好きな事で生きていけ!プロイラストレーターの仕事と業界裏話

イラストレーター絵仕事解説

好きなイラストを描いて生計を立てる「プロのイラストレーター」は、ネット上でイラスト制作活動をしている人達の憧れの的であり、プロとして活動することは絵描きにとって1つの到達点といえます。

実際、プロのイラストレーターの仕事とはどんな流れで、プロはどんな生活をしているのか?プロのイラストレーターについて調べてまとめました。

スポンサーリンク

プロのイラストレーターが仕事を受ける流れ

イラストレーター絵仕事解説

フリーのイラストレーターの仕事の流れは、下記のようになっています。

1.依頼をもらう
2.詳しい要望をもらう
3.サンプルを送る
4.制作に入る
5.修正、追加を行う

1.依頼をもらう

依頼がどんな風に来るかはさまざまですが、基本的には電話やメールで連絡をもらいます。

また、お互いの事務所や会社が近い場合、普通にランチやお茶に誘ってもらい、その席で、話が盛り上がったところで、「そういえば、こんな仕事があるんだけど・・・」というように、紹介をもらうこともあります。

他にも、イラストレーター向けの仕事紹介サイトなどに登録しておくと、そこを通して、仕事をもらえることもあります。

2.詳しい要望をもらう

依頼をもらった時点では、詳しい要望は伝えられていません。詳しい場合でも、「何月何日までに、何点のイラストで、1点あたり○○円」という程度です。

たとえば「こんな感じの絵柄で」とか「この文章の内容に合うイラストを」などの詳しい要望は、仕事を引き受けた後にもらうことが多くなります。

3.サンプルを送る

いただいた要望に合わせ、サンプルを送ります。この作業は、早ければ速いほどいいです。

サンプルを見るとクライアントが思い描くイメージも、2の段階よりもどんどんリアルになるので、「ここをこうして」という要望が、さらに具体的になり、イラストレーターも作業をしやすくなります。

秋切ないイラスト絵画像

4.制作に入る

タッチや彩色方法など、あらゆる事柄が決定したら、あとは描くのみです。この段階は、ずっと机に向かいっぱなしになるので、スポーツ選手とは別の「体力」が必要になります。

ずっとパソコンや絵と向かい合っていても、平気である人が、イラストレーターには向いています。

5.修正、追加を行う

作品を全部送った後は、クライアントから修正の要望をもらい修正をします。

また、「さらにこういう絵も」と、追加の仕事をもらえることもあります。修正はデジタルデータだと簡単なので、最近のイラストレーターは、ほとんどデジタルで作業をしています。

以上が、イラストレーターの仕事の流れです。これを繰り返していくうちに、実績も能力もつき、どんどんやりがいのあるお仕事をもらえるようになります。

プロのイラストレーターが仕事として主に描く絵

ゲーム用イラスト

ソシャゲ課金原因解説

最近は雨後の竹の子のように大量のソーシャルゲームが誕生していて、ゲーム内カードを彩るキャラクターイラストの需要が高まっている。そのため、pixivなどのようなメジャーなイラストSNSで自分の絵がランキング上位に入ると、ソシャゲ会社から比較的簡単に声がかかるようになった。

イラストレーターとして売れっ子になると、ギャルゲーム・乙女ゲームのようなキャラの立ち絵や1枚絵を描くような大きな仕事も任されるようになる。




スポンサーリンク




ライトノベルの表紙絵・挿絵

ライトノベル作家志望

ライトノベルの売上は、本文ではなく表紙絵で大きく左右されると言われており、ライトノベルという媒体でのイラストへの注目度は高い。売れっ子ライトノベル作家と組むことが出来ればイラストレーター自身の人気と知名度も上がる。

広告用イラスト

和風日本伝奇イラスト画像

絵ではあるが漫画チックではないお堅いイラストを、企業の広告用や公共イベントの広報用に描く仕事もある。企業によっては漫画系のイラストも求められる。近年ではWeb上での集客を目指してHP・ブログに掲載するバナー広告を作る企業も増えてきたため、バナー用イラストを描くイラストレーターも求められている。

