金払って教授にコキ使われて不安定な博士課程の危険度がやばい

大学院博士課程危険

ごく一部のずば抜けて優秀な人を除いて、残りはまとめてポスドク・フリーター・無職のような地獄逝きの「博士課程」。調べれば調べるほど、博士課程への進学は分の悪いギャンブルに思えてなりません。

博士課程へ進むことの問題を、総合的に調べてまとめました。

スポンサーリンク

最高待遇に近い東大博士や上智博士でさえ悲惨な、博士課程の世界

大学院博士課程危険

昔は優秀で勉強熱心な人を「末は博士か大臣か」と評した。現在はいずれの肩書きも神通力を落としている。
特に技術者については、博士号の取得後、期間の限られた研究に従事する博士研究員(Postdoctoral Fellow、ポスドク)が増え、
大学の教員にもなれず企業への就職もできないという問題がクローズアップされている。
これは、1995年に科学技術立国を目指す法律が施行されて博士号が量産される一方で、
その後の少子高齢化による大学のポスト不足と、景気低迷に伴う企業の研究開発費削減によりミスマッチが拡大したためだ。

しかし、嘆いていても始まらない。当事者2人の生き様から、ポスドク問題の実態と解決策を考える。

「大学には余裕も意思もない」
「40代になってもポスドクのままではいたくない。そろそろ企業に就職しなくては」と語るのは、
東京大学柏キャンパスの客員共同研究員、Aさん(32)。別の大学の応用物理工学科在学中に核融合を原子力発電
に生かす研究に携わり、卒業後は東京に本社を置く計測装置のメーカーに就職。
しかし、「エネルギーを作るのは面白い」との思いから、1年で辞めて東大の大学院に入った。

奨学金を受けて研究を続け、2014年6月に博士号を取得。その後、九州の大学から共同研究に誘われたが、
予算がつかず話が流れた。昨年3月には「大学側には研究資金やポストを増やす余裕がなく、増やそうともしていない」
と実感して大学に残るのを断念。就職先が巨大企業に限られる原子力部門にはこだわらず、計測関連やプログラミング
などの業界に絞って働き口を探してきた。
現在、1日の大半は就職活動に費やしている。応募した企業数は「覚えていない」が、面接を受けただけで20社近くに上る。
企業の担当者や転職エージェントには「アカデミックに寄りすぎている」と言われることが多いという。

Aさんと話していると、か細いような印象を受けるのだが、これは左耳が難聴で慎重な受け答えをしているからだという。
全身から誠実さや礼儀正しさが滲み出ており、就職に苦労をしている、という話はにわかには信じられない。
チーム内での連携作業は苦手かもしれないが、責任感を持って1人で研究の成果を出すには十分と見受けられた。
しかし、大企業への就職は厳しいようだ。「中小企業からは好感触を得ており、二次面接に進んでいるところもある」と話してくれた。
現在、東大からの給与支給はない。独身であり、埼玉県北部の実家で暮らし続け就職時代の貯金もあるので、
これまでのところ、生活はさほど厳しくはないという。だが、40代になってもポスドクをして生活が不安定な人が
周囲に多数いるのを見ていると、さすがに就職をしなければ、と思ったようだ。
「定年まで技術者、フェローという感じで働いていきたい」。
ポスドク問題についてはどう考えているのだろうか。「大学院を出てスムーズに助教になる人もいる。
自分には運と能力が無かったのだろうけど、国がじゃんじゃん金をつぎ込んでくれれば、研究者としてやっていけたのではと思う」。

大学での研究生活に後ろ髪をひかれている印象を受けた。

薬剤師には飽き足らず
上智大学理工学部の博士課程1年のBさんは、あごに蓄えたヒゲがたくましい27歳で、福島県双葉町出身。
県内の大学在学中に東日本大震災を経験した。薬学を専攻して実験を繰り返すうちに、DNAなどの核酸を使って
副作用の少ない抗生物質を開発することに強い関心を持ち、核酸の構造解析を専門に研究できる場所を探して
2013年4月に上智大の大学院に入った。同級生の大半は薬剤師になり、大学院に進学したのはBさんだけだという

