おひとりさま上等!独身女性という生き方が意外と魅力的だった

独身女性生き方特徴

非婚化し続けている現代社会では「おひとりさま」がもはや主流になりつつあります。独身女性としての生き方も、良い面がたくさんあってそう悪いものでもありません。独女の生き方の特徴と、独身をつらぬくために大切なことを調べてまとめました。

スポンサーリンク

独身女性の人生の魅力

独身女性生き方特徴

自由なライフプランを築ける

女性は一生独身でいることで、好きな人生を歩むことができます。結婚や子育てを意識したライフプランでは、女性の人生は年齢的に制約が多いため、様々なことを我慢して諦める必要があります。

一生独身でいることを選べば、人生も仕事も、好きなライフプランを思うように築くことが可能になります。特に仕事に本気で取り組みたい女性にとっては、一生独身でいることは魅力的な選択肢です。

いつまでも自由な恋愛ができる

恋愛至上主義の女性にとっては、いつまでも自由に恋愛ができることは重要です。自由であり続けたい女性からしてみれば、結婚して一人の男性と過ごす人生は退屈で仕方がありません。

美人で魅力的な女性でも一生独身を貫く人もいます。彼女たちにとっては、結婚して誰かの妻になるのではなく、独身の女性としてあり続けることに生きがいを感じているのです。

時間を自由に使える

一生独身でいる女性は、時間を自分の好きなように使えます。結婚して子どもを持つと家事や子育てに忙しく、自分の時間を持つことはできなくなります。

没頭できる趣味などがあり、好きに時間を使ってやりたいことがある人は一生独身を選ぶことも多いです。何か夢中になれることがある人は、結婚しなくても孤独を感じにくいのかもしれません。

これからの時代に合った先進的な生き方

非婚率・離婚率が上がり続け、「結婚」という制度そのものへの不信感が高まってきています。他人と嫌々共同生活を続けるよりも、個人個人が独立して個個の幸福をさぐっていくのがこれからの時代のライフスタイル。

独身をつらぬくという生き方は、これからの新しいライフスタイルに合った先進的な生き方です。




一生独身の女性にありがちな特徴

独身女性生き方特徴

有能で仕事優先

大学を卒業し、男性と変わらず、またはそれ以上にバリバリ働いている女性も多い昨今。何をしても、何を求められても、それをそつなくこなす有能な女性も独身率が高めだといえるでしょう。

自分自身でも仕事に自信を持っていて、やりがいを感じているタイプ。前向きに仕事優先の生活に優越感を持っている女性にとっては、結婚のメリットが浮かんできにくいもの。「家庭に縛られるぐらいなら結婚せずにこのままいたい」というのは自然の流れのような気がしますね。

一人でいることに慣れすぎている

一人暮らしの方はもちろん、実家暮らしでも立派な大人の女性は特に干渉される事なく、自由に生きています。それが、パートナーができると一転、今日は何したの?明日は何するの?と干渉されることに。

最初は新鮮で干渉される生活も楽しかったものの、「休日の明日は一人でゆっくりしたかったに・・・」とだんだん憂鬱になってしまう女性は多いもの。私はもう他人とは住めないのでは!?という思いがちらつきます。




スポンサーリンク





そして相手が嫌なのか、自分が自由にしたいだけなのか分からなくなり「私は一人でいるのが好きだ。誰にも邪魔されたくない!」という思いが強く「一生一人でもいいかな」と思う人も。

独身女性生き方特徴

理想が高すぎる

恋人が欲しくても条件が多すぎるとなかなかご縁もないもの。若い時のように、背が高くないとダメとか、かっこよくないとダメ、というよりは、「職業のステータス」だったり、「長男は嫌」、「実家暮らしは嫌」、「料理ができる人がいい」など、条件が多くなりどんどん出会いの可能性を狭めてしまう結果に。

