優しい良い人が損である5つの理由と現代の新しい優しさの提案

いい人真面目損

生まれつきの聖人的な性格ゆえだったり、弱さゆえに相手にゆずってばかりの「いい人」は、損ばかりしていて良くない……というのが近年の共通認識になっています。

いい人は損だし、もっと別の形の貢献の仕方がある、ということを調べてまとめました。

スポンサーリンク

いい人は損ばかり…という有用コメント集

いい人真面目損

優しい奴ほど不幸になる。自分の幸せを人にあげる事になるんだから、考えてみれば当たり前。
そして親切過ぎる奴は、人からは親切にされない。それは人に舐められるから。
むしろ少しばかり人に迷惑をかける奴が上手くいく。
ただし度を越すと人に恨まれるから、これも上手くいかない

憎まれっ子世に憚るだな
優しい奴はあくどい人間に利用されやすい
なんだかんだ言っても弱肉強食がこの社会の基本ルール

優しさは二の次でいいから
強くありたい

性格かどうか知らんが、自分の利点や出した利益をきちんと主張できない奴は食われて当然だろ
優しいってか、なんとなく考えずに生きてるヤツは利用されるだろ

世の中に出て最も大切なのは
「金を稼ぐ能力」
性格の良さなど一円にもならない。

行動力と勝利への餓えが異常!人生や仕事で成功する人の特徴
自分自身が社会で成功を収めることは難しくても、何十人という人付き合いの中で「成功者」と出会う事はちらほらとあります。成功といって...

自分の益のために他人を害すのが生物として正しいんだよなぁ

優しさとか自己満だよ
要するに偽善
自分がそうだからわかる

家族という少ないコミュニティでさえ損するからな




スポンサーリンク




正直な奴、優しい奴、素直な奴ほど損をする世の中だと言うこと

優しさは意識するものじゃない
本当の優しさは結果的にそうなっているだけ
「優しくしよう」として優しくしているのは優しさじゃない
「優しい俺」になりたいだけ
自分がどう振る舞いたいのか
自分が振る舞いたいようにやったら
結果優しかった
それが優しさじゃないのか
損得なんて考えた事ないよ。

与えるの反対は奪われる
奪われない強さと強かさと賢さこそ与える優しさの第一条件
優しくても弱いのは馬鹿なだけ
奪える力があるのに奪わないから優しい

母親に愛情たっぷり注がれて育てられたから優しく育っちまったんだよ
途中人生で挫折して性格は歪んだけど根本の優しさは残ったまま
すげえ生きにくい
いつも人に利用されて終わる

ストレス耐性を作る6つの能力とストレス診断&解消法を解説
同じ職場で同じ仕事をしている人でも、片方はストレスで胃を痛めて髪が薄くなるほど心をやられてしまっているのに、もう片方は何事も...

いい人真面目損

・押し出しが弱くて自分の意見を積極的に口に出来ない
・自分が悪く思われるのが嫌で相手に強く意見できない
・進んで悪い事はしないだけで周りから見たら存在感がない
・億劫がって人と積極的に絡むことをしない
こういうのはやさしい奴じゃないからな
悪人じゃないだけのただの気弱な人間
そもそもの話誰かが優しい人かどうかは周りの人間が決めるんだよ
誠実さや責任感と同じで周囲の人間からそうと認められて初めて意味がある

性格と資本主義が相容れなさすぎて就活で死んだ
押し売りなんて出来ないし、みんな仲良くしたいじゃん

優しいってか、真面目な奴は生きてて損することはあっても得する事はないよ。

少なくとも優しさを持ってる奴は金儲けできない

他人様のために働いてもとくに良い事も無ければ
達成感もないこと、人間は利己と利他のバランスが精神のバランスになる
他人に尽くして何も帰ってこなかったら普通にストレスになるだけ

個人主義…個の幸福と尊厳と自立を重視し全体主義と対をなす
各種娯楽も充実していて、国民健康保険や生活保護のようなセーフティーネットもきちんとあって、世界最高レベルに安全で、食事もまた...