Bさんは都内で一人暮らし。「研究は大変で論文をひたすら書くのは辛いが、自分で考えていろいろやって成果が出ると嬉しい。
核酸の機能を利用した医薬品には現在、注目され始めており、やりがいがある」と意欲的だ。
しかし、今後の展望は厳しい。「誰が見ても優秀な人であっても、大学で教員になるには3年程度かけて50校くらいを回り、
ようやく1つ引っかかるのが実情。この世界で自分は本当にやっていけるのか」と不安を隠さない。




博士課程の危険度が伝わってくる経験者コメント

幸福幸せ笑顔イラスト画像

ほかの同級生は手に職を付けるなか、
敢えて研究生活に入ったわけだから、当然それなりの
成果が求められる

カネにならないことを勉強するのは
レジャーなんだよ




スポンサーリンク




奨学金で大学院行ってたら大変だろうな

全員は救えない
その前に公務員予算が立ちはだかる

博士の半分は人並みの能力。社会に出たくない奴が居残ったりしてるだけ。

>才能の程度に対して人間性に問題があるので、
>大学も企業も嫌がる人材なだけ
この一言に尽きるわな。実例見てきたから心底そう思うわ。
中卒でも持ってるようなコミュ力すら無いからな。

マジで後悔してる…安易に大学院へ進んで後悔中の言葉まとめ
大学院は、学部時代よりもかなり異質な世界なので、安易に院へ進んで後悔する人はけっこう多いようです。後悔の理由は、周りに流され...

もともと学問なんかは金持ちの子弟がやるもんだった。
貧乏人でも超天才ならすぐ頭角を表せて金の心配しなくてよくなるかもしれんけどね。
博士なんか食い扶持の心配せにゃならん凡才がなるもんじゃないよ。
博士の審査で本人の経済状況も考慮すべし。

理系はまだいいんだ
文系アカデミック職は悲惨
ポストも空かないし

文系大学生の就職がヤバい!専門性の無さでほとんどが営業へ
「文系は遊んでばかり」「文系には専門性が無い」などとだんだん世論でも叩かれ始め、国立大学での文系学部廃止が推し進められるなど...
Fランク大学…低偏差値すぎて誰でも入学可の無名底辺大総称
昔よりもずっと大学進学率が上がりましたが、偏差値が高くて有名な大学の定員は限られています。かなり多くの人が、無名&低...

甘えんじゃねぇ。研究は貴族の職業だ。

うーん、俺が宮廷修士にいた20年前にすでに
ポスドクあまり問題になっていたからねぇ。
博士まで行くのは自業自得というか、よっぽど実家が
金持ちしか当時でも行かなかったよ。

就職は良いが必修実験レポート卒研で非常に忙しい理系大学生
大学の理系学部は必修講義、夜まで続く実験、実験レポート提出、卒論研究などなど、とにかく忙しくて大変な事で有名。4年間で数多く...

博士課程修了者の受け入れ先を考慮しないで
博士課程の定員を増加させた文部科学省(当時は文部省)が悪い

博士の皆が皆、企業の欲しがるような応用研究やら飯の種になる研究をしてきたわけじゃないんだよ。
基礎研究をリードできる博士を欲しがる企業ももちろんあるが、基礎研究に力を注げるのは十分な資金と長期戦略を立てる余裕のある企業だけだ。必然的に門も狭くなるさ。

こうして優秀な頭脳にまで自己責任論を押し付けた結果、日本は衰退しましたとさおしまい

これだけは言わせて欲しい、確かに予算をたくさんもらえるのは今すぐ役に立って金に換えられる研究だが、そんな研究しかされて来なかったらGFP(※緑色蛍光タンパク質、GFPはリアルタイム、かつ、その場で(in situ:細胞破壊の必要がない)検出でき、他のタンパク質との融合タンパク質としても機能を発揮する(GFPタグ)ことから、特に細胞内のシグナル伝達などに関与するタンパク質の細胞内局在を明らかにするツールとして、なくてはならぬものとなっている)の発見はなかったんだ
本当の学問っていうのは社会の役に立つ、金に換わるとかそういう次元とは別のところにある
…だからこそ、教科書に乗るような偉大な発見をした先人達は金持ちで働く必要がなかったボンボンや貴族が多いんだけどね

大学ってどんなところ?講義やゼミの大学生活の中身を完全公開
中学生・高校生の方や、高卒・専門学校生の方で、大学という場所や講義がどんなものかが気になっている人が多いと思われます。 ...

