高学歴の称号は新卒就職時しか役立たないよ?信仰しすぎは禁物

学歴就職

高い学歴は、新卒での就活で大企業へ入る時にとても役立ちます。しかし、言ってしまえばそれだけのもの。高学歴は、無いよりはあった方が良いけれど、自分を一生守ってくれるほどのシロモノではないのです。

「そんなに学歴を信仰しない方がいい」という事を調査したので、分かったことを報告します。

スポンサーリンク

学歴が役立つのは人生の限定的な場面でだけ

学歴就職

学歴が役立つ場面

  1. 新卒・まだ若い第二新卒の時期に大企業に就職しやすくなる(無い内定卒業や就職後即辞めなどのトラブルによって高学歴が無意味になる)
  2. 一部の大企業で、学閥に加わることができたり、学歴レベル別の幹部コースに乗ることができる

もちろん、高学歴の方の優れた知的素養と、並々ならぬ努力は嘘いつわりなしに尊敬します。模試で常に高偏差値をキープし、みんなの憧れの有名大学に見事入学した青春の光景は、ブログ管理人個人としても「凄い!かっこいい!」と心から敬服します。

しかし、良い大学に入れば後はもう人生はバラ色……という思い込みには「それは違うだろ」と言わざるを得ません。

学歴が役立つのは人生のほんの一場面だけで、生涯自分を完璧に守ってくれる絶対的なお守りのような万能なモノではありません。

学歴就職

終身雇用制が崩壊し、正社員枠が減って非正規枠が増えていくこれからの日本社会では、複数の会社を転々と渡り歩くことが普通になっていくと考えられます。

これから先の世界で問われるものは、新卒時・第二新卒時にしか効果を発揮しない学歴よりも、「個人のスキル」と「その人が築いてきた職歴」です。

高い学歴にこだわって盲目的に何年も浪人を続けている人はけっこういますが、「たしかに高学歴はあった方が便利だけど、それでもあなたを一生守ってくれるものじゃないよ」とお伝えしておきたいです。

大学入学後も、学歴にこだわり続けて修士課程・博士課程と学歴を高め続け、自ら就職の幅を狭めていく人も少なくないので、学校という狭い世界への過度な信仰は禁物です。




転職・中途採用ではもう学歴はほぼ無意味

学歴就職

「中途採用」で重視される基準

  • 職場では即戦力としての活躍が期待されるので「職歴」が重視される
  • 特定のスキルや、高度なコミュニケーション能力が高く評価される
  • 書類選考の段階では「有名大卒」という実績は評価されても、面接の段階では学歴の重要度は一気に下がってしまう



スポンサーリンク



たとえば、旧帝国大学や、早慶を卒業している高学歴の方が、新卒時に就職せずに何年か後に就職しようとしても、「中途採用」では「職歴」が求められるので就職が難しいという現実があります。

勉強ができることが災いして、公務員試験・司法試験などに傾倒し、それらから撤退した後に就職しようとしても、新卒ではなく既卒でしかも職歴が無いので、どこにも受け入れてもらえないという事態になりがちです。これらの試験へ挑む際には厳重な注意が必要です。

受験勉強のレールが消えて途方に暮れる働けない高学歴無職達
ネット上では、驚くような高学歴を持ちながら無職・ニートに甘んじている人達が大勢います。 どうやら、高学歴というのはメリ...
高学歴ニート…勉強はできても主体性の欠如や高プライドで脱落
驚くべきことに、あの「東京大学」でさえ、学部卒業後に就職も進学もしない進路不明者が全体の2割にもおよぶそうです。この2割は、...




学歴の効果についての有効ヒント集

学歴就職

「東大を卒業すれば、人生は完全にバラ色になる」
と信じている人ばかり。
学歴コンプレックスをこじらせて人に頭を下げるのが我慢ならずに、東大卒ニートが大勢いるぞ。
なまじ優秀だから超ハードな出世競争&激務の大企業へ行ってしまったがために、うつ病・パニック障害で潰れて、
以後は生涯を廃人として過ごす高学歴も大勢いる。

学歴コンプレックス…高学歴に執着し後悔や嫉妬など負の感情
自宅と学校が世界の全て…という、まだ狭い世界観しかもっていない学生の中では「学力」は自他との優劣を決めるための非常に重要な要...

学歴って、優良企業に入るためのツールでしかない。
入社後は、別の能力のブラック耐性とかコミュニケーション能力なんかが求められる。
個人で活躍できて企業に依存しない人にとっては、そもそも学歴は不要。

何かしら一芸に秀でた人間・優れた才能をもっている人間は
それで食っていけるから学歴は必要ない。
凡人にとっては、学歴は最後のよすが・最後の砦だが。

日本人は
「学歴」と「職歴」の2つが人生全てだと思っている人が多すぎ。視野が狭すぎ。

そのせいで、そのどちらかでつまずきそうになると容易に自殺する。

女性の場合、子どもができて出産すると、
それまで築いてきた学歴・キャリアがパーになる。
アメリカなどと違って、日本では転職市場が未発達だから、一度レールから外れたらもう元のようには活躍できない。
以後は、旦那の職業で格付け・○○くん××ちゃんのママ、で周囲と張り合う人生になる。

大学と学歴にしがみ続けた人達がたどり着くのが「ポスドク」。
学問に生きる人の人生って、100か0かの人生を地で行く。
そして、9割以上の人は教授にも成功者になれずに底辺へと沈んでいく。

高学歴ワーキングプア…ポスドクや企業需要の無さからニートへ
大学の博士課程を出て博士号を取得したのに、不安定で低収入の職にしか就けないという「高学歴ワーキングプア」になってしまって絶望...
ポスドク問題…高学歴ワーキングプアの典型例&不安定な年収
4年制の大学を卒業するときに、就職するか、それとも大学院に進むか、大学生の多くは悩みます。 大学院の博士課程を就職しな...

実際に面接をすれば分かるけれど、中途採用の場合は
「職歴」
しか見てもらえないよ。9割以上は職歴で可否を判定される。

入社後は、それまでの受験戦争とは別の新しい戦いが始まる。
学歴なんて気にする必要が無くなる。
いい年していつまでも学歴に執着している人は、頭が学生時代で止まっているか、会社に所属していない無職なんじゃない?

資格なんて、所詮は社会が決めた基準の一つでしかないわ。弱いやつほどそういったものにすがるのよ、資格とか、学歴とかね。


仕事カテゴリーネットサービスカテゴリー健康カテゴリー美容カテゴリー恋愛カテゴリー教育カテゴリー知識カテゴリーお楽しみカテゴリー漫画カテゴリー小説カテゴリーアニメカテゴリーゲームカテゴリー購入技カテゴリー住宅カテゴリー趣味カテゴリータグブログ内検索トップページ