孤独を受け入れないと大人になれない。脱依存のぼっちのススメ

bocchilife3

個性が強すぎて他人に興味が持てずに進んでぼっちになった人も、集団から脱落してぼっちになった人も、ぼっちの自分を肯定できるような言葉を調べてまとめました。

スポンサーリンク

ぼっちでいることを肯定する声

bocchilife1

「孤独感」とは、「孤独=不快」で思考停止している馬鹿に与えられるペナルティである


本当の孤独は、みんなといるときに感じるもんだけどな^^
取巻きのようなヤツばかりで
自分に並び立つレベルのヤツがいないのは
本当に寂しい
だからといって、自分のレベルを下げるのも違うしな。

頭がいいってのは霊が見えるってのに似ている。
世の中のいろいろな問題点が見えて、その解決法までわかるし、周りの一般人は問題に気づいてすらいないこともわかる。周りに伝えたところで理解もされないし解決に動いてももらえない。ものすごい孤独よ。
でも10年とか20年すると世間でも問題が顕在化してきて、何で誰も警鐘をならさなかったって責められる。
表面的には周りと仲良く楽しくやってるけど、見えてるものも違うし、深い相互理解なんてものはあきらめなきゃならない。子供のころからこういう経験を繰り返してると、頭がいいことってそんなにいいことじゃないなと思うよ。

普通に考えてバカはウェーイやって喜んでるけど
高IQは意味のないベタベタの触れ合いにうんざりしてるんだろ
こいつらと長時間一緒にいるくらいなら一人で色々考えたりしたいと

レアなスキルや強力な魔法、高い戦力、人を使える権限や権力、そういう力を持つってことは、同時に孤独になっていくってことでもある、、、僕はそう思う。もちろん、必要とはされる、頼られもする、、、だけど、それは人間としてじゃない。その人が持っている力そのものが必要とされているだけ。

41. 名無しの刺客さん 2015年08月29日 15:12 ID:bIS9.Wa60
このテの話で毎回毎回
「独身は孤独死するから」
って言うヤツなんなの?
これからの数十年もある人生を
最期の死ぬ間際だけに照準を合わせて生きてんの?
バカだろそれ。
45. 名無しの刺客さん 2015年08月29日 15:26 ID:DpsvVTOo0
※41
そもそも嫁に介護して貰う前提で結婚を語るのはおかしいんだよね。
どっちか先には亡くなるんだから片方は孤独死だし、離婚率4割なんだから「結婚したら」じゃなくて「離婚しなかったら」の前提でしかない。
生涯離婚率4割を超えて、嫁が健康で自分が先に亡くなる前提でって、打算も良いところ(笑)

実際のところは孤独だよ。
周りに話の合うやつがほとんどいない。
頭のいいやつ同士でつるんでるときはいいけど、そういうわけにもいかないから。
上位層は人数が少ない=マイノリティって面が大きい。

子どもや孫が居ないと老後寂しいとか、どんだけ貧しい人生観と偏見だよ
マスコミが煽ってる孤独死のニュースに踊らされ過ぎだろ
独身は独身で楽しんでるし、しっかり経済活動もしてる
ただし、子ほどに理不尽に金掛かりまくるものはないから、経済を回す効果は高い
結婚して経済的に貧しくなって仕事増やし暇も無くなったというのは、日本経済から見たら好都合で
多くの国民がその状況になれば、数年後には全体的に豊かになる

つくづく子供のときにスマホやネットみたいのが発達してなくてよかったと思ってる
一人の時間すら人間関係やら他人の評価に気を使って
機械を上手く使いこなしてるというよりは機械に拘束されてるようだ

結婚できない、したくないから理論武装するんだろっていう人いるけど、
デメリットも多く、しかもそれを何十年にもわたって味わうことを
一時の感情や「しないといかん」てな考えだけで簡単に婚姻届に判を押す方がどうかしてると思う。

既婚も独身も、満足した生活をしてたら自分とは違う属性を批判しない。こんなサイトで日頃の鬱憤を晴らすように熱心に書き込みすることは、「不満だ」と言ってるようなもの。
さて、独身批判が多いようだが果たして……

自分以外の人間はすべて敵。最愛の人も含めてな。
それぐらい自立しろ。でなければお前は心が折れて死んでしまう。
お前はお金を貯めろ。馬鹿が勝手に消費してくれるから、
お前がお金を使う必要は一切ない。そのうちマジで働かなくても問題なくなる。
自分がやりたいように生きることで、他人に貢献しろ!
割と世の中てきとうだから問題ない。

相手が居る居ないで変わる幸せなんて、相手にたかっているも同然。
幸せな人は状況が幸せなのではなく、その人そのものが幸せを感じられる人。
そんな人が二人揃えば結婚も良いだろう。
そうでなければ一人で幸せに歩む方が良い。