イラストレーターの商売道具

イラストレーター絵仕事解説

デザイン・ファッション系やグラフィックアートなどのイラストレーターを目指すのであれば
パソコンはMacで、ソフトはAdobe IllustratorとPhotoshopが基本です。
値段はパソコンソフト合わせて60万円くらいしますが
ストレスが溜まる仕事なので、作業をスムーズにするために設備への投資はケチらない方が良いです。

漫画・アニメ系などのイラストレーターを目指すのであればBTOのクリエイター向けのパソコンが良いかと。
ソフトは多種多様にあり、自分に合ったソフトを選んでください。
SAIPainterPhotoshopCLIP STUDIO辺りのソフトが主流です。

BTOのクリエイター向けパソコンは自作なので性能によって値段が変わりますが
10万円前後でも十分な性能ですしソフトと合わせても15万円くらいあれば良いと思います。

デジタルの場合に使うペンは、タブレット上でペンを操作して描くペンタブレットを使用します。
値段は1万円~5万円くらいで
液晶上に直接描けるペンタブレットなら10万円か~20万円くらいする高価なものもあります。

手描きのイラストレーターになりたいのであれば
画材は本当に自分の作風に合ったものを選んでいくしかないと思います。
ペンなんかは特に、画材屋に行って自分で手に取って見ないと良さが解らないので画材選びもイラストレーターへの第一歩なのでいろいろ自分で調べたり試したりしてみてください。

プロイラストレーター漫画家上達方法

当ブログでのイラスト関係特集ページは↓からどうぞ。

絵を上達させたい人に贈る達人絵師の言葉から学ぶ5つの方法
インターネットの国民的普及により、今や誰もが自分の描いた絵を全世界に公開できるようになりました。pixivのような、絵師が集...
続ネットの達人絵師の教えに学ぶ絵の上達に必要な4つの心得
前回の絵の上達方法の特集に続き、絵の上達に役立つ先達の言葉をまとめました。 前回の特集ページは↓からどうぞ。 ...
絵を仕事にしたい人のためのネットをフル活用した4つの方法
「絵を描くことが好きで、絵を仕事にしたい!」という人は多いものです。ブログ管理人も、ネット上に公開された素敵なイラストを保存...
描いた枚数や才能…絵が上達しない人にありがちな4つの特徴
絵の上達と、その先のプロデビューを目指して絵を描き続けている人は多いものですが、「いくらやっても上手くならない!」と頭を抱え...
画像付き解説!イラスト絵制作で簡単に有名になれる6つの方法
趣味のイラスト制作で有名になりたい!という人はとても多いです。ネットなどを通して有名になれば、自慢の絵の感想も日々どんどん寄...


