教会を目指す。
しかし屍人化した娘を見て両親は威嚇し、傷ついたぽぽこは一旦その場を去る。
思い直した両親はぽぽこを追いかけるが、屍人に襲われ仲間入り。
その後は屍人同士一家団欒を楽しむのであった。
三日目……その後は不明。第二形態になったかも不明。

高遠玲子(たかとおれいこ) 小学校教師
春海の担任の先生。どうやら体育の先生らしい。
水難事故で娘・めぐみを亡くしており、それが原因で離婚。
娘と年頃の似た春海を、命をかけてでも守り通すことを誓う。
仕様……女性キャラだが、体育教師なのでタフ。攻撃力も高い。
武器……バール(のようなもの)。武器を振るタイミングに癖があるので慣れが必要です。
屍人時の仕様……タフなのと攻撃力の高さは屍人になっても健在。しかも素早い。強敵です。
屍人時の武器……なし(半屍人)/鎌(頭脳屍人)
初日……春海を連れてなんとか学校から脱出するも、春海が屍人に囲まれ窮地の状況に。
屍人の注意を自分の方に向け、屍人もろとも爆死する。
二日目……サイレンにより半屍人として復活する。
廃屋に迷い込んだ春海を追い回すが、決して襲うためでなくて守るために追いかけていたんだと信じたい。
三日目……海還りを終えて頭脳屍人となる。犬屍人化した美浜を連れて竹内を襲った。
最後は校長に襲われている春海を身を挺して救い、校長と共に奈落の底へ落ちていった。

四方田春海(よもだはるみ) 小学生
落雷事故で両親を失い、叔母の家で暮らしている。
両親を亡くしたショックで心を閉ざしていたが、同じく娘を亡くした高遠によって心を開いてゆく。
仕様……小学生の女の子なので無理をさせてはいけません。春海は敵に一定距離近づかれただけでゲームオーバーです。
武器……持ちません。子供に武器を持たせないスタッフの良心を感じます
初日……高遠と共に学校を脱出するが、当の高遠は春海を助けるため爆死してしまう。
二日目……廃屋に身を潜めていたが、屍人化したぽぽこファミリーが居ついてしまったので脱出。
そこの庭で半屍人化した高遠と最悪の再会を果たしてしまう。
三日目……いつの間にか屍人ノ巣に迷い込んでいたが、自力でなんとか脱出。
校長に襲われ窮地に陥るが、屍人となってもなお彼女を守ろうとする高遠に救われる。
力尽きて倒れた所を、謎の人影(SDK説有力)により現世に戻される。
最終的に、彼女が唯一の生還者となる。

美浜奈保子(みはまなおこ) TVレポーター
元グラビアアイドル。今は落ち目。
心霊番組のレポーターとして羽生蛇村を訪れたところ、異変に巻き込まれる。
銃が扱えるのは、売れっ子だった頃に出たドラマ「ヒットマン女豹」の経験からだろうか?
ちなみにオカルトランド掲示板、SIREN2のアーカイブ「亀ゼリーラーメン」など色んな所にゲスト出演している。
仕様……ダメージ耐性は理沙よりあるが、とにかく息切れが早い。
武器……拳銃
屍人時の仕様……犬美浜は他の犬よりもダメージ耐性が強いので強敵。
屍人時の武器……鎌だったような(半屍人/そもそもプレイヤーキャラも屍人なので襲わない)/なし(犬屍人/まあ犬だし)
初日……スタッフとはぐれ一人途方に暮れていた所、志村から永遠に生きる女の話を聞く。
その話が気になった美浜は学校の図書館で民話集を入手、赤い水と永遠の若さの関係を知る。
二日目……自ら赤い海に入水、機を待たずして屍人化する。
同じく半屍人化したぽぽこをストーキングするが、教会までは着いてこなかったようだ。
三日目……永遠の若さに執着した美浜は、あわれ犬屍人となってゴミを漁っていた……。
多聞にやられて「ふくらはぎ!」とか叫んでる姿を見て切なくなります。

すごーい!いつでもフレンズたちに会えるー!




仕事カテゴリーネットサービスカテゴリー健康カテゴリー美容カテゴリー恋愛カテゴリー教育カテゴリー知識カテゴリーお楽しみカテゴリー漫画カテゴリー小説カテゴリーアニメカテゴリーゲームカテゴリー購入技カテゴリー住宅カテゴリー趣味カテゴリータグブログ内検索トップページ