20代で結婚して子無しのまま30代半ばで離婚して
今40代のおっちゃんやけどめっちゃ人生気楽でええぞ~
いつ死んでも悔い無いし毎日好き勝手に暮らしてる
若い頃は人並みに色々せなアカンと思いこんでたけど
結婚と子育ては自分を殺して我慢出来る才能が必要やし
独りで生きる気楽さがそれに勝ってしまう人は
無理に結婚せん方がええってのが教訓やったで

9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/21 17:16:40 ID:oQJr+LhB0
自炊するようになったら結婚する必要を感じなくなった。
14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/21 17:18:26 ID:fU7hlzZ70
>>9
一人でなんでも出来る奴って独身多いよな

生涯離婚率4割超えるのに結婚なんてするのがバカ
因みに離婚後の男性は自殺率が44倍に跳ね上がるオマケ付き

結婚はリア充を演じたい世間体を気にする弱者がするもの
ほんとに人生をまったり楽しんでいる者の大半は独身というね

・無理して誰とでも仲良くする必要はない。お互いにメリットがある人同士繋がればいい
・自分一人でなんでもできるようになる必要はない。できないことは人に任せるて得意なことに特化した方が効率が良い
・考えて分からないことは、調べるか知ってそうな人に聞くか実際やってみるしかない。分からないことを考える時間は無駄
・少しでも上手くいってることはそのまま続ける。ダメになったら止めるか変えるかすればいい
・失敗ではなく「上手くいかない方法を見つけた」と考えれば次に活かしやすい
・人間は簡単に影響を受けて流されるので、極力嫌なムードの場所や変な影響を受けそうな人の近くには行かない方がいい
・人間、明確な目標がないと行動できない
・他にも色々あるけど、自分の心に決めたルール(マインドセット)がない人間はあっちへ行ったりこっちへ行ったりフラフラして、目標にたどり着けない

自分の適性に従って生きるの大事よ

逆に聞きたいんだが
人生は一度しかないんだから好きに生きて何が悪いのかわからん

ぼっち…大学等で友達ができずに孤立する人達の問題まとめ
中学・高校・大学・予備校・専門学校等で、孤立してしまう状態を指す「ぼっち」。非常に辛い精神状態の日々が続きますが、近年ではぼ...
ネットを使いまくれ!コミュ障や社会不適合者のための恋愛方法
異性と上手く話せない「コミュ障」や「社会不適合者」だって、やっぱり恋愛を楽しみたいもの。そういった人達が異性と恋愛をするため...




孤独についての名言

百合イラスト画像魅力

自由に呼吸することは、人生を孤独にしない。

孤独とは物事を深く考えるチャンス。友達が多い事は必ずしも幸せではない。

孤独を味わうことで、人は自分に厳しく、他人に優しくなれる。いずれにせよ、人格が磨かれる。

孤独を受け入れないと大人になれない。大人になれないガキばかりの国でお前は大人にならなきゃなンねェーンだ。

読むべし!闇金ウシジマくんの名言に学ぶお金と社会の真実
ルールを決めるのは、強者だ。金と権力のある奴らだ。強者は自分に都合のいいルールを作る。だから、いつも弱者がわりを食う。 ...


スポンサーリンク



高く登ろうと思うなら、自分の脚を使うことだ。高いところへは、他人によって運ばれてはならない。ひとの背中や頭に乗ってはならない。

わかりあおうと努力しなければならない友達ごっこなどもう終わりにしろ。

友達はただの話し相手 何も期待するな

旅に出て、もしも自分よりすぐれた者か、または自分にひとしい者にであわなかったら、むしろきっぱりと独りで行け。愚かな者を道連れにしてはならぬ。

あいまいな友であるよりも、はっきりとした敵であれ。

ソロ充…集団行動を取らず一人での趣味を楽しむリア充の亜種
いつでもどこでもスムーズにネットに繋がるスマートホンの国民的普及と、スマホで簡単に利用できるSNSの大普及で、人間関係も以前...

ぼっちの種類解説

高齢ニート特徴末路

((ω・)=キョロ充。
勘違いされやすいがリア充に合わせるだけの語を発すだけでコミュ力は皆無。
ぼっちを見下し優越感に浸る一方でぼっち化を恐れている。雰囲気イケメン()になるためにおしゃれに気を遣う。
その努力もむなしく仮初の仲間しかできず、アドレス帳と反比例して虚しさが増す。

(^・^) ソロ充。
ぼっちとの違いはリア充となる能力を持ち合わせていながら一人でいることを選択する点。
リア充に対する妬みやうらやむ気持ちなどもない。一人でファミレス、カラオケ、ボウリングをする強者。
自分との徹底的な対話によって人生に価値を見出すことに成功している。イケメン率が高い。

(ぼっちの比較対象)

(^^)  リア充。
人と関わることは人生のエッセンス。思想や人種、外見にかかわらず分け隔てなく接し、
メールや掲示板よりも目と目を合わせた対話を重視。本音をぶつけられる友がいる。異性の友人も多い。
ぼっちからの妬みの的となるが、全く気にしない。

リア充…恋人がいたり友達も多いプライベートが充実している人
恋人がいて、交友関係や日々の遊び用スケジュールも充実している人達を指す「リア充」。ぱっとしない内気な人達からは憧れの対象でも...

