太りやすい脳の構造と体質の解説とセロトニン活用でデブ化防止

太りやすい原因体質脳

太ってしまう人は、たいてい「その人のだらしない性格に問題がある!」と非難されがちですが、もしかすると、脳の構造や体質そのものが痩せ型の人とは違っているのでは?

太りやすい原因を、生まれつきの脳の構造と神経伝達物質の影響と体質の側面から調べてまとめました。

スポンサーリンク

簡単に太ってしまう人の脳の特徴

頭脳疲労回復方法

太っている人が標準体重の人より知能が下という挑発的な研究結果が発表された。男性も女性も肥満型だと脳の灰白質が少ないことが原因だそうだ。これまでの研究で脳の灰白質の容積と知能の関連性は明らかとなっている。

カナダ、マニトバ大学のチェイス・フィグレー氏らによる研究は、アメリカ、メリーランド州ボルティモアに住む成人32名(男女各16名ずつ)の脳のイメージを調査したものだ(脳障害、薬/物の濫用、精神疾患の既往歴がある人は除外)。

研究者は肥満度の一般的な指標であるボディマス指数(BMI)と体脂肪率を測定し、これらを脳の構造や機能と比較した。脳スキャンは全体はもちろん、特定のネットワークにまで及ぶ徹底したものだったという。特に関心が払われたのは”主要ネットワーク(salience network)”という、「やる気、意志、肉体的感情的な困難に耐える力の台座」の部分だ。

その結果、標準体重の人と肥満の人の間の白質には有意な差が見られなかった。ところが、灰白質については、BMIが高い人は全体的に少ないことが明らかとなった。

一方で、特定のネットワークに目を向けるとまた違った絵図が浮かび上がる。とりわけ体重が重く、脂肪が多いほど、主要ネットワークにおいて白質が少ない傾向にあった。また背側線条体という、習慣的な行動に関連する領域にも差異が見られた。

これについてフィグレー氏は、「こうした差異が、自制心を発揮して健康的なライフスタイルを維持する太った人の能力に影響すると考えるのは理にかなっています」とコメントする。

真剣になれない人のための名言と不真面目さがもたらす害悪
「病的なまでに真剣になれない」人がこの世には存在します。それは生まれ持った性格が原因だったり、怠惰に満ちた環境で育ったことが...
安くて大容量の高カロリー食品!アメリカ人が太りやすい理由
アメリカといえば世界一の経済力と軍事力を誇る超大国。国力の豊かさを象徴するかのように超ビッグサイズの食べ物が紹介されることが...




外部からのストレスに反応して太る

女性職場人間関係

人間の脳がストレスを感じると、コルチゾールというホルモンが分泌されます。このホルモンは、体の危険を察知して、脂肪を積極的に蓄えようとする働きがあるので、これだけで太りやすくなってしまいます。

さらに、ストレス太りになりやすい人は、得てして甘いものや脂っこいものに走る傾向があります。これは、脳が甘いものや脂っこいものをほしがっているからです。

ストレスを感じると、脳は負担を感じ、危険な状態だと認識します。そして、脳に必要な栄養素をたくさん確保しようとします。

コストパフォーマンス高い食べ物解説

まずはブドウ糖。糖分です。脳のエネルギー源はブドウ糖なので、甘いものをとってブドウ糖を積極的に補給するように指示を出します。

つぎにコレステロール。脳が情報伝達するためにはコレステロールが必要で、神経細胞にもコレステロールが欠かせないといわれています。さらに肉に多く含まれるトリプトファンという必須アミノ酸は、精神状態を安定させるために必要な成分で、これらを補うために脂っこいものを食べるように指示を出します。

脳はストレスから解放されようと、自発的に甘いものや脂っこいものをとろうとしているわけです。

ダイエット中、甘いものや脂っこいものを極端に制限している人の場合、その反動でよけいに脳から強い信号が出されるので、こうなると自分の意思で抑えるのはなかなか難しくなります。

満腹じゃないから食べるデブの食費や食生活で大変な事まとめ
ブログ管理人は気に入った漫画・小説・一般書籍・画集など本を買い集めるのが好きで、部屋の中に本があふれているような状況ですが、...

セロトニンを上手く分泌できればストレス太りを回避可能

セロトニン合成分泌方法

イラッとする時に限って甘いものが欲しくなる!というのは糖分を体に入れて脳のセロトニン分泌を図っているんです。

そして油っこいものが好きな人もいますよね?

