才能がある人特有の5つの人生特徴が孤独と極端な物ばかりで怖い

才能ある人特徴人生

才能がある人は、そうでない人とは歩む人生ルートが違っています。才能がある人の人生が楽勝モードかと思いきや、孤独や他者からの不理解や挑戦対象が高難度などなど、苦痛の種類と程度が普通の人とはまた違っています。才能がある人特有の孤独な人生の特徴を調べてまとめました。

スポンサーリンク

才能がある人の人生につきまとう5種類の苦難

一般人向けに作られた社会と折り合わない

bocchilife3

テレビ番組も、雑誌も、映画も、漫画も、小説も、それら全てが平均的な人間向けに作られている。多数派に合わせて作品作りをしないと売上が伸びないからだ。感性と洞察力が卓越している才能人にとっては、そういった普通のモノでは満足できない。身長が高すぎると、自分に合うサイズの服がなかなか見つからないようなものだ。

孤独な人生が、才能人の宿命

才能ある人特徴人生

キーワードは「ついていけない」。通常、ついていけない、というのはダメな人に付き合いきれないという意味で使われるが、才能人に凡人がついていけない、という現象が日常的に起こる。才能人の進む速度や居る場所がすごすぎて、その速度に凡人が「ついていけない(追いつけない)」。結果的に、独走し続ける才能人はみんなに恐れられたり、さげすまれて、孤独な人生を送ることになる。凡人がついていけないようなぶっ飛んだ性格や意志の強さや行動が、その人に才能が有ることの証拠とすることもできる。

隠れた才能を発見するための才能の見分け方を全部公開します
「自分の才能の種類が判れば、全部上手くいくのに!」と悔しい思いをしている人は多いはずです。そんな人達のために、その人が持って...

脳が才能に寄生されて支配されている

才能ある人特徴人生

作品を作りたい、その問題を解決したい、より技術を洗練させたい、という、才能が発する衝動に支配されている。その衝動は、安楽な人生を送りたいとか、恋人とイチャイチャしたいという普通の欲求を上回っていて、才能の衝動に突き動かされた強迫観念の連続の人生を送ることになる。才能がより大きく、才能の純度がより高いほど、この傾向は強まっていく。一見すると自由に何でも出来るように見えるが、その実、才能のある人の行動を支配する者は自身の才能であって、自由意志をほぼ全て奪われているような状態。才能人にとっては、才能はあたかも「何かの行動を一生強制する呪い」のようなもの。

中途半端なレベルの才能はかえって死期を早める

才能ある人特徴人生

圧倒的な巨才とは違う、普通程度の才能だと、自分の能力を過信して自ら死地へとおもむき、結果的に早死にすることも多い。例えば、中途半端な文才のせいで「小説家になる!」と意気込み、何年も商業作家デビューできずに転落人生を歩むことになる、など。また、才能のある人が戦う相手は同じく才能のある人なので、人生の苦労の程度は凡人のそれとほとんど変わらない。




スポンサーリンク




高純度の才能は運命と化し、中には「不幸な運命へと変化する才能の種類」もある

才能ある人特徴人生

大きな才能、純度の高い才能というものは、本人が望む望まざるに関わらず人生の運命と化してしまう。周囲から求められたり、自分で続けているうちにいつの間にか専門家となったりしていて、本来は自由であるはずの人生ルートが「その才能を使うルート」に固定されてしまう。才能の種類が楽器演奏や作品制作のような荒事とは無縁のモノなら良いが、問題はトラブルと関係が近い種類の才能。
例えば、美しい顔・豊満な身体・男を惑わせる小悪魔的な性格といった「恋愛の才能」が際だった美女が、恋愛に生きるという運命の中でとっかえひっかえ男をもてあそび、そのせいで同性達に酷くねたまれたり、恋愛関係のもつれで事件に巻き込まれて、精神を壊滅的に病んだり殺されたりすることはままある。凡人だったら決して味わう事がない、才能人の「人生難易度・エクストラモードならではの地獄のような敵襲状況」を体験することがある。