気高くあろうとする人、卑しき行いは必ず報いを受けると信じている人にとっては生きづらい世の中かもね
今さら生き方も変えられないだろうし、せめて死後高みに昇れることでも夢見て残りの人生がんばりましょう

実際優しくなくても、優しそうとか大人しそうとか言われる奴は駄目だな
周りから舐められる

102: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/05/13(水) 03:55:19.27 ID:onucg/rN0.net
人を人だと思ってないぐらいの畜生じゃないと出世出来ない
優しいやついいやつには無理やろうね
107: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/05/13(水) 03:56:51.62 ID:Q6nhzuB8p.net
>>102
これ
そりゃ鬱なりますわ

syakaifutekigowork3

勝てば官軍負ければ賊軍
憎まれっ子世に憚る
悪貨は良貨を駆逐する
このあたりの言葉は覚えといたほうがいい

大の大人もほとんどの人が自分のことで精一杯
学校で習ったような優しい大人なんてめったにいない
いたとしたら気をつけて、そいつは…

優しい奴が成功する世界なら今頃世の中こんな風にはなってない
金も地位もパイの奪い合いなんだから情が移るようじゃ成功しない

暴力が全面禁止されてるこの世の中じゃメンタル強い奴が最強
変に責任感が強かったり悲観的だったりするとメンタルやられる
逆にDQNのごね得が横行する
無理が通れば道理が引っ込むってやつ

あなたの交渉が超有利に運ぶ心理学8選!これで相手は思い通り
対人関係を有利に運ぶための、話相手に好感を与える便利な心理学的知識が存在します。これらがマスターできれば、人気者になり、女の...

いろんな意味で神経図太い奴が得する世界だからな。

優しいと本当に損だよ
他社と仕事してて、無茶な仕様を押し付けられ「できません」
と言ってもやれと押し切られ、
予告したとおりできんかったら、責任をおっ被せられるからな



スポンサーリンク



なんでもそうやが正義感強かったり使命感に燃えて仕事してたらいつかプチッて糸が切れる
公務員だけに限らんが仕事は与えられた業務をそつなく要領よく公私混同せずに割り切るのが吉やぞ

いい人真面目損

それは本当に優しさか?
日和ってるだけだろ。
だから、損したように感じるんだよ。

自信…精神の安定や自己肯定感をもたらす心理の性質まとめ
心の安定を常時もたらしたり、勝負に出る時に有ると無いとでは大違いの「自信」。自信が無くて自信が欲しい人はたくさんいると思われ...

普段優しく無い奴が優しくした時ちやほやされてるのをみて嫉妬してる奴はそもそも偽善者

性格が悪いと嫌われるリスクも高いから
ずる賢い、泣き落としがうまい、嘘も何度も言えば真実になることをやるタイプが得するんだよ
優しくて純粋で常識のあるってのが利用されて陥れられる
損するんだよねやっぱり

人間関係のストレス負担を最小限に抑える職場や学校でのコツ
もういつだったかすっかり忘れたけど、 リーマンに対する調査で、エネルギーの半分位は、人間関係維持のために費やしているとか。 仕事は残り...

根源的には利己主義こそ生物の生物たる所以であり、人間だからという理由でこの法則から逃れることは出来ないのではないか。
もっとも、群れを作り個体認識がし易い環境においては、過剰な負担を相手に強いるとしっぺ返しを画策する輩も少なくないので、それを被る危険性を減らしつつ最大利益を追求するのが健全な人間の生き方であろう。
然るに過剰な優しさは利益追求をないがしろにしていることからして、自重するべきである。
…と考えます。

人は強い人間のところに集まる
相手が強いと見るや、早々と反旗を翻すような奴が大半
権力者に挑もうなんて考える反骨精神旺盛な人は絶滅危惧種
なんの力も持たない弱者に味方するなんてのはただの物好き
会社で上司にいじめられててもだれも助けてなんてくれないよw
自分の身は自分で守るのが基本だ
あと俺が言ってる強い弱いは喧嘩が強いってだけじゃなくて
社会的地位とか人脈や金も含めた強さな

もしかして「真面目」や「良い人」がいいっていう価値観は間違ってるんじゃね?
だってそうだろ、適当に要領よく振る舞って、人を貶し蹴落とすことが喜びみたいなやつが出世もするし女にもモテるように思う。
社会的に成功してるやつが人格者という話もあまり聞かない。
バカは人間も弱肉強食の世界で生きてるってことがわからないから建前的な甘言に騙されて「理不尽だー」とか言ってるが、結局社会で必要なのは単純に生物的な強さと魅力じゃね?

