女同士の潰し合いに出世拒否!女性はそもそも仕事に向かない説

女性社会進出

「仕事が好きで、キャリアウーマンになりたい!」という方なら応援しますが、そんな熱意も無いのに、わざわざ若さと結婚の道を捨てて会社で働き、自他共に不幸にする…という報告が各所から寄せられています。

「女性って、一部を除いて、もともと働く事に向いていないんじゃ…?」という意見を裏付ける、現場の声を調査しました。

スポンサーリンク

女性は出世したくない・管理職になりたくない人が大部分

女性社会進出

  • 女性の新入社員の72.8%が、「管理職になりたくない」と答えた
  • 「管理職になりたくない」理由の中で最も多かったのが「自分の自由な時間を持ちたい」

公益財団法人日本生産性本部が、2014年度の新入社員にアンケート調査

働く30代女性が管理職になりたくない理由は

  • 管理職になって仕事が増えると、男性との出会いが減っていってしまう
  • 帰る時刻が遅くなる
  • 恋人とのすれ違いが多くなっていく
  • 管理職になって責任が重くなると、ストレスで笑顔が作れなくなったり、肌荒れが起こる など
女性だらけの職場にありがちなお局様支配や派閥争いの人間関係
女性が多い職場は女性同士の衝突が多いと聞きますが、具体的にはどんなトラブルが多いのか? 女性だらけの職場に起こりがちな...

アサ芸プラスの調査より

以上の調査結果から言えることは、「女性側には出世願望がもともと低い」ということです。

管理職となることで、社内での地位が上がり給与が増えるというメリットよりも、残業が増えたり責任が重くなって束縛されるデメリットの方を重く見ているようです。

恋愛をするのに不都合が生じるから管理職になりたくない、という理由も多く見られ、女性職員の多くは「本腰を入れて働くよりも、恋愛用と自分のための自由時間が大事」という労働観を持っているのかもしれません。



スポンサーリンク






女性の社会進出を疑問視する、ネット上の有効コメント集

女性社会進出

  • 経営者の立場から考えてみれば、女性は扱いづらくて雇いたくないと考えるはず。コストをかけて社員として女性を育てても、ある年齢まで行くと結婚のために昇進・転勤を断るようになって、結婚で寿退社してしまうから
  • 女性は「産休・育休・寿退社は絶対にしません」って誓約書を会社に提出して、ようやく男社員と対等な立場になれる。産休とか寿退社のリスクが女性社員にある限り、会社側はどうしても女性を重用できないから。そんな事も理解できずに女性側が「育休も寿退社もするつもりだけど、待遇は男性と同じにして!」ってズレたわがままを言い続ける限り、彼女たちが男性と対等になれることは永遠にない
  • 社員が少ない中小企業だと、女性が「産休育休で休み、しかも戻ってくるまでの間は女性のためのポストを空けておかないとならない」という状況になると、人員不足で非常に困ることになる。だから、最近の中小企業は最初から女性を雇用しない方針を採っている
  • 「女性の社会進出」は否定しないけれど、女性の社会進出を無理矢理推し進めるために能力の無い女性社員を管理職に置くのはやめてほしい。現場がめちゃくちゃになるから
  • 職場のお局の機嫌を良く保つためだけに、すさまじい人的犠牲と労力が必要になる。得られるモノと対価がまったく釣り合っていない。そして、女性社員を積極的に採るということは、職場のお局を量産するということと等しい
  • 女性職員の困ったところは、彼女たちはうわさ話・陰口が大好きだから根も葉もない情報を職場に拡散させて、雰囲気を悪化させ続けるところ
  • 「私は悪くない!、と責任逃れをする態度」「責任感が欠ける」「感情的になりやすい」「体質のせいもあってか、情緒不安定」「同性の職員を集団で潰す」「視野が狭い」「短絡的」このような傾向が女性職員には顕著。もちろん、男性職員にもそのような特徴がある人はいるが、女性は男性よりもこの特徴傾向が強い。そして不運なことに、そのような「無責任で、感情的に動く社員」は会社組織に損害ばかり与えるので、周りも上役もダメな奴だと評価しがちとなる
  • 女で仕事ができる人は、外見は女でも中身が男で、思考のロジックが男性的。一方、外見が女で中身も女の、大多数の女性が仕事ができるかというと……
  • 適材適所という意味合いで、女性には家庭に入っていて欲しい。ほとんどの女性は、会社に残ってもどうせ上には立てないよ
  • 大多数の女性は、「女性が輝く社会」も「女性の社会進出」も望んでいないようにしか見えない。「結婚して楽になりたい」「専業主婦になってママ友とランチを楽しみたい」「仕事はしているけれど、責任が大きくなる出世とか転勤とか残業は拒否する」こんな女性ばっかりじゃないの
  • 仕事において男と女の立場の最大の違いは、「女には逃げ場所がある」というところ。結婚相手を見つけ出すことができれば、だいたいの場合で仕事から逃げられる。本腰を入れて仕事をしている男と、逃げ腰で仕事をしている女じゃ、たがいの成果や心構えにいろいろな差が付くのが当たり前