またこのタイプは歳をとるにつれて、警戒心も強くなり、この人がなんで独身なんだろう。何か変な人なんじゃないか?となりがち。母親に連絡している姿をみて「マザコン」のレッテルを貼ってしまったり、少しの言動で幻滅してしまう。なんてことも。

出不精で社交性にかける

「干物女」という言葉が一時流行りましが、そのタイプのめんどくさがりで出不精な人も独身女性には多いようです。家ではダラダラと過ごし片付けが出来ないという性格的特徴があります。家の中は物が散乱し、面倒な事は全て後回し。

せっかく友達から誘われても家でダラダラしているのが好きなのであまり出かけず、休みの日は引きこもりがち。家にいては出会いも生まれません。活発に遊びに行く人より出会いの確率が低くなってしまうのは当然ですね。

究極の選択!女性は仕事か結婚か?実は答えはほぼ決まっていた
女性がなるべく人生の早い時点で決断すべきなのが「結婚するか、結婚しないか」。どちらかはっきりと決めてから行動しないと、ただ年...
無意識に恋から逃げてない?モテない女性の特徴&恋を始める方法
女性は、男性とは比較にならないほどモテるので、恋愛難易度は非常に低いです。にもかかわらず、中にはモテない女性も出てきてしまい...
恋愛強者だった女性が30歳付近で人生が落ち目に変わる残酷現象
若いうちは完全に恋愛強者だった女性も、ある年齢を境にして急に男性からのアプローチが減少し、人生が落ち目へと変わってしまいます...
独身女性と結婚した女性の道が分かれて人生格差が拡大する現象
結婚できるか否かは、女性の命運を左右する最大の要素といっても過言ではないかもしれません。結婚によって女性の人生はがらりと変わ...

当ブログでのもう1つの独女特集ページは↓からどうぞ。

独身女性…年と焦りと既婚者女性との差で負の感情を抱きがち
独身女性あるあるネタを取り扱った独身女性専門漫画や雑誌コラムが増えたなーー……とつくづく思う今日このごろ。 若者の恋愛...

独身女性の生活でありがちなこと

独身女性生き方特徴

休日は一日中パジャマ

「うちの旦那がさー」とか子供の話しに一切入れない

友人の結婚が決まると、次は〇〇だね♪と悪気無く言われる

自分にお金がかけられる

とにかく気楽!毎日の一人晩酌!

バツイチで独身に戻った友達と仲良くなる

何を言ってもただの強がりと思われる

結婚式でのブーケトスの時間が地獄

盆正月等、帰省が苦(年々辛くなってくる親からのプレッシャー)

1人カフェ、1人映画、1人居酒屋・・・すべて余裕

理想が高いから独身なんだよという友人からのアドバイス

普通に恋愛して、結婚して、子供産んで幸せな家庭を築くことが簡単なようですごく難しいんだなと痛感



スポンサーリンク



ある程度の年齢になると意地で結婚相手を妥協できなくなる

独り気楽最高!って日と、ふとした瞬間に寂しくなる日がある

dokujoexh

dokujoex1

dokujolifestyle3

独身女性生き方特徴

結婚したいアラサー独身女性達を描いた、話題の人気独女漫画「東京タラレバ娘」↓

女性が独身をつらぬくことはお金の面で覚悟が要る

独身女性生き方特徴

35~44歳の独身女性の労働者数は2015年時点で190万人。そのうち非正規は79万人、41%を占め、2005年と比較すると14ポイントも増えている。

2016年8月20日付け日本経済新聞が「アラフォー独身女性、4割が非正規」で女性の問題を取り上げ、ネットで大きな話題となっている。そこには男性以上に厳しい現実があった。

彼女たちが「独身非正規アラフォー」となった背景について、記事は結婚しない女性が全体的に増えたことや、女性事務職が派遣などの非正規に置き換わってキャリア形成がうまくできなかったことをあげる。IT技術の普及の影響もあったことだろう。