これは、脳内での情報伝達にコレステロールが必要だからです。

というわけで、ストレスで太ってしまう仕組みは『脳でセロトニンが減る→セロトニンを増やすために糖分・油分を摂取』ということになります。




スポンサーリンク





2002年から行われている調査で、ストレス解消法に『好きなものを食べる』と挙げている女性は毎年18-20%程度います。

その一方で男性は10%未満のことが多く、女性の方が男性よりも食べ物でストレスを解消するケースがみられることがわかっています。

結婚向いている適性特徴

スウェーデンの研究では、脳のセロトニン系に男女差があることがわかりました。女性の方が男性よりもセロトニン量が少なく、特に女性ホルモンが増える月.経前にはさらにセロトニン量が減るとのこと。

セロトニンを増やす方法は大きく分けてふたつあります。

セロトニンの90%ほどは腸で作れているので、腸でセロトニンを作る方法と、あとは脳でセロトニンを作る方法です。

90%は腸で作られるといっても、脳で作られるセロトニンの方が痩せる脳、ダイエット脳にとっては重要だったりします。

朝日を浴びることでセロトニンを増やす

セロトニン太陽光関係

朝日を浴びることで脳内のセロトニンの量を増やすことができます。

太陽光というのは凄い力をもっていて、晴れた日の朝日でなくても曇りの日の朝日でもセロトニンを分泌させる力があります。

もちろん、朝きちんと起きることによって体内時計も正しくセットされるので鬱病の対策にも効果的です。

軽いリズム運動を行ってセロトニンを分泌

fatbrain1

以前は脳の働きと身体の働きは別物だと考えられていましたが、最近では身体の働きと脳の働きは関係するというのが常識になっています。

そして脳内のセロトニンを増やす為には、軽いリズム運動を行うことが効果的です。

リズム運動とは具体的に言うと、分かりやすいのはウォーキングやランニングです。あとは自転車に乗ってリズムよく足を動かすこともリズム運動です。



スポンサーリンク



また外に出なくても、家の中でリズムに合わせてダンスをしたり、よく噛んで食べることもリズム運動のひとつです。

食べ物の摂取でセロトニンを増やす

セロトニン合成分泌方法

腸で作られるセロトニンは、トリプトファンという成分が原料になっています。

このトリプトファンを増やせばセロトニンを増やせる訳ですが、トリプトファンがたくさん含まれた食材は何でしょうか。

トリプトファンを多く含む代表的な食材は、肉の赤身や魚など、あとは豆乳や納豆などの大豆食品、あとはヨーグルトやチーズなどの乳製品、あとはアーモンドなどのナッツ類となっています。

他にはバナナなどもトリプトファンを多く含む食べ物です。

トリプトファンのサプリメントで手軽に効率的に摂取することもできます。

こういったトリプトファンを多く含む食べ物を食べることで腸で作られるセロトニンを増やすことができます。

また腸で作られるので腸の働きをよくするために腸を温めるのも効果的です。腸を刺激するスパイスを多量に含むカレーが最適であると言われています。

当ブログでのセロトニン特集ページは↓をご覧下さい。

ストレス減少やうつ病予防!幸福度が増すセロトニンとは?
体内に分泌されると幸福感を味わえると言われる脳内物質の「セロトニン」。人生における幸福や、あまりに怖いうつ病を予防のためにも...
筋トレはセロトニン大分泌で心を健康にし筋肉で自信が付く!
「健全な精神は健全な肉体に宿る」というのは大昔から言われ続けていることなので、それなりの信憑性はありそうです。 どうも...
食事と日光でセロトニンをガンガン合成し化学的に幸福な生活
幸福な気分になれるとされている脳内物質の「セロトニン」は、あまりに恐すぎるうつ病を予防し、精神を安定させて、人生を満ち足りた...

太りやすい遺伝3割+育った環境7割

研究で、両親ともに肥満でない場合の子供の肥満発生率は10%。
一方の両親が肥満である場合の子供の肥満発生率は40~60%。
両親ともに肥満である場合の子供の肥満発生率は80%という恐ろしい結果が出ています。

太りやすい環境とは生活習慣です。
家族ですから食生活も同じわけですよね。
から揚げやコロッケなどのカロリーの高い食事を好む家庭に生まれた子は、やはりカロリーの高いものを食べて育ち、太りやすい食習慣がつきます。
また運動についても同じようなことが言えます。

幼い頃からの習慣や好みは、大人になって変えようとしてもそう簡単に変えられるものではありません。
このように高カロリーの食事を好み、運動嫌いの家庭で育った子供は太る体質になりやすいでしょうし、同時に家族全員が太っていても頷けます。

太りやすい遺伝子を持って生まれ、太りやすい環境で育ち、はじめて太りやすい体質(肥満)になるのです。
このように太りやすい体質は遺伝3割・環境7割と言われています。

太っている人が必死に努力してダイエットに成功!というTVの特集で、デブの天敵は唐揚げ・マヨネーズ・優しい祖父母であるというのを見たことがあります。

孫可愛さに、おばあちゃんは好きなものをたくさんお食べと子供の好物ばかりを必要以上に与えます。
少しくらい太っていても、コロコロしていて可愛いじゃないかと。
食に甘やかされた結果が、太りやすい体質です。

痩せられずに太り続ける人にありがちな5種類のデブ的思考法
( ´;ω;` ) ダイエット中なのにざるそば4人前600g食べちゃった・・・ ( ´;ω;` ) あとタクアンとエビ天イカ天2本ずつとト...