もう優しくなんてなるな。
お礼や挨拶をしっかり言う。
他人が困っていて、自分に余裕があれば助けてやる。
そういう小さなことでいいだろ。優しさなんて手垢のついた言葉で自分を縛りつけているうちは、お前らが人生に満足できる日なんて来ないよ。
それと損をしたくないなら人間なんて辞めちまえ。
誰だって多かれ少なかれ損をして生きていくもの。昨日今日でいくら損した得したなんて株やギャンブルじゃないんだから。長い目で見て、自分が本当に価値のあると思えることをいつか見つけて頑張ればいいんだよ。

優しい態度が損だったり危険だったりする5つの理由

いい人真面目損

優しくした相手から「お礼」が返ってくるかは運次第

優しくしたからといって、相手が恩義を感じてお礼の言葉や態度や報酬を返してくるとは限らず、運次第という確率の世界の話となる。そして、優しさに無反応の人が多数派。

優しくしたら良いように利用される事がある

優しくした相手によっては、さらなる要求を突きつけてきたり、継続的に利益を要求されるようになる。悪人にとっては、ニコニコ笑って何でも差し出してくる相手は最高のカモ。

優しさが報われなかったらストレスで心が歪む

相手の感謝や笑顔を期待して優しくする人が多いのだろうが、確率的に何も返ってこない場合も当然ある。そういう場合、ストレスで嫌な思いをしたり、人間不信に陥る。




スポンサーリンク




「私は優しい人なんだ」という「縛り」が損を招きやすい

権利を主張すべき場面や、理不尽な要求に立ち向かうべき場面で、「これまで他人に優しくしてきたんだから、今も優しくしなきゃ」という縛り・制限のせいで何も主張できなくなってしまう可能性が高い。

与え続けて、そのうちすっからかんになる

優しい言葉も笑顔も労働の肩代わりも、それら全てが自分の内側の心的エネルギーや身銭を使ってなされている。相手からの感謝や謝礼があればエネルギー・金銭は回復するが、確率的に何も返ってこない事の方が多いので、仮にエネルギー・金銭を使用した優しさを無限回行使したとすると、多くのマイナスとわずかなプラスを繰り返し続け、おのずとエネルギー・金銭の枯渇という結末へと収束する。

優しい人は損ばかり…いい人をやめる「強さ」が社会人に必要
「優しい人になりなさい」と家庭でも学校でも教わるけれど、教え通りに優しい人になっていざ社会に出てみると、わがままな人たちの被...
優しい人だけの人は悪意や搾取に対抗法が無い弱者という事実
自然界は疑いの余地もなく弱肉強食。人間社会も自然の一部であり、人間も動物の1種であることに変わりはないため、「自然=強者が生...

優しくお人好しで協調性のある人は低収入という研究結果

学歴就職

「お人好しでは勝てない」とは、大リーグの往年の名監督、レオ・ドローチャーが1948年に残した言葉だ。ドローチャーはこの含蓄ある言葉を後に撤回するが、彼の人間に対する悲観的な見方をよく表している。我々は、トップに上り詰めるためには倫理的な面で妥協を強いられると、当然のように考えているが、恐らくはスティーブ・ジョブズのように大声や金切り声を上げたり、または映画『ウォール街』の登場人物ゴードン・ゲッコーのように法律を破ったりしなければならないのだろう。人生のゲームに勝つ人間は他の人と同じルールに従っていないし、だからこそ勝利者なのかもしれない。そこが重要な点だ。

ドローチャーや他の悲観論者は正しかったことが判明した:いわゆる「いい人」は損をしており、少なくとも稼ぎが大幅に少ないことが分かった。Journal of Personality and Social Psychology誌に掲載されたコーネル大学のベス・A・リビングストン、ノートルダム大学のティモシー・A・ジャッジとウェスタンオンタリオ大学のチャーリス・ハーストが行った研究によると、協調性の高さと収入のレベルは反比例するという。