才能がある人がより才能を育てて活かす方法

才能ある人特徴人生

常に限界を拡張し続けよう

手っ取り早く能力向上させる一番の方法は、一年中作品を作り続けたり、問題を解き続けたりすること。重くて大きな「限界の壁」を全身全霊でじりじりと押し続けなければ限界点が伸びていかないのは、才能人も凡人も同じ。凡人達に才能をひけらかして天狗になっているだけでは能力の限界は伸びずに、それどころかだんだん能力が腐っていく。新しい発想と着眼点、知識量と才能がある分野への情熱、1日にこなせる作業量を、日々向上させていくべし。

一刻も早く自分が活かせる場を見つけよう

凡人達に嘲笑されながら頑張ったところで、それはまるで砂漠のど真ん中で草花を育てようとするもの。環境が悪すぎる。自分の能力を求めてくれる場や、一人暮らしのようないくらでも集中できる生活環境、同程度の人間が集まっている集団を探して才能を発揮していこう。

その才能をぜひともカネに換えよう

自分のやりたい事を世間の需要に合わせてゆがめるのは少し悔しいかもしれないが、ここは我慢して大衆向けにした作品・技能を売りだそう。お金が無い生活というのは、単純に辛い。それに世間に名前が知られていないと、片田舎の無名の変人として一生を閉じる確率が非常に高くなってしまう。売れて業界の最前線に立つことで初めて得られる世間への影響力・経済力、設備の整った研究室に入ってこそ初めてできる最先端の研究など、「売れることで初めて開花する才能」という世界がある。

才能が無い人の悲しみの声とありがちな特徴、幸せになる2大方法
業界の第一線や、テレビ番組で活躍しているような人達は何らかの才能を持っている人達ばかりなわけで、そういったごく一部の才能豊か...
ウケを取るだけで満足?才能の無駄遣いをお金にする簡単方法
ネット掲示板等で、驚くようなハイクオリティーな絵や文章やネタを提供できるのに、無職やニートに甘んじている、「才能の無駄遣い」...

才能のある人の生き方についての有用コメント

effortgift6

天才は努力というより執着心がすごい 一種呪いのようなものだよ

才能あるやつは好きとか別に、それをせざるを得ないというか、自然体なんだろうな

天才には努力=生活することだから努力なんて存在しない

一般人が努力と思う事が天才にとってはただの日課レベル。
努力と感じる時点で天才というカテゴリーから外れると思う。息するのが当たり前に出来るのと同じ事っていうと思う。

才能を発揮するのって気持ちいいんだぜ、賢い人は賢いことの気持ち良さを知ってるからもっと賢くなろうとするんだよ
スポーツだって多くの場合そうだよね、他の人と比べて上手いから伸び代を感じられるから努力する

才能…大きすぎると運命化して人生を固定してしまう諸刃の剣
レアなスキルや強力な魔法、高い戦力、人を使える権限や権力、そういう力を持つってことは、同時に孤独になっていくってことでもある...

頭の中で何かが組み合っていく感覚。
パターンの中に美しさを感じそれに魅了される。
凡人と天才とでは惹かれるものに違いがあり、それを追わずにはいられない。
それを求める度合いが凡人と大きく違う。
道が見えているのではなく、道しか見えていない。

大学院の博士課程まで行くと、いわゆる天才型と俺のように努力した凡人型の2タイプに分かれる
理論の研究者は天才ばかり。というか凡人は付いていけない世界
実験の研究者なら俺のような凡人でもやっていける隙間がある世界



スポンサーリンク



才能は凡人を圧倒する習得速度と伸び代
凡人では時間を掛けても辿り着けない閃きのようなもの
このどちらか

誰から見てもすごい天才ってのはメリット以上のデメリットに苦しんでるはずだよね
標準スペックに合わせて作られた世の中で生きていくなんて合わなさすぎて絶対辛いでしょ
安易に憧れるのはどうなのって思う
大して深く考えなくても生きていける事だって幸せの一つなんじゃないの