スポンサーリンク



ネットで仕事を受けている在宅イラストレーターが語る裏事情
pixiv(ピクシブ)のようなイラスト投稿専用SNSも増えつつあり、またイラストレーターの大量確保が急務であるソーシャルゲーム業界も...
絵の素人鑑賞者達がイラストで見ている8つの重要評価ポイント
まず最初に申し上げておくと、ブログ管理人は絵が描けません。絵の素人の意見なので、絵描きの方々からすればてんで的外れな...
イラスト画像であなたの心に学生時代が蘇る放課後青春クラブ
学生時代の情景は、懐かしくも少しだけ胸が苦しくなる、ずっと心に残り続ける一生の宝物です。 青春の1ページを思い起こさせ...
イラスト画像でファンタジー世界を旅する秘密の異世界探検隊
中世ヨーロッパ風の異世界ファンタジーの世界観は、童話・小説・映画などなど、どのジャンルでも非常に高い人気を誇ります。 ...
イラスト画像で癒され笑顔で心が温まる週末開催の幸福生成会
イラストや写真の世界の中に幸せがあふれていて、見ているこちらまで幸せのおこぼれにあずかれるような、暖かなイラスト・写真があり...
イラスト画像で和風伝奇の幽玄さを味わう丑三つ時の彼岸参り
日本の、和服、巫女服、妖怪、退魔といった和風伝奇は、独特の味わいと暗く湿った魅力があります。 古き良き日本の空気が伝わ...
イラスト画像でこの世の真理がひと目で分かる世界名言収集機構
格言の入ったイラスト画像は日々見返せば自分のためになりますし、この世の真理を無言で語る画像には感心し、さらにはネット上でのレ...
イラスト画像で夏の思い出を永久結晶させる真昼の炎天下活動部
心がおどる楽しい思い出を探ってみると、不思議と夏の場面ばかりが思い浮かびます。暑さのおかげで何かとテンションが上がり、7・8...
イラスト画像でみんなをトリコにする病みつきネタ画像同好会
ネタ画像や上手な絵でもともと価値が高く、なおかつ見ていてなごむ、という特殊な性質をもつ、定期的に見返したくなる中毒性があるイ...
レベル高っ!イラストSNSのpixivの特徴とプロデビュー
ハイレベルな描き手達がしのぎを削り合う、イラスト用SNSの「pixiv(ピクシブ)」。ブログ管理人のような絵が全く描けない人...
ネット上でも商業でも高人気&高評価のイラストレーターまとめ
挿絵を担当したライトノベルがアニメ化して大ヒットしたり、好きなイラストレーターとしてネット掲示板上でたびたび名前が挙がったり...
絵や小説のプロ志望は必見!1000記事書いて判明したウケるコツ
イラスト、漫画、ゲーム、小説、ライター、音楽、アートなどなど、創作者になりたいと思っている人はこの世に数多くいます。各種SN...
プロのイラストレーターと漫画家が修業した絵が上手くなる方法
「このイラストレーターみたいな絵が描きたい!」「この漫画家の作品に憧れる!」というのが多くの場合、絵描きを志す人達の原初の動...
10年分以上の時間と経験を先取り!絵を描き続けてわかったこと
長年、絵を描いてきてわかったこと、痛感した事、発見した法則などを調べてまとめました。この情報を有効活用することにより、十数年...
創作や美に必須の「魅力」を強引に解析して魅力の体得方法解説
「魅力」は理論化できない神秘の領域……だとブログ管理人は思っているので、「魅力は解析不能」と何度か記述してきましたが、そうは...
イラストの練習を継続させ絵の上達を加速させる名ヒント大全集
絵の練習をし続けて技術を極めれば、絵を見せた友人に賞賛されたり、ネットに絵をアップして各所へ拡散されて評価をもらったり、プロ...
絵が下手で心が折れそうな人達の言葉で少しだけ筆休めのススメ
絵の練習で、思うように伸びずに悩むことは日常茶飯事です。そんな時に解決策や前向きな意見をネットで調べるのは王道ですが、同じよ...

絵のプロの先生方!仕事の裏事情を教えて下さい!

ilustworkleak8

pixivでランキング(20位くらい)乗るようになってから依頼がくるようになった
そっから仕事もらってたらアルバイトやめて絵を描くことだけにするようになった
今でもpixivあげてランキング乗ると会社からメールくるよ

1年2年でなれるよ
営業すれば下手でもなれる

立ち絵ノーマル・覚醒・破け差分の3パターン
表情5種類
イベントシーンスチル1枚(表情5種類)
これで1セット4~6万や
これを2~3セットでやりくりするんだ
画力ないからクソボられてる

ラノベはすごく安い
というか出版系は安いよ
雑誌の表紙とかでもたかがしれてるし
ソシャゲやTCGの方がはるかに稼げる
広告系ならもっと桁違いに稼げる

12時間~20時間くらいかな
寝てる時と風呂入ってる時とご飯食べてる時以外描いてる
人それぞれだと思うけど好きじゃないと続かない気がする
「自分はこういう絵が描きたい!」って人よりも「絵が描くのが好きだからなんでも描くよ!」って人のほうが向いてる