旧帝の院にいたけど、働きたくないから、とか社会怖い、とか言ってる博士やポスドクが結構いたよ。そういうのが半分以上、他は惰性、1割が純粋な研究狂い。

どうでもいい研究をしている人はいっぱいいるからな。
勝手に好きな研究をやって、仕事が見つからないなんて都合がよすぎる。

大学院…自主的な研究課程&博士課程は人生捨てる覚悟が必要
昔よりも大学進学率が大きく上がり、多くの人達が4年制の大学へ行くようになりました。大学に4年間在籍して卒論を書いて卒業し、学...

人材が会社間で流動すれば欧米アジアみたいに学位も重要だろうけど
転職をほとんどしない日本の会社では修士も博士も変わらんからなあ
まだ人間的に付き合いやすいのは修士の方が多いし

まあ正直言うと、博士課程は、東大、京大の上位学部だけでいい。

げんしけん…ガチオタクの男女の人間模様を描いた大学生漫画
オタクにとって、ひとつの理想型ともいえるオタク系キャンパスライフを描く漫画「げんしけん」。オタク系サークル・げんしけんで起こ...

まー、これから博士課程に入りましょうってお人好しについては、
「自己責任」でいいと思う。
親が資産家なら止めない。

ストレートで博士卒業しても27歳。
企業なら現場で一番戦力になってる頃だから、
比べられちゃうと見劣りがするよね。
今、博士を雇用するように国が企業に圧力かけてて、
博士を雇ったら助成金を出すようにしてる。
こんな言い方は嫌だが、障害者と一緒の扱いなんだ。

大学院開設勉強院試

大学院開設勉強院試

大学院開設勉強院試

大学院開設勉強院試

大学院開設勉強院試



スポンサーリンク



日本の博士課程の学生は、授業料払いながら奨学金という名の借金を背負いながら
研究室の奴隷をしている
ド/Mとしかいいようがない状態
欧米では、博士課程の学生には生活できるだけの給料払って研究してもらっている
その代わり、成果が出ないと切られる可能性がある

ポスドクの公募も年齢制限があるからね
つまりいつかはドロップアウト

国が研究所を増やすのは良いと思うけどな
しかし、そもそも飯を食うためにドクター行く奴は稀だろ
研究者ってのは利益を度外視する部分が多々あって(もちろんコストを下げる為の研究とかもあるが)、
そういう意味では芸術家等々のようにパトロン的な存在が必要な部分ではある

博士課程進学は自衛隊へ行くのと同じくらい危ない

FPSゲーム性格悪い

大学院生は2007年12月、博士論文の草稿を事前提出したが、准教授は大学院生と十分に議論せず受け取りを拒否。准教授は06年11月ごろにも、論文提出を延期するように指示しており、大学院生は2年連続で博士号の取得に失敗した。
調査は、残された論文草稿やデータを見る限り、大学院生の研究は博士論文の審査水準に到達していたと判断。准教授が、具体的な指示を与えず、適切な指導を行わなかった結果、大学院生は学位取得や将来に希望を抱けなくなり、自殺に至ったと結論づけた。准教授は、08年1月に科学誌から大学院生の論文が掲載を拒否され、書き直しが必要になった際も、適切な指導を行わなかった。准教授は調査に「論文提出の直前までデータ整理に追われており、時間がかかると判断したが、指導に不適切な点があった」と話したという。
(2009年5月13日12時38分 読売新聞)

文系博士課程末路

とうとう、恐れていたことが起こってしまった。東北大の大学院生の自殺。この事件の示唆するところを、結論から言おう。

「死にたくなければ進学するな」

子を殴ってでも博士課程には行かせるな。子や兄弟姉妹が博士課程に進学したいと言い出したら、まず殴って止めろ。それで諦めるぐらいなら、博士課程に行かなくてよかったということだ。言葉でも、親子の縁を切る、勘当する、ぐらいの脅しはしていいと思う。これを見ているのが学部・修士課程の学生なら、博士課程には絶対進学するな、と警告しておく。