集団に馴染むって事は皆で良いと決めた物を皆でトレースして共感しあう事に終始する事でもあるから
独自の発想や世界観は押しやられてしまうかもね

頭がいいってのは霊が見えるってのに似ている。
世の中のいろいろな問題点が見えて、その解決法までわかるし、周りの一般人は問題に気づいてすらいないこともわかる。周りに伝えたところで理解もされないし解決に動いてももらえない。ものすごい孤独よ。
でも10年とか20年すると世間でも問題が顕在化してきて、何で誰も警鐘をならさなかったって責められる。
表面的には周りと仲良く楽しくやってるけど、見えてるものも違うし、深い相互理解なんてものはあきらめなきゃならない。子供のころからこういう経験を繰り返してると、頭がいいことってそんなにいいことじゃないなと思うよ。

「人生を無駄にする才能があります」とか言われて喜ぶのかね
才能っていい方向に向くとは限らんよ
人生経験によっても変わるしな

努力するというより、努力を継続するのは才能だと思う
継続することの精神的難しさったらない

才能は同時に運命でもあるからな。丹下桜だって素であのアニメ声だからけっこうコンプレックスだったらしいし

「なにもしない」が出来るのがニートの才能やぞ

暇って考えが浮かぶ時点で才能ないぞ
あれもう1日終わったのかって思えないなら向いてないからやめた方がいい
割と勘違いされてるけどニートってくっそストレス溜まるからね
そのストレスを感じないエリートだけがニート人生を歩める
才能ない奴は自殺して終わり

IQ高すぎると社会で適応できなくなるとかならないとか

ネットを使いまくれ!コミュ障や社会不適合者のための恋愛方法
異性と上手く話せない「コミュ障」や「社会不適合者」だって、やっぱり恋愛を楽しみたいもの。そういった人達が異性と恋愛をするため...

凡人の集団に天才が入ると凡人に足引っ張られるから、結局天才は個人か少数でしか才能発揮しないと思う

天才を見つける方法は簡単だ。天才は常に孤立している。byショーペンハウアー

眼高手低
志大才疎
これに尽きる
足るを知るを自覚しない奴はいずれ破滅する

精神的な面も才能の一部だと思うけどな
フィジカルエリートでも引きこもり体質ならスポーツの才能があるって言えないだろ

残酷な真理…人間の生まれつきの差1能力と才能と人間の器編
人間はみんな生まれつき平等……だと学校やテレビ番組で教えられますが、現実として男と女という性別の差、健康と病弱という体質の差...

俺は何もないからな
誰にでも何らかの才能があるなんて考えが甘すぎるぞ
世の中には無能も存在するんだ

ガタカって映画で遺伝子の段階で差別されてふるいにかけられてしまう世界が描かれてたけど、才能が発掘されすぎた世界って最終的にああなるんだろうな。
あなたの才能はSランク、頑張って素敵な未来にしましょう。お前の才能はEランク、なにやっても無駄なんで清掃員でいいでしょう。みたいな。

自分の定義する「才能」ってこれかな
1・特定の対象に興味を持つ事が出来る
2・到達点を決定し明確なビジョンを持ち続ける事が出来る
3・特定の対象、事象、又は特別な状況下に対して異常な忍耐力が発揮される
4・状況をある程度コントロール出来る
5・あらゆる想定外の事象に巻き込まれても結果が出せる
6・長年継続できる
7・1~6を兼ね備える運を持っている
7は無しにしても1~6に幾つか当てはまるモノに対しては
「才能」あるんじゃないかなって思う




スポンサーリンク




本物の天才は脳の構造からして違うし努力とかじゃ絶対に追いつけない
発想力とかも段違いだし思考速度も速い、化け物

努力で追いつけるレベルの人間は天才ではない
お前ら本当の天才、近くで見たことないだろ?自分とは全く別の生き物だぞ

知る事が好きで批判的思考…頭の良い人の一般人とは違う特徴
物事の理解が早くて、学んだ知識の応用も利く「頭の良い人」。常人とは言動がちょっと変わっていたり、独特の思考的特徴を持っていた...

努力して天才に追いつけると思うのは勘違いだ
天才というのはもう別の生き物だと思っていい
人間がいかに努力しても鳥のように空を自力では飛べん
羽がないからな
天才は人間じゃない

正攻法じゃやはり無理…才能のある人に凡人が勝つ現実的手段
経済成長が停滞し、未来に希望が失われていくにしたがって、「努力なんて無意味、結局は才能」という才能論が若者の間で主流になりつ...