協調性と収入がどのような関係にあるのか探るため、リビングストンらはデータの収集を開始した。対象者は、最近10年間に新たに労働市場に参入した約9,000人。対象者のキャリアについてインタビューを繰り返し、認知/人格テストを実施した。協調性のレベルは、例えば、次のような質問で測定される:「5段階評価のうち、1が喧嘩好きで5が協調性があるとすると、自分は何点だと思いますか?」。または「1が協力的な人間で5が付き合うのが難しい人間だとすると、自分は何点だと思いますか?」。リビングストンらはこの調査結果と所得データの比較を行った。

いい人真面目損

その結果は驚くべきものであった。まず分かったのは新たに労働力となった女性の収入は男性よりもはるかに少ないという悲しい現実だった。教育、結婚/非婚、週の労働時間、雇用の継続性といった項目を考慮しても、若い女性の収入は同世代の男性よりも4,787ドル、平均で14%近く少ない。さらに、協調性のある男性の収入はそうでない男性よりも7,000ドル近く少ないことも分かった(女性はそれほど変わらず、わずか1,100ドル少ないだけだった)。これも気を滅入らせる事実だ。

リビングストンらは研究を続け、その調査結果にて協調性のある人の収入が比較的少ないことを明らかにした。個人の特性や、性格のいい人は比較的儲からない職業を選択する傾向があるといった変数(その数は膨大だ)を考慮しても、だ。リビングストンらはデータの結論を次のようにまとめている。

最初に行った3つの研究では、協調性が標準以下の人の収入は、標準以上の人を18.31パーセント(9,772ドル)上回ることが分かった。一方、女性部門ではそれほど差が大きいわけではなく、非協調性という“特権”を持っている収入額はたった5.47パーセント(1,828ドル)高いだけだった。この“特権”は、女性よりも男性に与える影響が強く、3倍以上も差が付くことが分かった。

この悲しい相関関係の要因は何だろうか?リビングストンらは最後の研究として、南部にある巨大な大学の経営学部の学生460人に対し実験を行った。ある職業に8人の候補者がいるという設定で、いずれの候補者も知的で洞察力があり、良心的な人物である。しかし、協調性のレベルはまちまちで、信頼でき、利他的かつ謙虚な人もいればそうでない人もいる。どの男性あるいは女性の候補者が管理職になることができると思うか聞き取りを行った。

またしても残念な結果が出た:協調性の高い候補者は管理職になれない可能性が高く、特に男性の場合はそれが顕著という結果が出た(女性の場合は性格のいかんにかかわらず、昇進の可能性がやや低い傾向にあった)。

優しい人に勧める、3種類の解決策

いい人真面目損

  1. もう他人には期待せず、これからは利己的に生きていく
  2. 生まれついての聖人気質なので、これまで通り、報われなくても他人に与え続ける
  3. 社会的地位や多額の財産などの余裕を持った上で、人を助けたり助けなかったりする

ブログ管理人の経験談なのですが、何かの行動を起こしてからすぐに(1日~1ヶ月以内)成果が得られるような種類の行動を選択するようになってから、なんだか人生が好転するようになったし、いろいろな結果も得られるようになった気がします。「あ、この行動は効果があるんだな。あの行動は効果が無いんだな」と実験結果が短期間に次々と得られるので、以後はより効果的な行動を取れるようになるからです。

歯車を手でつかんで、力を込めると、歯車が回り出し、その歯車に組み合わさっている別の歯車が連動して回り出す。そしてまた別の歯車が回り出し……。そんなイメージをよくブログ管理人は連想します。

行動後にすぐさま何らかの「手応え」を感じられないと、海のど真ん中でもがいているような感じで不安が湧いてきますし、空しくなってきます。

他人に優しくするうえで、参考にしてみて下さい。



仕事カテゴリーネットサービスカテゴリー健康カテゴリー美容カテゴリー恋愛カテゴリー教育カテゴリー知識カテゴリーお楽しみカテゴリー漫画カテゴリー小説カテゴリーアニメカテゴリーゲームカテゴリー購入技カテゴリー住宅カテゴリー趣味カテゴリータグブログ内検索トップページ