イラストレーター絵仕事解説

そういえば以前、人気イラストレーターの大槍葦人さんにゲスト講師をお願いしたのですが、興味深いことを仰っていました。
数年前のイラストレーター協会が調べた数字なのですが、プロのイラストレーターの年収は、100万円以下の割合が53パーセントなんです。もうひとつ、年齢でみると20〜30代が80パーセントを占めている。
つまり、どう考えてもイラストレーターというのは若いうちの商売で、かつ食っていくのが非常に難しい世界なんです。
こういう現実を教えてあげることも、非常に大切なことだと思っています。

大槍葦人 繊細かつ儚い画風で少女を描く独特のイラスト
美少女のイラストなのに芸術的。繊細さと高級感が伝わってくる、他に類を見ない独特で魅力的な絵柄。そして服や家具への強いこだわり...

漫画学科なんであんまり詳しくないですが、イラストレーターで年収○百万あってもそこから画材代やら資料代(大きい)を出さないといけないので、実質残る額はだいぶ減るそうで
あと日本は基本的に絵師の報酬がかなり低いらしく同じ条件だと海外のプロ絵師はまず仕事を引き受けないとも… 日本って…




スポンサーリンク




搾取されてるのもあるけど
ちょっとチヤホヤされるだけで格安で仕事請ける奴が多すぎる

俺も漫画系?イラストレーターやってた。(今もやってるが)
20代の頃は実家ぐらしでなんとか食えたが、
実家出たらもう無理になった。
日銭稼ぎにwebの仕事をするうちに、プログラムとか覚えていったら
1人でwebシステム作れるようになって、
気がついたら年収1000万いってた。
書いてる絵はアイコンとかそういうのばっかりになったが・・・
まあでも誰とも比べられることが無いから、とてつもなく精神的に楽。
気持ち的にはイラストレーターだし、そう名乗っているが
web屋(システムエンジニア)の報酬の方が100倍多い

供給過多なんだよ
昔に比べてここ10数年で若くて上手い奴が爆発的に増えたから、使う側も安くて質が良いのを使うようになっただけ
絵描きが交渉してギャラ上げるとじゃあ他でいいですって仕事が他所に流れちゃうから、待遇あげるとかも無理
絵描きの数が1000分の1くらいにまで減れば、仕事振る側も相手選ぶ余裕なくなって交渉してギャラを上げられる

お絵かきでお金稼ぐって、夢の様なお話に見えるけど
現実的には、起業して自営業で自分の力で稼ぐって事と同じだからな
そこに付きまとうのって、お絵かきスキルは当然の事ととして、
営業力・人間力・仕事遂行能力・戦略・自分からのアプローチ力が必要な訳で、
絵とは別のベクトルで他人に対してアクティブな要素がデカイ

小説の挿絵は15~30万(1冊)位
雑誌の表紙で3~15万
書籍の表紙で3~6万
漫画1本32ページで18~40万
単行本1冊の初版印税70~350万
自分の業界だと漫画関係はこんな感じだわ
月刊誌がメインのジャンルの平均ってこんなもんだと思う
週間少年誌は桁違いだけど
漫画は売れて無くても数こなせば仕事があるレベルなら
無名でも量産系なら月50万~行くけど
絵だけだと大変だな
絵の人たちってタイミングとか運とかコネとか処世術も
大きく関わってくるだろうし