俺のIQ130。
天才というほど飛びぬけたモノではないが、社会に出る前はぶっちゃけ何一つ苦労した事なくて、自分より頭の回転が速い人間て出会ったことがなかった。
社会に出て、同期の友人で、IQ150だっていう人間に出会い、そいつの世界の広さに驚愕した。
そして150のソイツをもってしても、「あの人の頭にはついていけない」と言わしめた、誰の目から見ても明らかにヤベーのがウチの社長。
コミュニケーション能力は完全にないんだが(誰もついていけないし、本人もついてこさせる気がない)、物凄い速さで導き出される答え、その思考の深さが、常人の域を明らかに超えてる。
IQの数字だけが天才の指標ではないのは百も承知。
その上で言うが、一般的に20ポイントくらいIQが離れると、上のレベルの人の思考を理解できないレベルになるのだとか。
世の中には確実に(しかも結構普通に)、自分では理解できない世界の存在ってのがたくさんいて、普通に共存してる。
ちょっとゾクゾクするわね。

人をしのぐのも楽じゃない!頭が良い人の人生特有の6つの傾向
魅力的な能力の1つである「賢さ」。頭の良い人は、どんな人生を送っているのかを調べてまとめました。 頭が良い人の人生...

天才は類型の捉え方が他人と違う。何故の掘り下げの深さ、広さ、方向性が特異。似てるもの同士を比較してどこが似ていてどこが違うか、いろいろ追求したがる。自分で納得するまで他人の意見を受け入れない。それらを他人に普通じゃないと言われるまでほとんど自覚がない。

なんでもソツなくこなせて、理解力も高い友人がいるけど
変人気質で好き嫌いが激しいから好きな人間以外には心を開こうとしないから生きづらそうに見える
劣等感感じるより、優秀な人材なのに周りに理解されずに悔しく思ってる

創作や美に必須の「魅力」を強引に解析して魅力の体得方法解説
「魅力」は理論化できない神秘の領域……だとブログ管理人は思っているので、「魅力は解析不能」と何度か記述してきましたが、そうは...

ある才能を開花させるには、「努力を続ける才能」が必要だからな。
全ての基本になるこの才能が無い奴は何やってもダメだろ

韓国の少年の話でこういうのがあった
三角形の内角の和は?
当然180度と答えるよね普通は
その子は始めてその問題と向き合ったときに
「球体の上ではそれは成立しない」と答えたそうな
本当の天才って言うのは
計算がずば抜けて速いとか
そういう次元を超えていて
周りの間違いに気が付くわけ
周りが当たり前と思っていることが当たり前と思わないやつが天才
天動説に対する地動説がそれ

人とちょっと違うだけで苦労する今の世の中なら
天才とか呼ばれる人種はどれだけ人生を嘆いたか想像つかんな

天才の定義は様々あると思うけど、俺は
「天才とは社会にとって有用な狂人である」を推す
とてつもない才能を持ちながら、どこか狂気を匂わせるような
一面も持ち合わせている人こそ天才と呼ばれる
というか、その才能のおかげでマイナス面を大目に見てもらえるのかも

ほんと理解不能だよな
奴等別次元に生きてるぜ絶対

人と違う自分自身ならではの独自ルートに踏み出すことが才能を作るんだろう
独自ルートに踏み出すことによってその人ならではの経験値や変わったアイテムやイベントに出会う
この世界は自分自身の独自ルートに踏み出さなければ本当の経験値はたまらないとどっかの童女が言ってたぜ

天才のように全力で生きても凡人にはつらいだけだろうよ。
やだよ俺難しい事一生考えたり一芸極めたりすんの。束縛としか思えん。
適度に生きて死ぬ。それができる世の中になってるんだから適度に生きようぜ。



仕事カテゴリーネットサービスカテゴリー健康カテゴリー美容カテゴリー恋愛カテゴリー教育カテゴリー知識カテゴリーお楽しみカテゴリー漫画カテゴリー小説カテゴリーアニメカテゴリーゲームカテゴリー購入技カテゴリー住宅カテゴリー趣味カテゴリータグブログ内検索トップページ