スポンサーリンク





もう、博士課程進学っていうのは、子を自衛隊にやるのと同じぐらい危険なことだと思ったほうがいい。それも、遺族年金のない自衛隊に行かせるのと同じぐらい危険なことだと思ったほうがいい。自衛隊員でも実際に戦闘地域で戦闘を行うのは一部のはずなので、そういう危険な例外を除けば、自殺を含めた死亡率は博士課程進学と自衛隊入隊とで、同程度であってもおかしくない。

自衛隊が危険な職業であることは、広く知られているが、それでも行く人は行く。金が出るし、何より「国のために命をささげる」という大義があるからだ。博士課程は、金はでないが、やはり、「学問のために命をささげる」という大義があるはずだ。

博士課程は、「博士の学位に、一遍の論文に、自分の命以上の重みを感じられる人間だけが進んでいいところ」という位置づけで、もういいと思う。それでも、大義がある限り、行く人はいるのだ。どんなに止められても、たとえ殴られても行く人は行くのだ。博士課程は、そういう危険を省みず大義のために身を投げ出せる人間だけが行くところ、という位置づけで、もういいではないのだろうか。そういう位置づけの場は、博士課程以外にも、自衛官・警官・消防隊員・海上保安官などなど、社会にはいくらでもある。博士課程も、「お金が出ない」という一点を除いて、その仲間だと思えばいい。

博士課程卒の末路…多くは進路不明や失踪者多発の闇の世界へ
っつーか、元より「博士後期に進む」ってことが「進路」の一つとして認識された時代があったこと自体おかしい。 博士前期への進学などと博士後...
文系博士課程という大学の全進路中就職率最悪の一番闇が濃い道
ネット上ではたびたび警鐘が鳴らされるも、現実に選択肢の1つとして実在しているので、進んでしまう人もいるのが「文系博士課程」。...




博士課程が危険な理由

文系博士課程末路

勉強が好き!という理由で博士課程へ進むと爆死する

勉強が得意で有名大学へ入ることができても、その先の修士・博士課程は、勉強ではなく研究をする過程である。教科書を相手に暗記を続ければ高得点が取れた学士時代までとは、修士・博士(特に博士課程が顕著)でやることは根本的に違う。勉強は先人の残した知恵を覚える作業、研究はまだ誰も知らない事を自分の手で実験して検証する作業。

ネガティブな動機で博士課程へ進む人が多い

修士卒時の就活で失敗したから問題を先送りにするために博士課程へ進む、まだ社会へ出るのは恐いから博士課程へ進む、などの動機が、博士課程者の中にはなかなか高い割合でいる。もともと超過酷な研究が、そんなネガティブな動機でやりおおせるかはなはだ疑問。

教授に罵倒され研究成果もさっぱりな大学院という世界の恐怖
「理系なんだから修士課程まで行っておいた方が就職でプラスに働く」というビジネスライクな動機は別として、「まだ就職したくない…...

研究室の実力によっては博士号が取れない

博士課程の卒業要件として、学術雑誌への論文の投稿(1〜3報くらい)を修了要件としている大学がほとんどです。論文が出ていない研究室に行くと言うことは、博士課程に進んでおきながら博士の学位取得を放棄しているようなもの。論文がここ2〜3年で1報もでていない場合は注意が必要。そして、研究はテスト勉強などと違って成果が上がったり上がらなかったりするのが常なので、いつまでも成果が上がらず有効な博士論文が発表できずに博士号も取れない……という事態も普通に起こる。

就職も研究員の道も絶望的!大学の生命科学系の危険末路・ピペド
大学入学の際に理系学生が学部選びで、生物を選択しての農学部へ進むことがなかなか高い割合であります。高偏差値を要する医学部や、...

苦労して博士号をとっても超絶就職難が待っている

准教授・教授のようなアカデミックなポストはごく少数なため、並の博士卒ではとてもありつけないし、コネや運の要素も大きく影響する。さらに、民間企業は、30歳近い未経験者を高給の博士待遇で雇いたくはないため、書類審査や面接でばっさり落とす。民間企業からそろって拒絶されるので、まるで派遣社員のような、3年程度の期限付きで契約が切れる「ポスドク」という不安定な契約研究員になったり、フリーターやニートになる博士卒がほとんど。

ポスドク問題…高学歴ワーキングプアの典型例&不安定な年収
4年制の大学を卒業するときに、就職するか、それとも大学院に進むか、大学生の多くは悩みます。 大学院の博士課程を就職しな...
高学歴ワーキングプア…ポスドクや需要の無さからニートにも
社会を知らない中高生の中の世界では、「学歴が一番大事!!」となりがちですし、親や教師や塾講師もそう教えがちです。高学歴は大企...
高学歴の称号は新卒就職時しか役立たないよ?信仰しすぎは禁物
高い学歴は、新卒での就活で大企業へ入る時にとても役立ちます。しかし、言ってしまえばそれだけのもの。高学歴は、無いよりはあった...