ぼっちの詳しい種類

aboutsoldier1

(∵゛)高齢ぼっち
特殊なぼっち。元来ぼっちであるケース以外にも、配偶者や友人に先立たれ、
世話をしてくれる人がいない状態であることが多い。金銭的、あるいは精神的抵抗から施設を拒み、
最悪の場合孤独死に至る、近年社会問題化しているぼっち。地域とのつながりが高齢ぼっちを防ぐ。

(.¨) 変異型ぼっち
アドレスの交換やSNSなどで友達になった気でいた愚かなぼっち。
当初はぼっちを見下していたが徐々に交友関係から淘汰され自らもぼっちなことに気付く。
キョロ充の最も恐れる形態。デビューあるいは根暗であることが多い。

(∵¥)ビジネスぼっち
社会人として職についたぼっち。差別化を図りたい一心でネットに張り付きニートやフリーター、ゆとりを煽る。
業務上の会話は可能だが、オフになるととたんに黙り込む。周囲からの評判は概して悪い。彼女いn(ry
飲み会の誘いを恐れ、仕事が終わると一目散に帰宅。忘年会や新年会の季節になると鬱になる。

(・q・)電波ぼっち
アスペ。一人で歩くだけで周りの人が自分のことを笑っているような気がする。現実世界で相手にされないので
2ch、ニコニコ生放送などを利用するもやはりぼっち。コミュ力に不相応な強い自己顕示欲を持つ。
不思議ちゃんを演出して一人が好きキャラを後付けしようとするも結局注目されたくての行動なのでボロが出る。

(∵↑) ネオぼっち
容姿や性格などに問題があるわけでもないのにぼっちであるケース。一般的ぼっちの心のよりどころ。
コミュニケーション力も話しかけられれば問題なく会話できるレベルの場合が多い。彼女やただ話すだけの知り合いがいるが、
それ以外ではぼっち。ぼっちのなかでも上位種。すべての人の「5,6番手の友達」

逃げ癖と努力不可が特徴の回避性人格障害の治療方法まとめ
恥をかくことや失敗を異常に恐れ、そのせいで全く挑戦ができず、逃げ癖が骨の髄まで染みついてしまう「回避性人格障害」。理解のない...

ぼっちの人生

和風日本伝奇イラスト画像

(∵小)初期ぼっち。
幼少期、主に小学校で出現。外で遊ぶ習慣がつかず、
身体発育や基礎コミュ力の面に重大な影響を残すことも多い。
教師からは真面目な子と言われるが保護者面談でぼっちを毎回話のネタにされ、
親に対して恥ずかしい思いをする。読書家と評されることが図らずも多い。

(∵中)中期ぼっち。
中・高で出現。不登校になるものも多い。多感な思春期を人と関わらず過ごすため、人格形成への影響が大きい。
特に異性との正常なコミュニケーションの仕方が会得できず、後の人生に響く。リア充を憎む。時に他の人と同じ正常な
人間関係を形成できないことを自分が特別な存在だからと勘違いし、厨二病ぼっち(∵†)に変異することも。

(∵大)後期ぼっち。
大学で出現。友人がいないため、試験や実験、履修、ゼミで苦労。彼女いない歴=年齢
リア充の動向が特に気になり、リア充に対する不満をネット上でぶちまける。キョロ充に殺意を覚える。
自分がぼっちである原因をリア充や学校、酷い時は親や生育環境に責任転嫁。
人とつるむことは心が弱いからなんだ。だから自分は心の強い人間なんだ。

人をしのぐのも楽じゃない!頭が良い人の人生特有の6つの傾向
魅力的な能力の1つである「賢さ」。頭の良い人は、どんな人生を送っているのかを調べてまとめました。 頭が良い人の人生...




2010年代の今ではぼっちでもあまり問題が無い

幸福幸せ笑顔イラスト画像

いつでもどこでもネットをスムーズに使えるスマートホンの国民的普及で、誰でも気軽にSNSを利用できるようになり、そのせいで現実世界の人間関係がだんだん希薄になっていく…という逆転現象が起こっています。

SNSでメッセージを交換していれば、ぼっちでもそれほど寂しくはありません。

そして、真に自立した人はSNSさえも必要なく、他者に依存することなく、その人個人の哲学と目的で無言で前へと進んでいます。

友達だと思っていたらうわべだけの関係だったということもあるように、必ずしも友達関係が幸福をもたらすとは限りません。同様に、孤独・ぼっちが必ずしも不幸とは限らないわけです。

予想以上の大人気で品薄状態!残りわずか




仕事カテゴリーネットサービスカテゴリー健康カテゴリー美容カテゴリー恋愛カテゴリー教育カテゴリー知識カテゴリーお楽しみカテゴリー漫画カテゴリー小説カテゴリーアニメカテゴリーゲームカテゴリー購入技カテゴリー住宅カテゴリー趣味カテゴリータグブログ内検索トップページ