横浜市男女共同参画推進協会が行った調査では、35~44歳の独身非正規女性の7割近くが年収250万円以下。回答者からは「20代は正社員だったがリストラ。ずっと非正規で貯金もない」「両親に介護が必要になったり自分が病気になったら破綻する」といった危機感を訴える声があがる。

この記事を読んだ人からは、ネットに当時の就職状況を振り返る声があがっていた。

「学歴関係なく雇ってくれなかったもんな、まじで」
「氷河期の女はマジで就職なかったもんなあ」

運良く結婚できた人は「今フツーのツラして生活しているけど、完全に他人事ではない」と、胸をなでおろしながら同世代の女性たちに同情。絶望のあまり「わはははは、目から雨が降ってくるよ」という書き込みも見られる。

結婚については、記事でも言及していた。内閣府経済社会総合研究所の意識調査(2015)によれば、非正規の女性は正規に比べ、結婚意欲が低いのだ。職場に独身男性がいないことや、周囲に正社員の男性が少ないことが原因と見られる。

今から結婚しようにも、アラフォーから相手を見つけるのは難しいという現実もある。結婚相談所を運営する村上れ以子氏はYahoo!個人の記事で、国勢調査の結果を用いて「 独身アラフォー女性が10年後に結婚している確率は、1%もない」と指摘している。

不安になった時は、お手元の電話で人気の占い師達に気軽に相談できる電話占い↓が独身女性の間で人気です。


独女ライフを邪魔してくる、うっとうしいあれこれ

独身女性あるある特徴

親・親戚・友人の干渉

・「実家に帰ると、必ずと言っていいほど親戚からの尋問が始まるんです。おばさん達から『まだ相手はいないの?』『早く孫の顔見せてあげなさいよ!』だのなんだって……。親もそれに乗っかって『別に玉の輿なんかじゃなくていいから』って攻撃してくる。こ地元の男性の平均年収を越える位仕事を頑張っているのにそれは絶対にホメられない……。ホントに帰省は毎回ウンザリ」

同世代の男性たちがもはや若い子しか見ていない

・「コンパに行ったら、衝撃を受けた。確かに男性はアラサーだったけど、女性たちはみんな学生か、新卒並みに若い! みんな平成生まれで、ホントのアラサーなんて私だけ。もちろん男性たちは若い子に行っちゃうし、最悪だった」
・「大学のサークルで付き合っていた元彼と、バッタリ会ったんだけど、どうやら結婚をするらしい。相手はなんと、サークルの後輩! 『おめでとう』と必死で笑顔を作りつつも あぁ、そうですか、あんたも若い子がいいんですね……って、その日はヤケ酒に走った」

喪女…容姿に難アリ+女子力無しのどんよりしたモテない女性
男性は主に「能力」で価値を評価され、女性の場合は主に「容姿」で価値を評価されます。人間の容姿は千差万別で全くの同一の姿形なん...
モテずに開き直る喪女と世界全てを呪う毒女にありがちな特徴
自虐的な発言と行動がギャグとして実に面白い、モテない女性「喪女(もじょ)」と独身女性の「毒女(どくじょ)」。ときおり、モテな...

かといって年下男子がイイ訳でもない

・「同年代にイイ男がいないので、『こうなったら青田買いや!』と、年下男子に走ったとしても、お金はないし、デートだと割り勘どころかこっち持ちも多くて……。仕事の話をされてもそのいい加減さや向上心のなさにイライラ。私、あんたの成長をこれ以上待てません」

だからと言って素敵な年上男と出会えるハズもない

・「包容力があるし良いかな? と思って年上男性とデートしてみたけど、年上だからって人として素晴らしいワケじゃないと思い知った。自分の自慢ばっかり、私には上から目線で批判オンリー。これなら、お気に入りのお店でぼっち飯食べたほうがよっぽどマシ(笑)。『美味しいもの奢るよ』なんて言葉にホイホイついてく若い時代はもう終わりました」
・「知人の誘いでアラフォーの男性ばかりの飲み会に行った時のこと。私は仕事で遅れて、ロクに飲み食いもできなかったのに会計は当然のように割り勘だった。おごってもらうのが当然、なんて思ってないけど、そこにいたのは一回りくらい年齢が違う、私より収入の多い男性ばっかりだったのに……。仕事でへとへとなのに愛想笑いした挙句、そのオッサンたちが飲んだ分まで割り勘払わされるなら、一人で飲んだほうがずっと良かった……」