就職難に加えて奨学金返済という加重地獄

闇金ウシジマくん名言格言金

「学振」とは日本学術振興会特別研究員のこと

博士課程の学生の場合(DC)、
月20万円の研究奨励費と科研費が年間最大150万円

博士の場合(PD)
月36.4万円の研究奨励費と科研費が年間最大150万円

支給される。

特別研究員制度は、我が国トップクラスの優れた若手研究者に対して、自由な発想のもとに主体的に研究課題等を選びながら研究に専念する機会を与え、研究者の養成・確保を図る制度です。

奨学金=借金!大学生が非正規化や就職できず返済不能が多発中
大学生が、親に言われるがままに奨学金を借り、卒業後に就職できなくて、奨学金の返済不能に陥る…という問題が近年多発しています。...

学振は博士課程者・博士への「給料」のような奨学金制度で、返済義務は無く、学振のおかげで快適な研究生活を送ることができますが、大人気なので当然高倍率です。

学振をもらえなかったほとんどの博士課程者は、通常の奨学金である「日本学生支援機構」を受けて生活することとなり、こちらの奨学金は返済義務があり、しかも有利子の場合もあります。学部・修士・博士と続けて奨学金を借りていると、総額数百万円もの借金を不安定な雇用生活の中で何年も十何年も返し続けなければならなくなります。

大学院博士課程危険

教授だけの都合で博士課程へ引っ張り込まれる事も多々

博士課程に進む事を指導教員に相談すると、まず100%勧められる。君は研究に向いているとか、がんばればアカデミックにも残れるなど、普段の10倍ぐらいほめられる。しかしちょっと考えてほしい、世は少子化のまっただ中である。大学は学生をのどから手が出るほど欲しい。そして、教授にとってみれば、研究室を運営していくうえでうっとうしいもろもろの雑用をタダで一挙に任せられるのが博士課程者なのだ。また、博士課程の学生が研究室に多くいるほど、研究室の研究費も多くもらえるはず。

同年代の就職組「20代後半なのにまだ稼いでないの?(笑)」

fakesmart3

博士課程者の研究にかける熱意や将来の展望がどうあれ、大人になれば「稼いだ金の額」で実力を測られる事が社会の通念だ。社会や会社に貢献した対価としてお金がもらえ、そうやって月収20万~30万円を稼いでいる同年代と較べ、まだ学校に残っていてほぼ無収入の博士課程者が小馬鹿にされるのは仕方がないかもしれない。おまけに、そこまでして研究をして博士号をとっても、アカデミックポストに就けずに不安定なポスドクやフリーターになることがほとんどなのだから、なおさら他人から物笑いの種になりやすい。

結局、大学で勉強と研究を続けていても偉くもないし救われもしない

大学で勉強と研究を続ける事は高尚で、偉くなったような気分に陥るが、実際は将来の保証は何もされていないのが現実。社会に出て日々たくましく稼いでいる人間の目から博士課程者を見ると、趣味で何かを細々とやっているようにしか映らないし、実際、博士課程での「興味のある事を深く調べる」という行動は趣味的性質が強い。多かれ少なかれ、自分を殺して嫌な仕事をしてお金を稼いでいる人間からすれば、「好きな研究と勉強をしてきたのに、職に就けない!こんな理不尽なことがあるか!」という博士達のなげきには失笑しか出てこない。

予想以上の大人気で品薄状態!残りわずか




仕事カテゴリーネットサービスカテゴリー健康カテゴリー美容カテゴリー恋愛カテゴリー教育カテゴリー知識カテゴリーお楽しみカテゴリー漫画カテゴリー小説カテゴリーアニメカテゴリーゲームカテゴリー購入技カテゴリー住宅カテゴリー趣味カテゴリータグブログ内検索トップページ