秋切ないイラスト絵画像

俺はデザイナーだけど、アニメーターとか絵コンテライターとかは別にして
イラストレーターって職業に限って言えば
本当に絵だけで食ってける人なんかそうそういないよ。

イラストレーターやって7年ぐらい経つけど、自分の個性が出せるイラスト以外にも
版権絵を模写&動かせるような作画技術が必要な仕事や、絵コンテとかの仕事とかもやったりするな。
一番儲かるのは流行のソシャゲで2,3タイトル継続の仕事を勝ち取って、とにかく早く描くこと。
おかげで手は早くなったから、死ぬ気でやれば平均年収よりも遥かに稼げるけど、
本当若い時しか出来ない働き方だと思うわ。
印税ないってもしかり。漫画かけるイラストレーターは貴重だから、その点も重宝されるけど、
実際、印税がでるような単行本一冊仕上げるような仕事は、作業量に対してページ単価が低かったり、印税でるまでの間にお得意さんの仕事を逃してしまうから、中々手が出せない。
両極端な仕事ではあるから、夢を追いかけろとは気軽には言えない。
自分も最近、仕事にしてから、絵を描くことって何か考えるようになる程度には、好きって情熱が薄くなったわ。

知り合いのイラストレーター結構有名なのに、イラスト描いて漫画連載してトークイベント呼ばれて尚バイトしなきゃ・・・とか言ってて戦慄したわ
全体数が増えたら単価が下がるのは仕方ないかもしれないが

イラストレーターと画家を並べてもいいのかどうかはわからないけど芸術で食べていくのって本当に厳しいんだなぁ

ネットで仕事を受けている在宅イラストレーターが語る裏事情
pixiv(ピクシブ)のようなイラスト投稿専用SNSも増えつつあり、またイラストレーターの大量確保が急務であるソーシャルゲーム業界も...

イラストレーターという職業とは

好きな絵を仕事にできるという喜び

イラストレーター絵仕事解説

「好きなことで生きていく」というのは現代の理想の1種。好きな絵のためなら技術向上の努力は苦にならないし、毎日が充実する。自分の描いた渾身の作品がゲームや小説で使われて商業作品として通用しているのを確認するのは誇らしい。

生計が不安定なのはやむを得ないので、相応の覚悟が必要

bikedangerj7

「自分を殺して無味乾燥とした作業をする代わりに、他人の需要にきっちり応えている」という仕事は公務員や会社員全般などが該当し、それなりに安定した給与を得られる。イラスト制作のような「自分が楽しむ趣味と、他人の需要に応える仕事の境界があいまいな種類の仕事」は、絵の発注側からやりがい搾取されやすかったり、自分が楽しむ気持ちが先行してしまって世間の需要に応えるのが難しかったりする。絵で食っていくという事はリターンは大きいがその分リスクも大きいという事を冷静にわきまえた上で、「本当に絵で食っていくか?」という進退を決めたい。

プロとして生きていくなら結果を出す事が求められる

名言格言イラスト画像

「何でも自分の好きな絵を描いてお金がもらえるんだからイラストレーターって最高!!」というのは、プロの世界を知らない人の幻想だ。絵を発注する企業や個人のクライアント側には「こういうイメージの絵が欲しい」という欲しい絵の型が決まっていて、仕事を請ける側のイラストレーターはクライアントの要望にきっちり応える義務がある。お金が介在する業務契約を結んでいる以上、クライアントの要望に添わないと契約不履行となるから。このプロの仕事を拒絶して自分の趣味全開の絵を描いたところでボツを食らい続けて、もう仕事の話が来なくなってしまう。時には自分の信念とは真逆の低俗な絵を求められることもあるし、つまらないと感じる仕事もこなさなければプロの世界で生きていけない。イラストレーター=クリエイティブな職業というイメージがあるが、実際はクライアントから求められたモノ・世間の需要に合うモノを淡々と描く仕事であって、意外と自由度は低い。



仕事カテゴリーネットサービスカテゴリー健康カテゴリー美容カテゴリー恋愛カテゴリー教育カテゴリー知識カテゴリーお楽しみカテゴリー漫画カテゴリー小説カテゴリーアニメカテゴリーゲームカテゴリー購入技カテゴリー住宅カテゴリー趣味カテゴリータグブログ内検索トップページ