女性社会進出

女性社会進出

女性のための社会進出は女性自身がイラつく誰得政策へと暗転
使われずに埋もれている労力を発掘して役立てる…という意味では女性の社会進出は有意義ですが、肝心の女性勢が社会へ押し出される事...
少子化が進むし女は働きたくないし…女性の社会進出の問題点
女性の社会進出にともなうモノ…それは企業に採用されるために女性が高学歴化する事と、人生に対する仕事の割合が大きくなるために必...
究極の選択!女性は仕事か結婚か?実は答えはほぼ決まっていた
女性がなるべく人生の早い時点で決断すべきなのが「結婚するか、結婚しないか」。どちらかはっきりと決めてから行動しないと、ただ年...
専業主婦…働きたくない!専業主婦になりたい夢見る20代女子
俺は嫁さんにこう言った。 「ゴメンな、いつも大変な思いをさせて」 「主婦の仕事は大変だよな」 「大変なことを君にさせておくわけには...




女性の中に「管理職の適材」がほとんどいないという報告

女性社会進出

womandiswork1

  • 総合職で女性を採用している企業は、「100人以上の企業では4割弱」「それ以下の規模の企業では3割程度」しかない
  • 「総合職」は将来に管理職への道が広く開かれている職なので、女性は採用の時点でそもそも管理職になれる人数が少ない
  • それに加えて、企業が新卒を採用する割合が、男性よりも女性の方が少ない

  • 「管理職世代の女性(管理職登用の可能性のある職種)の配置・育成が同世代の男性と異なっており、必要な知識・経験・判断力を有する女性が育っていない」という理由が、「『女性の割合が30%未満の役職』がある理由」で上位にあり、女性の中に管理職の適材がいないという企業内の状況を示している
  • 業務の難易度が増す、責任が重くなることを女性が望まない(時間外や夜間・休日の勤務によるものを除く)」の回答率も高く、女性自身が管理職になることに消極的である

採用・配置・昇進とポジティブ・アクションに関する調査の中の「2014年春卒業の新規学卒採用者の女性の割合」



仕事カテゴリーネットサービスカテゴリー健康カテゴリー美容カテゴリー恋愛カテゴリー教育カテゴリー知識カテゴリーお楽しみカテゴリー漫画カテゴリー小説カテゴリーアニメカテゴリーゲームカテゴリー購入技カテゴリー住宅カテゴリー趣味カテゴリータグブログ内検索トップページ

コメント

  1. ムッキー三世 より:

    「私は悪くない!、と責任逃れをする態度」「責任感が欠ける」「感情的になりやすい」「体質のせいもあってか、情緒不安定」「同性の仲間を集団で潰す」「視野が狭い」「短絡的」このような傾向が顕著な人々が家庭に入ることが、なぜ適材適所なのでしょうか。
    こんな人を家庭に入れて、家が潰れたりしないのですか。