太りやすい性格型というものがある

creditcardworld3

優しい人、Noと言えない人、頑張り屋さん、世話好き、完璧主義の人たちは精神的な肥満に陥りやすいですね。

特に肥満になりやすい人は「優しい人」が多いようです。他人から何かを頼まれると「NOと言えない」タイプ。他人に優しいことは良いことなのですが、度が過ぎるとストレスになります。

人が食べるのは体の栄養補給のためではありますが、体の栄養補給のためだけではないのですね。心の栄養補給としても、食事を行っているのです。

他にも

  1. 楽観的
  2. 面倒くさがり
  3. 考えるよりまず行動してしまう
  4. 自分に厳しすぎるor甘すぎる
  5. 優しすぎる
  6. ストレスの発散が苦手
  7. 我慢ができない

太りやすい人はこのような性格的特徴をもつことが多く、この性格ゆえにもともと自制が効きにくくて太りやすく、さらにそこへ遺伝的体質や太りやすい家庭環境が加わると簡単に肥満になってしまいます。

ダイエットをしてこれが本物と思った格言二つ。
○食べずに動けば痩せる。
○心がデブなうちは何しても無駄。まず心から痩せろ。
一つ目は言わずもがな。痩せない奴はいろいろ言い訳するけど、食べずに動けば絶対痩せる。
痩せないってことは、どっかで食べていて、怠けてる。食べるな、動け。
二つ目は、いろいろなダイエット方法があり、それなりに効果はあるが、
結局食べたい、怠けたいではどんな方法でも痩せないし、仮に痩せてもすぐリバウンドする。
必要なだけ食べる。体を動かすことを喜ぶ。

ダイエット中なのに自分で作ったカレー美味しくて食いまくっちゃった・・・
( ´;ω;` ) 米750g・・・
肉300g・・・野菜320g・・・あとカレールー・・・
全部胃の中にしょいこんだ・・・

( ´;ω;` ) ダイエット中なのにざるそば4人前600g食べちゃった・・・
( ´;ω;` ) あとタクアンとエビ天イカ天2本ずつとトンカツ食べちゃった・・・
ジュースも二本飲んだ・・・どうしよう・・・

自分に甘くて楽観的で我慢ができない、デブの性格的な特徴解説
太る人は、どうして太ってしまうのか、太ってしまう人に共通している性格的特徴や、食べ続けてしまう動機を調査しました。 ...
脳と魂まで脂肪まみれ…謎のかっこよさを誇るデブの名言まとめ
太った人のだらしない性格、開き直り、食に対するストイックな姿勢、食べる事を止めたくても止められない悲哀などなど、人間が生まれ持つ光と...




太りやすい体質というものがある

fatbrain3

1.無理なダイエット
急激に食事を減らすとストレスになり、リバウンドにつながってしまいます。また、短期的なダイエットは筋肉が減ってしまい、体脂肪が増えやすくなります。

2.不規則な生活習慣
睡眠不足や不規則な食事時間ではホルモンバランスが悪くなり体調を崩す原因に。またリバウンドしやすいカラダになりやすいです。

3.運動不足
筋肉量が少ないと基礎代謝が上がらずにエネルギーを消費しにくくなります。適度な運動で代謝を高めましょう。また、筋トレで筋肉を増やせば、基礎代謝も増えますよ。

4.冷え性
血行不良によりカラダが水分を溜め込んでしまいむくみやすく、代謝も悪くなります。

5.脂肪細胞の数がもともと多い
遺伝や成長期に脂肪細胞が増えてしまうと、脂肪を溜め込みやすいカラダになってしまいます。



仕事カテゴリーネットサービスカテゴリー健康カテゴリー美容カテゴリー恋愛カテゴリー教育カテゴリー知識カテゴリーお楽しみカテゴリー漫画カテゴリー小説カテゴリーアニメカテゴリーゲームカテゴリー購入技カテゴリー住宅カテゴリー趣味カテゴリータグブログ内検索トップページ