結婚する気は無くても、女性なら恋愛SNSに登録するだけであとは何もしなくてもひっぱりだこなので、趣味用恋愛におすすめ↓です。

ユーブライド…月額定額の超格安で婚活ができる恋愛用サイト
登録料や成婚料金などあれこれお金がかかる結婚相談所よりも圧倒的に安くて、サイト上で恋愛・結婚相手を探すことのできる「ユーブラ...
ラブサーチ…安心の定額制サイトで恋愛も婚活も簡単成功!
他の恋愛SNSとはだんちがいの安心度と、何通メールを異性に送っても料金が月額一定と、非常にお得で使いやすいのが特徴のラブサー...
ミントC!Jメール…女性と簡単に恋愛できる狙い目安心サイト
知られざる入れ食いの穴場、という響きは人間を魅了します。もともとは釣りの用語ですが、知られざる秘湯、知られざる名作ゲーム、知...
メルパラ…メル友も恋人も簡単SNS!jメールの姉妹サイト
女性誌に広告をたくさん出しているから女性会員が多い!そのおかげでごく簡単に女性と恋人になれる、おすすめコミュニティーサイトが...




一生独身をつらぬくために欲しいモノ

独身女性生き方特徴

■1:定年までの安定した収入
“一生独身”なら、兎にも角にも必要になるのが安定した収入。それゆえ、不安を感じる人も多そうです。定年まで働き続けられるか心配な人は、いまからでも仕事のスキルを伸ばし、日々の稼ぎを得られるよう準備をしておきましょう。

■2:まとまった額の貯金
病気やケガなどのトラブルはもちろん、親戚や友人づきあい、自分の趣味、娯楽にお金が必要になることも。定収入があっても、ある程度の貯金をしておくと安心です。“一生独身予備軍で貯金ナシ”な人は、少しずつ貯金をはじめるとよさそうです。

■3:健康
具合が悪いときには、食事の用意や洗濯などちょっとした家事をするのも大変になります。また、病気やケガが長引けば、仕事への支障も出てくるでしょう。ケガは防げませんが、せめて日々の体調管理には気をつけましょう。

■4:持ち家やマンション
お金、健康の次に必要になるのが、住む場所。1人で持ち家やマンションを用意するのは難しいかもしれませんが、できれば、定収入があるうちに長く居住できる場所を探しておきたいもの。

■5:打ち込める趣味
家族やパートナーがいない場合、プライベートな時間の過ごし方は趣味が重要になるはず。没頭できる趣味があるといいですよね。趣味のサークルに入るなど、趣味を通じて人間関係を広げられれば、より豊かな人生を楽しめそうです。

■6:なんでも話せる友人
もしかしたら、独身者にとって家族がいなくなった後、一番頼れるのは友人なのかもしれません。日々の楽しみや、悩み事など、なんでも相談できる友人関係を築けると心強いですよね。

この後に、体力、一通りの家事能力の知識・技術、社交性、仕事の専門スキル……と続きます。

一生独身であることも珍しくなくなってきたいま。今後も未婚率は上がるといわれていますが、病気やケガ、トラブルなど、何かあったときはおひとりさま同士で助け合えるといいのかもしれません。

今日も一日がんばるぞい!




仕事カテゴリーネットサービスカテゴリー健康カテゴリー美容カテゴリー恋愛カテゴリー教育カテゴリー知識カテゴリーお楽しみカテゴリー漫画カテゴリー小説カテゴリーアニメカテゴリーゲームカテゴリー購入技カテゴリー住宅カテゴリー趣味カテゴリータグブログ内検索トップページ